【BBQ】準備はOK?必要な持ち物をチェックしよう☆

夏といえばBBQ!みんなで楽しく騒ぎたいけれど、どんなものを準備したらいいのかわからない、と困ってはいませんか?

BBQに参加はしたことあるけれど、本格的に準備をしたことがないという方にお伝えしたいことはコレ!BBQを成功させるためのコツはいろんな状況に対応できるようにしっかりと準備をすることと、全力で楽しもうとする気持ちです☆

そこでこちらではBBQに必要な持ち物や定番の食材、持っていたら便利なものをご紹介していきます。前もって必要なものをチェックして、しっかり準備を整えてBBQを楽しみましょう♡

BBQに必須の持ち物リスト!

バーベキューコンロ

一番大切なのがバーベキューコンロですよね。食材を調理するために必要なコンロですが、値段はピンからキリまであってどれにしたらいいのか迷ってしまいます。

一年に何度かBBQをするのであれば少し奮発してみるのもいいですが、年に一度使うかどうかという場合はレンタルするというのも一つの手ではないでしょうか。

特にBBQに慣れた男性がいるのであれば頼ることができますが、初心者ばかりという場合はレンタルして火起こしまでお任せできるプラン等もあるので検討してみてもいいかもしれませんね☆

木炭

バーベキュー用の木炭も必要になってきます。でも、どれくらいの量が必要なのかを考えるのが難しいところですよね。そんな時は木炭を購入する際にパッケージを参考にしましょう。

木炭によってもちが様々なので一概にはいえませんが、1時間で1㎏の木炭を使うというイメージを持っておくとわかりやすいです。人数が多くてコンロを複数使う場合は×コンロ数で計算しておきましょう。

3時間くらい調理をする予定の場合は3㎏の木炭を、人数が多くて大きなバーベキューコンロを使う場合は3㎏×2の6㎏の木炭を準備というような感じで覚えておくと便利ですね☆

着火剤・チャッカマン

木炭は火をつけようとしても簡単につくものではありません。そこで着火剤とチャッカマンを用意しておきましょう。マッチやライター等で火をつけることも可能ですが、チャッカマンなら手元から火までの距離がある為比較的安全に使うことができるので女性でも簡単に扱えます。

また、着火剤を使用することでなかなか火が付きにくい木炭に火をつけることが出来ます。着火剤には固形のものや液体、木炭に最初からついているものまであるので好みのスタイルのものを用意しておきましょう!

軍手・トング

火を起こす際や木炭を触る際には手が汚れやすいので軍手を用意しておきましょう。軍手をすることで熱さや汚れ、不意のケガ等から手をある程度守ることができます☆

また、火がついた木炭を扱う際は手では難しいのでトングを用意しておきましょう。トングは木炭用と調理用の2種類必要になります。

鉄板

バーベキューコンロにはバーベキュー用の網がセットされていますが、焼きそばを作ったりする際には鉄板が必要になってきます。

もともとバーベキューコンロにセットとしてついている場合もありますが、ない場合はホームセンター等でGETできるのでチェックしてみましょう☆鉄板があれば焼きそば以外にも料理のレパートリーが広がって楽しめます!

キッチンバサミ

BBQにもっていく荷物はできるだけ少なくしたいと思うのではないでしょうか。そんな時は自宅で下処理をした食材をタッパーに詰めてもっていきましょう。そうすれば包丁やまな板は基本的に必要ありません。

キッチンバサミを一つ持っていけば大きなお肉も簡単にカットすることができます。

うちわ

火おこしの際に必要になるのがうちわです。うちわは、風を送ることで木炭が燃えやすくなる便利なものですが意外と忘れられてしまいやすいので要チェックです。

また、火おこしが終わった後も涼をとるために使うことが出来るのでうちわは必ず持っておきましょう☆もし忘れてしまったという場合は木炭が入っていた段ボールなどを破って風を起こすことができるのでマメ知識として覚えておきましょう!

お皿・箸等

バーベキューの際お皿やお箸、フォークなどがないとせっかくの料理が食べられません。カトラリー類は忘れずに持っていきましょう。

最近は可愛いデザインのものがあるので選ぶところから楽しむことが出来ます☆使い捨てですが、紙より丈夫なプラスチック製のお皿等もたくさん販売されているので用途に応じて選んでみると良いでしょう。

コップ

ビールやペットボトル飲料をそのまま飲むという場合は必要ありませんが、みんなで仲良くシェアして飲むという場合はコップが必要となります。ワインやジュース、お茶等をみんなで分け合って飲むというのもコミュニケーションになって楽しいですよね☆

ゴミ袋

BBQのあとはゴミが出ます。ごみをすべてきれいに片付けるところまでできないのであればBBQをする資格はありません。楽しんだ後はちゃんと綺麗に片付けるためにもゴミ袋は忘れずに持っていくようにしましょう!

アルミホイル

お芋を包んだり、お魚をホイル焼きにする際に必要となります。また、焦げ防止に焼けた食材をアルミの上に置いておくということもできるので重宝します。

BBQに定番の食材といえば?

肉類

BBQといえば肉!というイメージがないでしょうか?大きな肉の塊を見るだけでテンションが上がってしまいますよね。牛肉、鶏肉、豚肉、ウインナーなど肉と一言で言ってもいろんな種類があるので好みに合わせて用意しましょう。

野菜

BBQの野菜は普段の野菜よりなんだかおいしい気がするものです。玉ねぎやピーマン、カボチャやトウモロコシ等彩り豊かで食欲をそそりますね☆

キノコ

キノコも炭で焼くと普段と違った味わいが楽しめます。お肉の箸休めにもなり、余った魚介などと一緒にオリーブオイルで煮たらアヒージョにすることもできます☆

焼きそば

鉄板で焼かれた焼きそば、想像するだけでよだれが出そうですね!ソース味にしても良し、夏らしくあっさりと塩焼きそばもおいしそうです。BBQで残ってしまったお野菜やお肉を使ってつくってみるのもたのしいのではないでしょうか☆

魚介類

お肉ばかりじゃ飽きてしまうという方やお肉が苦手という方には魚介類がおすすめ!エビやイカホタテ、お魚のホイル焼き等豪華なBBQになること間違いなしです。

マシュマロ・チョコ

女子に人気のマシュマロやチョコも忘れないようにしたいですね☆クラッカーで焼いたマシュマロとチョコを挟んでスモアにして楽しむというのも素敵です!

調味料

焼肉のたれやソース、塩コショウにマジックソルト、醤油やレモン汁等調味料を少し変えるだけで同じ食材でもいろんなバリエーションが出せるようになります!すべて同じ味ではなくいろんな味を楽しむことが出来たら楽しいのではないでしょうか☆

おにぎり・バケット

片手で簡単に食べられるおにぎりは男性がいるBBQにはおすすめです。

肉を焼きながら片手でおにぎりをつまんだりすることもでき、お肉ばかりではなくご飯も食べたいという人にももってこいです☆また、おにぎりもバケットも焼くことができるので焼きおにぎりにしたりサクサクのバケットを楽しむこともできます。

ドリンク

BBQは屋外で暑いため、水分は必須です。お酒やお茶、お水にジュースなど集まるメンバーの好みによって変わりますがお酒ばかり飲んでいると熱中症になってしまう可能性もあるのでお酒だけではなく必ずスポーツドリンクやお茶なども持っておくようにしましょう!

BBQにあると便利な道具9つ!

油性ペン

BBQに油性ペン?と思うかもしれませんが、実は結構重宝します。BBQはみんなが同じお皿やお箸等を使うため、自分のお皿やコップがどれかわからないという事態になることがあります。

そうならない為にも油性ペンを一本もっておくだけで、名前やマーク、絵を描くいて自分のお皿やコップという印をつけることができます。

また、このひと手間の時間に、絵が上手いとか好きなキャラクターが分かったり等周りの人の意外な一面を見られたりすることもあるので楽しめるのではないでしょうか☆

日焼け止め

BBQは屋外でおこなわれるので、どうしても日焼けをしてしまいます。

食べること飲むこと、また遊ぶことに夢中になりすぎて日焼けをしてしまい帰宅後につらい思いをすることのないように日焼け対策はしっかりしておきましょう。また、日焼け止めは汗をかかなくても2~3時間ごとには塗り直すよう心がけましょう。

虫よけ

屋外でのBBQは場所によっては虫がたくさんいる場合があります。虫刺されで痒くてBBQどころではないということになってしまわないようにするためにも虫よけ対策が重要です。各自が虫よけスプレーをしておくことも大切ですし、蚊取り線香などを設置しておくのも効果的です。

タープ

屋外でのBBQは気持ちがいいのですが、日陰になる場所がないと結構辛いと感じるかもしれません。タープやパラソルなど日除けになるものがあればちょっと日陰で涼むということができます☆

テーブルセット

BBQをする際みんなで立って食べる、シートを敷いて座って食べるということもできますが暑い日の地面は結構な暑さになっています。

そんな時、テーブルがあれば熱さを和らげることが出来ますし調理や食事にもとても便利です。もし荷物を持っていく余裕や金銭的に余裕があるのならテーブルセットを用意することをおすすめします☆

ウェットティッシュ

BBQではどうしても手が汚れたりべたべたしてしまうものです。そんな時手を洗いに行くにも手洗い場が遠かったりすると大変です。ウェットティッシュがあれば汚れてもさっと手や口を拭くことが出来るので重宝しますね☆

トイレットペーパー

BBQをする場所にはトイレが設置されていることが多いですが、BBQをしている人が多いとトイレットペーパーが切れているなんてことが実は結構あります。そのため1ロールだけでいいのでトイレットペーパーを準備しておくことをおすすめします。

タオル

汗拭いたり木炭の煙を防いだり、暑いときは頭からかぶって日除けにしたりと便利なのがタオルです。各自が1枚ずつ準備しているといろんな場面で役に立ちます。

クーラーボックス・保冷剤

ドリンクや食材を冷やしておくクーラーボックスと保冷剤です。BBQの時間が長かったり、大自然の中でBBQをする際は重宝します。

近くにコンビニがあって冷たいドリンクをすぐ買えたり、食料もすぐに全部焼いてしまう場合はあまり必要ありませんが、クーラーボックスを椅子代わりにすることもできるので冷たいドリングが飲みたいという場合は持っていると便利です。

まとめ

ここまでBBQに必要な持ち物や食材、持っていたら便利なものをご紹介しましたがいかがでしたか。BBQの準備というのはなかなか大変だという印象を持った方もいるかもしれませんね。

このすべてを一人でやろうと思うとさすがに難しいですが、みんなで協力、分担して道具や食材を持ち合えば難しいことはありません。また、何かトラブルが起こったとしてもそれは笑い話やいい思い出となるのでいい経験になるのではないでしょうか☆

今はBBQの火おこしや片付け作業までお任せでやってくれるレンタルBBQのお店や、BBQの施設があり食材まで購入できるという場所もあるので予算や人数と相談してみるのも手ですね。これらのことを踏まえて素敵な仲間たちと楽しいBBQをしてみてはいかがでしょうか♡

続きを読む

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking

Category