浮気の境界線はどこから?男性と女性で見る定義やボーダーラインの違い

Clover(クローバー) > 恋愛 > 浮気の境界線はどこから?男性と女性で見る定義やボーダーラインの違い

カップルにとって、別れの原因にもなりかねない浮気ですが、男性と女性で、浮気だと感じる境界線が違うこともあります。自分ではセーフだと思っていても、相手がアウトだと感じてしまうと、もめごとの原因になってしまいますよね。

逆に、浮気はしていないという言葉を信じていたのに、相手が浮気だと思わずに境界線を越えてしまっていたということも!今回は、浮気の境界線や定義についての、男女の違いについて紹介します。

浮気の境界線は?男性が考える定義やボーダーライン

浮気の境界線 男性編:2人きりでキスをした

キスをしたら浮気だと感じる人が多いと思いますが、男性は、キスをしたときの状態で浮気かどうか判断します。サークルの集まりなど、大勢の友人と集まっているときに罰ゲームでキスをしたとしても、浮気にはカウントしません。

2人きりでいるときに、相手にキスしたくなってキスをした、という場合のみを浮気と判断します。

浮気の境界線 男性編:手をつなぐ

意外かもしれませんが、男性も手をつなぐという行為が浮気の境界線だと感じています。男性同士で手をつなぐということは、あまりありませんよね。そのため、手をつなぐというのは異性として意識しているということにつながります。

浮気の境界線 男性編:薄暗い場所で2人きりになる

周囲の目が届きにくい場所では、何をしているかわからないからか浮気を疑う男性も多いです。映画館やカラオケボックスなど、照明が暗い場所で男性と一緒になるのは誤解を招く原因になりそうですね。

浮気の境界線 男性編:2人でお酒を飲む

アルコールが入ると、お酒を飲んでいないときのように冷静な判断ができなくなってしまうこともありますよね。普段は彼女を信じている男性も、お酒が入ったらもしかして……と感じてしまいます。

男性の中には、酔わせて何とかしようと考える人もいるので、お酒の席では十分気を付けてくださいね。

浮気の境界線 男性編:自分の知らない相手と会う

自分の知らない相手と会うと隠し事をされていると感じ、男性は浮気を疑います。共通の友人ではない相手と会うときには、前もって彼氏にどんな相手なのかを説明するようにしましょう。

浮気の境界線 男性編:頻繁に連絡を取り合う

仕事の連絡など、事務的な連絡も浮気だと考える男性はほとんどいませんが、1つの要件に何度もメッセージをやり取りしたり毎日メッセージが来たりと、頻繁に連絡を取り合うのは浮気だと思われてしまいます。

男性は、必要がないメッセージはわずらわしいと感じる人がほとんどです。おしゃべりが好きな女性とは感覚が違うんですね。

浮気の境界線 男性編:肉体関係を持ったとき

肉体関係を持ったときには、浮気ではないと考える人はほとんどいません。ただし、これは相手に好意を寄せている場合です。酔った勢いで関係を結び、記憶がないという場合には、その行為そのものをなかったものと考える人もいます。

また、風俗などの場合は厳密には「肉体関係を結んだ」わけではないし、恋愛感情もないから浮気ではないという人がほとんどです。

浮気の境界線は?女性が考える定義やボーダーライン

浮気の境界線 女性編:2人きりで食事をする

女性の場合は、異性と2人きりで食事をするだけでも、浮気だと感じでしまう場合も多いです。女性の頭の中では、男性は好きでもない女性ともエッチできるという考えがあるからか、2人きりで会ったという事実だけで、その後に深い関係になりそうと感じてしまうのです。

浮気の境界線 女性編:手をつなぐ

男性も手をつなぐところから浮気だと考える人が多いのですが、手をつなぐというのは、精神的なつながりを想像させる行為でもあります。特に、お互いの指を組み合わせる「カップルつなぎ」は浮気確定!と思ってしまいますよね。

浮気の境界線 女性編:キスをする

女性にとって、キスは重要な意味を持ちます。結婚式でする誓いのキスのように、好きな人とだけするものという意識がありますよね。風俗は良くても、キスはダメ!という女性もいるほどです。

