主婦の不倫事情について徹底調査!不倫してしまう女性はこんな人

Clover(クローバー) > 結婚 > 主婦の不倫事情について徹底調査!不倫してしまう女性はこんな人

“不倫”というと、何となく既婚男性と独身女性といった組み合わせを想像する人が多いのではないでしょうか?

でも、ドラマを見ているとその反対、つまり既婚女性と独身男性という組み合わせもあったりしますよね。現実にも、主婦が不倫をすることはあるのでしょうか?あれはドラマの世界だけでの出来事なのでは?

主婦でも不倫をすることがあります。また、実際には男性よりも女性のほうが不倫の恋にのめり込みやすいとも言われてるんです。そして、女性のほうが不倫に対する罪悪感が薄い傾向にあります。

どんな主婦が不倫をするのか、そしてどういう心理でどんな男性と不倫関係を始めてしまうのか、主婦の不倫について紹介していきます。

不倫する主婦の特徴6つ

携帯電話を手放さなくなる

不倫していると、不倫相手との連絡が普段の生活の中での心のよりどころになります。会いたいときに会えないこともあるので、とにかく少しでもつながっているためには携帯電話が手放せなくなるのです。

また、携帯電話を見られたら不倫がバレてしまいますから、それを防ぐためにも常に携帯電話を肌身離さず持ち歩くようになります。

今までは携帯電話をぽんっとその辺りに置いて家事をしていたのに、気づいたらずっと携帯電話を持ち歩いている、トイレに行くにもお風呂に行くにも、携帯電話を手放さなくなる……なんてこともあります。

これまでは携帯電話にロックなんてかけていなかったのに、急にロックをかけ始めるなんていうのも、不倫する主婦の特徴の一つです。

常に時間に追われるように忙しくしている

これは、ずばり不倫相手と一緒に過ごす時間を少しでも長くとりたいからです。家事を早く済ませて、早く彼に会いに行き、そして許される限りの時間を彼と過ごす。こんな時間の使い方をしていると、どうしても日々時間に追われるような生活が続くようになります。

仕事をしているのであれば仕事をいいわけにもできますが、専業主婦となると他の人からしたらそんなに忙しいはずがないのに?と不審に思われ、疑われる原因にもなります。

家族と別行動をとることが多くなる

小さい子供がいればなかなか別行動というわけにはいきませんが、子供がいなかったり、ある程度子供が大きくなってきて家族と過ごすより友達と過ごすことに夢中になっているという場合、不倫している主婦は夫とはできるだけ別行動をとろうとします

もちろん、それは不倫相手との時間を捻出するためです。これまではある程度決められた生活パターンだったものが、何かにつけて理由をつくり一人で外出するようになります。

家族に怪しまれないために、趣味をつくったり、仲良しの友達の名前を頻繁に出したりと、アリバイをつくっておくことも忘れません

家事が手抜きになる

不倫相手にはいつでも好きなときに会えるわけではありません。ですから、会えるときには一分一秒でも長く一緒にいたいと感じるものです。そのため、彼と過ごす時間を重視するあまり、家事がおろそかになってきます。

掃除を手抜きして30分時間を作る、夕飯のおかずは買ってきたもので済ませてつくる時間を浮かせる、など、彼と会うための時間をつくる方法だけに重点を置くので、家のことはおざなりになりがちなのです。

メイクやファッション、下着などに気を遣うようになる

主婦の場合、いくらメイクや洋服に気を遣っても見られるのは夫か子供、あとはママ友くらいになってしまいます。あまり、お洒落をする甲斐がないので、結婚年数が長くなればなるほど、張り合いを失い、お洒落に気を遣わなくなる主婦もたくさんいます。

特に、下着に関しては本来であれば夫くらいしか見ることはないものです。これまで下着にこだわりがなかった女性が、下着に気を遣うようになったり、その下着がセクシーな色や柄だったりと変化していくようになります。

それは、見て欲しい人、見てくれる人がいるから……ということなんですよね。

家族への態度に変化があらわれる

人は誰でも、心にゆとりがあるときとないときでは気分が違うものですよね。不倫相手との恋愛に夢中になっていると、バレてはいけない緊張感はあるものの、“愛されている”という幸せな気持ちに包まれています。その結果、家族へゆとりを持って接することができるのです。

家族に対する不満や寂しさから、家族へ優しくできなかったのが、不倫相手の存在によって家族へ優しくできるようになるなど、周りの人に対する態度に変化があらわれます。

不倫する主婦の心理や理由

夫への不満が溜まっている

ほんの些細なことから、夫が浮気していたなど、深く傷つけられたことなども含め、夫に不満がある女性は不倫に走る傾向があります。些細な不満だとしても、長い間その不満が蓄積していくことで、夫への愛情が薄れてしまうこともあります。

