体の相性占いの結果は良いor悪い?心と体を満足させる5つのコツ☆

彼との体の相性がいいのか悪いのか、直接聞いてみたいような気もするけど恥ずかしくて勇気が出ない……。もし体の相性が悪くて別れたいと言われたらどうしよう……。そんな風に悩んでいませんか?

そんな時は、とりあえず体の相性占いを見てみてはいかがでしょう?もし、それで悪い結果が出たとしても、乗り越えられる方法はちゃんとありますよ!

スポンサーリンク

体の相性占いってなに?まずはこちらから☆

体の相性占いとは?少し大人な占いで彼とのマンネリを解消しよう♡

スポンサーリンク

あま~い夜をたくさん過ごしたい……心と体を満足させる5つのコツ♡

普段のコミュニケーションをもっと密に☆

もし体の相性占いが悪くても、彼との甘い夜をたくさん過ごしたい!と思いますよね。でも心も体も満足するためにはどうしたらいいんでしょう?何か工夫できることはないかちょっと考えてみましょう。

たとえば普段、あなたは彼とどれくらいコミュニケーションをとっているでしょうか?彼のこと、どれくらい知っていますか?知り合ってそれほど長くない相手だと、新鮮さはあっても、無意識に緊張していることが多くないでしょうか。

夜も緊張が続くと、こちらも気持ちよくなりませんし、相手にも気を使わせてしまいますよね。普段のコミュニケーションが深まれば深まるほど、体の相性も深まっていきますよ♡

そう考えると、最初に肌を重ねるタイミングって、重要かもしれませんね。体から始まる恋愛もあるとは思いますが、体の相性って最初から「すごく合う!」と言い切れる方が珍しいと思いますよ。そして、相手をいとおしいな、と思える相手なら逆に、それほど体の相性うんぬんを言わずに、付き合いが続く気がします。

マンネリを防止!

いつも同じ部屋で、同じ流れでベッドへ……ということを繰り返していると、だんだんマンネリ化してしまいます。もちろん、関係が深まっていくとマンネリは避けられないかもしれませんが、たまには相手がドキッとするようなシチュエーションづくりも大切☆

ただ、自分に抵抗がある場合、なにもいきなり裸エプロンとかきわどいコスプレをする必要はないと思います。そして、今はやたらと情報過多なので、つい自分と他人を比べてしまいがちですよね……。

でも、恋愛もセックスも人それぞれ。誰かと比べるものではないですよ☆

なので、自分が何もできていないと心が折れる必要は全くありません!

普段、こんなことをしたら彼が喜んでくれそうだな、と思うことってありませんか?別にセックスに直結することじゃなくてもいいんです。いつも外食ならたまには手料理を作ってあげる、お弁当を持たせてあげるなどなど。

そして、たまにはどちらかの部屋ではなく、豪華なホテルの部屋で過ごしてみる……など。いつも同じパターンになっているなら、相手のことを考えてちょっとしたサプライズをしてみましょう!きっと二人の関係はもっと刺激的になりますよ♪

視覚的に工夫を☆

ベタだとは思うのですが、男性って視覚的な刺激を好むようなので、例えば女性がセクシーな下着をつけるのと、いつも着ているパジャマ姿では、相手の興奮度はぜんぜん違うようです。つい慣れ親しんでくると、女の子って普段の自分をさらけ出してしまいますよね。

でも、親友と恋人は違います。彼にしか見せない勝負下着って、やっぱりいつの世も大切なんですよね……。

昔、学生時代の友人(男)が、「ネグリジェって言葉に興奮する」という発言をしていて、とっても不思議に思ったことがあったんですが、男性にとってやっぱり女性のランジェリーって神秘の世界なのかもしれません。

普段使いの下着とは別に、相手の好みそうなランジェリーを準備しておくのも、彼への愛かもしれませんね。
また、自分の部屋に彼を呼ぶときも、普段の自分も見てほしい!といつもの部屋着を着てしまうのは、NGです!

やはり、彼との甘い夜をたくさん過ごしたいのなら、女性を意識させるような恰好の方が、彼のドキドキも高まりますよ☆

女性側も積極的に攻める!

アメリカの映画やドラマを見ると、いつもすごいなと思うんですが、女性がかなり積極的ですよね……。あれって文化的なものなんでしょうか?

アメリカ人みんながそうだとは思わないのですが、出会ってすぐにベッドイン!とか、小さいころからアメリカ映画ばかり見ていたわたしにとってはかなり衝撃的でした。

海外のAVを見たことがないのでわからないのですが、きっと彼女たちはセックスにおいても自分が楽しむことに貪欲なのでしょうね。日本人女性は奥ゆかしいほうなので、セックスにおいても受け身になりがちな方は多いかもしれません。

でも、女性側から男性を攻めて悦ばせようという気持ちはとっても大切☆また、どう自分が動けば気持ちよくなれるのかももっと追求してみましょう。自分の体がどうなれば気持ちいいのか、一番知っているのは自分です!

