【彼を落としたいっ!】好きな人へのLINEで使える5つの最強テクと注意点

Clover(クローバー) > 人気コラム > 【彼を落としたいっ!】好きな人へのLINEで使える5つの最強テクと注意点

好きな人ともっと仲良くなりたい!だけどLINEはなかなか続かないし、彼の返信もなんだかそっけない気がする……。もしかしたらそれは、彼が返信に困っているからなのかも?

すぐに連絡が途絶えてしまう、既読スルーや未読スルーなど、彼とのLINEでお悩みのあなたに、今回はLINEでの接し方の注意点をご紹介します!また、好きな相手を落とすテクもご紹介しますのでコミュニケーションの改善に役立ててくださいね!

見直した方がいいかも?LINEが続かない女性がしている接し方の特徴

スタンプ送信のみ

何が言いたいかわからない、当然ですよね。会話の間にはさむスタンプは面白くて効果的ですが、スタンプのみの発信は、相手をただ困惑させるだけです

自分が楽しむのではなく、音声がないと言っても、相手にきちんと伝わるように、LINE会話でもキャッチボールが必要です。返信がほしいのであれば、基本は文章ありきということを覚えておきましょう。

ストレートな文章すぎる

気持ちをストレートに送ることは勇気があってすばらしいことですが、気持ちをストレートに表現しすぎると、相手は返信に困る場合があります。まずは彼の気を引いて、彼にもあなたに好意を抱いてもらえるように駆け引きをすることを覚えましょう。

好意があるのかどうか分かりにくい

恥ずかしさからわざとなのか、ただ本当に何も考えていないのか、内容が曖昧なパターンも、あなたに煙に巻かれてしまって対応に困ってしまいます。

男性はプライドの生き物ですので、意味のわからない、手の届かないような相手はすぐに諦めてしまいます。チャンスを逃さないように、自分の気持ちが伝わるよう心がけましょう。

内容がネガティブ

たまにネガティブな話題も男性側からすると「頼ってくれている」と嬉しくなるものですが、ネガティブな内容ばかり送っている場合は、うんざりされたり、呆れられてしまいますので逆効果になります。

かまってほしいアピールが過ぎる

寂しいからかまってほしい、見てみて、すごいでしょ、暇なんだけど……と、相手のことをお構いなしに、自分のことだけアピールしていると、男性の熱がサーッと冷めてしまうことも

男性の興味のある話題で自分のアピールをするように意識して、LINEに依存しすぎることも注意が必要です。

自分がなぜかまってちゃんになってしまうのか?思い悩んでいるなら電話占いがおすすめです。あなたの潜在意識にアクセスに、原因や対処法を導いてもらえるでしょう。

>>電話占いのお得なサービスについてもっと知る!

便利であるがゆえの思わぬ落とし穴…LINE中に気を付けたい12の注意点

1.頻繁にしすぎない

アプリは簡単で便利、手軽な分だけ頻繁に使いがち。気持ちが盛り上がっている時などは短いメッセージを乱発してしまうこともあります。ですが好きな人にメッセージを送る時は特に注意が必要です。

メッセージを送る頻度をいま一度振り返ってみましょう。頻度が高すぎると、あなた自身を軽い存在に見られてしまうようなことにもなりかねません。

送信ボタンを押す前に「これは本当に送るべきメッセージ?」と気持ちを落ち着けてみましょう。時にはグッと我慢をして、送る頻度を少し抑えてみるのも良いかも知れません。

2.相手のペースにあわせる

好きな人とのLINE会話履歴を見直してみましょう。あなたから送信するばかりで、彼との温度差ができていないでしょうか。あなたにはあなたの生活があるように、彼にも彼の生活があります。

または彼にも、あなたに言いたいことや話したいことがあるかも知れませんよね。そんな時はしっかりと彼の話を聞いてあげましょう。彼が窮屈に感じないようにペースを合わせることも大切です。彼に時間がないときは、返信を急かさないようにしましょう。

3.内容はお互いの興味にあわせる

好きな人の興味や関心ごとに話を合わせてあげることは、好感度アップにはとても効果的です。ただ、あなたのリアクションが大げさになりすぎると嘘っぽくなってしまうので、少しだけ注意が必要です。

好きな人があなたに好感を持ってくれていたら、ある程度は話を合わせてくれるでしょう。またあなたの好きな人は今どんなことに興味があるのか、さりげなく探って会話を膨らませてみるのも良いかも知れませんね。

4.心配すると好感度UP

好きな人に元気がない時は、「どうしたの?最近元気ないね。」「疲れてる?大丈夫?」など、あなたが彼をよく見ていること、彼に関心を持っていることをさりげなくアピール。

