好きな人と上手く話せない…彼を振り向かせるとっておきの方法9選!話しかけるコツも

この記事は2017年6月7日の記事を再編集したものです。

「好きな人はいるのに、なかなか話しかける勇気が出ない。」

「自分に自信がないから、ずっと声をかけられない。」

あなたもそんな風に思っていませんか? 彼を見つめるのがやっとで、そこから前に進むことができずにいる片思い中のあなたに、好きな人にアピールする方法や話しかけるコツをご紹介いたします。

もう一歩だけ前へ進んで、“好きな人との会話”を現実のものにしてみませんか?

スポンサーリンク

まずは意識改革を!気になる彼に話しかけるコツ:考え方篇!

人間は話しかけられるのが好きだと思い込む

話しをするのが苦手な人は、「今、話しかけたら迷惑かも」「話しかけて嫌がられたらどうしよう」と思いがちです。でも、誰かから話しかけられると嬉しくなるという人が多いことをご存じですか?

男性でも女性でも誰かとしゃべることが楽しくてしょうがないという人はいますし、むしろどうやったら人から話しかけてもらえるのかを一生懸命に考えている人もいるのです。

基本的に、独りぼっちや無視されている状況を心から好きな人は少ないのです。多くの人は、たくさんコミュニケーションを取りたいと思っています。

『他の人は、話しかけられると喜ぶ』ことを覚えておきましょう。そうすれば、今まであなたと彼の間を阻んでいた壁が少し低くなりませんか? あなたが話しかけることは彼を喜ばすことになる、と思えば、以前よりも話しかけのハードルが下がるのではないでしょうか。




相手も人間!話せないことはない

ただでさえ人と話すのが苦手なら、好きな人なら特に話しかけにくいですよね。雲の上の存在のように感じることもあるでしょう。でも、あなたも彼も人間です。さらに言うなら“ただの人”です。

話しかけることに恐怖を感じる必要は何もありません。彼もあなたと同じようにお腹が空いたらご飯を食べますし、日常生活で失敗することもあります。

親しくなる前は、彼のことをよく知らないので、自分の中の『~な人なんだろうな』というイメージで彼を作り上げています。話しかけたら断られるようなイメージは、あなたが作り上げた幻想ではありませんか?

でも彼も普通の人ですから、あなたが話しかけることで何か言葉を返してくれるはずです。挨拶をすれば挨拶が返ってくる、質問したら返事をするのは当たり前のことですよね。

あなたを嫌っているとかそういう理由がない限り、話しかけられたら無視するような人の方が珍しいのです。まずは自分が作り上げた恐怖のイメージを取るためにも、話しかけてみませんか?

自分に自信をもつ

好きな人と話せない理由の一つに、自分の自信のなさがありませんか? 「私なんか…」と、思っている節はありませんか?

あなたは自分に対して少々ネガティブになりすぎているかもしれません。人と比較して、自分のマイナス面ばかりに目が行きやすくなっていると、自信がなくなり、人と話すことに恐怖を感じるようになります。

もし、自信がないことが原因なら、自信を持てば積極的に話しかけられるようになれますよね。自分に自信を持つために出来ることはいくつかあります。その一つに、『自分の過去の成功を振り返る』というものがあり、とても効果的です。

まずは、運動会の徒競走で1番になった、初めて作ったおにぎりが家族みんなに好評だった、など何でも良いので思い出してください。特に、困った状況を打開出来た成功体験を思い出せたらベストです。きっと、自分に自信がついて、話しかけることに抵抗がなくなりますよ。

スポンサーリンク

次はアクション!気になる彼に話しかけるコツ:行動篇!

最初の挨拶が肝心

話しかけるための気持ちの準備が整ったら、今度は実際に行動に移してみましょう。会話のきっかけとなるのはまずは挨拶から。この段階からうまく会話の流れに乗せるようにしたいものです。

お互い出会うとき、どのような挨拶の仕方にしろ、そのセリフの中に相手の名前を入れるようにしましょう。これを繰り返すことにより、相手側も自分の名前を頻繁に呼んでくるあなたのことを気にするようになります。こうなると次の会話のステップもしやすくなりますよね。

好きな人の喜ぶことを探す

でも、好きな人に話しかけたいと思った時に、悩んでしまうのが『何を話せばよいか』という事ですよね。話すネタが決まっていれば、少し気持ちに余裕を持つことが出来ます。ですから、まずは、話しかけるためのネタ探しから始めましょう。

ネタ探しにはちょっとしたコツがあります。話ベタな人が話のネタを闇雲に決めてしまうと、上手く会話を続けることが出来ません。会話を続けやすくするためには、好きな人が喜ぶことを調べて、それを最初の話のネタにするのがおすすめです。

