【父の日】義父へのプレゼントは何にすればいいの?

Clover(クローバー) > 特集 > 【父の日】義父へのプレゼントは何にすればいいの?

毎年、六月の第三日曜日は父の日ですね。父の日って、母の日と違って忘れがちではありませんか?気付けば終わっていた……なんてこともあるのではないでしょうか。

けれど、せっかくの父の日。ちょっとしたプレゼントを贈って喜んでもらえたら、こちらもうれしいですよね。

今回は、その中でも特に「義理のお父さん」へのプレゼントについて考えてみました。義父へのプレゼント、これには相当悩む方もいらっしゃるんではないでしょうか?

そもそも義父にプレゼントって贈るべき?手紙は必要なの?

母の日のプレゼントをしているなら、父の日も欠かさないで

普段、お義父さんとはあまり接点がなくても、お義母さんとは親しくしている、という方は多いのではないでしょうか。お義父さんと出かけることはなくても、お義母さんとなら買い物に出かけたり、お義父さんは家に訪ねてこなくても、お義母さんは頻繁に孫の顔を見に来たり。

やはりどうしても、お義父さんよりもお義母さんとの方が、接点は多くなってしまいますよね。

親しくしていれば、「母の日」には何かしらのプレゼントを贈っている方も多いでしょう。母の日の定番といえば、カーネーションなどのお花。「子どもたちからもらったのよ」とお義父さんに報告されている可能性も大きいです。

そうなると、父の日に何もなしでは、きっとお義父さんはさみしい思いをするでしょう。「お母さんにはあって、俺にはなしか」と、すねてしまうかもしれません。母の日のプレゼントを贈っているなら、ぜひ父の日にも、プレゼントを贈るようにしましょう。

普段の距離を縮めるためにも、父の日にプレゼントを

普段あまり関わることのないお義父さんでも、父の日や誕生日などに贈り物をすることで、距離はグッと縮められます。プレゼントをもらってイヤな気分になる人はいませんし、「ちゃんと自分のことも気にかけてくれているんだな」とわかってもらえます。

息子だけの時には何もなかったのに、結婚して奥さんができてからプレゼントをもらえるようになったという世間のお父さんたちも多いでしょう。その気遣い、きっとお義父さんにも届いています

また、過去に結婚を反対されていたりして、お義父さんとあまり仲が良くない場合にも、母の日にプレゼントをしているなら父の日にも何かしら渡すようにしましょう。それこそ「母の日にはプレゼントするのに俺にはなしか」となってしまいますし、プレゼントを渡すことで少しずつわだかまりがとけていくかもしれません。

長い手紙ではなく、短文のメッセージを添えて

手紙ですが、これは決して長い文章である必要はありません。あまり長い手紙だと、お義母さんに何事かとあやしまれてしまうことも、なきにしもあらずです。

メッセージカードに、3行ほどのものでもいいのです。例えば、「お義父さん、いつもありがとうございます。お体には気をつけて、いつまでも元気でいてくださいね。ささやかなものですが、喜んでいただけるとうれしいです」など、気持ちの伝わる文章ならいいのではないでしょうか。

もしお子さんがいらっしゃる場合は、お子さんからのメッセージを書いてもいいですし、簡単な近況報告を添えてもいいでしょう。

メッセージの内容に決まりはありません。日頃の感謝の気持ちが伝わるものなら、どんなメッセージでももらった方はうれしいものです。

父にどんなプレゼントを贈ればいいの?

父の日のプレゼント、予算てどのくらい?

これは本当に人それぞれになりますが、だいたい3000円から5000円未満のプレゼントを選ぶ方が多いようです。

でも、それよりもここで気を付けたいのは、母の日のプレゼントとのバランスです。母の日にブランドもののバッグをプレゼントしたのに、父の日には靴下一足というのでは、お義父さんがちょっとかわいそうです。

母の日のプレゼントと、だいたい金額が同じくらいになるように、気を付けましょう。

そして、予算を決めるのは大切ですが、プレゼントは金額よりも気持ちが大事です。その人のことを考えながら贈り物を選んだという行為そのものに、価値があるのです。あまり金額にとらわれるよりも、その気持ちを大事にして、喜んでもらえそうなものを選びましょう。

お酒や食べ物、食事会など、残らないもの

プレゼントの選び方としては、まず、「後に残らないもの」を選ぶという方法があります。お酒や食べ物、食事会などがそれに当たります。

お酒好きなお義父さんなら、いつも飲んでいるお酒をグレードアップさせた、ちょっと高級な地酒やビールを送るのもいいでしょう。また、ウィスキーやブランデーは、瓶がこったデザインのものも多く、これもプレゼントとしては喜ばれます。

お酒を飲まれない方なら、地方から取り寄せた海鮮物などはどうでしょう。これなら、「お義母さんと一緒に召し上がってくださいね」ということもできます。お義父さんがお肉好きな場合は、少しお高めのいいお肉を贈るという手もあります。

