どうすればいい?好きな人を忘れる方法18選

とっても好きな人なのに付き合うことはできない、もう実らないことはわかっている恋……。引きずっていると辛い日が長いだけですし、彼への思いは忘れたい。だけれど思いが強ければ強いほど、そう簡単に忘れられるものではありません。

でもいつまでもクヨクヨしていたらあなたの大切な時間は失われていってしまいます。新しい一歩を歩みだして、気持ちをリセットして1からやり直してみたくはないですか?

今回はそんな方のために、好きな人を忘れる方法をご紹介致します。新しい道を歩むために忘れたい。好きな人を忘れたいときに参考にしてください。

好きな人を忘れる方法part1

1.思い切って思い出の品を整理する

好きな人と付き合っていたけれど別れた、好きな人に告白して断られた、そんなとき困るのがその人の思いでの品々。気持ちはまだ好きだから捨てようと思ってもためらってしまう。

いえいえ、まずあなたがすることは、彼を連想させるものを回りから遠ざけること。それが一番です。このくらいは、と思って残していると、目についたとき辛い気持ちがよみがえってきます。自分で捨てられないのであれば、忘れるまで押し入れにしまっておくか、誰かにもらってもらうことです。気持ちが落ち着いたら良い思い出として、また違う思いで見ることができるかもしれません。

2.好きな人の連絡先を削除する

携帯電話のあの人の連絡先、消そうと思うものの、もしかしたらという思いもあってなかなか消せないことってありませんか?

連絡先を消さずにいるからと言って彼からの電話があるものではないのです。彼の名前を見たときにまた苦しい気持ちになるに決まっています。ざっくりと消してしまうことがいいのです。

手帳などに書いてあるときは二重線で消してもなんとなく見えて、二重線で消されていることが余計に悲しくなることにもなりかねません。本当に彼を忘れたいのであれば、面倒でもアドレス帳を変えてしまうことです。終わった恋をいつまでも追い続けていてはいけません。

3.振り返らないことを意識する

別れた彼や告白して断られた彼が、生活の同じエリアにいるものはとても辛いもの。忘れようとしてもつい彼に目がいってしまうことは仕方ないことなのかもしれません。

もう彼はあなたの彼ではないのです。あなたがそばに行っても振り返ることはありません。

日ごろ、好きだった彼が近くに存在する場合は彼の存在をあなたの意識から消すことです。最初からできることではないかもしれません。でも彼はもうあなたのために振り返らない。それをしっかり意識することです。これからの新しいあなたの未来には彼はもういないのですから。

4.友達に話を聞いてもらう

どうしても好きだった彼のことが忘れられないときは友達の力を借りるのもいいものです。日ごろからあなたのことを良く知っている友達ならあなたの辛い気持ちを和らげてくれるでしょう。

好きな人の別れは一生のうちになんどもあるものです。恥ずかしいことではありません。誰しも通る道でもあるのですから。あなたが相談している友達だって同じ経験をしているかもしれないのです。

強がらずに素直に友達に話してみましょう。思いきり辛い気持ちを吐き出してしまうことです。泣くだけ泣いて苦しさを吐き出してしまえば前に伸びる新しい道が見えてくるかもしれないのですから。まず第一歩、顔を上げて前を向いて歩きだしましょう。

5.もっと素敵な人をみつける

自分の意に沿わない別れはとても辛いものです。忘れたくても忘れられない、そんな恋もあるのです。そんなとき、つい大好きだった彼を恨んでしまうこともあるでしょう。

彼があなたを選ばなかったのは決してあなたが劣っているからとか魅力がないからではありません。自分を卑下することはしないことです。彼はあなたの運命の人ではなかっただけなのです。

あなたにはもっと素敵な人が待っているかもしれないのです。彼よりもあなたに合った、一緒にいて安心できる人がいるはずです。運命の人は必ずあなたの近くにいるはずですから顔を上げてあなたの周りをもっと良く見てください。

6.告白して断られるのをまつ

なんだか刹那的とも言えそうですが、大好きな人を忘れられない場合は彼本人に立ちきってもらう方法もあります。

彼にあなた以外で好きな人がいて、あなたの思いは成就できないとわかっていても、自分で気持ちを断ち切ることができないときは、彼に「当たって砕ける」のです。さすがに本人から拒絶されたらあきらめざるを得ませんからその反動を使って彼への思いを吹き飛ばしてしまうのです。

告白して断られるのはわかっていてもショックかもしれません。でも、荒療治ですが、それが一番あきらめがつく方法だとも言えるのです。好きで好きでたまらない彼に、ちょっと協力してもらうつもりで気楽に臨めれば、もう半分忘れたも同じです。