なので、普段から彼に対して受け身な方ほど、彼の気持ちいいところを知るためにも、積極的に動いてみましょう!彼の方も一生懸命がんばってくれるあなたの愛情を感じて、嬉しくなってしまうに違いありません♪

旅行に行く

旅に行くと、日常を離れてオープンになる人も多いと思いますし、新しい彼の一面が見られること間違いなしです。二人で宿やホテルに泊まるのも自然な流れですし、旅の雰囲気の中で、夜も盛り上がるでしょう。

おススメはやっぱり温泉。湯上りで肌はすべすべ、頬は上気してあなたの魅力が高まります。浴衣姿も男性にはぐっとくるものらしいですよ♡
どこに住んでいても日本には温泉地がたくさんありますよね。ぜひ、大好きな彼と旅行に行って素敵な夜を過ごしてくださいね☆

スポンサーリンク

体の相性を良くする時の心構え

彼が求めるスタイルって?

体の相性と言いますが、彼の求める女性のスタイルって、あなたは本当に知っているでしょうか?例えば、彼は本当は少し肉付きのいい女性が好きで、モデルのようなスレンダーな体を求めていないとか。逆に、胸が大きいのはあまり好きじゃなくて、きゃしゃな体が好み、などなど……。

人を好きになって付き合う時は、もちろんそのことを踏まえて付き合っているとは思うのですが、もし彼が「俺たちって体の相性悪くない?」なんて言ってくるときは、彼が自分の本当に求めているものに気づいていないのかもしれません。

もしあなたが肉付きがよかった場合、彼に痩せてほしいと言われてダイエットできるでしょうか?逆に、細すぎるからもっと太ってほしいと言われて、太れるでしょうか……?私としては、「そんなことを言うなら最初から付き合わないでよ!」と言ってやりたいです。

太る痩せるに関しては、その人が病的に太っているとか痩せているとかでない限り、本人が満足していれば周りからあれこれ言われたくない部分だと思いますし、自分磨きという言葉の範疇に入るものでもないと思います。

もし、肉体的な好みを「体の相性」という言葉にすり替えてくる相手だったら、付き合っていても嫌な思いをするだけ!早めに関係を見直した方が無難だと思います。大体、そいういことをいう男に限ってブサイクだったり自分の容姿に自信ないやつが多いですよ……。

体の相性ということにすり替えをして、体型をあれこれ言ってくるようなそんな相手には、「まず自分をなんとかしたら?」と言ってやってください☆

自分も楽しもう

体の相性っていうくらいですから、相手のことばかり考えて、相手だけが気持ちよくなっても相性がよくなったとは言えません。あなた自身もこの人とは相性がいい!と思えなければダメですね☆

なので、相手だけが気持ちよさを求めて、あなたに無理や我慢をしいるようなセックスにはNOと言いましょう!

そういう相手は、セックス以外のことでもあなたをないがしろにする傾向があります。関係が長くなればなるほど、相手のそういう面が気になってくるでしょう。セックスはあくまで一つのバロメーターです。

世の中には愛し愛され、心も体も満たし合えるような相手が必ずいます。あなたの反応を置き去りにして、自分だけ気持ちよくなろうとするダメ男とは、すぐ別れて新しい恋へ行きましょう☆

気にし過ぎない

あなたが「体の相性が悪いかも」と思っている彼とは、付き合ってどれくらいでしょうか?もしまだ付き合い始めて間もないうちは、まだまだ本当の体の相性は分からないかもしれません。

セックスは、相手の反応を楽しみながら肌を重ねていくうちに、お互いの体をだんだん分かっていくコミュニケーションです。あわてて、「この人とは体の相性が悪いかも」と決めつける必要もありません。

それよりも「相手がSMプレイをしたがるけど自分は嫌」とか「複数プレーに誘われるんだけど、自分はしたくない」など、性的な嗜好の違いには、敏感でいる方がいいと思います。デリケートな問題なので、相手の趣味に無理して合わせることは絶対にしてほしくありません。

もし、自分が興味があって、やってみたいのであればいいのですが……。こういうことに無理に引きずり込もうとする男の人には気を付けてくださいね。あなたを性の道具としか見ていない可能性もあります……。

まとめ

いかがでしたか?もし体の相性占いの結果が悪かったとしても、あまり気にすることはありません。ちょっとした工夫で、二人の関係をもっと深めることができますし、基本にセックスは愛情があってこそ成り立つもの♡

相手は、あなたが自分を思って色々と工夫して頑張ってくれたことが嬉しいはずです。そして、体の相性ばかりにあまりに気を取られていると、普通の生活の中での彼の気遣いや優しさもかすんでしまいますよね。

そうならないように、相手の存在が自分にとってとても大切だということを忘れないように、日々過ごしていきたいものですね。

続きを読む

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -