• トップ
  • 出会い
  • 婚活を50代で続ける現実…中高年の婚活事情!成功するのはどんな人?

婚活を50代で続ける現実…中高年の婚活事情!成功するのはどんな人?

    離婚率の高さや晩婚化が話題となっている昨今、それと共に増えているのが50代以上の男女の婚活です。

    30~40代で婚活をしている人にとっては、50代になってもまだ婚活?とゾッとするかもしれませんが、50代の婚活はそんな悲壮感に溢れたものではなく、下の世代が想像するよりももっと前向きで明るいものです。

    かつては初老扱いされていたかもしれませんが、今の50代は仕事でも恋愛でもまだまだ現役世代。

    そんな50代男女の婚活事情は、一体どのようになっているのでしょうか。

    婚活は年齢も幅広い!50代男女の婚活事情

    人それぞれ様々な人生を送ってきた50代の婚活は、結婚に望むものも結婚に対する考え方も自由で多彩です。しがらみや世間体に縛られずに婚活ができるのは、50代以上ならではの特権ともいえます。

    50代が婚活をする理由

    50代で婚活をしている人の事情はバラエティ豊かです。

    子育てが終わり既に冷め切っていた夫婦関係を清算して新しい恋愛に踏み出す人や、30代や40代の時はそれほど結婚願望がなかったものの50代になって今後のことを考えるようになった人など、それぞれ異なる事情のもとに婚活に励んでいます。

    中には婚活を始めてから10年以上の時を経ても理想の相手に巡り合えず、婚活をし続けている人もいますが、実はそういう人は稀な存在です。

    初婚を目指している場合は過去に結婚を諦めた経験があり、1度は中断したものの仕事が落ち着いてきた50代になってから、改めて婚活を再開したという人が多くなっています。

    男女ともにバツイチが多い

    婚活をしている50代には、離婚歴のある人が少なくありません。実はずっと独身でいる人よりも、離婚歴がある人の方が結婚願望が強い傾向があるのです。

    離婚歴のある人は1度は結婚で失敗したものの、誰かと生活を共にする安心感をその身をもって体験しているので、孤独の怖ろしさもよく理解しています。

    1度目の結婚は経験がない状態から始めたために失敗をしてしまったという思いから、次こそは価値観や性格が合う人と出会って結婚して、第2の人生を歩みたいと願う人が少なくありません。

    子供を望まない結婚が多い

    男性は生殖機能が衰えない限りは何歳でも子供を作ることができますが、女性には妊娠する限界の年齢があります。世界には60代や70代で妊娠出産を果たした女性もいますが、それはとても稀なことで、現実的に考えれば50代以上の女性に妊娠は不可能と言っていいでしょう。

    そのため50代の女性は婚活をする際には、子供を望まない結婚を希望することがほとんどです。既に子供がいるという人や、生まれつき妊娠能力がない人、そもそも昔から子供を生むつもりがなかった人など、事情はそれぞれですが、妊娠出産を考えない結婚を望む人が多くなっています。

    50代で婚姻歴がなくても結婚できる?

    50代になるまで1度も結婚をしたことがないのに、今さら婚活を始めて果たして結婚できるのかという不安を抱える人も中にはいると思います。

    人格的に問題がなく、今までただ縁がなかったから結婚するに至らなかったという場合なら、50代でも結婚できる可能性は大いにあります。

    確かに20代や30代の婚活のようには話が進まないかもしれませんが、初婚同士が良いというこだわりを持たなければ、50代以上の人と結婚したいと願う人は存在します。相手の婚姻歴にこだわらずに結婚相手を探せば、50代で婚姻歴がなくても婚活を成功させることができるでしょう。

    50代男女の婚活に対する意識の違い

    同じ50代でも、男性と女性では婚活に対する意識が違います

    まず男性の場合、50代という年齢を弱点とは考えないことが多いです。結婚相手にも30代や20代など自分と親子ほど年下の女性を望むことが珍しくはなく、それが婚活の成功を阻む原因になっていることも多々あります。

    逆に50代の女性は自分の年齢に劣等感を感じてしまい、卑屈になってしまったり、自分の希望をなかなか言い出せなかったりすることがあります。

    またキャリアを積んできた女性の場合は今の豊かな生活を失うことを怖れ、婚活で出会う男性に対して必要以上に厳しくなってしまうこともあります。

    婚活形式も年代で変化?50代からの婚活方法

    マッチングアプリ、婚活パーティー、結婚相談所、お見合いなど、婚活には様々な方法がありますが、50代の男女にはどのような婚活が適しているのでしょうか。

    50代には結婚相談所がおすすめ

    50代の婚活を成功させるためには、婚活をサポートしてくれる第三者がいると心強いです。なので仲介役のスタッフがいる結婚相談所こそが、50代の婚活におすすめの方法と言えるでしょう。

    結婚相談所は昔から存在するので、新しい婚活情報に疎い中高年の方々も多く登録しています。そして登録費用が比較的高額なため、結婚に対する意欲の高い人が多く、真剣な出会いを探すにはもってこいです。

    ただ登録費用の高さは結婚に対する意識の違いを測るふるいにはなりますが、婚活のために数十万の費用は現実的に考えて払えないという人もいるでしょう。その場合は結婚相談所以外の方法で婚活を進めることをおすすめします。

    アラフィフ向けの婚活パーティーを選ぶ

    婚活パーティーは20、30代の人が参加するものというイメージを抱いている人もいるかもしれませんが、様々な年代の人が婚活をする昨今は、中高年男女向けのアラフィフ向け婚活パーティーも多数開催されています。

    男女問わず50代が20,30代が集まる婚活パーティーに参加しても、まず手応えはありません。50代の需要が少ないパーティーに参加するのは、お金や時間の無駄遣いともいえる行為です。

    それならはじめから同年代の異性と結婚したいと考える人たちが集まる婚活パーティーに参加した方が、はるかに効率がいいのです。

    再婚希望者や50代向けのマッチングアプリもある

    マッチングアプリはデジタルネイティブ世代のためのものと考えている人もいるかもしれませんが、今は80代のお年寄りだってスマホやパソコンを使いこなす時代です。なので50代以上向けのマッチングアプリや、再婚希望者向けのマッチングアプリが続々と登場しています。

    マッチングアプリは出会い系のようなものという思い込みから、愛人探しなどに使われるいかがわしいものだと勘違いされている人も中にはいますが、マッチングアプリと出会い系はまったくの別物です。

    マッチングアプリで出会い交際に至る50代の男女は年々増えてきていますし、本人確認がきちんと行われている安全性の高いマッチングアプリを使えば、詐欺や犯罪の被害に合う可能性は高くはないのです。

    婚活で成功するタイプの50代とは

    同じ50代の人でも、婚活で成功できる人とできない人がいます。年齢が婚活の妨げになるわけではないのなら、50代が婚活を成功させるポイントとは一体何なのでしょうか。

    相手に多くを望まない

    自分を棚に上げて相手に多くの条件を望んでしまう人は、たとえ何歳であっても婚活を成功させることはできません。若さと将来性という婚活における強力な武器を持っていない以上、強気すぎる婚活は空回りで終わることがほとんどです。

    あれもこれもと条件を付けていては、出会いの可能性を削ってしまうだけです。まずは間口を広く開けて出会いの数を増やしていくことが、婚活成功のための第一歩です。

    相手の年齢にこだわり過ぎない

    自分は50代なのに結婚相手は20代や30代がいいとこだわるのももちろん無謀ですが、逆に自分と同年代や年上の人にこだわり過ぎても、良縁を逃す原因になりかねません

    確かに年齢は結婚相手を選ぶための重要な指標とはなりますが、自分が希望していない年代の人の中に価値観や性格が合う、結婚するにふさわしい人がいるかもしれません。

    婚活で様々な人と出会う内に、話が合い結婚観も似ていて理想に近いけれど、年齢だけが理想と違う人が現れることもあるでしょう。しかし年齢という記号にとらわれ過ぎると、それ以外の大切なものを見逃してしまいます。

    相手に求める条件が明確

    ただ漠然と結婚したいという気持ちだけで婚活に臨んでも、成功率が高いとはいえません。婚活を効率よく進めていくためには、相手に求める条件を明確にする作業が必要です。

    自分が結婚相手に望む条件を紙に箇条書きしてみて、それから条件に挙げたものの特にこだわらなくていいというものから削ってみてください。残り1つか2つになるまで削れたら、それが自分が結婚するにあたって譲れない条件となります。

    その残った条件を元に相手探しをしても見つからない場合は、さらに条件を緩めてみましょう。マッチングする人の分母を増やしていかなければ、いつまでも婚活を成功させることはできません。

