【同棲を始める人必見】あなたは彼の生活スタイルを許せますか?

家族以外の人と一緒に暮らすということを体験する機会はそう多くはありません。学生の時や社会人になって寮生活をしていたというならば別ですが、それでも団体生活と一対一での生活には違いがあります。

同棲をすると必然的に見えてくる彼の生活スタイルについて、許容できる範囲かどうかを知らなければ、許せるかどうかもわかりませんよね?

同棲したから別れた……となる前に同棲をした人の実体験を参考に、同棲を始める前に知っておきたい心構えを教えちゃいます。

スポンサーリンク

【実体験】私が驚いた彼の生活スタイル

どこへ出かけるにもいつも一緒

休日に出かける時にはいつも彼と一緒に行動だったというAさんは、自分の時間は平日の自分の仕事が終わってから彼が帰ってくるまでの時間しかないと悩んでいました。

休日にはいつも一緒にいるなんてラブラブで仲が良いカップルなのかと思いましたが、Aさんは友人と遊ぶこともできず、遊びの予定を入れたら一緒についてくる彼の行動に驚いたといいます。

Aさんと彼は同じ地元で出会い、仕事で別の土地に移り住むのをきっかけに同棲を始めましたが、近くに友人が少ないとはいえ、新しい友達を作ろうとせずに自分ばかりを頼っている彼が怖くなったそうです。

彼が自分の用事で出かける時も2人で一緒に出かけると当然のように考えているようで、欲しい物があっても買うか買わないか、いつまでも悩んだり、意見を求めてくる彼に「1人で何かを決められないのでは?」と頼りがいを感じなくなったそうです。

料理は出来立てにかぎる

シフト勤務同士で働いているBさんと彼。彼は料理がまったくできず、台所関係の家事はすべてBさんが行っています。Bさんの仕事が先に終わるので、夕食の準備をしたくても彼は料理を電子レンジで温め直したものが嫌いで、帰宅時間に合わせて調理を開始しなければいけませんでした。

自宅から遠い職場に通っている彼ですが、帰宅時間を知らせてくれるわけではないので帰宅時間が読めず、いつ料理を作り始めたらいいかわからなくて困っていました。Bさんが「せめて仕事が終わったらメールで教えて」と言うとメールをしてくれるようにはなったそうです。

Bさんもけっして料理が得意というわけではなく、毎日の献立を考えるのに苦労していましたが、彼が帰ってきてからできるだけ早く食べられるように下ごしらえは先に済ませてすぐに調理できる状態にしておくことで対応しているとのこと。

休日にはいつまでも寝ていて起きない

仕事が忙しく深夜遅くまで帰ってこない彼の体を心配しつつも、休日にはいつまでは起きてこず、食事も不規則な彼にちょっと寂しさと苛立ちを感じているCさん。

お互いに仕事が忙しくて会えないことが続いたために始めた同棲だったのに、同棲を始めると今度は休日には出かける機会がへってしまったのだとか。

一緒に住んでいるのに食事も別々になりがちで、別々に住んでいた時よりも会話も少なくなってしまったそうです。もっと2人の時間を作りたいと思っているけれど、彼は起きてきたかと思ったらネットやゲームを始めてしまい、話しかけづらいとのこと。

話しかけたら答えてはくれるけれど、自分から話そうとはしない彼にストレスを感じていて、文句を言ってしまうことが増えてしまったそうです。

スポンサーリンク

同棲するとより彼のことを知れるかも♡

ずっと一緒にいる時間が増える

同棲のメリットとして大きなものといえば、大好きな彼とずっと一緒にいられることではないでしょうか?デートの後に別れがたくなることもなく、寂しい思いをしなくすむようになります。

忙しくて会う時間がなかなか取れない悩みを抱えているカップルなら、悩みの解決につながりますね。

大好きな彼と一緒の時間が増えるのはうれしいし、幸せなことです。もし女性が一人暮らしをしているなら防犯面においても心強く、安心できます。

また、お互いに一人暮らしをしているならば一緒に住むことで家賃などの生活費は半分になり、その分を貯金へ回せるという経済面においてのメリットもあります。

わざわざ寂しい思いまでして別々の部屋に住むくらいなら、一緒に暮らして2人の時間も増えて経済的にも楽になるという点は結婚に向けて貯金をしたいと思っているカップルには大きなメリットといえるでしょう。

生活スタイルが確認できる

付き合っているならば一緒に旅行に行ったり、お互いどちらかの家に泊まりに行ったこともあるでしょう。ですが、一緒に暮らすのとは訳が違い、2人で同じ部屋にいるとはいってもあくまでも非日常な時間であり、お互いに多少の緊張感を持っているのでは?

同棲して同じ家に住むようになると、生活をしていく中でどんどんと自然な生活スタイルになっていき、2人でいるのが当たり前になっていきます。お互いに素の状態を相手に見せるようになるでしょう。

一緒にいる時間が増えるということは、良い意味でも慣れてくると気兼ねしなくてもいい相手になっていきます。

これまで見えなかった相手の姿が見えてきて、新しい発見がある反面、嫌だと思うことも出てくるでしょう。でもこれも同棲のメリット。いきなり結婚生活を始めるよりも、自然な状態の相手を知るいいチャンスです。

生活をしなければ見えてこない面は多々あり、同棲することでもっと深い関係になれるといえるでしょう。

相手の交友関係が見えてくる

会話の中には出てきても彼の友人や知人と直接会う機会はなかなかないのでは?