また、夫が自分への興味が薄れてきていると感じることで、一気に愛情が冷めてしまうということもあるのです。

夫が自分を大切にしてくれていないと感じ、寂しいと思っていた気持ちも、気づけば不満へ変わることもあります。こうして夫への不満が蓄積していく中で、愛情を受け取るだけでなく、誰かに愛情を与えたい、恋愛をして誰かを好きになりたいという気持ちが強くなっていくのです。

夫に相手にしてもらえない

女性にも性欲はあります。確かに、男性のほうが性欲は強いものですが、女性でも「したい」と思うときがあるのです。そんなときに、夫に拒否されたり、相手にしてもらえなかったら?寂しさから、他の男性で性欲を満たそうという気持ちが生まれてしまうのです。

セックスレスになっている夫婦の間ではこの理由が不倫に走る原因となることが多いのも事実です。

誰かに必要とされたい気持ちが強い

家族のために家事をして、家族に頼りにされることで主婦は「必要とされている」と実感することができます。ただ、夫はというと結婚期間が長くなっていくにつれ、そんな妻の毎日の頑張りを“当たり前”になってしまい、わかりやすく頼りにすることはなくなっていきます。

その結果、女性は誰かに必要とされているという実感ができなくなります。自分の存在している意味が分からなくなってしまうのです。人に必要とされたり、誰かに自分という存在を求めて欲しいという寂しさから不倫という関係を始めてしまうのです。

目移りしやすく気が多い

実際には、結婚生活に向いていないタイプと言えるかもしれません。

結婚するときには夫に対して“この人”と決めたとしても、つい自分のタイプの男性を見つけてしまうと興味を持ってしまう、親しい仲になれないか、近づく方法を模索してしまうといった、目移りしやすく夫に対して尽くし続けることができない女性は、結婚した後に不倫をしてしまう可能性が高いのです。

「いいな」と思った男性と出会ってしまうと、自分が結婚しているという現実を忘れて恋愛に走ってしまうこともあります。飽き性な性格だった場合、すぐに不倫関係を解消するのですが、またタイプの男性を見つけると同じことを繰り返してしまうこともあります。

自分の容姿に自信がある

自分の容姿や女性としての魅力に自信がある女性は、結婚してからも新たな恋を求めて不倫という関係に走ってしまうことがあります。

自分の魅力がまだまだ通用することを試したいという気持ちが働き、うまくいったときには満足してそのままその男性と付き合ってしまうという流れが主なものです。

自分の魅力の力試しに他の男性を利用し、もし自分の誘いに乗ってきたなら自分の魅力が通用した、自分の魅力に気づいてくれた人として好きになってしまうのです。

あまり恋愛経験がない

夫と結婚するまでにあまり恋愛経験がなかった女性も、実は不倫にのめり込みやすいタイプといえます。このタイプの女性に対しては、夫がそもそも妻には恋愛経験がなく、とても純粋だから浮気や不倫なんてするはずがないと安心しきっているところがあります。

そのため、夫からのガードが甘く、かつ、恋愛慣れしていないので他の男性からうまく言い寄られてしまうとついその誘いにのって不倫を始めてしまうのです。

ただ、このタイプの女性は自分から不倫をするために男性を誘うということはあまりありません。タイミング悪く、うまく誘いをかけてくる男性が身近に現れたときに不倫をしてしまうのです。

我慢をするのが苦手

不倫はしてはいけないこと。それを分かっていてもやめられない……つまり我慢ができない女性は不倫にのめり込みやすいです。不倫という関係だけでなく、常日頃からさまざまなことに対して我慢するのが苦手な女性は、不倫という甘い誘惑につい誘われてしまう傾向が強いといえます。

一瞬夫以外の男性に目移りしてしまうと、もうその男性が欲しくて仕方なくなってしまう。そうなると、自分が結婚していることも、相手が既婚者かもしれないということも、自分の欲望の前ではどうでもいいことになってしまうのです。

主婦の不倫相手になりやすい男性のタイプ

自分の好みの男性

自分が既婚者という立場で、他の男性と付き合うということは、大きなリスクが伴います。リスクを伴って恋愛をするのであれば、その相手には自分好みの男性を選びたいという意識が強く働きます

ルックスや性格、年齢など、できるだけ自分の好みに合った男性を見つけることができれば、その男性はたちまちのうちに恋愛対象となってしまうのです。

嫉妬をしない男性

不倫をする主婦が、相手の男性に求めるのが“嫉妬をしないこと”なのです。特に、離婚する気はなく、ただ恋愛だけを楽しみたいと思っている女性は、不倫相手の嫉妬によってこの関係が崩れることや、家族にバレることに強い警戒心を抱いています

「私は家族のところに帰らなければいけないけれど、愛しているのはあなたなの。」という言葉をそのまま素直に受け止めて、嫉妬せず、家庭を壊そうとしたり、家族の関係の邪魔をすることのない“安全な男性”を求めているのです。

既婚者の男性

家族にバレる原因になるからと、相手の男性の嫉妬に対して警戒心を抱いている女性が、結婚している男性を不倫相手に選ぶのは珍しいことではありません。

お互いに結婚している身であれば、それぞれ結婚生活がどんなものなのか、わきまえているので相手の普段の生活の邪魔をしようとはしません

お互い帰る場所があるからこそ、妙な嫉妬をしなくて済む。そして、いちいち説明しなくても自分の環境を理解してくれる。主婦の不倫相手にとって、既婚者の男性というのは、理解しあえる心地よい存在になるのです。結果、W不倫という関係に進んでいくのです。

お金にゆとりのある男性

不倫相手とデートをするには、お金がかかります。仕事をしている主婦であればまだしも、専業主婦だった場合には自分で自由に使えるお金というのはかなり限られてくることでしょう。夫に家計を任されていたとしても、そう不自然な出費を重ねるわけにもいきませんよね。

そんなことから、主婦が不倫する場合、不倫相手に経済力を求めることも多いのです。といっても、求めるのは、デートのときの食事代やホテル代を持ってくれる程度。

それ以上にお小遣いのような金銭を要求するような主婦はあまりいません。夫に見つかったときにいいわけのつかないお金の流れをつくりたくないからです。

性欲を満たしてくれる男性

セックスレスから不倫に走る主婦もいます。浮気する原因がセックスレスなのですから、不倫相手に第一に求めるものも、セックスです。自分の性欲を満たしてくれて欲求不満を解消してくれる男性を選ぶのです。

セックスを第一の目的として不倫を始める主婦が選ぶのは、自分の性欲を満たしてくれる若く健康な男性です。自分自身の年齢にもよりますが、年下から少し年上くらいの男性に的を絞って相手を探すようになります。自分が求めるだけ、セックスに応じてくれる男性を求めているからです。

女性を褒めるのが上手な男性

褒められて気分を悪くする人はいませんよね。あまりにも必要以上に褒められると「何だか気持ち悪いな。」と感じたり、あからさまな下心をくみ取ってしまうかもしれませんが、適度に、自然に褒められると、自分自身もその褒めてくれた相手に好意を抱くものです。

恋愛慣れしていない女性だと特に、褒められることによってふらっとその男性に気持ちが傾いてしまうことがあります。口がうまく上手に女性を褒められる男性に、弱いのです。また、長いこと夫からかけてもらえていなかった言葉をさらっとかけてくれる男性を好きになってしまうこともあります。

主婦が不倫するきっかけ

職場

主婦の不倫の出会いの一番のきっかけとなる場所が、職場です。相手も同じ職場なので会社での飲み会や、社員旅行をきっかけに関係がスタートするケースが多いようです。人数の多い職場だと年齢層もさまざまなので、相手の年齢も同年代から年上、年下と選び放題の状態になります。

残業や出張など、仕事をいいわけにして不倫相手に会うことができるので、職場不倫は職場にさえバレなければ不倫関係を継続しやすいのです。

趣味や習い事

ジムやヨガに通ったり、何か習い事をしている場合、そこで不倫相手と出会ってしまうこともあります。特にジムなどは男性も多く通う場所なので、出会いが溢れているといってもいいでしょう。

共通の趣味を持っていることにもなりますから意気投合しやすく、共通の趣味の買い物などを理由にすぐにでもデートができることからすんなり不倫関係へ発展してしまうのも特徴です。

SNSやオンラインゲーム

SNSを利用して見ず知らずの人と出会うケースもあります。SNSは住まいが近かったり、時間が合ったりしなければなかなか不倫関係まで発展することはありませんが、直接会うことなく、SNSでのメッセージのやりとりで恋愛を楽しむ主婦も多いようです。

オンラインゲームでも最近は会話をしながらプレイできるゲームもあり、これもやはり共通の話題を通して不倫に発展するケースに当てはまります。会話しながら同じ趣味に没頭していく中で、気持ちの繋がりを感じてしまうのです。

出かけた先

買い物に出かけた先で、不倫相手になる男性と出会ってしまうこともあります。繁華街であればナンパされて……というきっかけも珍しくないのです。

心に寂しさを抱えた主婦は、ナンパだとしても優しい言葉をかけてくれた男性に好意を抱いてしまうので、そこかで不倫に発展していくのです。

よほど遠くまで出かけたときに出会ったのであればその一回きりで終わるかもしれませんが、近所でとなるとそのまま続く可能性もあります。

近所

まるでドラマや小説の中の話のようではありますが、同じマンションやご近所さんなど、近くに住んでいる人と不倫関係になるケースも少なからず存在します。

毎日挨拶する間柄であれば、どこの誰なのか分かっていますし、相手がどこに住んでいるのかも分かっているわけですから、まったく知らない人と出会うよりは、安心感が持てるのですね。不倫関係になるにも、警戒心なくすんなり、つきあい始めてしまうようです。