    謙虚な気持ちで婚活に臨む

    ある程度人生経験を積んだ50代だからこそ、人を見る目も若い頃より肥え、自分が物事の道理を理解しているという自負から相手に対して上から接してしまうことがあります。しかしそんな上から目線は、相手にとってはうっとうしいだけです。

    どんな人に対しても謙虚に接することができる人は、他人から好感を抱かれやすく、婚活も成功しやすいものです。

    間違えてはいけないのは、謙虚と卑屈は同じものではないこと。必要以上にへりくだって自分を下げるのではなく、自分に自信を持ちつつ誰に対しても敬意を持って接することが大切です。

    相手が初婚か再婚かにこだわらない

    50代が同年代の結婚相手を求めるなら、相手がバツイチである確率は当然高くなります。また自分より年下の相手を望む場合でも、相手が初婚の場合は大きな年の差を望まないことが多くなるので、やはり離婚歴のある人とマッチングすることが多くなるでしょう。

    50代の婚活は婚姻歴にこだわってしまうと途端に難易度がぐんと上がります。せめて婚姻歴があっても子供がいなければいいとか、子供は既に成人して自立しているとか、どこかで条件を緩和しなければ相手が見つかりにくくなってしまいます。

    まずは出会う相手を色眼鏡で見ないようにする意識を持ちましょう。婚姻経験の有無に関わらず、相手の人柄そのものを見て判断できる人こそが、婚活を成功させるのです。

    婚活で失敗してしまうタイプの50代とは

    どれだけ婚活を続けても、失敗に終わってしまう人も中にはいます。50代で婚活を始めて失敗を繰り返してしまう人の特徴について、ご紹介しましょう。

    自分より10歳以上年下の相手を求める

    特に男性の場合に多いのですが、自分の年齢を省みずに結婚相手には子供を生める年齢の女性を求めるパターンが多く、そのような婚活はなかなか成功しません。

    妊娠できる年齢の女性が求めるのは自分とあまり変わらない年齢の男性ですから、どうしてもミスマッチが生じてしまうのです。

    同様に女性の場合も同年代や年上の男性には魅力を感じることができず、30代や40代前半の男性を結婚相手に求めていることがありますが、子供を生むことが難しい年齢の女性との結婚を望む若い男性は少ないので、婚活は難航してしまいます。

    自分を客観視できていない

    20代や30代の頃は異性にモテて恋愛する相手に困ることはなかったという人ほど、50代で婚活を始めると自分の意識と他人からの扱いのギャップを受け入れきれず、婚活がうまくいきません。

    たとえ中身にそんなに変わりはなくても外見は着実に年を取っていきますし、たとえ人より老けないタイプでも実年齢を知られた時点で50代なら50代なりの人徳や人生経験が求められます。

    モテモテだった過去は忘れ、50代になった自分を受け入れることができないと、いつまでも結婚したいと思ってくれるような人とは出会えなくなります。

    選り好みが激しい

    年齢に関わらず、相手に対する選り好みが激しい人は、いくら婚活を続けていてもなかなか結婚することができません。妥協を極端に嫌う人もいますが、まず結婚相手に対して妥協するという言葉を使うこと自体が失礼なことだと理解する必要があります。

    確かに結婚において、自分の主張を通すことを諦めて、相手の意見を受け入れなければならなくなる場面は少ないとはいえません。しかしそれは妥協ではなく許容です。相手に愛情を持つことができれば、多少目に付く部分があったとしても許すことができます。

    自分の主張をすべて通したいと願う人は、そもそも結婚には向いていません。相手も自分も傷付き疲弊する生活になってしまうぐらいなら、1人でいた方がよほど有意義に生きていけることでしょう。

    相手に求める条件が曖昧なまま

    結婚相手に求める条件が曖昧なままだと、削ることができる条件もわからないままなので、結果的に相手に多くを求めすぎて婚活がうまくいかなくなります

    結婚相手の理想像を頭の中で漠然と描いていると、自分でも意識しないうちにワガママになりがちです。自分が譲れない条件について深く考えることを放棄してしまうと、あれもこれもと欲が出て、結局は条件に合う人が見つからなくなるのです。

    自分を曲げることができない

    50代の婚活の障壁になるのは、何といっても頭の固さです。人生経験を積んでいるからこそ、1度こうだと考えたらその考えを曲げることがなかなかできず、その結果他の誰でもなく自分自身が損をしてしまうことになります。

    自分自身の考え方をしっかり持つのは大切なことですが、時には柔軟に考え方を変えることができないと婚活を成功させることはできません。

    たとえば結婚後に住む場所をどうするか、結婚式をやるのか否かなど、相手と相談して何かを決めなければならない機会は山ほどあります。そのような場面で自分の意見を曲げることができないと、たとえ結婚できても円満な夫婦生活を送ることは困難になるでしょう。

    婚活を50代で成功させる秘訣

    なかなか一筋縄ではいかない50代の婚活ですが、それでも成功させる秘訣があります。婚活は諦めてしまったらうまくはいきません。誰かと過ごす生き方を手に入れたいなら、自分自身を変える勇気を出してみてください。

    物事を柔軟に考える

    50代が婚活を成功させるためには、物事を柔軟に考える必要があります。自分が正しいと思った1つの考えに固執しやすい年代だからこそ、しなやかな考え方が求められます。

    「バツイチの人は何かしら問題があるはず」、「いい年して親と同居している人は信用できない」、「女性をリードできない男性と結婚したら苦労する」など、自分自身の価値観で決めた勝手な思い込みで相手を選んでいても、いつまでも素敵な相手は現れません

    上記に挙げた例では「離婚経験があるからこそ結婚生活でのタブーをわかっている」、「年老いた両親を思いやることができる優しい人」、「女性に意見を合わせることができる穏やかな人」と捉えることもできます。

    いくらプロフィールを穴が開くほど眺めていても、実際にその人の性格や取り巻く環境を詳しく知らなければ、一目見て人柄を判断することなどできないのです。

    再婚希望の場合は過去の経験を活かす

    離婚を経験してから婚活を始める場合は、せっかくの貴重な経験を活かさない手はありません。たとえ以前の結婚が失敗だったとしても、次の結婚にその経験を活かすことで、ただの嫌な思い出ではなく未来のために意味のある失敗にすることができます。

    何が原因で夫婦関係にヒビが入ってしまったのか、相手や自分の気持ちが変わるきっかけは何だったのか、離婚にまで至ってしまった理由を深く考えることによって、次は同じ失敗をしないように気を付けることができます

    離婚のことを思い出したくないという人もいるかもしれませんが、相手選びのための参考にもなるので、できるだけ自分の離婚について研究する時間を作っておいた方がいいでしょう。

    焦り過ぎない

    自分には時間が少ないからといって焦って婚活を進める人もいますが、ただ焦ったところで理想の相手がひょっこり現れるわけではありません。それどころか理想とかけ離れた結婚をしてしまうことにもなりかねないので、婚活に焦り過ぎは禁物です。

    婚活を成功させる秘訣は、焦って色々な人と同時に関係を深めるのではなく、淡々と場数をこなして出会う人数、つまり結婚に繋がる可能性を増やし、それから出会った人を冷静に整理していく処理能力です。

    焦って何人もの異性を同時に追いかけても、1人1人への集中力が下がるので結局誰も残らなくなってしまいます。複数人と同時進行で交流をするのであれば、冷静な気持ちで接するようにしないと大事な部分を見落としてしまいます。

    まとめ

    50代の婚活の実情や、成功させる秘訣などについてご紹介しましたがいかがでしたか?

    がむしゃらに生きる時期を過ぎて人生の約半分を過ぎた50代という年齢は、自分自身の今後について考え始める時期。婚活を始めるのなら時間を無駄に使うべきではありません。

    恋心だけで突き進める年代ではないからこそ、相手を見る目も曇りにくいので、幸せな結婚ができる可能性も決して低くはありません。

    第2の人生を充実させるために、婚活も実りのあるものになるように進められるといいですね。

    Cloverチャット占い

    悩める恋は、チャット占いで相談。

    時間や場所にとらわれることなく、いつでも専門の先生に相談ができます。

    彼からLINEの返事が来ないんです。

    既読

    21:54

    タロットで見たところ、週明けくらいに来そうな感じですよ。

    21:55

    え〜!待てません!笑

    既読

    21:56

    でも彼、とても忙しそう。

    21:57

    みん電占い

    本当に当たる占い師に、出会える。

    メディアで話題の占い師や、恋愛成就に特化した占い師が多数在籍。