また、食事会をセッティングするのも、普段あまり顔を合わせない家族と会えて、喜ばれます。子どもさんがいるご家庭ならなおのこと、お孫さんの成長を見られて喜ばれることでしょう。普段ちょっと距離のあるお義父さんとも、懇親を深める絶好のチャンスです。

飲み物や食べ物を贈る際に注意したいのは、いくら高級品でもお義父さんの嫌いなものや苦手なものを贈っては意味がないという点です。これは、旦那さんにお義父さんの好みを聞いてみて、事前にリサーチすることで回避できます。

もし最近、義実家の様子を聞いていないなと思ったら、旦那さんに頼んで最近のお義父さんの様子を確認してもらいましょう。はまっているお酒や食べ物が、以前とは変わっていることもあります。

靴下、Tシャツ、甚平など、身につけられるもの

身につけられるものを贈るというのも、親近感がわいて喜んでもらえます。

靴下、これはもう定番ですね。何足か選ぶ中に、普段お義父さんが自分では選ばないような柄のものを入れてみるのも、ユーモアがあっていいのではないでしょうか。子どもさんがいらっしゃる場合は、子どもさんに一足選んでもらうというのもありですね。

季節柄、これから暑くなる時期ですので、Tシャツなども喜ばれるでしょう。あるいは、涼しいパジャマなどもいいのではないでしょうか。肌触りがいいものを選ぶと、気に入って使ってもらえます。お義父さんに似合いそうなデザインのものを、選んであげましょう。

そして、夏に向けて、甚平をプレゼントするのもいいでしょう。夕涼みや散歩、花火大会やお祭りなどの時に活躍してくれる甚平は、着ていて楽だし季節感もあります。甚平にも色々な柄のものがあり、選ぶ方も楽しく選ぶことができます。

身につけるものは、実際に使ってもらえると、プレゼントした側もうれしくなるものです。お義父さんがそれらを使っている姿をイメージしながら、ぜひ一番似合うものを贈ってあげてください。きっと喜ばれることでしょう。

義父にプレゼントを贈るときのマナー・注意点とは?

メッセージカードは連名で

プレゼントにメッセージカードを添えるといいと言いましたが、そこにあなたの名前だけを書くのはやめておきましょう。

例えプレゼント選びからカード書きから、何から何まですべてあなた一人でやったことだとしても、カードには旦那さんの名前を書き、夫婦連名にするようにしましょう。

そうすることで、「ああ、二人で一緒にプレゼントしてくれたんだな」となりますし、受け取った側の印象はずいぶん変わります。

もしあなた一人の名前を書いて渡してしまったら、「息子を立ててくれていない」「気の利かない嫁だ」「二人は仲が悪いのか?」などと、いらぬ想像をさせてしまいますし、あなたの評判を落とすことにもなりかねません。

旦那さんを立ててあげること

メッセージカードと同じで、いついかなる時も、義実家に対しては旦那さんを立ててあげるようにしましょう。

「〇〇さんと一緒に選んだものなんですよ」と一言添えるだけで、特にお義母さんなどは「息子を立ててくれている」と思ってくれるでしょう。

「私が選んだんですよ」と言われるよりも、二人からの贈り物だと思ったほうがずっとうれしいですし、角も立ちません。

特に男性は、結婚するまで「母の日」「父の日」その他記念日なんて何もしてこなかったという人も多いため「息子からのプレゼント」というのはうれしさもひとしおです。なんでも「私がやりました」「私が選びました」と言うのではなく、お義父さんお義母さんの気持ちも考えてあげましょう。

お義母さんへの気配りも忘れずに

父の日ではありますが、お義母さんへの気配りも忘れたくないものです。

女性は特に、人と比べてしまう生き物です。自分も母の日にプレゼントをもらったにもかかわらず、「父の日に贈られたものの方が値段が高いんじゃないか」「私には今日は何もないのね」などと、様々なことを考えてしまうものなのです。

そこで、お義母さんが気を悪くしないように、食べ物のプレゼントなら「お義母さんと一緒にどうぞ」とひとこと添えたり、モノのプレゼントなら一緒にお花を贈ったりして、お義母さんも一緒に楽しめるように気を配りましょう。

その一言、そのひと手間で、印象はずいぶん変わるでしょう。せっかく父の日のプレゼントを贈ったのに、お義母さんが不機嫌だった……なんてことにならないように気を付けましょう。

まとめ

父の日のプレゼント、実の父親に贈るものでも悩むのに、義父へのプレゼントとなるともうひとつ悩みますよね。

でも、大事なのはプレゼントをあげよう、メッセージを伝えよう、というその気持ちです。そして、せっかく贈り物をするのですから、できるだけ喜んでもらえるものを選びたいですよね。マナーもしっかり守って、気持ちのいい父の日を過ごしたいものです。

お義父さんにもお義母さんにも喜んでもらえるように、ぜひ父の日のプレゼントを企画してみてください。

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking

Category