旦那の胃袋を掴む!残り物を時短でおいしくアレンジ【ピーマン編】

料理に彩りや食感や苦味のアクセントを加え、様々なメニューで活躍するピーマン。初夏になると安く売られているので、ついついたくさん買って余らせてしまうことも多い野菜です。

今回はそんな残ってしまったピーマンを消費できる時短レシピをご紹介します!

ほろ苦い風味と歯切れのいい食感を楽しめるピーマンを使ったメニューは、きっと旦那様も気に入ってくれるはず♡時短料理で効率よく、旦那様の胃袋と心をしっかりと掴みましょう☆

料理が簡単に!マル秘時短テクニック☆

食材は下ごしらえを済まして保存しておく

料理には様々な工程がありますが、その中でも時間と手間がかかるのは、食材を食べやすく切ったり、下味をつけたりする下ごしらえの工程です。

ですから平日の料理の時間を短縮するためには、休日にまとめて食材を買い込んだ時に、下ごしらえを済ましてから冷凍保存しておくと、使いたい時にパッと使えて、いざ料理をする時の食材を切る手間や洗い物がかなり減らせます。

たとえばピーマンなら、千切りや乱切りなど用途に合わせた大きさに切り、お湯でゆでてから水気を切って、使いやすい量に分けてフリーザーバッグに入れれば冷凍保存することが可能です。

またピーマンを切る時に気になる種の飛び散りも、工夫次第で軽減できます。ピーマンのヘタを下にして、まな板に対して垂直に立てて包丁を入れることで種の飛び散りを軽減できるので、後処理がしやすくなります。

そういった細かい所で時間を短縮することで、より素早く料理を完成させられますよ。

始めにプロセスを考えておくと◎

料理の時間をできるだけ短くしたいなら、効率よく作業をする必要があります。

レシピを確認して、冷蔵庫から使う食材を取り出して、調味料を棚から出して、食材を切って下味をつけて、煮たり焼いたり炒めたりして、味付けをしてお皿に盛り付ける…と、実に多くのプロセスを経て1つの料理が完成します。

ノープランのままでキッチンに立つと、プロセスを追いながら準備をしなければいけないので、より多くの時間がかかってしまいます。必要な作業が抜けてしまうこともあり、それが失敗にもつながります。

より無駄なく料理をするためには、作業に取り掛かる前に必要なプロセスを頭の中で思い描いてから準備を始めましょう。そうすれば余計な作業や時間を使わず、手早く完成させることができるのです。

電子レンジを有効活用☆

電子レンジは調理済みのものを温めるだけではなく、料理を作る時にも大いに活用できる道具です。

適切な加熱時間で使用することで、火を使って調理する時のように1つの鍋に掛かり切りにならずに済むので、電子レンジで加熱している間にサラダを作るなど、限られた時間の中でも数品のメニューを作ることが簡単にできます。

電子レンジは食材の水分に作用して温めるので、中までしっかりと熱を入れることができますし、固い野菜なども短時間で柔らかくできます。

時間のかかる煮込み料理なども、材料を煮込む前に電子レンジで加熱しておくことで、火にかける時間を大きく短縮できるのです。

残り物をおいしくアレンジ!ピーマンを使った時短レシピ5つ

無限に食べれる!無限ピーマン

その手軽さとおいしさから瞬く間に話題となった無限レシピシリーズの元祖、テレビCMでも取り上げられた無限ピーマンです。

ピーマンの食感や風味は活かしつつ、青臭さや苦味がなくピーマンが苦手な人でもパクパク食べれる味付けで、白飯のお供はもちろんビールのおつまみとしても合います!

材料を混ぜてレンジでチン!であっという間にできてしまうので、たくさん作って常備菜にするのもおすすめです!

【材料】

  • ピーマン……5個
  • シーチキン……1缶
  • ごま油……大さじ1
  • 味覇又は鶏がらスープの素……小さじ1
  • 塩コショウ……少々
  • 白ごま……少々
  • 鰹節……ひとつまみ

【作り方】

  1. ピーマンは厚さ5mmの輪切りにして種を取る。
  2. シーチキンは油を軽く切っておく。
  3. 耐熱容器にピーマン、シーチキン、ごま油、調味料を入れて軽く混ぜ、600Wの電子レンジで2分間加熱する。
  4. 2を電子レンジから取り出し、白ごまをふって混ぜる。
  5. 器に盛り付けて、鰹節をのせたら完成。

写真付きの詳しいレシピはこちらから☆→https://cookpad.com/recipe/3979478

レンジでできちゃう☆チーズ回鍋肉

ピーマンを使った男性ウケレシピといえば、真っ先に頭に浮かぶ回鍋肉。そんながっつりメニューにさらにチーズを乗っけた罪深いおいしさのこちらのメニューは、なんと中華鍋も火も使わずに電子レンジで作れてしまいます

油をあまり使わないので、見た目よりも意外とヘルシーで野菜もたっぷり摂れる1品です。旦那様にスタミナをつけてもらいたい時におすすめの1品です。

【材料】(2人分)

  • 豚こまぎれ肉……200g
  • キャベツ……1/4個(250g)
  • ピーマン……2個
  • ピザ用チーズ……適量
  • ☆酒……大さじ2
  • ☆味噌、ごま油……各大さじ1
  • ☆砂糖、オイスターソース……各大さじ1/2
  • ☆豆板醤……小さじ1
  • ☆しょうが、にんにく……各チューブ2〜3cm
  • ごま油……大さじ1/2

