腕枕をする男性の心理とは?甘える彼氏を癒すコツ・テクニックも教えちゃいます!

Clover(クローバー) > 恋愛 > 腕枕をする男性の心理とは?甘える彼氏を癒すコツ・テクニックも教えちゃいます!

恋する女子にとって、「彼の腕枕」は憧れのシチュエーション。

恋人ができたら絶対にしてもらいたいと思いますよね。恋人の腕枕で眠るのは、とても幸せを感じます。守られているような、大きな愛で包まれているような、そんなほっこりした気持ちになりませんか?

……実は男性側も同じで「腕枕をしたい」という男性はとてもたくさんいるんです。腕枕は相手に愛情を示す、特徴的な行動でもあります。

そこでここでは!「腕枕をしたい」と思うときの男性の心理についてみていきたいと思います。

もっと仲良くなりたい!

「腕」を使えば気軽にスキンシップ出来る!?

愛する彼女ともっと仲良くなりたいという理由で「腕枕をしたい」男性はたくさんいます。そもそも「腕」は身体の中でも割とスキンシップをしやすい場所なので、気軽に触ったり触られたりすることが多いのです。

特に付き合いたての頃は、「腕」のスキンシップをきっかけに、手を繋いだりハグをしたり、ステップアップしていくものです。

「腕枕」をされた彼女が、ついウトウトと眠ってしまったならば、より長い時間彼女と一緒にいることができると考えている男性もいるのです。「腕枕」は、もっと親密になるためのきっかけとして重要ですから、彼から「腕枕をしたい」と言われたら、恥ずかしくてもしてもらいましょう。

彼女のことを本当に心から愛していて、守ってあげたいと思う気持ちから「腕枕」をする愛情表現があります。この場合は、「腕枕」をするだけでなく、体をひき寄せたり、頭をなでたりなど、他の行動も合わせて愛情表現を行うことが多いです。

男性から勇気を出して「腕枕」をしてくれると言われたときは、思い切ってしてもらいましょう。もっと仲良くなれるはずですから。

彼女が可愛くて仕方ない

してもらっている女性側からすると、「腕枕」はとても心地いいものです。しかし、男性からしてみると、重たい頭が長い時間腕の上にあるのは、実は結構キツイのです。ジンジンとしびれてきますし、好きなタイミングで寝返りもできません。

ハッキリ言って寝苦しい!の一言です。

では、そんな思いをしてまで、なぜ「腕枕」をしてくれるのでしょうか?

それは、彼女を本当に可愛いと思っているからなのです

可愛くて仕方がない彼女に「腕枕」をする事で、一番近くでずっと見ていられる、幸せだな、という心理から腕枕をしたがります。

疲れているときでも、その彼女を見ているだけで癒され、元気が出てきます。

ですから、しびれても寝苦しくても、可愛い彼女には自分の腕の中で眠って欲しいという、熱い気持ちで「腕枕」をするのです

彼が何だか元気が無いな、と感じた時には、「腕枕」のお誘いを必ず受け入れてあげましょう。そうすることで、彼は安心してまた元気になることができます。彼女の事を心から愛しているので、腕はつらくとも、「腕枕」をするんです。男性の愛情がわかる行為なのですね。

もっとくっつきたい

好きな人ともっとくっついていたいと思うのは男性も女性も同じです。

この「くっつきたいから腕枕をする」という心理ですが、好きでもない相手にくっついて腕の中を許すという行為は、多くの男性の心理ではありえないものです

「腕枕」は大切な相手を守りたいという男性心理のあらわれですから、男性が「腕枕」をするということは、相手を大事に思っている証拠なのです。

「腕枕」をしていると、よりくっつけますから相手をもっと近くに感じる事ができます。寝ている間も彼女と愛を確かめ合い、無邪気な寝顔を見つめて、自分の物だと実感したいのです。

いつまでもずっと一緒に居たいと言う愛の形でもあります。

それ程愛されていると思うと、とても幸せな事ですよね。

たくましさと愛情をアピールしたい

筋肉自慢!

男性の筋肉が好きな女性は多いですよね。男性にとって筋トレは、女性にとってのダイエットと同じようなものだといいます。自分をより良く見せるために、鍛えるのです。ですから、男性から「腕枕をしてあげる」と言われた時、実はそれはさりげない筋肉自慢の場合が多いです。

また、女性も筋肉ムキムキの鍛えた腕で「腕枕」されたら、「たくましくて頼りになりそう」と、より好きになってしまうパターンも!

