「彼女いない歴=年齢」男性の特徴と本音!なぜ彼女がいないの?女性目線の魅力とは

Clover(クローバー) > 恋愛 > 「彼女いない歴=年齢」男性の特徴と本音!なぜ彼女がいないの?女性目線の魅力とは

最近では、男女交際への早期化が見られており、「小学生から交際を始めている」なんて話もちらほらと耳にするようになりました。世の中で交際年齢の早期化が起きている一方、「彼女いない歴=年齢」に該当する男性が増加している傾向も見られているようです。

そんな「彼女いない歴」と「年齢」が肩を並べる男性は、比較的には20代に多く見られ、意外なことに30代や40代にも少なくはありません。

一体、何が原因で「彼女いない歴=年齢」を引き起こしてしまうのでしょうか?今回は、そんな男性の方々が持つ意外な特徴と、彼らが秘める本音を大公開いたします。

「彼女いない歴=年齢」はいつまで許される?

できれば大学生のうちに経験していてほしい

できれば大学生のうちにお付き合い経験をしてほしいと考える女性も多いようです。

高校生までは受験勉強や部活に時間を費やすことになるから彼女がいなくてもまだあり。

でも大学生になったら、環境がガラリと変わって交流関係も広がるのだから彼女の1人は作っていてほしい、という気持ちからでしょう。

デッドラインは25歳

大学生というのは理想ですが、実際に世間一般でささやかれているデッドラインは「25歳」です。

この年齢は社会人になってから2~3年は過ぎているあたりでしょうか、それまでに彼女の1人もいないというのは、なんらかの原因があるからだろうと思われてしまうためでしょう。

20代の前半と後半の分かれ道、それが彼女いない歴のデッドラインなのです。

25歳はあくまで目安

誰か異性とお付き合いするとき、年齢は判断基準としてとても大切な数字です。ですが年齢ですべてが決まるわけではありません。

大学生でもなければ25歳も過ぎちゃってるよ!という男性も、そんなこと関係なくモテるような自信や実力をつけてポジティブになれれば、いつかチャンスは巡ってくる……はずです!

知ると納得!「彼女いない歴=年齢」男性の5つの特徴

恋愛や女性へ抱く高すぎる理想

「彼女いない歴=年齢」を引き起こしているのは、恋愛に興味や関心が全くないからというわけではありません。むしろその逆とも言えるでしょう。

恋愛または女性に対しての高すぎる理想が恋愛への高い壁を構築し、それが原因となり「彼女いない歴」と「年齢」とを結び付けていると言えるでしょう。

さらに悪循環なことに、「彼女いない歴」が長くなるほど、恋愛や女性への理想がさらに高くなる傾向があるのだそう。

自分の中で描く女性の像と現実の女性とを天秤にかけ、さらに少しの妥協もしたくはないといった強いこだわりから、相手という存在をよく知る前からシールドを張ってしまいます。

また、恋愛や女性への高い理想を持つ男性には、「アニメ好き」「漫画好き」といったタイプの方が多く見られます。

物語の中の登場人物やドラマチックなフィクションストーリーに夢を抱き、そこから生み出される期待や希望といったものが、現実的な恋愛への理想を構築しているようです。

理想に合ったパーフェクトな女性の現れへの期待や、夢のような恋愛に抱く強い願望などにより、自らの手で女性を遠ざけてしまっているのですね。

現実の恋愛への理解と興味を深め、また、人の魅力を受け止める前向きな姿勢を整えることが、「彼女いない歴=年齢」からの脱出に繋がるでしょう。

「自信のなさ」からのネガティブ思考

自分への自信喪失や自己嫌悪といったことは、恋愛においてもネガティブなサイクルを生み出します。自分の魅力に気づかずに押し込んでしまっていては、周囲の人があなたの魅力に気づくことも難しいでしょう。

憧れの誰かのようになりたいのなら、恥じらいを捨てて自分の魅力をさらけ出していきましょう。

「彼女いない歴=年齢」の原因が自信喪失や自己嫌悪である方の多くが、高い確率で「過去のトラウマ」「心の傷」を持っています。自分への自身のなさが今までの人生で恋愛を諦めさせていたとなると、とてももったいない話ですね。

自分が自分に判決を下してばかりでは、変われるものの変わる機会を失ってしまいます。

「自分なんて……」というマイナス思考な決めつけの壁を壊せば、恋愛にももっと積極的になれるはず。そうすれば、「彼女いない歴」と「年齢」を結ぶ糸を断ち切ることができるでしょう。

過去は過去、今は今。自分の「今」としっかりと向き合うと、自分の魅力にも気づくことができるのではないでしょうか。

とはいえ、人が抱えるトラウマや傷と言ったものは、そう簡単に立ち直れるものではありませんね。もしも、気になる相手や身近な人がこのような状況であると気づいた時は、優しく手を差し伸べてあげましょう。話を聞いてあげるだけでも、相手はうんと気持ちが楽になるものです。

性格はいい、でも「男」が感じられない

あなたの身の回りにも、「恋愛対象外」である男性が必ず一人は存在するのではないでしょうか?

女友達を多く持ち、頻繁に遊びに出かけ旅行にも一緒に行くほどの仲なのに、「友達」どまりでなぜか「恋愛」までは発展しない。顔が悪いわけでも、性格が悪いわけでもないのにどうしてなのでしょう?

意外なことに、そのようなタイプの男性の特徴として、誰とでも友達になれるような「気さくな性格」と、友達思いの「優しい性格」が挙げられます。

飲み会などの集まりや仲の良いグループ内で盛り上げ役の中心となるような男性は、女性からもそのキャラでのイメージが定着してしまいがち。

また、悩みや相談を気軽にできるような友達思いの優しい男性は、「恋人」というよりは、異性からの直接的な意見を聞く「頼れる相談相手」となってしまうようです。女性からは好印象を持たれているのに、「いい人」で止ってしまうのがなんとも難しいところですね。

どちらの性格にも共通して言えることは、「人のために」という受け身な姿勢。どれだけ楽しくても、どれだけ優しくても、やはり女性は「積極的な姿勢」に男を感じるものです。イメージが崩れることを恥ずかしがらず、いざという時には積極的な一面を見せていくことも大切です。

自分が軸となるコミュニケーション

相手と話をしている時、自分の話に興味を示さずに話題をすり替えられたり、退屈そうな顔で薄い反応が返ってきたりすると、なんだか気分が損なわれますよね。このように、相手よりも自分の意見や感情を優先する傾向も「彼女いない歴」と「年齢」を結び付ける原因に。

異性同士である男性と女性の間には、全く異なる感性や好みは存在して当たり前。ですので、男性が女性の話を退屈に感じたり、興味を示せなかったりするは珍しいことではありません。

しかし、そのような状況においての女性への返答・反応の仕方が、女性とのコミュニケーションを成功させるうえで大切なポイントとなってきます。

ここで、「女性を喜ばせる」「女性の関心を深める」「話題を広げる」返答ができる男性は、女性との距離を縮めることに成功します。一方、女性を困らせるまたは不快にさせる」「話題を替える」ような返答は、女性から距離を置かれる結果に繋がります。

興味がないからと素っ気ない返答をしたり、自分が興味を持つ話題に切り替えたりと、自分を中心に物事の軸を置いていては、恋愛どころか人間関係の一歩を踏み出すきっかけすら得ることができません。

まずは、コミュニケーションが大切です。相手の話に耳を傾け、小さな興味を見つけることから始めましょう。

 性格に潜む「強いクセ」や「かなりの難」

恋愛に興味がないわけでも、女性との関りがないわけでもないけれど、なぜか女性から距離を置かれてしまう。そんな方には、性格に強いクセやかなりの難が見られるのかもしれません。このような性格のクセや難といったものは、自分では気づきにくいのが難点と言えるでしょう。

また、性格や顔の良し悪しといった問題でもありません。性格が悪いと知りながらも、どこか惹かれてしまう人っていますよね。

同じく、顔がそこそこでも、素敵な魅力を持っている人もたくさんいます。性格や顔の良し悪しに関わらず、その人が持つ「何か」が原因となり女性の恋愛感情ストップさせていると考えられます。

例えば、沸点がかなり低いだとか、酒癖がかなり悪い、頭に血が上ると物や人に当たるなどのようなことが挙げられます。また、異なるタイプであれば、人の欠点ばかりを指摘する、かなりの変わった趣味を持つなどといった例が挙げられます。

自分は普通に接しているつもりでも、知らないうちに女性に近寄りがたい印象を与えているかも。自分のクセや難に気づいている人も中にはいるかと思いますが、性格を変える・改善することはそう簡単ではありません。

しかし、自分自信と正面から向き合う努力は、「彼女いない歴=年齢」を抜け出す機転となることでしょう。

恋愛する気がない草食系

すっかり定着してしまった「草食系」の男性は、そもそも恋愛に対して積極的ではないため、彼女いない歴=年齢になりやすい特徴と言えます。

彼女がいなくても特に困らないし、逆に彼女がいると面倒だしお金もかかるし……と敬遠してしまうのですね。

仕事人間

常に仕事を優先する男性、仕事に命をかけている男性は、他のことまで気が回りませんので彼女を作る時間も余裕もなく、気がつけば25歳を過ぎていたというケースもあります。

仕事以外にも興味を向けるきっかけでもあれば、すぐに彼女を作れるタイプではあります。女性にしてみれば掘り出し物である可能性がありますので狙い目ですね。

ケチすぎる

お金について細かすぎて、女性から引かれてしまうタイプは彼女ができにくいです。

なんでも割り勘、しかも1円単位でキッチリ割ったり、ちょっと贅沢すると「節約しなきゃ」「もったいない」などと意見したりする男性は、女性から煙たがられてしまうためでしょう。

自分を愛してやまない

ナルシスト度が高い男性も、自分が一番ですので彼女を作ろうとしない傾向にあります。自分磨きにばかり目がいって、自分を愛することだけに尽力していては、他人から愛されることは難しいでしょう。

プライベートが充実しすぎ

経済的にも困らず、男友達もたくさんいて、趣味に没頭している、そんなプライベートが充実している男性も、彼女ができない、あるいは作らないタイプが多いようです。

友達もいて孤独ではないですし、人生を謳歌できているので彼女を作る必要性を感じていないのでしょう。

女性が気になる、「彼女がいない」男性の本音とは?

「彼女ができない」ではなく「つくらない」

男性の中には、何らかの原因を持って「彼女いない歴」と「年齢が」結びついてしまう方もいれば、不思議なことに「イケメン」なのに彼女がいないという方も少なくはありませんね。

そんな「彼女がいない」「彼女を作らない」男性のが持つ、「恋愛」に対する本音を少し覗いてみましょう。

「彼女がいない」方の理由に意外と多く見られるのが、「彼女が作れない」のではなく、「あえて彼女を作らない」という考え。特定の女性を恋人にすると、多少の縛りがでてきたり自分の時間が減ってしまったり、相手のことを考えた行動が必要となってきますよね。

そういったことが面倒だとか、女性との駆け引きをまだ楽しみたい真剣な恋愛はまだ早いなどの考えを持っている方は、「あえて彼女を作らない」という選択に落ち着くそう。

「彼女いない歴=年齢」の男性の中にも、女性経験は豊富でも「恋愛」までには発展させないという方が少なからず見られるのではないでしょうか。

男性は女性に比べて比較的に「恋人がいない」といことを気にしない人が多いように感じます。恋愛にまったく興味がないわけではありませんが、特に「彼女」という存在への強いこだわりは持っていないよう。

自由で気ままな生活を楽しみながらも、「恋愛」への魅力にも気づいてほしいものですね。

また、遊びたいというわけではなくとも、今は仕事や趣味などを優先したい、自分の時間を大切にしたいという方も。恋愛へ低関心というよりは、恋愛をする時間がないと言った方が正しいでしょう。

このような自分の中での「優先順位」の確立も、「彼女がいない」を作り出す一つの原因となってきます。

定着したイメージ・キャラの維持

「彼女いない歴」が長くなるほど起こりうる、「彼女いないキャラ」への定着。周囲の環境において「自分のイメージ」が強く定着してしまうと、せっかくの良い機会にも周りの反応を気にするように。

また、イメージを維持しなければという勝手な思い込みから、積極性をも失ってしまいます。

思い切って恋愛の話を切り出してみると、過剰な冷やかしが入ったり変にお節介を焼かれたり。決して悪いことをしているわけではないのに、なんだか自分も落ち着きませんし相手にも申し訳なくなってしまいますね。

そのようなことから、自分の恋愛を「ジョーク」や「自虐ネタ」へとすり替えてしまう方も多いのだとか。

また、いつも人を笑わせている「おもしろいキャラ」で定着している人にもこの傾向が見られます。

普段はふざけてばかり冗談ばかりの人が急に真面目になると、普段からのギャップにより周囲から違和感を感じられたり、真面目な気持ちさえも冗談にされてしまったり。理解を作ることにも一苦労です。

たとえ、好印象なイメージを持っていたとしても、時にはそれが原因となり「本当の自分」を閉じこめてしまうことに。

周囲から愛着のある「自分のイメージ」の変革には、なかなか勇気が必要ですね。周囲の目なんて気にせずに、新たな自分のイメージを確立するんだという前向きな姿勢を整えてみてはいかがでしょう。

イケメンでモテそうと思われてしまう

イケメンの人=彼女がいると考えてしまうのはしょうがない事です。しかしその固定概念こそが、彼女がいない男性を苦しめているのかもしれません。

イケメンだからきっと彼女がいるだろうという思い込みが生まれると、女性は無意識のうちにその男性を恋愛対象から省いてしまいます。その結果として告白されなかったり、男性から近寄っていっても『この人は危険だ』と逃げられてしまったりするケースが多いのです。

また、女性はイケメンと遊んだり会話をすることはとても楽しいのですが、彼氏となると色々と不安になるため付き合うことが疲れてしまうと感じる人も多いのです。

これらのことからも、意外とイケメンには近寄らない女性が多いことが分かると思います。そんなイケメンへの固定概念こそが男性たちを苦しめているのかもしれません。

社会人になると出会いがない

学生時代は部活や男友達同士で過ごす時間が楽しくて、恋愛を二の次にしていた男性が、いざ社会人になり恋活すると出会いの無さにショックを受けるようです。

男性は特に社会人なりたての頃は仕事を覚えることで精いっぱいという人が多く、落ち着いてきた頃にはもう30代になっていて、周囲の同世代の女性は結婚しているという状況になってしまうようです。

女性と男性の社会人としての時期や、結婚適齢期の微妙なズレが結果として彼女のいない歴の長い男性を生み出しているのです。

そんな実は魅力ある隠れ男性を見つけるには、電話占いに頼ってみてはいかがでしょうか?電話占いなら、女性にはわかりづらい男性ならではの魅力や考え方を知るヒントがもらえるかも!

下記に電話占いのことをまとめた記事を載せましたので、是非チェックしてみて下さい。

恋活女子におすすめ!「彼女いない歴=年齢」男性の魅力

魅力その1 一途に自分を想ってくれる

「彼女いない歴=年齢」の男性は、言い方を変えれば女性とのお付き合いをしたことがないということ。よって、やっとできた彼女を大切にし続けてくれるはずです。

これまでの話からも分かるように、恋愛に全く興味がないわけではないのです。むしろ、恋愛をしたくて出来なかった男性が多いため、彼女が出来た際にはその反動で全身全霊をかけて大切にしてくれるでしょう。

魅力その2 自分色に染められる

過去の恋愛が無いということは、前例がないということ。よって、あなたが男性の中の「恋愛」のイメージをつくれるということです。

『女性はこんなセリフを言われたら嬉しい』『こんなシチュエーションのデートを喜ぶ』などなど、あなたのペースで恋愛を進められるので、幸福感をより感じられると思います。

魅力その3 結婚への近道かも

それまで女性とのお付き合いをしたくても出来なかった男性が、あなたとの恋愛に心地よさを感じたら、男性が『結婚』を意識する日はそう遠くはないハズです。

過去の恋愛経験が多ければ多いほど、比べる対象があるというわけで、結婚相手として慎重に選ぶ際にはその恋愛経験が非常に邪魔になることもあります。

しかしながら、過去の恋愛経験がない男性は比べる対象がないため今の恋愛がベストだと感じるのです。その結果として将来のパートナーとして意識するのだと思います。

「彼女いない歴=年齢」男性を落とす方法は?