好きな人を忘れる方法part2

7.その人の欠点を悪く言ってみる

大好きな彼から振られた、とてもすぐには忘れられなくて辛い、そんなときには彼の欠点を悪く行って自分を納得させる方法もひとつです。

ちょっと乱暴と言えば乱暴なやり方ですが、好きで好きでたまらない気持ちの反動を悪口に転換してしまうやり方です。今まで好きだった彼でも、欠点を思い出せばいくつかあるものです。多少卑怯なやり方ですが、彼には危害は及ばないので合理的な方法でもあります。自分の心の持ち方で簡単に忘れられるかもしれませんよ。

「かわいさ余って憎さ百倍」まさにそんな気持ちでしょうか。意外と気持ちの切り替えは早くできるかもしれませんよ。ぜひお試しを。

8.忙しくする

今まで彼を思っていた時間。突然なくなると何をしていいかわからなくなります。空白の時間が失った彼への気持ちを一層辛くしていまいます。

まずは空白の時間を埋めることを考えましょう。仕事でもいいし、今までできなかったことをこの際することも有意義です。新しい彼を見つけるために合コンに出向くのもいいかもしれません。

あなたの人生はあなたのもの。彼を思う時間で成り立っているものではないのです。自分自身を成長させるための時間として将来に備えることが大切です。今はくらい暗闇にいるような気持ちでも、いつかまぶしい日の出は訪れます。何事にも前向きに考えましょう。

9.会わないようにする

大好きだった彼を忘れたい、そのためにはまず彼に会わないことです。思いがけず彼を失って、まだ彼を好きな場合は辛いけれど彼の姿を追う自分に気づくことでしょう。もちろんそれほど好きだった人をすぐに忘れろという方が無理なのかもしれません。

まずは自分の視界には彼の姿を置かないことです。同じ会社の同僚だったら、彼の席に近づかないこと、それが一番です。

しばらくは努力がいるかもしれません、でも、いつの間にか彼の姿を追うことがないのに気付くはずです。そうなったらしめたもの。彼への思いの呪縛から解き放たれるのももうすぐです。そうなれたとき、新しいパートナーの姿が見えてくるかもしれません。

10.過去のメールをみない

どうしても消せないメール、ありませんか?

大好きだった人との突然の別れ、悲しいけれどもう戻れない。忘れないといけないけれど彼からのメールが消せない。ありがちなことです。でもそれはすべて過去のメール。もうあの頃の彼はいないのです。

やさしい言葉も、絵文字も、すべて忘れてしまうことです。そのメール、残しておいてどうするのですか?彼を思い出して泣くためのものになってしまいますよ。

忘れたいと本当に思うのなら、彼からのメールは消しましょう。残したメールはあなたの進もうとしている潜在意識の邪魔をしてしまいますから。

11.思い切り泣く

辛かったら我慢しないで泣きましょう!涙は心の汗、そんな歌詞がありましたよね。涙のすごいことは、すべて洗い流してくれること。辛い気持ちは押しとどめておかないで思いきり泣いて涙で流してしまうことです。

雨が降って虹ができるように、泣き疲れたあなたの心にはきっと未来への懸け橋となる虹がかかるはずです。

人を好きになって流す涙はきっと美しいものです。彼を知らずにいることのほうが人生にとってよっぽど悲しいことなんです。彼というステキな人を好きになれた自分を大切にしましょう。涙が枯れたとき、彼のことは良い思い出になっているはずです。

12.寝て忘れる

人間には特技があります。それは忘れるということ。忘れるという特技がなければ、人間はつねに悲しいことや苦しいことを積み重ねながら生きていかねばなりません。

あなたにとって彼との別れは死ぬほど辛いことかもしれません。でも、今を我慢すればそれは過ぎ去っていく思い出に過ぎないのです。泣き疲れた子供のように、今は疲れて眠ることです。疲労は辛さを倍増させてしまいますからまずは眠ること。疲れた身体のままでは気持ちも前向きにはなれないものです。

そして十分寝た後には心地よいけだるさと、思い出となった彼への思いがあるのに気付くはずです。嫌なこと辛いことは寝て忘れる、それが一番です。

好きな人を忘れる方法part3

13.考えていることを書きだす

書くという行為は心を整理するのに良いものです。あなたは日記を書いていますか?それはあなたの人生の記録でもあります。

彼を忘れたいとき、なんでもいいから今考えていることを紙に書きだしてみましょう。好きだった彼のこと、彼と行った場所、彼と行ったレストラン。書くことに夢中になって、彼のことを思っても涙が出てこなくなった自分に気がつくはずです。

彼を忘れられなくて辛くて仕方ないとき、思ったことを書きだすこと、それは心の浄化につながっているのです。写経のように、黙々と書くことで、自分の心の中の今まで見ていなかったことも見えてくるのと同じです。書くことは心を落ち着けてくれるものなのです。

14.趣味に精力をだす

これまで彼とのことを優先して、自分の趣味を我慢していたことはありませんか?彼を好きなあまり自分を犠牲にしていたことがあれば、今そのことに打ち込むことです。

趣味に精を出すことで彼への辛い気持ちを断ち切ることができるかもしれません。とにかく何かに打ち込むことです。悶々と考える時間は作らないこと。趣味がなければ今やりたいことを見つけてやることです。

人は忙しいと気持ちが紛れます。彼への思いを忘れられないのなら、忙しく過ごすことです。その一つとして趣味に精を出す、それが身近であなたのためにもなることなんです。これまで彼のために我慢してきたこと、精を出すチャンスなのです。

15.旅行する

失恋旅行というとなんだ悲しくなりますが、大好きだった彼を忘れたいとき、一人旅行に出るのも一つです。もちろん友達同士でワイワイ行くのも楽しいですが、今のあなたはその雰囲気についていけないかもしれません。

彼への思いを断ち切れず、家で泣いてばかりいることは精神的にも良くないことです。環境を変えて思いきり一人になるのもいいものです。

何も遠くへ行く必要はありません。あなたのことを知る人のいない場所に身を置くことはとても刺激的で悲しみに暮れている暇はないでしょうから、彼のことを忘れていられるはずなのです。でも、彼との思いでの場所は避けることは必須です。

16.片思いや失恋ソングを聞く

音楽には人の心を癒す力があると言われていますが、失恋の痛みにも非常に有効です。

特に相手に対する片思いや失恋した気持ちを歌った曲を聴くことで、自分の抱えている痛みと同調することが出来、無理に元気になろうとしなくていいんだという安らいだ気持ちを持つことが出来ます。

今までであれば何も感じなかった歌詞なども、自分の状況が変われば深く共感することもあります。これを機に今まで聞いたことのない曲にも挑戦してみてはいかがでしょうか。

悲しい歌詞に身も心も浸って、今は心の傷をいやすことに専念しましょう。

17.気持ちが落ち着くまで彼に対する思いはそっとしておく

色々な方法を試してみたけれど、結局彼への思いは変わらないし落ち着かないということもあるでしょう。そんな時はいっそ全て諦めて、ただ気持ちが落ち着くまで待つのもおすすめです。

連絡先を消したり、無理やり合コンに参加したり、相手を探したり……彼を忘れるためにしている行為のはずが、逆に強く彼を意識してしまうことになっては意味がありませんよね。でも失恋した直後の心理状態だと、そんな矛盾した状態になってしまうのも十分あり得ることなのです。

忘れるために頑張ったけど無理だったという人は、彼に未練があるそのまま状態で構いません。事あるごとに彼といったデートを思い出して泣いても大丈夫。「まだ彼のことは忘れられないけれど、それでもいいんだ」と割り切って、毎日の生活を送るようにしましょう。

それだけ好きだった彼のこと、そう簡単に切り離すことは出来ないものですよね。

18.次の恋愛を視野に入れて動き出す

まだ彼のことが忘れられないという状態でも、完全に振り切って次に行こうという状態でもいいので、ある程度落ち着いたら、次の恋愛に向けて動き出しましょう。

すぐに彼氏を作らないと!と思う必要はありません。今まで彼氏がいたから断っていた合コンに顔を出してみる、ちょっと高めの化粧品を買ってみる、余った時間を活用して料理教室に行ってみるなど、次の恋愛に繋がることはたくさんあります。

失恋の傷はそう簡単に癒えるものではありませんし、無理に忘れたり、考えてはいけないと思い込む必要もありません。そればかりに捕らわれていると、仕事もプライベートもボロボロになってしまいます。

過去の恋を思い出して傷つきながら、なんとか毎日の生活を送る。そうしているうちにきっと時間が癒してくれるはずですよ。

まとめ

好きだった人を忘れることはそうは言っても容易ではありませんよね。

一つ言えることは、立ち止まっていても何も始まらないということ。彼のことは忘れて次へのステップへと進むことが必要です。彼はあなたの人生の通過点でしかなかった人、早く忘れてあなたの運命の人と出会うことのほうが重要なはずです。

さあ、悲しみに暮れていないで未来を見つめることです!そのキッカケになることを祈っています。

続きを読む

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking

Category