一般的に男性は褒めてもらうことが大好きですから、「腕枕」をしてもらったら「たくましくてかっこいいね!」などと褒めてあげると、男性からの愛情もより深まることでしょう。

筋肉自慢の男性に「ずっと腕枕してて、疲れたでしょう?」と聞いてみてください。強がって「全然平気だよ」と言ってくれるかもしれません。それは、あなたのことが大好きだから、かっこつけてそう言うのです。

愛する女性に自慢の筋肉で「腕枕」をする時がとっても幸せだという男性は、とても多いのです

頼れる男であることを証明したい

やたらと「腕枕」をしたがる男性には、女性から「頼りがいのある男」であると思われたい、という心理が働いています。男性にとっての「腕枕」は、彼女を守りたいという気持ちのあらわれでもありますから、素直に受け入れて遠慮せずに「腕枕」をしてもらいましょう。

自然に「腕枕」をして女性を抱き寄せることのできる男性は、とても包容力にあふれています。彼の腕の中で、女性が守られているような気持になる時は、「腕枕」をしている男性側も守ってあげたいという気持ちになっているのです。遠慮せずに甘えてみましょう。

ただ、ほんの一部ですが、女性が「腕枕をしなくてもいい」と言っているにも関わらず、「腕枕」をしたがる男性もいます。そんな男性に出会った場合は、少し注意してください。こういった男性は支配欲が強く、後にその相手の行動までも制限しようとしてくる恐れがあります。そんな「腕枕」は嫌ですよね。

男性が安心感を求めているから「腕枕」をしたい

甘えたい気持ち

落ち込んでいるときなどに、自分に自信が持てていないから「腕枕」をするという男性心理もあります。男性が「腕枕」をしたがるときは、相手に自分は頼れる男であると褒めてもらいたいのです。愛する人を腕の中で抱きしめ、自分は頼られている、価値があると思いたいのです。

そんな時は何も聞かず、何も言わず、ただ彼の言うとおりにしてあげましょう。きっと彼は元気になるはずです。

彼が落ち込んでいる時は、ただゆっくりじっくり話を聞いてあげる

もしも彼が落ち込んでいるならば、そっと寄り添い、のんびりと話を聞いてあげましょう。その男性にとっての「癒しの存在」になる事で、「腕枕」をしてくれる確立もUPするでしょう。

実際に彼に会いに行けなくても、電話で話を聞いてあげるだけでもいいのですよ。精神的に参っている時には、
癒してくれる優しい誰かに、ただ話を聞いて欲しいものです。

男性は弱音を吐くのがかっこ悪いと思っている人が多いので、もしも落ち込んでいる様子に気付いたら、あなたから優しく声を掛けてあげてください。そうやって打ち明けるきっかけを作ってあげる事で、彼は心を開いてくれるようになります。

その後のコツは、あなたからのアドバイスは出来るだけ控えて、彼の愚痴をひたすら聞いてあげる事です。落ち込んだ男性が求めているものは、ズバリ共感なのです。そうしているうちに、あなたを癒しの存在と認め、彼の方から甘えてくるようになるでしょう。「腕枕」の回数も増えるでしょうね。

特に深い意味はなく、腕枕はしてあたりまえと思っている場合も?

今まで、ドラマや漫画のなかで、恋人同士が「腕枕」するのを見てきた男性の中には、「恋人同士は腕枕をするもの」だから腕枕をする!という人もいます。深く考えずに「腕枕をするものだ」と思っているのですから、彼の「腕枕」は腕を伸ばして頭を乗っけているだけかもしれません。

確かに「腕枕」は恋人同士ならば定番の行為ですが、愛情があるかないかは一目瞭然です。男性が、疲れた、腕がしびれた、寝返りをうってあっちを向いた。なんてことが毎回だったら、ちょっと危険信号かもしれません。

このように「腕枕」の仕方は、相手の好意を測るのにちょうどいいのです。毎回してくれて、頭までなでてくれるならば相手への愛情は本物。遊びではないと、十分判断できますよね。

腕枕は気持ちよく!彼氏をしびれさせないためのコツ

男性に腕枕をしてもらうのは幸福感に浸れて嬉しいものですが、長い時間腕枕をすると上腕が圧迫されて腕がしびれてしまいます。また、しびれがひどくなると腕や指が麻痺してしまうことも。

これはカップルの腕枕が原因で発症することから、「ハネムーン症候群」とも呼ばれています。手や指のしびれや麻痺は日常生活に支障をきたす危険な疾患につながるおそれもあるので、くれぐれも無理な腕枕の仕方には気をつけましょう。

彼が無理をして腕枕を頑張ってくれているようなら、女性側がさりげなく気遣う配慮も必要です。ここでは彼の腕をしびれさせないようにするコツをいくつかチェックしていきます。