どんなことであっても自分のことをちゃんと見てくれている人がいるというのは嬉しいものですよね。メッセージを受け取った彼もあなたとの距離感を近いものと感じて、もしかしたら誰にも言えないような本音やグチなどを話し出してくれるかも知れません。

やりすぎて押し付けがましく思われないように、彼の様子を伺いながらあなたの気持ちを適度に伝えましょう。

5.趣味関係にもつきあう

好きな人の趣味に興味を示してみるのも好感度アップの方法のひとつ。まだ知り合って間もない彼なら、趣味や休日の過ごし方等聞き出してみましょう。

もしもあなたと近い趣味を持っているなら、彼の趣味関連のイベントをリサーチして、あなたから勇気を出して誘ってみてはいかがでしょうか。

もしも彼の趣味があなたの興味のないものでも、まず彼の話を聞いてあげましょう。ある程度話を合わせるのも良いでしょう。あなた自身が彼の趣味に本当に興味を持つことができたらそれがベストですね。

6.嬉しかったことについて書く

嬉しい報告は、相手との距離感が近いほど共感しやすいもの。時には好きな人にあなたが嬉しかったことを報告してみましょう。もし彼があなたのことを少しでも理解してくれているなら、共感し一緒に喜んでくれるでしょう。

また、いつも笑顔でいる人に人は集まります。あなたが前向きでハッピーな雰囲気を持った人であるほどLINEのメッセージからもそれが伝わるもの。もしかしたら彼もあなたに会いたいと感じるかも知れません。

注意が必要なのは、彼にあまりにも関係のない話を送る時。いくらあなたが嬉しく感じていても、彼にとってピンと来ない話題であればいまいち共感しづらいかも知れません。なるべく彼も興味を持ちそうな話題を選ぶようにしましょう。

7.ネガティブな内容は避ける

「好きな人だけには本音を知って欲しい!」という気持ちも分かりますが、ネガティブな言葉は相手にも負担がかかります。本音をこぼして彼のことを信頼しているというアピールも良いですが、ネガティブな内容はほどほどにしておきましょう。

前向きでポジティブな姿勢を持っている人は、周りから見ても魅力的に映るもの。好きな人相手だからこそ、なるべくポジティブな言葉を選んでメッセージを送ることも大切です。

8.スタンプの多用は避ける

スタンプは感情を伝えるのに便利で楽しいツールですが、やたらスタンプばかり多用したり、おすすめスタンプを送ってきたりされると、男性の中にはスタンプが苦手な人もいて気分を害する可能性もあるので、気をつける必要があります。

何が言いたいかわからない、と思われないように、適度に使用するようにしましょう。

9.一方的に送りすぎない

好きな人とLINEを送り合っている時、お互いの発言のバランスはどうなっているでしょうか。あなたの方から一方的にメッセージを送りすぎてはいませんか?彼とあなたの会話に温度差はありませんか?もしすぐに既読がつかなくても不安にならないこと。

急かされて義務的に返すメッセージよりも、返信したいと思った時のメッセージからの方が彼の本心が見えてきます。あなたが伝えたいことを送ったら、余裕を持って返事を待つようにしましょう。

10.LINEがこないことを心配しすぎない

好きな人からの返信は、早いほど嬉しいものですよね。それまでリアルタイムでのやり取りが続いていたのであれば、急に既読がつかなくなったり返信がなくなったりした時には不安になってしまうもの。返信が来ないのは、ただ忙しいだけなのかも知れません。

また夜遅くのやり取りであれば寝落ちした可能性もあります。そんな彼を責める意味はありませんよね。あなた自身にとっても、今は忙しいのだと割り切って、のんびり返信を待つことができたら気持ちが楽になると思いませんか?

11.画像を適度にはる

あなたの今の気持ちを伝えるのには、文字も良いですが写真やスタンプなどの画像も有効です。LINEは相手の顔が見ることができません。

文字だけのやり取りでは表現や説明が足りずに、時には思わぬ誤解が生まれてしまうことがあります。そのたなるべく親切に、伝えたいことを分かりやすく伝めてしまうことも心がけましょう。

また、画像やスタンプだらけのメッセージも注意が必要です。あなたが何を伝えたいのか、あなたなりのやり方で分かりやすく表現してみましょう。

12.彼の気持ちを考える

ラインを送るときに大切なことは彼がどう思っているかを少しでも良いので考えること。彼の立場になって『この時間にラインがきたら嫌なかな』『この返信内容から見て私のこと嫌いかな』などを想像することが大切です。

しかし、いくら考えてもそれは全て想像にしかすぎませんよね。本当の気持ちを知ることができればそれに越したことはありません。電話占いならば彼の気持ちを占い師が代わりに調べてくれます。

占い師であれば友達にも話せないような悩みもちゃんと聞いてくれるので気軽に話すことができます。詳しく知りたいかたは下の記事をチェック!

仲良くなるだけじゃ物足りない!彼を落とす最強テクニック5選

既読と返信のタイミングが命!

LINEの特徴である「既読」。この機能を上手に使いこなすことが好きな相手を落とすテクになります。まずしてはいけないことは「既読スルー」。うっかり返信を忘れていても、後でフォローを忘れずに!好きな人とのLINEで大事なのは「未読」を「既読」にするタイミングです。

あまりにもすぐ既読になってしまうとスタンバイしているのかと気持ち悪がられたり、暇なのかなという印象を与えかねません。相手の状況を考えながら、バラバラに既読にすることが大切です。返信のタイミングも、バランスを大切にするようにしましょう。



かわいいスタンプを使う

女性にしてみれば友達同士でも使用頻度の高いハートの絵文字やスタンプも、男性側は「気があるのかな?」と期待してしまいます。おちゃらけたものを使うより、女性らしさをアピールできますので、上手に使いこなすことが、好きな人を落とすテクになります。

寝る前を狙って短文コミュニケーション

寝る前に、ベッドに入って眠りにつく前のほんの10分ほどの時間が、彼との短文のコミュニケーションをするチャンス。力を必要としない短文を続けることで、一気に距離を縮めましょう。

LINE最中に寝落ちしてしまっても問題ありません。次の日、「値落ちしてごめん」とメッセージがあれば、またその日も楽しく継続してください。

「ありがとう」をきちんと伝える

「~してくれてありがとう」「助かりました」という素直な感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。感謝の気持ちは言われてイヤな気持ちにはなりませんよね。お礼の言葉は、丁寧に伝えるように心がけると、いい印象を持ってもらうことができます。

相手の好きなこと、興味のあるものを話題に

相手を確実に落としたいのであれば、彼の興味があるもの、価値を感じているものを知っておきましょう。共通の好きなことでも構いません、その話題をテーマにしてLINEしたときの、彼の食いつき具合をチェックしましょう。相手の関心事であれば、話したいこともたくさんあるはずです。
価値観を認めることは、存在を認めてもらえるということ。嬉しくなって、あなたを気が合う人だと思ってくれるはずです。

好きな人とのLINE、話題はどうする?

励ましや労いの言葉

彼が仕事のことなどで落ち込んでいる時に、「あなたが頑張っていることは知ってるよ!」「私は応援しているよ」と、励ましのLINEを手短に送る。

大変なプロジェクトを成し遂げた時に、「お疲れ様!さすが〇〇さん!」「すごく努力してたもんね!おめでとう!」と、労いの言葉をかける。

簡単ですが、「本当に大変でさぁ……」と彼が話をしてくれるきっかけにつながることもあり得ます。聞き上手になればあなたの好感度も上がり、一石二鳥ですね。

軽い相談を持ち掛ける

家庭のことや病気のことなど、重い相談は相手への負担になることも。相手が車に詳しい人であれば、「車が欲しいんだけど、車種はどれがおすすめ?」と、彼の得意分野を刺激するようなものがベター(車の購入を検討しているという口実でOK)。

興味を示してたくさん質問を投げかけるのもありでしょう。自分のために時間をとってくれたことにお礼を忘れず、「やっぱり〇〇君は頼りになるわ!」「ありがとう。あなたに相談して良かった」と、一言付け加えることを忘れないようにしましょう。

テレビの話

テレビの話題は一番無難で、手っ取り早いネタと言えます。テレビをあまり見ない人でも、相手が好きそうなネタをリサーチしておけばOK。

「今日、テレビであれやってたよ」「今日の〇〇の番組見た?」と、気軽にメッセージを送りましょう。特に、テレビ番組の地方特集があって自分たちの地元が映っているなら多少興奮気味になっても大丈夫です。

「今家ならテレビつけてみて!〇チャンネルでうちらの地元が映ってるよ!」という感じです。番組表やネットニュースをこまめにチェックしましょう。

共通の話題

共通の話題があれば強いです。同じ職場の人なら業務連絡を含めて仕事のこと、同僚のこと、上司に言われたことなど、愚痴や悪口ばかりにならないようにやりとりをしましょう。

