フレアフレグランスで香りづけ!スプレータイプでシワ取り!新シリーズIROKAとは

数々のドラマやCMで活躍を続けている女優といえば誰が思いつくでしょうか。2015年度の美容紙「美的」の読者投票で「なりたい顔」部門の堂々1位に輝いた女優、それが石原さとみさんです。その石原さんがイメージキャラクターを務めている花王のフレアフレグランス。

ただの柔軟剤かと思っていましたが、そこにはやはり他社との違いがありました。また、芳香剤だけでなくミスト型のものや、最近ではプレミアムなものまで揃っています。

フレアフレグランス誕生秘話

フレアフレグランスとは

フレアフレグランスとは花王のブランドの一種です。香りが楽しめる柔軟剤と衣料用のフレグランスミストが販売されています。イメージキャラクターには女優の石原さとみさんを起用しています。

フレアフレグランスといえばひとつの特徴として挙げられるのが「香りセンサー」と呼ばれる花王独自の技術によって開発されたものです。香りセンサーは一体どのように生まれたのでしょうか。

フレアフレグランス最大の魅力「香りセンサー」とは

そもそも香りセンサーとは何なのか?ってことですが、花王独自の技術によって生み出されたものです。水分や汗を感じる度に香りが湧きたつという機能です。香りセンサー開発コンセプトは当初「衣類を着ている間も香りが残る」ということでした。

香りづけが続けばいいからと単純に香料をたくさん入れているものではありません。そもそも香料の成分は水分に溶けやすい性質があり、洗濯によって香料はなくなってしまうのが普通です。

香りセンサーには複雑な香り成分のなかでも「TOP NOTE(トップノート)」と呼ばれる爽やかでフレッシュな香り成分は特に水に溶けやすい性質があるものがあります。このトップノートをコントロール出来る仕組みが香りセンサーには備わっています。

汗や熱を帯びた水分に反応して結合香り成分が解き放たれるようになっています。その香りは衣類をたたんで保管しても約半年続きます。

高残香タイプの芳香剤が浸透した背景

高残香タイプの柔軟剤の火付け役はP&G車の「ダウニー」といわれてます。当初は価格が高めに設定されていたのですが、円高で価格が押し下げられたため普及促進しました。また、2010年ごろから花王やライオンなどから国産の高残香タイプの柔軟剤が登場しました。

高山香りタイプ柔軟剤が普及したもうひとつの要因としては「柔軟剤使用の目的の変化」も挙げられます。女性の社会進出が進み、洗濯の部屋干しが増加、詰め込み洗いが頻繁になるなどイヤなニオイがどうしてもつくようになってきてそれを解消するためと言われています。

フレアフレグランスが誕生!

研究を重ねついにフレアフレグランスの芳香剤が登場しました!それまでの芳香剤と違い防臭機能だけではなくより良い香りを感じることのできる。そして何よりも香りセンサーによるイヤなにおいを「うきうきする」「華やか」「女子力アップ」といった魅力ある香りを作りだすことが出来るようになった芳香剤が誕生したのです。

その香りは開発当初からある「パッションベリー」「フローラルスウィート」に加え現在では「ジェントブーケ」「フラワーハーモニー」「スウィートスパイス」の香りの5種類が販売されています。

また若年層ほどいやな臭いに嫌悪感を抱いており香りを感じたいというニーズに応え柔軟剤に合わせてスプレー型のフレアフレグランスミストタイプの販売も開始したのです。

フレアフレグランスミストタイプ

毎回洗わない衣類にスプレーするだけ消臭&除菌効果

ここまでの説明だと柔軟剤のことばかりお話してきましたが、そんなに毎回毎回洗濯しないという人も多いのではないでしょうか。例えばワンピースやスカートなどがそれに該当するのではないでしょうか。そんな時にの強い味方が、フレアフレグランスミストタイプです。

使用後のワンピース、スカートにシュシュッとスプレーするだけです。芳香剤同様に「香りセンサー」によるニオイに反応して香りを発します。

毎回洗濯しないものって結構多くないですか?ワンピース、制服、帽子、ストール、シュシュ、スーツ、ニット、スカート、デニム、コート・・・etc。そんな時もスプレーするだけなので手間もかからず便利な上に除菌効果もあるので衛生的にも助かりますよね!