なぜかというと、自分が好きな話題をネタにした場合、自分が話し続ける必要が出てしまいます。相手に聞かせるだけの話術があれば良いのですが、そうでないなら、相手がどんどん話してくれる内容を聞く方が会話が続きやすいからです。

まずは、好きな人が興味があったり喜んだりするものは何かをリサーチしましょう。




質問を多くする

会話を始めたはいいけれど、そのあとの会話が続くかどうかが不安になりませんか? もし会話に詰まりそうになったら、彼にたくさん質問をしてみると話が続けやすくなります

例えば、休みの日の過ごし方や好きな食べ物、良く行くお店、おススメの場所など、できるだけ相手が答えに困らなような、すぐに答えが出てくるような質問をしてみましょう

会話も続きますし、彼のことをたくさん知ることが出来るので一石二鳥ですよ。ただし、たくさん質問をするときには注意することがあります。

まず“相手の答えを「そうなんだ」だけで終わりにしない”ようにすること。それから、“質問ばかりしない”こと。“プライバシーに関わる質問はしない”こと。この3点を注意しましょう。

プライバシーに関わる質問をしないのは当然として、質問しておいて「そうなんだ」だけで次に質問に行ってしまうと、答えた方は流されたと感じて印象が悪くなってしまいます。立て続けの質問も同様に、話しずらいと感じさせてしまいます。

上手に質問をするのもそうですが、その受け答えも肝心、うまくバランスのとれた会話を続けるようにしましょう。

自分のことばかり話さない

好きな人と話せないと悩んでいた人が、何かのきっかけで話せるようになると、つい舞い上がってしまい自分の話ばかりをしてしまいがちです。一方的に話をして相手を強制的に聞き手にさせてしまうのは、好きな人に窮屈な思いをさせることになりかねません

あなたのことを知りたいと熱望している彼ならそれでも良いかもしれませんが、そうではないですよね? 片思いをして彼を振り向かせることが目的なら、あなたが喋るのは今ではありません。もっともっと仲良くなって、彼があなたのことを知りたいと思ったら話せばよいのです。

それまでは、好きな人が心地よく会話が出来るように心掛けて、振り向いてもらえるよう、聞き上手に徹するよう努力しましょう。

スポンサーリンク

彼を振り向かせるアピール方法、まずは表情編から!

 好きな人を褒める

やはり、褒められると誰でも嬉しくなりますよね。特に、自分が頑張っていることやいつも気をつけていることを褒められると、認めてもらえたと感じて、とても幸せな気分になります。

なかなか好きな彼と上手く話せないと思っているのなら、まずは、彼がいつも努力していることに注目しましょう。そして、それを褒めるようにすれば、彼に好印象を残すことが出来ます。

あなたが褒めれば、彼は「見ていてくれる人がいる」「頑張りを認めてくれる人がいる」と思うはず。好きな人がハッピーになるきっかけになって、自分の印象も良くなるアピール方法です。

ただし、あきらかにうわべだけの褒め言葉は避けましょう。彼もそのあたりはすぐ見抜いてしまい興ざめしてしまいますからね。

感謝する

挨拶の中でも「ありがとう」は特別です。言った方も言われた方も嬉しくなりますよね。彼と話すときにも、なるべく感謝の言葉を口に出すようにしましょう。

ありがとうと言われて、嫌な気持ちになる人はいません。そのためにも、彼がしてくれた些細な行動でも、きちんと感謝できる素直な気持ちを持つことが大切です。簡単で、かつ、失敗のないアピール方法です。

聞く時には笑顔だけでなく表情豊かに

会話が得意でないのなら、相手に話をしてもらう方が話が弾みます。彼が話しているときには、自分は聞き役になるわけですが、そのとき、一生懸命聞こうとするあまり、表情がこわばってしまっては勿体ないと思いませんか?

口角の上がった笑顔が基本ですが、それだけでは、ちょっとアピール不足です。話の内容に合わせて、驚いて目を見開いたり、一緒に悩んで眉間にしわを寄せたり、表情豊かに聞いた方が、“あなたの話に興味がある”とアピールできます

また、相手の目を見て話すことも重要でしょう。もちろん見る表情にも気を付けて、睨んだような目つきにならないようにしましょう。

会話中、無表情になっていないか気をつけるだけでもだいぶ印象が変わってきますよ。あと当然のことですが、相手の会話の内容が真面目なもののときは不必要にニコニコしないほうがよいでしょう。あくまでケースバイケースで。

会話するときに、相手と同じポーズをとる

ミラーリングといって、会話する相手と同じ動作をするアピール方法があります。腕を組んでいたら、同じように腕を組んだり、相手がうなずいたら、自分もうなずくようにするのです。相手に合わせて相槌を打つということですね。