浮気の境界線 女性編:合コンに参加する

出会いを目的とした合コンに参加するだけでも、浮気と判定する女性もいます。男性からすれば「参加しただけで何もしていない」と思うかもしれませんが、合コンの最中は女性と密着したり、エッチな話題で盛り上がったりしますよね。

好きな相手がそんな場所にいるなんて、考えただけでも怒りがこみ上げてくる!という女性もいるのです。

浮気の境界線 女性編:2人で外出する

買い物や映画など、異性と2人きりで出かけるのも、浮気と考えられます。男女が2人で歩いていたら、恋愛感情が無くても、デートしているように見えてしまいますよね。カップルのように周囲から見られることが、許せないと感じてしまうのです。

浮気の境界線 女性編:肉体関係を持つ

女性でも異性の友人が多かったり、異性の幼馴染がいたりするなど、信頼できる異性の友人がいる人は、浮気の境界線も低めです。肉体関係を持つまでは、ただの友人で、肉体関係を持って、初めて浮気という考え方になります。

浮気の境界線 女性編:風俗は浮気?

男性では浮気だと感じる人が少ない風俗ですが、女性には「風俗も許せない!」という人もいます。風俗を利用した男性には、自分に触れて欲しくなくなるという女性もいますね。

これは、女性は風俗を利用することがないための違いです。女性は、好きでもない相手に裸を見られたり、触られたりすることに抵抗があるので、肉体関係に近い風俗という行為に、恋愛感情を想像してしまうのです。

【浮気の境界線】男性と女性での違い

男性は心と体のバランス重視

肉体関係を持った場合には、客観的に見ても、浮気だと答える人がほとんどでしょうが、男性はさらに気持ちがプラスされないと「浮気」と感じない場合もあります。肉体関係を持っても、一度きりで、相手の連絡先も知らない場合には風俗と一緒で、浮気ではないと考えることも。

逆に、相手の女性から相手にされず、関係を持つことに失敗した場合には、自分に浮気心があっても、実際に関係しなかったから「浮気ではない」と、考えることもあります。

女性は心と体どちらかでも浮気と判断

男性が肉体的な関係と気持ちの両面から浮気の判断をするのに対し、女性はどちらかだけでも浮気と判断します。全く相手のことが好きではない状態でも、肉体関係を持ったなら、浮気ということですね。

逆に肉体関係がなくても、他の女性に興味を示したり、悩み事を相談したりするような親密な関係にあると、浮気と感じることもあります。他の女性と心を通わせているということが、浮気になるのです。

自分に甘く他人に厳しい傾向も

男女によって違う浮気の境界線ですが、男女で共通することもあります。それは、自分の行動は甘めに判断してしまい、相手の対しては厳しい目で見てしまうということです。

男性に対しては、他の女性と2人きりで食事をしただけで浮気だと感じても、自分自身は信頼できる上司や学生時代からの友人と2人きりで食事をしても浮気だと思わないこともあります。

男性も、自分は風俗に行ってリフレッシュしても、女性がホストクラブに行くことに拒否反応を示す人もいます。自分と相手で浮気の境界線が揺らいでしまうんですね。

【浮気の境界線】彼氏に嫌われやすい行動は?

スマホを常に持ち歩く

スマホは便利なアイテムですが、スマホばかりを気にしていると、浮気を疑われたり、相手から嫌われたりする原因になってしまいます。トイレに行くときもスマホを持っていったり、食事のときもテーブルの上に置いて通知をチェックしたりしていませんか?

あまりスマホを気にしすぎると、相手は、自分よりスマホが大事なのではと感じてしまいます。彼氏と一緒のときには、スマホは気にせず、一緒にいる相手との時間を大切にしましょう。

自分の予定を言わない

自分の予定を詳しく相手に伝えるのはめんどくさいと感じてしまうこともありますよね。でも、付き合う上で、お互いの予定を知っておくことは大切です。

デートの予定を入れたいときや、電話で話したいと感じているとき、相手の予定がわからないと困りますよね。詳しく話すのが面倒だからと、予定を聞かれても答えないと、浮気を疑われる可能性もありますよ。

相手の予定がわからないと、何をしているのか不安になってしまうものです。仕事で忙しくなる時期や、どうしても外せない用事があるときには、相手に聞かれる前に、自分から話しておきましょう。お互いの予定がわかることで、安心感が増しますよ。

質問に質問で返す

質問されたときに、それに答えるのではなく、質問で返してしまうというのも、避けた方が良いでしょう。例えば「明日何してる?」と聞かれたときに「あなたは何してるの?」という感じです。

質問に質問で返事をしてしまうと、何か隠し事をされているのではと感じてしまいます。相手のことを聞きたいときでも、まずは自分のことを答えてから、相手に聞くようにしましょう。

自分の意見ばかりを押し付ける

自分の意見を言う事は大切ですが、相手の話を聞かずに、自分の希望ばかりを押し付けると、相手はあなたの愛情を疑ってしまいます。好きな相手の希望は叶えてあげたいと思うのが愛情です。

自分の気持ちばかりを優先し、相手の意見を聞かないと、利用されているだけではという気持ちが湧き、愛情が薄れてしまいます。お互いにいい関係を気付きたいなら、相手の希望も聞いてあげましょう。

変化ばかりを求めない

マンネリ気味なカップルも危険ですが、常に新しいことばかりを求めるカップルも注意が必要です。いつも刺激を求めてばかりいると、浮気という刺激に走ってしまうこともあります。

お互いに一緒にいて安心できるような、そんな落ち着いた雰囲気も大切にしましょう。家でゆっくり過ごす日と、行ったことのないスポットに出かける日を決めて、メリハリのある付き合い方をしましょう。

浮気の境界線を超えて本気に?浮気相手が本命になっている男性の態度

男性の態度その1 連絡が取りにくくなった

彼氏が浮気をしていても、あなたが本命なら、浮気がバレないように気を使うので、浮気をしていないときと同じように振る舞います。連絡が取りにくくなったり、会う回数が減ったりしたら「何か変だな」と感じますよね。

今までより連絡が取りにくくなったら、彼はあなたとの関係をないがしろにしているということです。つまり、浮気相手が本命になってしまい、あなたとの関係は破局しても構わないと考えているのです。

男性の態度その2 スマホで頻繁に連絡を取っている

スマホにLINEやメールが来ても、放置している場合には心配しなくても大丈夫ですが、通知音が鳴るとすぐにスマホをチェックして返信しているようなら要注意です。

こまめに返信しているということは、相手に興味があり、すぐに返信して自分の好感度を上げたいと感じているということ。まして、あなたの目の前で返信しているということは、あなたよりも相手を優先しているということです。

男性の態度その3 あなたの行動に興味を示さなくなった

好きな相手なら、自分と一緒じゃないときに何をしているのか気になってしまうものです。今まであなたの行動を気にしていたのに、何も聞いてこなくなってきたときには気を付けてください。あなたへの興味が薄れてきてしまったサインです。

男性の態度その4 外に出かけなくなった

デートがいつもお互いの家で外出することが少なくなったら、それは一緒のところを誰かに見られたくないということかもしれません。彼女がいないふりをして、他の女性とも付き合っている可能性があります。

出かけるのが好きな彼氏が急に家の中でばかり過ごすようになったら、彼の行動に注目して怪しいところがないかチェックしてみてください。

男性の態度その5 デートがワンパターン

せっかく出かけても、いつも同じ場所にしか出かけないなど、デートがワンパターンのときも、あなたへの興味が薄れてきているのかもしれません。恋愛を盛り上げるためには、新しい刺激が必要です。

新しい刺激を求めず、同じことばかりを繰り返すのは、あなたとの付き合いにそれ以上の進展を求めていないという心理のあらわれになります。あなたの方から新しいデートプランを提案しても断られるなら、本命の女性が他に現れた可能性大です!

まとめ

浮気の境界線は男性と女性で違うので、相手も自分と同じ気持ちだと思い込んでいると、思わぬショックを受ける可能性もあります。浮気によるトラブルを防ぐためには、普段からどこからが浮気なのか話題にしておいた方が良いでしょう。

女性の方が浮気の判定は厳しいのですが、自分にはやましい気持ちはないし、信頼できる相手だから大丈夫と感じていても、彼氏にとっては知らない人です。

誤解を招くかもしれないので安易に判断せずに、異性と2人きりになるときには、彼氏に相談することもお忘れなく。お互いの信頼関係が、浮気を防ぐ防波堤にもなってくれますよ。

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking

Category