また、同じサークルに入っているなら行事やイベントのこと、オフ会のことなど、本当に些細なことでもかまいません。

「打ち上げのお店どこにする?」「〇〇さんの送別会をしたいんだけど、どうかな?」など、相手をどこか頼りにしつつ、自分自身も頑張っている姿勢を見せると良いでしょう。

今日あった出来事

その日の出来事の中で面白いネタがあれば、さり気なくLINEで伝えるのもありでしょう。下調べなどが要らず、話題も尽きません。

テクニックとしては、証拠写真として画像つきで送ること。思わずクスッと笑ってしまうようなものがあれば、スマホで撮っておいても良いかも知れませんね。

ただ、相手の反応が薄い時や返信が無いときは、きちんと空気を読むことが大切です。一方的にメッセージを送り過ぎないように気を付けることも大切ですが、あなたの情報をどんどん開示することで、相手も心を開きやすくなります。

あなたに合ったコミュニケーションや相手との相性を知りたいなら、電話占いを使うのも1つの方法です。本当の自分は、第三者じゃないと分からない部分が大きいです。

自分の魅力や弱点を、プロの占い師にアドバイスしてもらっても良いですね。

>>電話占いのお得なサービスについてもっと知る!

男性心理を見逃すな!脈ありLINEとその対処法とは…?

すぐに返信がある

好きな人からLINEがあったら、すぐに返信したくなりますよね。それは男性も同じこと。気になる女性からの連絡には、間を空けずに返信したいと考えています。

仕事や用事でなかなか既読にならない時もあるでしょうが、既読になったあとすぐに返信があるのは、脈ありの可能性が高いです。

あなたの方からも好意があることをそれとなく匂わせれば、デートやお付き合いまでスムーズかもしれませんよ。

休みの日やあなたの都合を確認してくる

男性は好きな女性とはなるべく会いたい、一緒にいたいと考えています。「次の休みはいつ?」「空いてる日ってある?」など、あなたの予定を確認するような内容なら脈ありのサインです。

反対に、LINEでやりとりはあるものの会おうという話にはならなかったり、お誘いがまったくなかったりする場合、残念ながら彼の方はあなたにあまり興味がなく、社交辞令で返信しているだけかも……。

あなたの方から一度誘ってみるなどして、彼の本気度を確かめてみましょう。その際、彼と予定が合わない、彼の仕事が忙しいなどの理由で実際会えそうになかったら、脈なしと考えた方が良いでしょう。

どんなに仕事が忙しくても、好きな女性と会う時間は何とか作ろうとするのが男性心理です。彼の方から具体的な日程が送られて来なければ、しつこく予定を合わせようとせず、縁がなかったと諦めましょう。

ほぼ毎日連絡が来る

特に用事がなくても、例えば「おはよう」や「おやすみ」、「今日もお疲れ様」など、1日1回は必ずLINEが来る場合、彼はあなたに好意を持っていると考えて良いでしょう。

男性はどうでもいい女性とわざわざ連絡を取ろうとはしませんし、特にメールやLINEなど文章でのやりとりを面倒だと感じている人が多いものです。彼から頻繁に連絡が来る、また毎日のようにやりとりしている場合、かなり脈ありと言えるでしょう。

あなたが興味のある話題を振ってくる

彼とのLINE中、話題はどんなものでしょうか?仕事の話、趣味の話など色々とあると思いますが、彼はあなたを主語にした話題を振ってくれていますか?

「オシャレなカフェが好きって前に話してたよね。良さそうなお店見つけたよ」「○○ちゃんが好きなキャラクターのコラボイベントやってるみたいだよ」など、あなたの好きなものや興味のある話題を持ちかけてくれるなら、かなり脈ありです。

彼はあなたともっと親しくなりたい、あなたを喜ばせたいと考えていますので、「知らなかった~!教えてくれてありがとう!」と素直に喜んで、彼とのLINEを楽しみましょう。共通の話題ができると、デートでの会話もはずみますよね。

LINEのテンションが高め

好きな人からLINEが来たら、どんな時でも嬉しいものですよね。男性心理も同じで、気になる女性とのLINEは嬉しくてテンションが上がってしまいます。

絵文字や顔文字が多かったり、楽しそうな雰囲気が伝わってくれば脈ありのサイン。絵文字やスタンプなども可愛いものを使ってきたり、さりげなくハートがついていたりすればその可能性は高いでしょう。

逆に返信はあるもののテンションが低めだったり、短文が多かったり、そっけないと感じる内容ばかりならば、彼は惰性でやりとりしているだけの可能性が。今のままLINEを続けていても、お付き合いに発展させるのは難しいかもしれません……。

好きな人に既読スルーされたら?

