男ウケしないメイクの特徴10選!注意すべきは厚塗り?男性はあなたのここを見ていた

Clover(クローバー) > 美容・ファッション > 男ウケしないメイクの特徴10選!注意すべきは厚塗り?男性はあなたのここを見ていた

女性の多くはお出かけする時や、デートのときは念入りにメイクするでしょう。結果的にいつもより濃いめになっていたり……。でもそのメイク、実はすごく男性ウケが悪いかもしれません。

自分ではバッチリだと思っていても、男性からすると残念だと思われているかも。そこで、男性ウケしないメイクの特徴をご紹介します。これを気をつければ安心してメイクできます。

胸元や服装だけじゃない。男性は女性のどこを見ているのか?

顔やメイク、肌の状態など

男性は女性の胸元や服装にも興味がありますが、一番に目が行くところと言えば顔ですよね。顔が可愛いとかよりも、肌の状態やメイクの仕方などを見ている場合が多いです。

男性は透き通ったような肌が好きなので、肌が綺麗なのか、メイクが濃すぎないかなどは意外とよく見られています。アイメイクが濃かったり、口紅がはみ出していたりなんてしていたら、すぐに気づかれるでしょう。

スタイルの良さ

男性が好むのは、やはりスタイルのいい女性ですよね。背の高さや、足の長さ、細さなどをすぐに認識させます。スタイルが良いか悪いかは一瞬で判断するのです。

男性によっては、顔よりも先にスタイルに目が行くという人もいます。こればかりは個人差がありますが、普段鈍感な男性でも、女性の体のラインなどはしっかりとチェックいるのです。

髪型、髪の毛のツヤなど

女性の髪の毛いえば、さらさらでつやつやしていて、とにかく綺麗というイメージを持っている男性は少なくありません。それに、髪の毛が綺麗なだけで若く見えたり、清潔感や性格も比例していたりします。ぼさぼさで不潔そうな髪の毛なら、「私生活もだらしないのかな……」と思われてしまう可能性があるので、注意しましょう。

そのメイク盛りすぎかも…男ウケしないメイクの特徴10選!

つけまつげ

女性にとっては、まつげを長くするのは目を大きく見せるのにとても大切なアイテムですよね。地まつげよりもつけまつげの方がボリュームもあってすごく濃いし、長くて最高のアイテムです。

でも、男性にとってつけまつげはあまり好まれないようです。バサバサとしていてケバくみえてしまい、化粧が濃く見えてしまうという理由もあり、ウケが悪いです。

オーバーなアイライン

アイラインを引くときに、目じりから大きくはみ出して描いている人がいますよね。このオーバーなアイラインは男性ウケが悪いです。

目がきつく見えてしまったり、メイクしているというよりもお絵かきしているという風にとらえられてしまうようです。アイラインを引くときは、はみ出しても少しだけにしておくのが良いでしょう。

真っ赤な口紅

真っ赤な口紅は、インパクトがあって可愛いですよね。化粧映えするので、お出かけや気合の入れている日は真っ赤な口紅にするという人も少なくないはず。

でもこれは、男性から見ると怖いという印象を与えてしまうのです。口元を主張しすぎてしまうと、かえってドン引きされてしまいます……。真っ赤ではなく、控えめの赤にするようにしましょう。

カラコン

カラコンは今やメイクの一部になりつつあります。度入りのカラコンもあるのですごく便利ですよね。控えめの淵だけ色がついたカラコンなどは良いのですが、しっかりと柄の入ったカラコンや、奇抜なカラーは男性ウケがかなり悪いです。

メイクと目のギャップがひどく、明らかに浮いていたりするとすごく引かれてしまいます。カラーやデザインはシンプルにしておきましょう。

ファンデーションの厚塗り

男性がすごく嫌うメイクと言えば、厚化粧です。厚化粧かどうかはファンデーションの塗り具合でかなり左右されます。ファンデーションが濃いと、チークやアイメイクを薄くしても意味がなく、かなり濃いメイクに見えてしまうので要注意。

「肌が汚いのかな?」「自信がないのかな」と思われてしまいますので、肌に自信がなくても薄目の方が綺麗に見えますよ。

不自然なアイプチ

メイクをするときは、必ず二重にする人が増えています。二重にするアイテムとしてアイプチを利用している人はすごく多いです。自分ではばれてないと思っていても、はたから見たら意外とばれています。

それに、鈍感そうに見えて男性もしっかりと見ていますので、不自然だとアイプチをしているとばれてしまうのです。アイプチをするときは、不自然にならないように徹底したほうが良いでしょう。

涙袋の強調

涙袋がある芸能人を見ていると、それにあこがれて自分もこんな風になりたいと思ってしまうもの。そこで、メイクで涙袋を作っている人がいますよね。目の下に白のシャドウを塗ったりして、涙袋を強調します。

でも、目の下にラメなどを塗るとかなりギャルっぽくなってしまい、大人っぽさからかけ離れてしまいます。あまりに不自然な涙袋は男性ウケは悪いの要注意。

太眉メイク

太眉ブームがあって以来、眉毛を太く書き続けている人がいます。今っぽい顔になれるからと、なかなか太眉から抜け出せない人もいますが、実は男性ウケがすごく悪いんです。

ふだんよりちょっと太いくらいならいいですが、明らかに太すぎたり、だれがみてもちょっとおかしいと感じる太さだと、まったく魅力を感じられません。

トレンドの眉毛だからと、そればかりに気を取られて、顔全体のバランスを見ていない人がいます。不自然でおかしいと言われてしまうので、気をつけましょう。

不自然な位置のチーク

チークは、顔色を良く見せてくれるし、可愛らしく女性らしくしたい時には欠かせないアイテムです。

しかし、チークは入れる色や位置によっても、まったく異なったメイクになり、チークを濃く入れすぎたり、または不自然な位置にチークを入れると、かなりおかしいメイクになってしまうので要注意です。

最近では、目のすぐ下にチーク入れるのが流行っていましたが、それは女性の間だけ。これは男性がみると、かなり不自然でおかしいと思われてしまいます。目の下にがっつりと濃いピンク色を入れている人は、普段の位置に戻したほうが、男性ウケしやすいですよ。

グロスの塗りすぎでベトベト

グロスでうるうるな唇を作り出すことで、男性ウケすると勘違いしてしまっている人がいます。しかし、実は男性ウケを狙う上でこれはNG。グロスでベトベトになっている唇は、何の魅力も感じられないし、むしろ近づきたくないとすら感じられてしまいます…。

男性は、程よい潤いと、上品なピンクや控えめな赤が好きです。マットすぎるのも逆に男性ウケしないので、ほんのり潤っているようなくらいがちょうどいいです。グロスを使わなくても、口紅にうるおい成分が入っているものも多いので、そういうコスメを選んでみましょう。

厚塗りおブスなんて思われたくない!メイクで気を付けるべきポイント

ナチュラルを意識する

男性が好むメイクは、やはりナチュラルでしょう。素肌に近いナチュラルさを求めていますので、ファンデーションを何度も塗ったような厚塗りは絶対にNGです。

本当は、メイクしているかしてないかわからないくらいのナチュラルさが一番なのですが、逆にそれってすごく難しいです。厚塗りにならないように気をつけるだけでも変わってきますよ。

アイメイクは薄く

アイメイクといえば、アイシャドウやアイライン、つけまつげやマスカラなど。これらは目を大きく見せるためには欠かせないアイテムですよね。

ですが、すべてやりすぎてしまうと真っ黒でパンダみたいな目元になってしまいます。遠目から見ても真っ黒になっている目元はNG。アイラインにしても、ガタガタしないように丁寧にし、アイシャドウも薄くを意識するようにしましょう。

口紅は塗りすぎない

口紅って、ついつい塗りすぎてしまいますよね。すぐの取れてしまうというのもあるし、テカテカで色濃いほうが可愛いと思っている女性は少なくないはず。

でも、男性からするとすごく評判が悪いです。口紅やグロスは塗るのは良いですが、塗りすぎないを意識。テカテカのうるうるにはしない。控えめなピンクなどでも充分華やかで可愛いですよ。

自分に合ったメイクや新たな発見も?男ウケするメイク5選!

目元は薄く、ギラギラを避ける

ここからは、部分メイクを紹介していきます。まずは、目元です。アイラインは、上だけに引きます。まつ毛の際に沿って薄く引いていきましょう。上下共にアイラインを入れると、濃い化粧の印象になりますから、上だけにしておきます。

次はアイシャドウです。もともと目元がハッキリしている方は、アイラインだけでも大丈夫です。少し色味を足したいと思われる場合は、ベージュ+ブラウンのアイシャドウをお勧めします。

男性は女性らしい優しさ、品が感じられる色合いを好みますから、ビビッドな色や濃過ぎる色のアイシャドウは避けておきましょう。

ではまつ毛です。エクステをされている場合は、メイクする必要はありません。何もしていない方は、つけまつげ・マスカラで仕上げます。どちらを使用する場合でも、自然な感じで完成させて下さい。スッピンより2割増し位、と覚えておくと良いですよ。