【作り方】

  1. 豚肉は食べやすい大きさに切る。☆の調味料をよく揉み込んでおく。
  2. キャベツは洗って、ザク切りにする。
  3. ピーマンはヘタと種を取り、乱切りにする。
  4. 耐熱容器に、キャベツとピーマン、ごま油を入れ、なじむようによく混ぜ合わせる。
  5. 4の上に豚肉とピザ用チーズを乗せて(中央部分には乗せず、チーズはひとかたまりに)、600wの電子レンジで6分加熱する。
  6. 5を電子レンジから取り出し、チーズ以外の部分をよく混ぜ合わせる。
  7. 皿に盛り付け、とろけたチーズを上に乗せて完成。

写真付きの詳しいレシピはこちらから☆→https://oceans-nadia.com/user/22780/recipe/269753

時短でボリューム◎ピーマンの豚バラ肉詰め

ピーマンを使った定番メニューの肉詰めは、肉ダネを作ったりピーマンに粉をはたいたりと手間のかかるメニューです。

こちらのレシピはそれらの手間をサクッと省きつつ、食べ応え満点の肉詰めを味わえる時短レシピ。豚バラからしみ出た脂がピーマンになじみ、たまらないおいしさです。

【材料】

  • しゃぶしゃぶ用薄切り豚バラ肉……12切れ(約180g)
  • ピーマン……6個(肉の枚数の半分)
  • 醤油……小さじ0.5
  • 塩胡椒……適量
  • すりおろしニンニク (お好みで)……適量

【作り方】

  1. ピーマンはヘタを下にしてまな板に立て、くぼみを避けて半分に切る。
    くぼみを避けて切ると、筋がフタのようになる。
    ヘタを指ではずして種を取る。
  2. 豚バラ肉の端をピーマン奥の溝に詰め、筋に引っかけてから優しく詰めていく。
    奥の溝や筋に引っかけることで、ひっくり返した時に中身が出てこなくなる。
  3. フッ素加工のフライパンに油はひかず、肉を下にして並べる。
  4. 3を中火にかけ、菜箸で押さえるようにして焼き付ける。
  5. こんがりと焼き目が付いたらひっくりかえす。
  6. 水を200cc入れ、中火のままフタをして蒸し焼きにする。
  7. 水分が少なくなったらフタを取って塩胡椒をふる。
  8. 醤油を入れ、お好みでニンニクを少々入れる。
    フライパンを軽く揺すり、全体にタレをまわす。
  9. 器に盛り付けて完成。

写真付きの詳しいレシピはこちらから☆→https://limia.jp/idea/90317/

失敗知らず!ピーマンとエリンギの塩昆布炒め

こちらはお昼の情報番組で紹介された、副菜やお弁当に活用できるピーマンレシピです。

味付けは塩昆布だけなので、パッと作れて味が濃くなりすぎるなどの失敗の心配がありません。ヘルシーでお酒にも合うので、晩酌のお供にもピッタリです☆

【材料】

  • ピーマン……3~4個
  • エリンギ……大1本
  • 塩昆布……2つまみ
  • ごま油 ……大さじ1/2
  • 白ごま……適量

【作り方】

  1. ピーマンは縦半分に切り、横に細切りにする
  2. エリンギは縦に細く裂いておく
  3. 熱したフライパンにごま油をひいて1を炒める
  4. 火が通ってしんなりしてきたら塩昆布を入れて混ぜる
  5. 器に盛り付けて、白ごまをふりかけたら完成

写真付きの詳しいレシピはこちらから☆→https://cookpad.com/recipe/4046594

レンジで簡単☆バターのコクがたまらない豚肉ピーマン

シャキシャキとした野菜の食感とバターのコクが癖になる、電子レンジで作れる時短レシピです。凝ったメニューに見えるのに、調理時間は約8分!夕飯のメイン料理が10分足らずで完成してしまいます。

バター醤油味は男性の胃袋を掴むのにもってこい!たくさん作ってがっつり食べてもらいましょう!

【材料】(2人分)

  • 豚こま切れ肉…… 170g
  • 長ネギ…… 1/2本
  • ピーマン……4個
  • エリンギ ……2本
  • ショウガ……1かけ
  • バター……5g
  • ☆塩・コショウ……各少々
  • ☆醤油……小さじ2
  • ☆顆粒和風ダシ……小さじ2
  • ☆サラダ油……小さじ1

【作り方】

  1. ピーマンは縦に細切りにする。
  2. 長ネギは3〜4センチ幅の輪切りにし、縦に細切りにする。
  3. エリンギは長さを半分にし、縦に細切りにする。
  4. ショウガは千切りにする。
  5. 豚肉は☆で下味をつける。
  6. 長ネギを耐熱皿の上にドーナツ状に敷き、その上に2を広げ、ショウガをのせる。
    真ん中の空いたスペースにエリンギをのせ、その上にピーマンをかぶせる。
    ラップをふんわりとかぶせ、電子レンジ(600w)で5分加熱する。バターを加え、全体をよく混ぜる。
  7. 6を皿に盛ったらできあがり。

写真付きの詳しいレシピはこちらから☆→https://kumiko-jp.com/archives/98230.html

まとめ

時短料理のコツやピーマンを使った時短レシピをご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

旬の時期はお財布に優しくメインにもサブにも活用できるピーマンを余らせてしまうのはもったいないですよ。傷まないうちにしっかりと消費してあげましょう。

今回ご紹介したピーマンを使ったレシピは、普段料理をあまりしない人でもあっという間に簡単に作れるものばかりです。

使い切れなかったピーマンが冷蔵庫にある時は、夕食のおかずを1品増やしてみてくださいね☆

続きを読む

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking

Category