眠る直前までの「時短腕枕」をおねだり

睡眠中ずっと腕枕をしていては、男性はもちろん女性側も眠りにくいはずです。男性は腕がしびれ、女性は方や首が痛くなり、お互いに良質な睡眠を取ることが難しいでしょう。

そんな時は、眠りにつく直前までの「時短腕枕」にシフトチェンジするのがオススメです。ベッドに入ってすぐの数分間、彼の腕に頭を乗せていちゃいちゃしたり甘えたりします。そして、どちらかが眠くなったタイミングでさりげなく離れます。

「あ、今少しうとうとしちゃった……」とむにゃむにゃ言いながら彼の腕を離れるのも可愛いですよ。また次の日の夜、腕枕を楽しみにしながら眠りにつきましょう。

腕枕をしつつ枕を利用する

できれば長い時間くっついていたい、ずっと腕枕で眠りたいというカップルにオススメなのが、自分の枕を使う方法です。枕に彼の腕を添えるようにしてもらい、その上に頭を乗せます。すると頭の重さは枕の方へ移り、彼の腕には首の部分が当たるだけなのでかなり負担が減るでしょう。

実際には自分の枕で寝ているのですが、彼の腕の中で寝ているような幸福感も得られますし、女性が寝てしまったあと彼も腕を抜きやすいので、とてもオススメです。腕枕でくっついたまま眠りたいカップルには、是非試して頂きたい方法です。

腕の上ではなく、少しずらした場所に頭を乗せる

彼の腕の上に思いきり頭を乗せてしまうのは、短時間でも結構負担がかかります。そこで、腕そのものではなく胸に近い部分や、脇と腕の間のあたりに頭を乗せる方法もオススメです。

そうすることで腕だけに重みが乗らないので、負担が軽減します。できれば一か所に留まらず、少ししたら別の位置に頭をずらすなど、圧迫感を分散するのが良いでしょう。

こちらも自分の枕を使うと高さの調節がしやすいので、彼の負担にならない位置に頭を置くのが良いですね。お互いに眠りやすい体勢を見つければ、寝ている時間も安心感と幸福感を味わうことができますよ。

彼を優しく癒すコツは他にもあります

「腕枕」のお返しに「膝枕」

「膝枕」が嫌いな男性なんていないんではないでしょうか?頭をなでながら「膝枕」するとか、「膝枕」で耳かきをしてあげると癒し効果は抜群なので、是非試してみてください。

とにかく聞き役に徹する

多くの場合、女性のほうがおしゃべりだと言われています。今日一日に起こった出来事、その時どんなことを思ったのかなど、彼に聞いてもらいたいことはたくさんありますよね。でもちょっと待ってください。

あなたの話を黙って聞いている彼だって、あなたに聞いてもらいたいことがたくさんあるんです

女性の話を遮って、我先に話し出す男性はごくわずかでしょう。あなたが察して、彼の話したい気持ちを優先してあげてください。

男性の愚痴を聞くうえで一番大事なのは、彼の話を否定しないことです。男性は、真剣に話を聞いてもらい、共感してもらうことで心地よさを感じます。何やら難しい話のときは、うんうんと黙ってうなずいておきましょう。

ただ、わかってくれる人がいる、自分は間違っていないんだと、自分に自信をつけたいだけなのです。彼に、あなたは自分の癒しだと思わせるコツは「とにかく話しを否定しないこと」です。愛はこうやって育てていくのですね。

彼ひとりの時間をつくってあげる

一般的に、多くの女性は、「人に話す」ことでストレスを発散させます。悪口が盛り上がる感じもここからくるのではないでしょうか?ひとりで静かにストレス解消するというより、誰かに聞いてもらうことで気持ちが軽くなるのです。

では、男性はどうでしょうか?長電話でおしゃべり?それともカラオケやショッピングで、ストレス解消でしょうか?そういった男性はあまりみかけません。なぜならば、男性にとってストレス解消に大事なのは、「ひとりで過ごす時間」なのです。女性とは正反対のようですね。

疲れた時はひとりになりたい、自由な過ごし方をしたいと思う男性は多いのです。存分にのびのびさせてあげましょう。大丈夫、しばらく放っておいても、愛するあなたのことを忘れることはありません。むしろ自由をくれたあなたへの愛情がUPしてもいいくらいです。

まとめ:さっそく彼の「腕枕」を観察してみましょう

女性が大好きな「腕枕」。自分が癒されたい、自身を持ちたい、などの意外な男性心理が隠されていましたね。「腕枕」の仕方だけで、彼の自分への気持ちを決めつけてしまうのは早急すぎますが、一つの目安にはなるかと思います。

日々「腕枕」をしてくれる、彼の気持ちを少しは理解し、彼に近づけたような気持ちになってもらえたでしょうか?よくも悪くも、愛する彼に隠された男性心理をしっかりと受け止めて、あなたにとって素晴らしい愛を育んでください。

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking

Category