友達や同級生・先輩や後輩

SNSで久しぶりに繋がりが持てた同級生や先輩・後輩と不倫関係に発展するケースもあります。同窓会や共通の友人の結婚式などで再会し、久しぶりの再会にあがったテンションと一緒につい……という始まりが多いようです。

また、学生時代でなくても友達と不倫関係に発展することもあります。お互いに悩み相談をしているうちに、お互いに恋愛感情を抱くようになり、不倫関係を始めてしまうのです。

子供の学校や習い事でのつながり

子供の通う学校の役員などを引き受け、そこで知り合った男性と不倫関係になってしまうこともあります。相手が他の子供の親だった場合は、ほとんどのケースでW不倫になってしまいます。

そして学校行事でお互いの夫婦がそろって顔を合わせる可能性もあるため、なかなかこういった関係に発展することはないですが、ゼロではありません。リスクは大きいですが、会える機会は多いため、ついやめられなくなってしまう女性が多いのです。

中には、先生が不倫相手というケースも……。学校や塾の先生と子供の相談をして仲良くなるうちに親密な関係に発展してしまうようです。

主婦が不倫する場所とは?

待ち合わせに使うのは駐車場

主婦が不倫相手と待ち合わせに使うのが、広い駐車場です。スーパーであったり、パチンコ屋であったり、車から降りて相手を待つことなく、あまり人の目に触れることなく会うことができる車の中というのは、不倫関係にある二人にとって格好のデート場所になるのです。

時間がなく、あまり会っている時間がないときには車の中で話をしたり、キスしたりして別れ、時間があるときにはどちらかの車に乗り換えてゆっくり出かけるといったように、その日の状況次第で過ごし方は変わりますが、まずは人目に付かない場所で待ち合わせをします。

自宅から離れた場所

二人で出かけるとしても、家の近くというのは危険がいっぱい。生活圏内からは出ていくことが多いようです。

お互いが結婚していてW不倫の関係にあれば、お互いの生活圏内から逃げなければいけないので、車で1時間ほどは遠くへ走らせたところでないと、ゆっくりお茶もできませんよね。

買い物をするにも、カフェに行くにも、遠くに行かなければいけないので主婦の不倫には車が必要不可欠なのです。自分が車を持っているか、相手が車を持っていないとなかなか少ない時間を利用したデートはできないんですね。

個室のあるお店

いざ、二人でゆっくり食事となったときも、周りの目が気になってしまう場合は個室が用意されているお店に入ります。

ファミレスのような人がたくさんいる場所でも、生活圏内から離れていればある程度心配はありませんが、念には念を入れてできるだけ人目につかないようデートを楽しむのに、個室のあるお店はとても便利です。

ホテル

不倫関係にある男女にとって何より、一番落ち着くことができるのはホテルの部屋でしょう。主婦の場合、仕事関係の知り合いや、近所の知り合い、子供関係での付き合いのある知り合いなど、ちょっと外を歩けば誰に会うか分からない状況なわけです。

遠くまでデートに行ってしまえばいいのですが、そこまで時間がないようなら、待ち合わせしたら直接ホテルに入ってしまうのが安全ですよね。

最近は、ホテルで食べることができる食事のクオリティもなかなかのものです。ホテルの部屋にいながら、食事もとれて、思う存分にイチャイチャすることができるのですから、最高のデート場所といえますね。

相手の自宅

不倫相手の男性が独身であった場合に限り、相手の自宅に行ってゆっくり過ごすこともできるでしょう。相手が既婚者であったり、独身でも彼女がいる状況だとなかなか難しいかもしれませんし、相手の自宅が近所だと、それも少し周りの目が気になってしまいますよね。

バレる可能性が低く、安全性が高いと判断できたときには不倫相手の男性の自宅をデート場所にさせてもらい、ご飯をつくってあげるなど同棲気分を味わうこともできるのです。

まとめ

主婦だって、不倫をしてしまうことはあります。そして、男性以上に不倫をしている女性は賢く、上手に不倫をしていることを隠す人が多いのです。中には、あまりにもこれまでの態度と違いすぎることで夫に不倫がバレてしまい修羅場を迎えることになった女性もいます。

ですが、多くの女性は心の中にうまくしまって、自分で時間をつくって不倫関係を続けているのです。家庭に不満か抱えたり寂しさを感じた女性は、周囲にいる男性に優しくされるとついほろりと気持ちが傾いてしまうもの。

ですが、甘い幸せな関係と背中合わせに、バレたときには離婚や慰謝料、そして子供に会えなくなるなど、たくさんのリスクを抱えているということも忘れずにいてほしいですね。

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking

Category