もしくは反対に自分の友達にも彼を紹介する機会を作るタイミングもなく、友達と一緒にいるところに彼女を呼んだり、自分が彼を友達に合わせたりと、わざわざ機会を作らなければ会うチャンスは少ないでしょう。

同棲をしたからといっていきなりそんな機会が増えるとは言えませんが、別々に住んでいる時には見えなかった交友関係を垣間見る機会は増えていきます。

休日はデートしていたのに、お互いに優先して友達との予定を入れるようになるかもしれません。交友関係にまで口をはさんでしまうと、束縛をされたようで息苦しくなってしまうでしょう。

2人の時間はもちろん大切ですので、友達も大切にしなければいけない存在です。お互いに紹介し合うなど、それこそ機会を設けて理解や交流を深める必要が出てくるでしょう。

友達を通してあなたには見せていなかった、彼の一面を知るチャンスが出てくるかもしれませんよ。

家事能力がわかる

あなたは自分の家でおうちデートをする前には、しっかりと部屋を掃除していましたか?または彼で家でのおうちデートの時に彼の部屋はきちんと整頓されていましたか?

同棲をすると毎日がおうちデート状態です。もしあなたが部屋の片づけが苦手でデートの時だけ掃除をしていたわかったら、彼は幻滅してしまうかもしれませんね。

同じように彼が家事に対してどうしているかもわかります。料理に関しては女性がするものと考えている男性もいますし、きれい好きとあまり掃除をしないタイプでは衛生面でのストレスもたまってしまいます。

一人暮らしをしている場合、自分の好きにしても誰も文句は言いませんが、同棲をするということはお互いが居心地のいい状態を作るのがベストです。

家事の能力はこれからは頑張ろうという気持ちを持って、2人で作り上げていくようにしましょう。

結婚を疑似体験できる

そもそもなぜ同棲をしようと意識したか、という問題ですが、将来に結婚を見据えていて、でもいきなり結婚するのは勇気がいり、その分同棲ならハードルが低いと感じるからでは?

上記にあげたメリットは結婚にも当てはまるメリットともいえ、同棲は結婚を疑似体験できる絶好のチャンスです。

結婚してからこんなはずじゃなかったのに……という思いをなくすために、付き合っているだけではわからない彼の生活スタイルや家事に対する考え方などがわかると、この先結婚へ向けての考え方も決まってくるでしょう。

スポンサーリンク

人それぞれ!おおらかな心で許してあげよう♡

相手を思いやる気持ちを忘れずに

これまでそれぞれに生活をしてきた2人が一緒に暮らすのですから、生活スタイルに違いがあって当たり前です。

当たり前を受け入れるためにはお互いに相手を思いやる気持ちが大切で、どちらか片方が負担を抱えないようにしていきましょう。自分と違うからといって頭から否定するのはよくありません。

彼にとってはそれが自分のスタイルであって居心地がいいことかもしれないからです。

習慣は長い期間繰り返してきたことで身に付いたことなので、そう簡単には変えられず、直したいと思っても強い意志が必要です。同棲を始める2人の生活はこれから作りあげていくものなので、焦らずにゆっくりとお互いに納得して作っていきましょう。

お互いに歩み寄るための話し合いを

どうしても許せないことは誰にでもあり、彼の生活スタイルで嫌なところや自分自身でも直したい生活スタイルもあるでしょう。

2人が居心地のいい生活を送っていくためには、我慢するべき部分もあれば直してもらいたい部分も出てきます。自分本位に考えずに相手の意見も聞かなければ、意見が食い違ったままでストレスとなり、ケンカになってしまいます。

感情的になっても解決には結びつきませんので、建設的な話し合いの場を持ちましょう。もちろん相手の言い分はしっかりと聞いて、自分が思っていることもきちんと言えるように心構えは必要です。

無理して相手に合わせる必要はない

相手の嫌な点は一時になってしまうと心に引っかかってしまいます。直してもらうように言っても直らなかったら、余計に気になってしまいます。

でも無理して相手に合わせる必要なんかないんです。直してもらいたいというのはあなたの価値観を相手に押し付けることになり、どうしてもダメだと思うこと以外はスルーすることも大切です。

相手の生活スタイルを受け入れられて、自分もしたいようにしてもいいのです。嫌なら話し合う!というルールを2人で決めて、2人の生活を作っていきましょう。

まとめ

同棲を始める前はどんな生活になるのか、不安や心配はあるでしょう。一緒に暮らしていけるかどうかはやってみないとわからない部分が多くあり、誰しも不安でいっぱいです。

あなたと同じように彼も不安を感じているかもしれませんよ?同棲をするかしないか、不安に思っていることも正直に話しましょう。彼との生活を始める一歩がその話し合いから始まっていきます。

続きを読む

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -