人生に行き詰まりを感じた時に必要な行動12選

Clover(クローバー) > ライフスタイル > 人生に行き詰まりを感じた時に必要な行動12選

長い人生の中、たとえどんな人であっても挫折感や行き詰まりを感じる時はあることでしょう。また大人として生きている時間が長くなるにつれて、真面目な人ほど様々な問題に直面しては日々頭を悩ませているのではないでしょうか。

人生に行き詰まってしまい、八方塞がりでどうしようもない・・・人生に迷ってしまいこれからどこに向かえば良いのかすら分からない・・・そんなあなたの解決のヒントにして欲しい、12の行動をお届けします。

もうダメかも…行き詰まりを感じる瞬間とは?

仕事で大きな失敗をしてしまった時

仕事で取り返しのつかないようなミスをしてしまったとき、人生に行き詰まりを感じることがあります。

前向きな気持ちで「次は頑張ろう!」と思ってさらに仕事に打ち込むことが出来れば良いですが、普段から仕事が嫌だと思っていたり、自分に向いていないと感じていた場合、大きなミスが人生に行き詰まりを感じるキッカケになることがあります。

上手く行かないことが続いたとき

どんなに前向きで明るい人でも、上手く行かないことが続いてしまうとどうしても行き詰まりを感じてしまいます。

仕事で失敗した直後に、ペットが亡くなってしまって大きな喪失感を感じていたり、仕事とプライベートの両方でショッキングなことが起こると行き詰まりを感じやすくなってしまいます。

仕事が上手く行かなくてもプライベートが楽しかったり、プライベートが上手く行かなくても仕事が楽しければ、どちらかに打ち込んで気を紛らわすことができますが、両方で喪失感を感じていると逃げ場が無くなって人生に行き詰まりを感じてしまいます。

大きな失恋をしたり、大切な人を失った時

例えば大好きだった人に振られて大失恋をしたり、大切に思っていた人や身内を失った時、大きな喪失感から人生に行き詰まりを感じてしまいます。

それまで心のよりどころになっていたものを失うことで、これからどうやって人生を歩んでいけば良いのか、将来の道が見えなくなってしまうことがあります。

人生に行き詰まりを感じた時に必要な行動12選

1.本当にやりたいことしかやらない

【思い切って挑戦してみる】

行き詰まった時ほど、あなたが本当は何をしたいのか見えてくるかもしれません。ピンチはチャンス。ムダなもことは全部省いて、本当にやりたいことだけをやってみましょう。

人間が死ぬときに後悔してしまうのは「やらかしてしまったこと」ではなく「やらずにここまで来てしまったこと」なのです。いつかやろうと思っていたその「いつか」を今日にしてしまいましょう。

【何事もまずやってみる】

やってみたけどしっくり来なかった・・・もしそんな状況になってしまっても良いのです。やってみたいことをしないまま後悔するよりは、はるかに納得することができるでしょう。もししっくり来ないのであれば、気持ちを切り替えて次へ行きましょう。

とにかく行動してみなければ物事は動きません。何度も無駄足を踏んだとしても最終的に納得のいく答えが見つかった時、あなたはきっと挑戦してみて良かったと思うでしょう。心の向くままに、まずは行動を起こしてみることが大切です。

2.とにかく寝てみる

【十分な睡眠で頭をクリアに】

気力が沸かず、何をする気にもなれない時は誰だってあるものです。そんな時は不安な気持ちを抱えて悶々とするよりも、時間がある限りひたすらフテ寝をしてみましょう。

十分な睡眠を取って頭がスッキリした頃には気力も体力も回復し、さらには何らかの良い考えが浮かぶかも知れません。

また人間はどうしても危機感を感じてしまう生き物です。時間が過ぎていくにつれ危機感に突き動かされたあなたは、その時に一番重要だと思うことを始めるはず。

【どうしても無気力な時に無理に動く必要はない】

お金が必要であれば働き始めるでしょうし、誰かのアドバイスが必要であればしかるべき人へ話を聞くために出かけるでしょう。そんな自分を信じて今はとにかく何も考えずに、欲のままに思い切り寝てみるのも良いかも知れません。

3.やることを少なくする

【整理する】

やることが多すぎてパンクしそう・・・そんな時は本当に重要なことと、さほど重要ではないことの仕分けをしてみましょう。真面目な性格である人ほど、あれもこれもと多くの物事を抱え込みがちになってしまうもの。

それは今のあなたにとって本当に必要なものかどうか、改めて見直してみるのです。大まかにでも整理ができたら、あとは重要度の高いことから順番に計画通りこなしていくだけ。

これは非常に小さなことであるように思えますが、物事をこなす時は実は本番よりも準備段階の方が大切であることが多いのです。さっきまで目の前に山積みだった「やること」を少しでも減らすことができたら、あなた自身がだいぶ楽になるのではないでしょうか。

【シンプルに考えてみる】

物事は意外とシンプルであることが多く、難しく考えないことでスムーズに進めるでしょう。もしプライベートの時間が取れないほどやることが多いのであれば、思い切って誘いを断ることも重要です。

4.自分の好きなことに集中する

【問題からいったん目を背けてみる】

抱えている問題のことで頭が一杯で、思考がすり切れそうなほど考え続けているがどうしても行き詰まってしまう・・・ひとつの物事について本気で考え抜くことはとても素晴らしいことですが、根詰めるばかりではいつか息切れしてしまいますよね。

そんな時にはいったん問題から目を背けて、時間の許す限りあなたの好きなことだけに集中してみましょう。一時的な気分転換として、抱えている問題とは全く関係のないことだけを考えるようにするのです。

【趣味を楽しむ】

アウトドアに出かけたり、インドアでひたすら趣味に没頭するのも良いでしょう。好きなことにひとしきり集中してから再び問題に目を向ける時には、頭の中がクリアになり良い考えが浮かびやすくなっているかも知れません。

5.新たな知識やスキルを身に付けるために勉強に打ち込む

【新しい知識やスキル】

今まで自分が知らなかった知識やスキルを身に付けると、自分の人生の幅を広げることができ行き詰まり解消の突破口になります。

例えば仕事に行き詰った場合、新しい分野の勉強をすることで違う世界が見えてくるはずです。新しいスキルを身に付ければ、違う仕事へ興味を持つキッカケになるかもしれません。

【自分が今居る場所が見えてくることも】

新しい知識やスキルを身に付けることは、新しい世界に飛び込んだり自分の世界を広げるためにもとても有効ですが、今自分がいる場所が自分にとってどんな存在なのかが見えてくるキッカケにもなります。

新しいことを勉強することで、やっぱり自分は今やっている仕事や勉強が好きだと再確認できるかもしれませんし、今自分が居る場所は自分には向いていないと気付けるかもしれません。いずれにせよ、行き詰ったと感じている自分の人生を広げる手助けになるはずです。

6.目の前の人を大切にする

【大切な人】

大切な人と言われて、あなたは一番はじめにどんな人を思い浮かべるでしょうか?家族、友人、恋人・・・または飼っているペットの姿を浮かべる人もいるかもしれませんね。

行き詰まっている今だからこそ一番近くに寄り添い、あなたの人生を支えてくれてる大切な存在に愛情を注いでみてはいかがでしょうか。またあなたが今とても苦しんでいる大事な問題だからこそ、誰よりも頼りになる人に話を聞いてもらうのも良いかもしれませんね。

【解決につながる可能性も】

あなたを大切に思ってくれる相手なら、一緒に親身になってその解消法を探してくれるはず。そして相手を心から信頼して話をすることも、目の前の人を大切にする方法のひとつです。

そして大切な存在のためにあなたは次にどんな行動を取るべきなのか、自ずと解決策が見えてくるかもしれません。

7.退屈なことに楽しむ工夫をする

【発想の転換】

変わりばえのない日々に嫌気がさし退屈な毎日に行き詰まりを感じている時は、発想の転換をしてみましょう。退屈なことを積極的に楽しめるように、あなたなりの工夫やいつもと違うやり方を考えてみるのです。

何の変哲もない単純作業をこなさなければいけないのであれば、たとえば自分の中で制限時間を課してみたり、さらに効率の良いやり方を考えてみたりと、方法はいくらでもありそうですよね。

あなたと同じフィールドにいる人と競い合うのも良いかも知れませんし、さらには上を目指すという明確な目標を立てるのも良いでしょう。何でもないことにあなた自身の手でユーモアをひとつ加えて、楽しむための努力をしてみるのも悪くありませんよね。

【苦手としていたことに挑戦】

今まで避けていたことや嫌なことにあえチャレンジしてみるのもいいでしょう。やってみると案外低い壁だったということも少なくありません。

以前チャレンジして良い結果が得られなかった場合、なおさら恐れてしまうかもしれません。しかし自分が恐れてしまう物事の中にこそ、思い切ってやってみるだけの価値が眠っています。

8.自分に厳してくれる人に思い切って相談してみる

【厳しくできる人は頼れる人】

あなたに厳しくしてくれる人は、あなたのことを本当に大切な存在であると思っています。厳しくするのは、あなたに成長して欲しいと強く思っているから。あなた自身が素直にそう思うことができたなら、たとえ厳しい忠告であっても素直に聞き入れ理解することができますよね。

人生に迷った時、行き詰まった時、そして本当にどうして良いか分からない時に頼れる存在があるということはとても幸せなことです。親密な関係であればあるほど、「頼ってもらえる人」だと信頼されていることをきっと心から嬉しく思うはず。

【頼ることに負い目を感じる必要はない】

誰かを頼ることは決して悪いことでも、逃げることでも、恥ずかしいことでもありません。勇気を出して、あなたが苦しい時に一番話をしたいと思う人に会いにいってみましょう。そして心を開いて、広い視野を持って素直な気持ちでアドバイスを聞くといいでしょう。

9.自分が行ったことのない場所に行く

【気分転換に】

もしも時間に余裕があるのなら気分転換を兼ねて、あなたが行ったことのない場所を旅行してみるのも良いでしょう。見知った土地から離れるために、思い切って遠いところへ旅に出かけてみるのはいかがですか?

初めて体感するその土地の空気から、新たな刺激が得られますし、新しい世界を知ることは人の心を豊かにします。悩みや不安なども和らぐでしょう。

【携帯電話の電源はオフに】

日常の一切のしがらみを断ち切って携帯電話の電源をしばらく切ってみることも、考えを深めるには有効な手段のひとつです。誰かにアドバイスを乞うことはいくらでもできますが、あなたの未来を決めることができるのはあなただけ。

何ものにも囚われることなく、人生に一度ぐらいは心も体も放浪してみては?あなたを知る人がいない旅先で、行き詰まりを飛び越えられるような答えが見つかるかもしれません。

10.忙しくなっている要因を取り除く

【優しく真面目な人ほど要注意】

頼まれごとをなかなか断れない優しい人や、自分に厳しい完璧主義である人ほど気を付けて欲しいのは、そのような真面目な人ほど不必要な忙しさまで抱えてしまいがちであることです。決して不器用ではないはずのあなたが今なぜそんなにも忙しいのか、落ち着いて考えてみましょう。

仕事に対して真面目に取り組み、困った人には救いの手を差し伸べたい・・・あなたがそんなタイプであれば心優しく素晴らしい人格の持ち主ですが、優しさだけでは社会生活は成り立たないことも当然知っているはずです。

【断る勇気を身につける】

人に対する優しさを忘れてはいけませんが、時には冷静に判断を下す勇気も必要になってくるでしょう。嫌われたくない、怒られたくないなど、自分の欲求を押し殺してそんなことばかり考えてしまうようになると、ますます身動きが取れなくなってしまいす。

人間は自分の本当の欲求を抑圧し続けるとエネルギーは生まれず、無気力になってしまいがちなのです。プライベートの時間も取れないほど手一杯な時は、思い切って断ることも選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

11.転職してみる

【見切りをつけることも大切】

例えば仕事に行き詰って、それが人生に行き詰まりを感じる原因になっているのだとしたら……思い切って仕事を変えてみるのも一つの手です。

今まで職場で積み上げてきたスキルや知識、人間関係や信頼関係をリセットするのは怖いかもしれませんが、仕事が人生の行き詰まりの原因になってしまうのは良くありません。

あくまで仕事は人生の一部ですが、人生の中で大きな割合を占めているのも事実です。後悔のない人生を歩むためにも、時には思い切った選択が大切です。

【新しい環境で心機一転する】

職場の人間関係などに疲れてしまっている場合、環境を変えるという意味でも転職してみるのはいかがでしょうか。

同じ業界の他企業であれば自分の知識やスキルを活かすことができますし、思い切って違う分野に挑戦するのも良いでしょう。ストレスや行き詰まりを感じるような場所に長く居続けることは、自分の人生を豊かにするのを邪魔してしまいます

12.楽しく生きることを人生の目標にする

【必要なものを考える】

あなたの足元から遠くまで伸びている道を想像してみてください。その道の一番奥に「楽しく生きていく」という最終的な目的を置き、その目的とあなたとの間に置くべきである「楽しく生きるために必要となるもの」を考えてみましょう。

楽しく生きるために必要なものは、その人の生き方によって変わってくるものです。お金、時間、共に生きる大切な存在など・・・あなたにもきっと思い浮かんだものがありますよね。必要なものが分かったら、次はそれを得るための方法を考えてみましょう。

【人生を見つめ直す】

どんな過ごし方を楽しいと感じるのか、何を幸せと思うのかはあなた次第です。行き詰まりを感じているなら今改めて「楽しく生きること」を基準に、あなた自身のこれからの人生を見つめ直してみると良いでしょう。

まとめ

もしあなたが人生に行き詰まりどの方角へ進むべきかすらも分からなくなってしまった時は、一度立ち止まり深呼吸をしてみてはいかがでしょうか。

とことん考えてみて行き詰まりの解消法を導き出すことができれば良いのですが、それでも人生が八方塞がりに思えてしまう時は、思い切って一時的に問題を忘れてしまいましょう。回復した時に、もう一度歩き出せば良いのです。

問題から一度離れて気分転換をすることは決して逃げではありません。それはあなたがより良い人生を歩んでいくための第一歩なのですから。

オススメPR

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking

Category