何日か待ってみる

返事がないからといって焦ったり、「嫌われるようなことしたかな?」と思い悩むのは苦しいですよね。自分や相手を責めるのではなく、感謝できる点や、ポジティブに考えられる点に考えをフォーカスすることが大切です。

例えば、既読マークがついた=相手に自分の言葉が届いた、と考えます。つまり、忙しい中メッセージを読んでくれたことに感謝できますね。

そしてもしかしたら、あとから返信しようと思っていて、そのまま忘れてしまったのかも知れません。つまり、さまざまな理由が考えられるわけですね。

楽になる方法の一つとして、「彼からの返信に執着しない」ということが挙げられます。執着を手放すと気持ち的にも安定するし、そうすることで不思議と、既読スルーに関してさほど気にならなくなります。

別の話題を疑問形で送ってみる

もしかしたら彼は、あなたのLINEに返信の必要性を感じていないのかも知れません。Twitterのような感覚で独り言のようなメッセージを送っていたり、まるでブログのような報告になっていたりしていませんか?

男性によっては、このようなメッセージへのリアクションを苦手とする人も少なからず居ます。既読マークはつまり、「一応、読んだからね」という返事という感覚ですね。

相手からの返信が欲しいなら、返事をしやすいメッセージを送るよう心がけましょう。一番良いのは、疑問形のメッセージです。

間違っても、「どうしていつも既読スルーするの?」というふうに、相手を責めるようなことは言わないこと。一つのメッセージへの返信に執着するのではなく、話題を変えるとより効果的です。

ぜひ、試してみてくださいね。

電話をかけてみる

男性は仕事や趣味に全力で取り組む人も多く、LINEのやりとりを重要視しない場合があります。彼女との連絡は電話派かLINE派か?と尋ねる某アンケート調査によると、「電話派」と答えた男性が60%を超えるという結果になりました。

男性によっては、メッセージを打つことを億劫に感じるだけでなく、「相手の声を聞いてコミュニケーションをとりたい」という考えの人もいます。

「もしかしたら彼は電話派かも」と感じた場合は、とりあえず電話をかけてみてもよいのではないでしょうか。

好きな人をデートに誘いたい!LINEメッセージの切り出し方は?

「みんなで行こう」と、最初は複数の友人を交えて誘う

いきなり2人きりのデートに誘うと、相手の性格によっては緊張してしまったり、場合によっては警戒されてしまうことも……。

いきなり1対1ではなく、「〇〇たちも一緒に、土曜日に飲みに行かない?」というふうに、気軽にノリやすい誘い方が望ましいでしょう。

また同じ職場であるなら、「明日の研修が終わったら、みんなでご飯行こうよ!」というふうに、流れを上手に作ることもポイントの1つです。

誘うまでにある程度親しくなっておく

お互いが心を許し、信頼関係を作っておくことも、デートに誘うための重要なポイントとなってきます。ともに同じ時間を過ごすなら、居心地の良い空間であるに越したことはありませんよね。

  • 何度も顔を合わせ、毎日のLINEのやりとりが1週間以上続いていること。
  • LINEのやりとりに相手との大きな温度差が無いこと。
  • 相手からメッセージがくること。

上記3点をクリアしているなら、GOサインと言っても良いと思われます。がっつき過ぎず、攻め過ぎず、相手を受け入れていくような感覚を覚えていきましょう。

好きな食べ物や趣味の話で盛り上がったタイミングを狙う

共通の趣味や食べ物の好みがあるなら、その話題をメインにLINEのやりとりをしてみましょう。相手の好きなものを聞き、「ラーメンが好き」「〇〇っていうバンドが好き」という答えが来れば、デートにつなげるチャンスです。

「私、美味しい店知ってるよ」「今度、〇〇で音楽のイベントがあるよ!」という情報提供をして、相手が「行きたい!」「気になる!」とノッてきた時が、ベストなタイミング!

おもむろに誘うというよりは、「流れで一緒に行くことになった」というぐらいの方が、お互いに自然体でいられるでしょう。

まとめ

好きな人とのLINEでの接し方をご紹介しました。ポジティブな内容、共通の話題や相手の興味のある話題にすることがポイントのようですね。彼を落とすためにも、相手の好む話題のリサーチは重要ポイント。

彼の趣味趣向を詳しく知るためには彼の本心を知ることが大切です。彼が自分のことをどうおもっているのかがわかれば今後の行動のとり方が明確になりますよね。すこしでも彼との関係を良い方向にもっていきたいというかたは是非占い師に相談してみてください。

詳細や詳しい利用方法については以下のボタンから確かめてくださいね。

今日からでも、好きな彼とのLINEに気をつけて、もっと仲良くなれる話題作りを心がけましょう!

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking

Category