• トップ
  • 出会い
  • 婚活がうまくいかない地獄から卒業したい!成功につなげる対策とポイントは?

婚活がうまくいかない地獄から卒業したい!成功につなげる対策とポイントは?

    婚活を始めてしばらく経つのに、好みの相手には選んでもらえず、いけると思ったら断られてと、そんなことが続くともう婚活をやめたくなってしまう時もありますよね。

    婚活がうまくいかないループにハマってしまうと、マッチングしては失敗してを繰り返して、二進も三進も行かなくなることも珍しくはありません。

    そんな無間地獄のような状況を抜け出して、婚活を成功させるための秘訣をご紹介しましょう。

    婚活がうまくいかない人の特徴7つ

    「婚活がうまくいかない」と嘆く人たちには、いくつかのある共通点があります。婚活をしていてもいい出会いに恵まれない人は、まず自分がその共通点に当てはまっていないかを確認して、原因が何なのかを解明しましょう。

    理想とプライドが高すぎる

    自分に自信があるのは悪いことではありませんが、婚活がうまくいかない人はプライドが高すぎて妥協することができず、結婚相手に求める条件のレベルが高すぎるという特徴があります。

    女性の場合、20代の時にハイスペックな男性と付き合っていたからといって、30代、40代になっても同じような条件の男性が近付いてくるということはまずありません。男性は本能的に、若い女性を好む生き物です。中には年上女性を好む男性もいますが、それは少数派です。

    20代女性をライバルに見据えるなら、年齢を重ねたからこその魅力を持っていなければ戦えません。中身は20代のままで実年齢だけを重ねた女性は、そもそも同年代の男性にすら相手にされないのが現実です。

    好条件が揃っている男性は、そのほとんどが学生時代や下積み時代から支え続けてくれた女性と既に結婚していることがほとんど。自分に若さという武器がないのに、ごく少数のハイスペック独身男性を狙い続けても、まず出会える確率自体が低いのです。

    依存心が強い

    依存心が強過ぎる人も、男女問わず婚活市場では敬遠される存在です。30代独身で就職経験がなかったり、実家から出たことがなく家事も親に任せきりだったりするという人は、遊び相手としては良くても結婚対象として見てもらえません。

    たとえ自活できるほどの収入があって一見自立しているように見えたとしても、自分の身の回りの面倒を自分で見れない人は、精神的に自立できていない人間として見なされてしまいます。

    中には自分では自立したいと考えているのに、親が過干渉であったり、子供に依存していたりで引き留められ続けているという人もいるでしょう。

    そのような環境にいる人の多くが、親には自分が必要だと思い込んでいるかもしれませんが、親はいつまでも自分と一緒に生きていくわけではありません。

    自分が年を取る毎に親も年を取り、順番通りならいつかは先に旅立つでしょう。親に尽くし続けたにも関わらず1人取り残される時のことを考えれば、親の依存を振り切ってでも自立した方が、お互いのためになることもあります。

    異性との交際経験が少ない

    婚活がうまくいかない人は、異性との交際経験が少ない人が多いです。女子校や男子校育ちだったり、異性との出会いが少ない職場環境で生きてきたりしたために、異性慣れしていないというケースも珍しくありません。

    異性との交際の経験があまりないと、異性との距離の取り方や付き合い方がわからないので、まず交際に至るまでの過程で苦労します。自分からうまくアプローチできない上に、相手から積極的に来られても引いてしまうこともあります。

    異性に慣れていない自覚がある場合は、とにかく場数を踏むしかありません。条件にとらわれず色々なタイプの人と出会い交流することで、次第に異性の前でも自然に振る舞えるようになっていくでしょう。

    婚活の方法が自分に合っていない

    婚活には様々な方法があります。選択肢が多いからこそ、自分に合っていない方法で婚活を頑張り続けてしまうこともあるのです。婚活がうまくいかない人はそれに気付かず、いつまでも無駄な努力を続けてしまいます。

    たとえば人見知りで初対面の異性とうまく話せない人が、いきなり大人数が集まる婚活パーティーや街コンに行ったとしても、思うような成果を得ることは難しいでしょう。

    婚活を成功させるために大切なのは、自分に合った方法を見つけることです。自分の性格や長所短所をきちんと理解して、どの方法なら自分の魅力を最大限にアピールできるかを考えなければ、いつも空振りに終わってしまいます。

    「おひとりさま」に抵抗がない

    恋人がいない期間が長いと、単独行動に抵抗がなくなっていきます。1人ごはんはもちろん、1人美術館や1人映画館も平気になっていきますし、もっと1人に慣れてしまうと1人旅や1人遊園地などにも抵抗がなくなります。

    1人で何でもできるのは羨ましい素養でもありますが、1人で大丈夫だということはパートナーがいなくても不自由しないということです。1人であることに不自由がなければ、婚活をするモチベーションが保ちにくくなります。

    結婚には自立心も必要ですが、誰かを必要とする気持ちがどこかになければ、ここぞという時に踏み切れません。1人も楽しいけれど、誰かと喜びを共有できればもっと楽しいと思えるように、気持ちを切り替えていく必要があります。

    愛されることだけを求める

    恋愛に対していつも受け身な人も、なかなか婚活を成功させることができません。自分が愛され大事にされることばかりを望んでいて相手を愛そうとしなければ、結婚したいと思ってくれる人などまず現れないでしょう。

    かといって自分ばかりが尽くす関係も健全ではありません。お互いに相手のためになることをしてあげたいと思えるような関係でなければ、結婚しても長続きはしません。

    恋愛対象の異性に何か喜ばせることをしてあげる時は、愛されたいという見返りを求める気持ちでするのではなく、自分がしてあげたいからという気持ちでしないといけません。

    見返りを求めてしまうと返ってこなかった時に自分が苦しくなりますし、相手にとっても重荷になってしまいます。

    「どうせ」が口癖

    婚活がうまくいかない人に共通する口癖があります。それは「どうせ」という言葉です。「どうせ自分なんか~」などの卑屈な言葉を頻繁に使う人は、たとえそれが謙遜のつもりでも相手に面倒な人だと思われてしまいます。

    「どうせ」という言葉は、相手の「そんなことないよ」という返事を暗に引き出そうとしている言葉ともいえます。始めのうちは相手も望む言葉を返してくれるかもしれません。しかしそれが長続きすることはないでしょう。

    自分を愛せない人は誰からも愛されないという言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、本当にその通りです。誰かに好かれたいのなら、まずは自分が好かれるような人間にならなければなりません。

    そのために大切なのは、外見以上に内面を磨くことです。外見を磨けば第一印象で好いてくれる人は現れますが、内面が伴わなければいつか離れていってしまいます。

    自分に自信が持てるようになり、「どうせ」という諦めに似た言葉を使わないようになれば、自然と近付いてくる人が増えます。出会いに恵まれないことを他人や環境のせいにする前に、まずは自分自身を見直してみましょう。

    婚活がうまくいかない…交際につながらない人の対処法

    婚活を始めてからしばらく経つのになかなかマッチングできなかったり、連絡先を交換できても交際まで至らなかったりすると、心が折れそうになってしまいますよね。そんな悩みを抱える方のために、出会いを交際につなげる対処法をご紹介しましょう。

    聞き上手になる

    聞き上手になるにはただ話を頷いて聞いていればいいと勘違いしている人がいますが、それは違います。相手の話の内容をちゃんと理解し、会話が続くように適切なレスポンスができるのが本当の聞き上手です。

    異性とマッチングはできるにも関わらず、いざ交際前のデートになると相手が話すのをただ笑顔で聞いているだけ、という女性も少なくありません。しかし相手の年収や経歴だけでなく人間性に興味があれば、自然と聞きたいことが出てくるはずです。

    基本的な会話スキルを上げたいなら、マニュアルをそのまま真似するだけでも効果はあります。相手が自分に何を伝えたがっているのかを理解する努力をすることが、聞き上手になるための第一歩です。

    隙を見せる

    異性との会話をそつなくこなせて、服装も清潔感があってきちんとしていて、仕事も安定した職に就いていてしっかり自立している。でもなぜか結婚できないという人がいます。そういう人の多くが、異性に対して隙を見せることがありません。

    隙だらけでも困りものですが、恋心は相手の隙を目の当たりにした時に芽生えることも珍しくありません。隙がない人には憧れや尊敬の念こそ抱けても、自分が守ってあげたいという気持ちは湧いてこないものです。

    特に女性の場合、自分で何もかもできてしまう人は恋愛対象としては見られにくいものです。男性は自分が何かしてあげたいと思えるような女性を好きになることが多いですから、時には力を抜いて隙を見せることも必要です。

    きちんとした自分を崩せない人には、まずは外見から隙を見せていく方法もおすすめです。いつも作り込んだメイクをして肌をきちんと隠した服装をしている人なら、少し肌の露出を増やしてみたり、メイクに抜け感を出してみたりすることで、隙を演出してみましょう。

    それだけでも男性に与える印象が優しくなり、近付きやすい女性になることができます。

    外見を変える

    ありのままの自分を好きになってくれる人と出会いたいという考えは、はっきり言ってしまえば独りよがりのワガママでしかありません。

    今自分に近付いてくる男性よりも魅力的な男性に好意を寄せられたいなら、せめて自分の外見ぐらいは変える努力をする必要があるのです。

    今の自分から変わろうとすることを、自分自身を否定しているみたいで嫌だと考える人がいます。そういう場合は考え方を変えてみましょう。今の自分からさらに魅力的な自分に進化すると考えれば、前向きに自分磨きに励めます。

    磨かれた外見は第一印象が大切な婚活において、強力な武器となります。多くのライバルを出し抜くために、武器は多いに越したことはありません。

    1日1回は相手と連絡を取る

    マッチングした相手とせっかく連絡先を交換したのに、面倒くさがって自分から連絡をしなかったり、相手から連絡が来るのをひたすら待っていたりするようではなかなか進展できません。

    婚活で出会う相手は、向こうも積極的に結婚相手を探している状態です。自分以外の異性とも連絡先を交換していることは大いに考えられますし、のんびり動きを待っていては他のライバルに奪われてしまいます。

    もっと仲良くなりたいという相手がいるなら、その人に1日1回は連絡をするようにしてみましょう。長々とした文章を考えて送る必要はありません。挨拶の一言でもいいのです。

    なかなか交際に至れないのは、出会った相手の印象に残ることができないからという理由もあります。相手に自分のことを印象付けるために、こまめな連絡が効果的なのです。

    相手に求める条件をゆるめる

    婚活を続けていてもなかなか交際までたどり着けないという場合、そもそも出会いの数が足りていないことがあります。マッチングの条件が厳しすぎると出会える相手が絞り込まれてしまい、絶対数が減ってしまうのです。

    そういった時は少し条件をゆるめて、マッチングできる相手の数を増やしましょう。多少条件からはずれる人であっても、それ以上に相性が合う人が見つかるかもしれません。

    ただ数字だけを見て結婚相手を選んでも、幸せな結婚生活が送れるかといえばそうではありません。それよりも一緒にいて不愉快な気分にならなかったり、物事の考え方が一致したりする相手と暮らしていく方が、幸せを感じる場面が多くなるでしょう。

    婚活がうまくいかない…交際がうまくいかない人の対処法

    交際することはできても、結婚にまでは至らずという結果が続くと、もう結婚などできないのではないのかという諦めを抱いてしまう人も少なくありません。しかし交際には進展するのですから、自分自身の行動を見つめ直してみれば、きっと光は見えてくるはずです。

    与えられることばかり求めない

    相手から何かをしてもらえることだけを求め続けていたら、せっかく交際に発展することができても、結婚する前に相手から見限られてしまいます。

    女性の中には相手の男性の愛情を測るために、どれだけ自分に尽くしてくれるかを見る人がいます。しかし男性も馬鹿ではありません。自分が試されていることに気付けば腹立たしく思いますし、そんな女性とは距離を置こうとします。

    相手の愛情をどれだけ可視化しようとしても、きりがありません。それよりも自分からも与えることを意識して、対等な関係を築いていけるようにしましょう。

    すべてを見せようとしない

    いくら結婚を前提にしたお付き合いをしているからといって、交際時に自分のすべてを相手に見せる必要はありません。探求心や好奇心がそそられない女性は、男性にとって魅力的な存在とは言えないのです。

    付き合い始めの時に休みの日にどう過ごしているかや、交友関係などを相手に聞かれた時に、すべて詳しく話したりはしていませんか?確かに結婚するなら信頼できる人が良いのは当然ですが、あまりに知り過ぎてしまっても、もっと知りたいという欲がなくなってしまいます

    すべてを明らかにするのは、家族になってからでも遅くはありません。むしろ結婚してからも夫婦関係に支障をきたさないぐらいの何らかの秘密を持っていた方が、うまくいく場合もあります。

    デート中は楽しそうに過ごす

    結婚したいという思いが強過ぎて、デート中にも関わらず、相手にどういう言葉を返したら正解なのかつい考え込んでしまってはいませんか?

    相手に結婚を意識させるなら、笑顔は必須です。一緒にいて楽しいと思えない人や、自分が楽しませることができない人と、結婚したいと思える人はまずいないでしょう。

    男性は自分の目の前にいる女性が笑顔でいてくれると、それだけで好感を持ちます。真顔でいる時間が長ければ長いほど、自分と過ごす時間が楽しくないのではと考え、相性が悪いのではという考えに行きついてしまいます。

    なのでデート中はできるだけ笑顔でいることを意識して、リアクションも大きめを心掛けましょう。相手に与える印象が、大きく変わります。

    結婚観を押し付けない

    結婚に対して強い意欲を持っていればいるほど、理想の結婚の形ができあがっていることが多いものです。しかし世の中理想通りになる物事の方が少ないもの。ゆずれないものだけは持っていてもいいのですが、自分が理想とする結婚観丸ごとを相手に押し付けてはいけません。

    自分には自分の理想の結婚があるように、相手には相手の理想の結婚があります。双方をすり合わせて妥協点を見つけていくことこそが、結婚に必要な作業です。

    結婚観や価値観に大きな違いがなければ、すり合わせは難しいことではありません。しかしそれをしないでいると結婚は遠のきますし、結婚できたとしてもすれ違ってしまうことが多くなります。

    家庭的な一面をアピールする

    今の時代男女ともに言えることですが、仕事ができて収入が多いだけで結婚相手に選ばれることはありません。性別に関わらず、最低限自分の身の回りのことをできるぐらいの能力が求められます。

    夫婦共働きが増えている今、家事や育児の負担がどちらかに偏ってしまうと、不満が溜まってしまいます。たとえ結婚後にどちらかが専業主婦や専業主夫になるとしても、子供ではないのですから自分の面倒ぐらいは自分で見ることができる程度の能力は求められます。

    家事はまったくできないけれどお金は稼ぎますと開き直るより、苦手なことにも頑張って挑戦していきたいという意欲を見せた方がよほど好感度が高いです。

    できれば家事に関することで1つぐらい自信を持ってできるというものがある方が、結婚までたどり着きやすくなるでしょう。

    婚活がうまくいかない状況から抜け出すポイント

    婚活がうまくいかないループにはまってしまった時は、一刻も早くその状況から抜け出す必要があります。その方法は、特に難しいことではありませんが、意識しないと見につかないもの。ポイントをしっかり頭に入れて、新たな一歩を踏み出しましょう。

    コミュニケーション能力を鍛える

    どんなに優れた外見を持っていたとしても、コミュニケーション能力がなければ交際を長続きさせることはできず、結婚することもできません。

    結婚とはまったく違う環境で育ってきた他人同士が家族になるということ。円滑な夫婦関係を築くためには、ときめきよりもコミュニケーション能力が不可欠なのです。

    外見を磨くだけで夫婦生活を維持することができるなら、女優やモデルなど外見が人より優れている人たちの離婚が多い説明がつきません。多忙によるすれ違いが理由で離婚するという場合、夫婦に必要なコミュニケーションが足りていないということも原因です。

    結婚してからでさえコミュニケーションが大切なのですから、結婚前に必要なのは当然の話です。自分の気持ちをちゃんと伝え、相手の気持ちをしっかりと汲むことができるようなコミュニケーション能力を身に付ければ、結婚が遠くはなくなるでしょう。

    いつでも笑顔を心掛ける

    いつもしかめっ面でつまらなそうにしている人とよりも、いつも笑顔でいる人と一緒にいた方が、幸せな結婚生活を思い描きやすいもの。

    不幸になりたくて結婚を夢見る人はいません。婚活している人のほとんどは幸せな未来を夢見て婚活をしているのですから、一緒にいて幸せになれそうな人を選ぶのが当然です。

    いつもニコニコしている女性がモテるのはもちろん、男性でもニコニコ朗らかな雰囲気の人が好かれます。家に帰ったら癒される笑顔が待っていると想像したら、結婚に対しても前向きな気持ちになれるものです。

    たまには笑いたくない気分の時もあるかもしれませんが、婚活で出会った相手が目の前にいる時はできるだけ笑顔でいることを心掛けましょう。

    前向きになる

    婚活で失敗するたびに「どうせ自分と結婚してくれる人なんて現れない」と考えてしまっているなら、今すぐにその考え方をやめましょう。現代の結婚は頭を下げてしてもらうものではありませんし、その相手とはただ縁がなかっただけです。

    既に結婚している人のほとんどが、初恋の人と付き合ってそのままゴールインしているわけではありません。いくつもの別れを繰り返して、結婚にたどり着いているのです。

    だから婚活で出会った相手に振られたからといって、後ろ向きになる必要はありません。未来の結婚相手に出会うために経験を積んだのだと思えば、失敗も前向きに捉えることができます。

    婚活の方法を変える

    婚活でうまくいかないのは、婚活の方法が自分に合っていないという要因も考えられます。なので1つの婚活方法に固執せず、様々な方法にチャレンジしてみることも大切です。

    人見知りする人にとっては、ガヤガヤした雰囲気の中で行われる街コンや合コンパーティーは気軽に参加しやすいものの、自分の魅力を最大限にアピールできないもの。そういう場合は結婚相談所やマッチングアプリの方が、性に合っていたりします。

    婚活パーティーの中にはスタッフがマッチングをサポートしてくれるものもありますので、そういうパーティーを選んだ方がいいでしょう。

    服や持ち物ではなく肌や髪にお金をかける

    婚活に挑むために、新しい洋服を新調したりバッグを買い替えたりする女性も多いと思いますが、どうせなら洋服や持ち物などにお金をかけるよりも、肌や髪、もしくは体型など自分自身の体にお金をかけた方が良いです。

    いくら着飾っていても、肌や髪が疲れていればその分老けて見えます。逆にシンプルなプチプラファッションでも、肌や髪にツヤとハリがあって輝いていれば、それだけで若々しく魅力的に見えるものです。

    男性は隙のないおしゃれな女性よりも、女性目線では少しダサいと感じるようなファッションの女性を好みます。多くの男性の好みにハマる女性のファッションは、男性向けのファッション誌を見るとわかりやすいので、ぜひチェックしてみてください。

    まとめ

    婚活がうまくいかない人の特徴や、婚活がうまくいかない時の対処法をご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

    何度もうまくいかないことが続くと嫌になってしまう時もあるかもしれませんが、後ろ向きになっていても結婚できるわけではありません。疲れた時は休息を挟みつつ、諦めないことが婚活を成功させる究極のコツとも言えます。

    自らの幸せを掴むのは自分しかいないということを忘れずに、前向きな気持ちで挑んでくださいね。

    Cloverチャット占い

    悩める恋は、チャット占いで相談。

    時間や場所にとらわれることなく、いつでも専門の先生に相談ができます。

    彼からLINEの返事が来ないんです。

    既読

    21:54

    タロットで見たところ、週明けくらいに来そうな感じですよ。

    21:55

    え〜!待てません!笑

    既読

    21:56

    でも彼、とても忙しそう。

    21:57

    みん電占い

    本当に当たる占い師に、出会える。

    メディアで話題の占い師や、恋愛成就に特化した占い師が多数在籍。