仕事前、デート前、スポーツジムにも

洗わない衣服などのアフターケアとしてもそうですが、香りを+したいときにもミストタイプはオススメです。石原さとみさん出演のCMにもありますが、仕事の前にシュ!デートの前はいつもより多くシュシュシュ!などお出かけ前やメイク直しにも活用できます。

またニオイセンサーがあるので汗をたくさんかくスポーツジムに持参するのも良いでしょう。シュシュっとするだけで、仕事でもジムでも思わぬ男性を引き寄せてしまう可能性が否定できませんね。

ミストタイプはシワとりも出来る

衣類のシワとりもスプレーするだけで簡単に出来ます。シワ取りの方法はハンガーにかけた衣服に湿るくらいのスプレーをします。シワが気になるところは同じ箇所に1~2回集中的にスプレーし、全体的には一着あたり10回プッシュします。スプレー後は手で生地を伸ばしシワを取ります。

シワを取るほか香り付け、除菌、消臭、さらに静電気防止効果もあります。しわとりするだけで一石何鳥の効果があります。

ミストタイプは3種の香り

ミストタイプにはロマンティックな香りの「フローラルスウィート」、小悪魔な気分を演出する「パッションベリー」、大人っぽく凛とした「スウィートスパイス」の3種の香りが用意されています。シーンや気分によって使いわける参考にしてみてください。

ちなみに石原さとみさんは厚手の生地のものには「フローラルスウィート」、帽子やストールなど小物には「パッションベリー」、Tシャツなどには「スウィートスパイス」と使いわけているそうですよ。このミストの使いわけをするだけでも、憧れの女性である石原さんに近づける可能性が広がりそうですよね。

フレアフレグランスIROKAとは

IROKAは高級柔軟剤

通常、香りつきの柔軟剤の価格は300円前後ですが、700円以上する香水のような香りのするプレミアム柔軟剤の市場が拡大しています。これは近年の女性はファッションやメイクなどの美意識の向上によるものと考えられます。

そこで花王から開発されたのがフレアフレグランスシリーズの高級柔軟剤「IROKA」です。特別な日や、場所で使用する服などはこの柔軟剤を使用することで、香水いらず。エレガントな女性の魅力を引き出してくれます。

監修は元ミスユニバースジャパンのディレクター

フレアフレグランスIROKAのコンセプトから香りまでを監修したのはビューティーディレクターであり、元ミス・ユニバース・ジャパン・ナショナルディレクターのイネス・リグロン氏です。その商品の特徴は香水に使われるような上質な香料成分で花王独自の残香技術で調香されたプレミアム処方されているものです。

リグロン氏は日本の女性の魅力は「時に無防備で時に艶やか」と表現しており、日本女性ならではの魅力を香りで引き出し、もっと自分に自信を持ってほしいという思いを持ち監修に関わっていたようです。それにしても元ミスユニバースジャパンのディレクターが監修なんて、美容意識の高い女性にとっては見逃せない商品ですよね。

IROKAは2種類の色香がある

プレミアム柔軟剤のIROKAですが、 香りは2種類あります。透明感溢れるイノセントリリーの香り「Airy(エアリー)」と、華やかに魅せるアリューローズの香り「Dress(ドレス)」の2種類です。いずれも女性の魅力をより輝かせる商品です。

いつもより清楚に女性の魅力を引き立たせたい場合はAiryを。華やかなパーティーなどのお出かけにはDressを。その時々によって使いわけてみてはいかがでしょう?夫婦のデート、特別なパーティやデートなど、お気に入りの男性との約束で会う機会があれば、ニオイだけでリード出来るのではないでしょうか。

@cosmeベスト柔軟剤第一位受賞

プレミアム柔軟剤のIROKA「Airy」は@cosmeベストアワードの2016ベスト柔軟剤第1位を受賞しました!口コミは以下のとおりです。

“部屋干ししても、お部屋がいい香り。高級感あるお花の香りです。女性らしい香りで、ボトルもオシャレでシンプル。洗濯が楽しくなりました。”

“上品で高級感のある香りが続き、タオルの仕上がりもいつもより柔らかい。多くの方に好感を持ってもらえる香りかと思います。”

“男性の方にもオススメ。衣服も柔らかく肌触りの良い感じに仕上がってくれるところがお気に入りです。”

などの口コミがあります。プレミアム柔軟剤というだけあって堂々の評価です。今後もフレアフレグランスシリーズから目が離せないことは確かです。

まとめ

いかがだったでしょうか。現代の柔軟剤はただ柔軟剤としての機能を果たしているわけではありません。時代背景がありその中で柔軟剤に求められるニーズも変化を見せ、それに応えるように、またそれ以上のものを提供しようと開発されたフレアフレグランス。

最近では香りという概念の頂点に位置しているであろう香水という領域にまでそのレベルは達しており、実力はベストコスメ大賞も受賞しているほど。しかし、これだけのニーズがあるのは花王の研究所のメンバーの徹底的な調査の繰り返しによって出来あがったものです。

細かいことの繰り返しがこのようなイノベーションを起こすような商品を作り上げているのではないでしょうか。

続きを読む

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking

Category