最後にアイブロウです。完成した目元に合わせて、眉毛を描いていきます。眉毛上、もしくは下にペンシルでラインを引き、そのラインを基に、パウダーを乗せていきます。

ラインをぼかしながら、パウダーを足す感じです。色合いは、ご自身の髪の色より、少し明るい色を選ぶと良いでしょう。

チークと口紅は同系色にする

最後に顔の印象を決めると言っても過言ではない、チークとリップのメイクです。チークとリップは、同色系で纏めるのがポイントになります。頬はピンク、口紅は赤と言った色合いの異なるメイクだと、化粧が濃い印象を与えるからです。

可愛らしい印象にしたいなら、どちらもピンク系で仕上げます。頬骨を中心に丸くチークを入れるのがポイントです。リップは、唇の中心部分にだけグロスを塗ると、ぷっくりとした女性らしい唇が作れます。

大人っぽい印象にしたいなら、落ち着きあるダークレッドで纏めましょう。この時は、頬骨からこめかみに向け、勾玉のような形でチークを入れていくのがポイントです。

小さく形作り、徐々に広げて周りをぼかすように仕上げて下さい。リップは、唇の左右際部分にだけ軽くペンシルで線を引くと、女性としての美しさが際立つ唇が作れます。

ナチュラルメイクに見せたい時は、チークは薄いピンク系、唇はチークの色より少し薄いベージュやピンクで仕上げます。グロスを薄く塗ると、艶っぽい可愛らしさも作り出せますよ。

ファンデーションを見直す

自分自身の肌質に合ったファンデーションを見つけるのは、なかなか難しいものです。パウダー、リキッド、クリームなど、色々なタイプのファンデーションが販売されていますが、ご自身に合ったファンデーションをお使いでしょうか。

一般的に、乾燥肌の場合は、クリームやリキッドタイプ、オイリー肌の場合は、パウダータイプが良いと言われています。

クリームやリキッドタイプのファンデーションは、オイル成分が肌に密着し、日中の乾燥から防いでくれます。しっとり感やカバー力を求めるなら、クリームタイプがお勧めです。ツヤ感、みずみずしい肌を求めるなら、リキッドタイプを選びましょう。

パウダータイプのファンデーションは、薄付きで、余分な皮脂を粉が吸収してくれるので、化粧崩れが少なくなります。また重ね塗りしても、それほど厚塗りにならないのも魅力です。さらっとした肌感を求める方は、パウダータイプを選んでください。

ファンデーションは、ご自身の肌質、なりたい肌をイメージして購入すると良いですよ。また、どのファンデーションを使った場合でも、手のひらでしっかりと抑え、肌に密着させる時間を持つと、厚塗りする必要がなく、化粧崩れも少なくなります。

すっぴん風メイク

男性ウケするメイクと言えば、やっぱりすっぴん風メイクです。すっぴん風メイクは、厚塗り感がないので、肌が透き通ってて、より肌をきれいに見せることもできます。

すっぴん風にしたい時は、マットよりもつや肌がおすすめ。また、アイシャドウは、ピンクやベージュなどと優しい色合いが、男性ウケを良くするポイントでもあります。

まぶたにふんわりとピンクやベージュを乗せることで、一気に愛されメイクに仕上がります。ブラウンは、締め色なので目を大きく見せることもできます。

また、チークはふんわりと入れるだけでOK。濃すぎると、すっぴん風メイクにはならないので、自然な色になるように、ふんわりと入れるように心がけましょう。

ベースメイク

メイクをするうえで、もっとも大切と言えるのがベースメイクです。ベースメイクはとにかく薄付きで、サラ肌を演出するのがポイントです。厚塗りをすると、かえってメイク崩れの原因になってしまいます。

隠したい部分にファンデーションを何度も塗り重ねるのではなく、コンシーラーなどを使いましょう。クッションファンデーションなどは、すこしテカリが気になってしまう人もいますので、パウダーファンデーションがおすすめですよ。

まとめ

いかがだったでしょうか?男性は意外と女性のメイクをしっかりと見ています。男性は化粧しないからこのくらいわからないだろうと思ってメイクしていても、ばれてしまっています……。男性ウケの悪いメイクは避け、濃く厚塗りなメイクにならないように心がけて、男性ウケするメイクを目指しましょう。

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking

Category