その1 女性の魅力を感じさせる

女性への免疫がない男性には、女性ならではの魅力を感じさせるのが最も効果的な方法と言えるでしょう。

例えば、女性らしい仕草や香りなど、男性をドキッとさせることがおススメです。しかし、刺激ばかりを与えては男性の求める『心の安らぎ』には欠けてしまいます。

時には女性ならではの心配りや優しさなどを与えてあげると、男性はあなたのそばで過ごす心地よさに気が付き、あなた無しではいられなくなるでしょう。

その2 男性としての自信を持たせる

長い期間彼女がいなかった男性は、少なからず自分に自信が持てずにいる場合が多いです。そんな時は、その自信を持たせてあげましょう。

ポイントは、男性としての自信という点です。頼られる存在であったり、社会人としての自信であったりなど、女性とは違う男性ならではの自信を持たせてあげることがコツです。

自信を持たせるには、女性から男性に甘えたり、仕事の相談を男性にしたりするなどで十分です。そして男性に感謝をしましょう。「さすがだね!ありがとう。」などと伝えてあげると、男性は自分に自信が持てるでしょう。

その3 あえてすきを見せる

彼女が長くいない男性の特徴の中で、女子への理想や恋愛へのイメージが非常に高い人が多いようです。そんな時はあえてすきを見せるのです!

例えば、仕事はバリバリこなすけれどプライベートでは甘えるか弱い女性。自分だけに弱い一面を見せてくれていると感じた男性は、それまでの女性に対してのハードルが一気に下がるハズです。

また、家のことはしっかりできるしっかり者なのに、たまにドジをするなどのギャップにも、男性は弱いのです。男性の中の『完璧な女性』という固定概念を崩すことでより親密な関係へと発展しやすくなるでしょう。

気になっている男性がいるけれど、どんな風にチャレンジしたらよいか分からないという方は、電話占いに相談してみましょう。きっとあなたの恋を応援してくれるヒントをもらえるはずです。

下記の電話占いについてまとめた記事をチェックしてみて下さい!

「彼女いない歴=年齢」の男性と付き合う際の注意点

重たくなる傾向がある

これまで女性経験がない男性は、初めてできた彼女に依存しがちです。彼女中心に生活が回るようになり、彼女にしてみれば非常に重い存在に感じるかもしれません。

毎日会いたがったり、朝昼晩寝る前と頻繁に連絡をしてきたりするため、女性と温度差が生じる可能性があります。

束縛してくる

初めての彼女とのお付き合い、自信のなさからか彼女が他に目を向けることを嫌う傾向にあります。自分だけに意識を向けたくてどんどん束縛が激しくなってしまう恐れがありますので注意しましょう。

結婚願望が強い

彼女いない歴が長い男性は、女性と付き合う=結婚という意識が強い傾向にあります。周りからのプレッシャーもあるでしょうし、彼自身が女性とのお付き合いを軽く考えていないため、かなり結婚願望は強いと考えられます。

女性側も結婚願望があるならベストマッチですが、そこまで考えていないという場合は温度差がトラブルの素となる可能性があります。

いきなり「将来は子供2人は欲しいよね」などと言われて答えに困る、なんてこともあるかもしれません。

女性の扱いに慣れていない

女性とのお付き合い経験がゼロなので、友達とも違う、仕事関係とも違う「彼女」という存在をどう扱っていいかわからないタイプも多いです。

普通ならこうでしょ!という場面でも、デリカシーのない言動が目立ってしまう可能性があります。「女心がわからない人だ」と感じる瞬間がいくつもあるでしょう。

こればっかりは経験を積まないと理解できませんので、忍耐を持って少しずつ教育するしかなさそうです。

自分を優先しがち

今までお一人様を満喫してきた経緯もあり、彼女よりも自分を優先しがちなのも彼女いない歴=年齢の男性の特徴です。

男性は年を重ねるごとに柔軟性も失っていきますので、それまでの生活を変えようとはしないでしょう。

そうなると彼女ファーストではなく、「自分ファースト」なお付き合いになってしまいますので、これも彼女の方が少しずつ彼を変えていく必要があるでしょうね。

まとめ

「彼女いない歴=年齢」男性は、必ずしも本人に欠点があるからとは限りません。また、必ずしも「彼女がいない」ということを気にしているわけでもありません。

そして、「彼女いない歴」と「年齢」を結ぶ糸を断ち切ることは、彼ら次第でいつでも実現できるのです。「彼女いない歴=年齢」だからと言って、決して人生を楽しめていないわけでも、満足していないわけでもありません。

人には人の個性や好み、ペースやスタイルがあって当たり前。自分の気持ちに正直になるということに、嘘や恥じらいは要りませんね。遅かれ早かれ、どこかで何かがきっかけとなり、「恋愛」に対する気持ちの変化が訪れることでしょう。

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking

Category