【ハイスぺ男性を追う!】将来有望な男性の職業ってなぁに?

Clover(クローバー) > 恋愛 > 【ハイスぺ男性を追う!】将来有望な男性の職業ってなぁに?

世の中には色々な職業があります。突然年収や仕事内容にも大きな差が!とはいえどういった仕事があり、どのくらいの収入なのか、知らないことも沢山あります。今回はそんな男性の職業で、特にハイスペックなものにはどんなものがあるかをまとめてみました。

今の彼氏と結婚を考えたいけど、どのくらいの収入か不安…という時にも参考にしてみてくださいね♪

【安定は正義!】これが規格外☆超高収入の職業

ダントツ人気!パイロット

航空機操縦士、通称パイロットは誰もが知る通りの高収入!国内最大手の航空会社であれば2,000万、新規参入の格安航空会社などは800万と会社によって差がありますが、全体的な年収の平均はおよそ1,400万ほどといわれています。また平均年齢も45歳ほどと、高収入とされる職業の中では比較的若い人が多い職業でもあります。ボーナスのほか、地方で滞在する際に出張費が出ることも。

ただし勤務時間はかなり不規則。国際線のパイロットであれば10時間以上のフライトに対応するため、途中で仮眠や短期休暇を挟んだり、国内線であっても早朝便から深夜便まで対応するため、朝4時には起床して空港へ行くケースも。

もちろんパイロットの体調や健康を考慮してシフトが組まれているので、十分な休憩期間はもらえますし、突発的なトラブルがない限りは時間通り帰ることが出来ます。何より日本世界を問わず色々な場所に行けるというのは、とても魅力的ですよね。

人に教える人になろう、大学教授

大学教授も非常に安定した収入の職業です。国立大学か私立大学かによりますが、およそ900万代~1,400万円台まで。平均1,000万ほどと考えていていいでしょう。年代はやはり上の方が多く、50代~60代が最も多いようです。ただし研究室を持っている人となると、そちらの研究費用を捻出しなければならない場合も。

主な仕事は講義ですがこれはあまり多くはなく、大学内の会議や研究、論文にあてる時間の方が長い場合も。そのため残業時間はほぼなく、安定した勤務時間の仕事と言えるでしょう。

とはいえ大学教授になるのは至難の道。大学院後期課程を修了し博士号を取得した後、教授の推薦を受けて助手、講師、准教授と徐々に上がっていくのが普通ですが、昨今少子化の影響で大学の運営が困難になっています。そのため大学教授のポストも減少傾向になると思われ、准教授の地位でとどまっている人も多いようです。

自分に興味のある分野であれば、色々と専門的な話が聞けて面白いかもしれませんね。

安定の大定番!医師

こちらも年収が高い職業としては不動の医師。何かと大変なイメージのある研修医時代は400万ほどですが、医師として一人前になってくると1,000万、開業医ともなると1,600万円台の人も珍しくありません。また平均年齢も41歳ほどと若く、結婚を考えている女性であれば一度はお知り合いになりたいと思うのではないでしょうか。

もちろんなるためには医学部入学と国家試験、研修と大変な時間がかかりますが、人を助けるというやりがいのある仕事でもあり、仕事や研究に対する意識が高い人が多いのも特徴です。

また勤務医や開業医でなくとも、アルバイトとして働くだけでも一般の会社員と同じかそれ以上に収入がえられることもあり、非常に自由に働ける仕事といえるでしょう。ちょっとした健康上の不安なことなどを聞けると、それだけでちょっとありがたいですよね。もちろんきちんと調べたいときは病院へ!

【将来有望!】まさにハイスぺック☆知性と高収入の職業☆

試験の難易度は最高ランク・公認会計士

意外と知られていないのが公認会計士。なるためには医師や弁護士に並ぶほど難しいとされる、合格率1割ほどの公認会計士試験に合格する必要があります。同じ金融関係の資格としては税理士も有名ですが、科目合格で何年かかけて取得できる税理士とは違い、公認会計士は一発合格する必要があり、勉強にかける時間や熱意はより集中したものとなります。

その代わり大手の監査法人に就職できれば、初年度から500万ほどの収入が得られ、年数を重ねるごとに平均800万ほど。また開業して1000万以上稼ぐ人もいます。一般的なサラリーマンよりは安定して高い給与と言えます。

ただし今後数を増やさないよう試験合格者を減らしていく傾向にあるようです。素敵な公認会計士の人を見つけたら、ぜひ色々話を聞いてみたいところですね♪

ドラマなどでもおなじみの弁護士

司法関係の仕事で有名なものと言えば弁護士ですよね。こちらも難しい試験に合格できる高い知性が必要となるお仕事です。収入も高いイメージがありますが、実のところ働き方が様々なため、年間100万円台の人から6,000万円を超える人まで、幅広く違っています

基本的には弁護士になって弁護士事務所に勤務するか、自分で顧客をもって開業する人がほとんどなので、平均して700万~800万というところです。ただし最近では数が増えているため、就職が難しいという話も。

依頼者を守るため、証拠と論述で戦う弁護士。理性的な男性を好む女性には、まさにあこがれの存在かもしれません。

意外と知られていない!?不動産鑑定士

意外と知られていないけれど、超難関資格として有名なのが不動産鑑定士です。あまり聞き馴染みのない職業かもしれませんが、宅建をはじめとした不動産系の資格の中では最難関とよばれ、非常に高い不動産の知識が必要となります。

就職先も公共先から銀行、大手外資まで幅広く、平均で600万から700万。大手外資になると1000万をこえるひとも。

他と比べると少し低い?と思ってしまうこともありますが、弁護士や医師にはその仕事を変わることのできない独占業務。市や国からの受注もあるため、不況になっても変動しにくい安定した仕事ともいえます。

なかなか身近にはいない職業かもしれませんが、もし出会えたら色々な話を聞いてみたいものですね。

【やっぱ顔!】もはや都市伝説☆イケメン高収入の職業

一度は会ってみたい!芸能人

イケメンと高収入を繋げる仕事というのは意外と少ないのですが、やはり芸能人はその容姿を売りにしているひとも多いため、イケメンかつ高収入という人が多いです。所属している事務所にもよりますが、月給制+歩合のところであれば、安定した収入かつ活躍すればその分お給料があがる仕組みに!

一方で最近人気のお笑い芸人さんなどは、歩合制だけのところもあり、売れるまではなかなか大変なことが多い様子。ただし何かの拍子で人気が出たり、ファンが増えたりすると今までとは比べ物にならないほどの収入を得ることも分かりますね。

俳優さんやモデル出身の人などは、デビュー前からのファンも多く、知り合っても交際まで行くのは至難の業かもしれません。でもやっぱりイケメンが好き!という人は、知り合いになるきっかけを探すか、デビュー前の時点で知り合っておいて、長く応援するのもいいかもしれません。

億単位の契約も、プロスポーツ選手

同じく花形なのがプロスポーツ選手。野球選手やサッカー選手、テニスプレーヤーはもちろん、意外なところで騎手やプロゴルファー、力士やボートレーサーも1000万を超える年収だと言われています。ただし活動できる年数はスポーツによって異なるため、種類によっては稼ぐ時期が限られる仕事ともいえるでしょう。

またプロスポーツ選手の妻とあれば、健康管理・栄養管理も大切な仕事。そうした苦労があってこそ、試合の時に最高の力を発揮できるのでしょうね。

こちらも知り合うにはかなり難易度が高い仕事。マスコミ関係や協賛会社などで働いていればチャンスがあるかも!?

大手広告代理店や商社は過酷だけど高収入

有名な広告代理店や外資系の商社で働く人は、やはりのきなみ収入が高いと言われています。ただしその仕事内容は相当ハード。億単位で稼ぐけれど、30歳にはみんなやめてしまう、そんな激務の中で働く仕事もあるようです。

彼らは当然その外交の際、色々な著名人と知り合うこともありますので、常に身だしなみには注意をしています。上の人と会うのに安いスーツという訳にもいきませんものね。

そのせいか、ブランドや服、靴や時計などが非常に洗練された人が多いようです。やはりきちんとしたものを身に着けている人は、とてもスマートに見え、女性からの人気も高い様子。またいろいろとおしゃれなお店を知っていたり、美味しいものに詳しかったりと、そういったところも人気が高い理由の一つかも。

【+おまけ】ユーチューバーなら知り合える可能性も大?

話題性が高いという意味では、今はやりのユーチューバーもおすすめです。YouTubeの動画再生数応じて広告収入を得るという仕事ですが、最近急速に人気が出てきている注目の職業です。人気の配信者になると年収1億という噂も!ただしその人数は本当にごくわずかで、ほとんどの人は一般的な年収にも届いていないようです。

最近では渋谷や原宿などに出没して動画配信することなどもあり、直接会って知り合う機会も多いと言えます。また人気のあるユーチューバーは、外見や身だしなみにも気を使っている人が多いため女性人気も高いとか。

少し特殊で安定した仕事とはいいがたいですが、話してみるととても面白い仕事かもしれませんね!

まとめ

いかがでしたでしょうか。仕事の種類が多様化して、色々なことでお金を稼げるようになった時代。やはり国家資格が必要な仕事は相変わらず安定していますし、海外の力が強くなってくると外資系の企業も活躍の場が多くなってきます。またユーチューバーのように新たに生まれてくる仕事も。専門性があり、希少な職種の人の方が、不況にも負けず、需要と供給の波を上手くとらえて稼げるようです。

女性のつける仕事もどんどん増えている昨今、収入アップに向けて取り組んでみるのもいいかもしれませんよ♪

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking

Category