同じことをすると、会話の相手は無意識に“似ている”と感じるのですが、この“似ている”と感じさせることが好きな人へのアピールとしてはとても重要なのです。人は自分と似ている人に好感を抱きます。

ですから、好きな人のマネをするだけで、彼に好意を持ってもらえる可能性が高くなるのです。簡単ですから、普段の生活でもぜひ取り入れて下さいね。

話すスピードは相手にそろえて

ミラーリングに似ているのですが、自分も好きな人と同じスピードで話をすると、会話がよく続くようになります。同じようなスピードの相手としゃべると安心感を与え、聞きやすくなり話がしやすいのです。

好きな人との会話は緊張すると思いますが、緊張すると会話のスピードは早くなる傾向があります。また、自分に自信がないときも早口になりがちです。

相手の話すスピードに合わせるか、少しゆっくり目にしゃべるとちょうど良いのではないでしょうか。ちなみに声のトーンは高めの方が好感を得られますので、もし余裕があったら試してみてくださいね。

気になる彼はもうすぐそこ!アピール方法、最後は会話編!

共通の話題を見つける

会話で好きな人を振り向かせる方法の一つに、“共通の話題を見つけて、それをネタに会話する”という方法があります。

心理的には、共通点を持った相手とは親近感が沸きやすく、心の距離が縮まりやすい傾向があります。できれば共通の話題は一つだけでなく、複数のほうがより効果的です。

そんなに複数の共通の話題を探すのは大変・・・と思ってしまうかもしれませんが、持っているもの、星座、兄弟の有無、見たことのある映画など、他愛もないことでも何でも良いのです。とにかくまずは彼と自分の共通の話題を探して、アプローチしましょう。




短い会話でもよいので回数を増やす

会話に限らず、会う回数が多い方が好きな人と仲良くなれることが分かっています。受け渡しの時の「はいどうぞ」「ありがとう」という短いやり取りや、挨拶などの本当に短い会話だったとしても、回数をこなしていくと、その相手を好意的な目で見るようになってきます。

いきなり長い会話を目標にするのもよいのですが、どうしてもハードルが高いと思うなら、挨拶を何度もすることをおすすめします。

お願いごとをしてみる

お願いごとをした方が、好きな人と仲良くなれます。好きな人と話せなくて悩んでいるようなあなたには、「お願いごとをするなんて、相手の負担になるようなことは出来ない!」と感じるかもしれません。

しかし、お願いをされた側の気持ちはその逆で、“お願いをしてきた人は魅力的”だと感じるのです。これは心理学的にもそう言われていることなのです。

例えば、仕事で重い荷物を運ぶときに、ひとりでも出来るかもしれないけど、あえて好きな人に頼んだり、パソコンの使い方を教えてもらえるようにお願いしたりと、彼が引き受けてくれそうならなんでも良いのです。

彼は簡単なことなら、引き受けてくれるでしょう。そして、手間を掛けた分だけあなたに“愛おしさ”を感じるようになります。甘え上手は愛されます。上手にお願いごとをして、彼との距離を縮めてくださいね。

内緒話をする

内緒話も好きな人へのアプローチとして、とても効果的です。内緒話は、出来れば自分に関する秘密にしましょう。このような内緒話をされた彼はどう思うでしょうか?

実は、『本当は隠したいことなのに、自分を“信用”しているから、“内緒”で話してくれた』と、彼は感じるのです。彼にとっては、あなたが心を開いたように感じるのです。信用されているんだな、と嬉しく思うことでしょう。

何より、内緒話という“共通の秘密”を持つことは、彼とのつながりを作り上げます。軽めの内容の内緒話をすることは、彼との接近に効果的です。会話の中に1度は入れてみてくださいね。

まとめ

好きな人に話しかけられないという悩みは、多かれ少なかれみんな感じていることです。それでも会話の得意な人は会話のコツを知っているので勇気が出るのです。今回は、好きな人に話しかけるための意識を変える大切さや、話しかけるコツをご紹介いたしました。

会話でのアプローチの方法も合わせてご紹介しましたので、今後は少し自信を持って話しかけることが出来るのではないでしょうか?

好きな人との会話が楽しめるようになったら、とても幸せですよね! ただもちろん最初はうまく会話ができないこともあるかもしれません。しかし、とにかくたどたどしくてもいいのでまずは実践することが大切です。あなたの一所懸命さが相手にもきっと伝わるはずです。

そして、ご紹介した内容を覚えればもう大丈夫です。ちょっとの勇気と自信を持って、ぜひ話しかけてみてくださいね。

続きを読む

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -