彼氏が下ネタLINEを送る理由って?長続きするカップルのLINEトーク特徴

Clover(クローバー) > 恋愛 > 彼氏が下ネタLINEを送る理由って?長続きするカップルのLINEトーク特徴

まわりを見ると、長続きしているカップルって結構いますよね!カップルの連絡にもLINEを使うと思いますが、実はそこにも長続きするのに特徴が隠れているようですよ!

今回はそんな気になるLINE会話の特徴について調べてみました。長文がダメな理由やどんな配慮が必要なのか、ぜひ参考にしてみてください!

彼氏が下ネタLINEを送ってくる男性心理とは

スマートフォンを持つ男性

LINE会話で彼がエッチな下ネタを開始してきたら?

もしも大好きな彼が発情中でLINE会話中にエッチな下ネタを開始してきたら貴方はどうしますか?LINEの会話ではエッチなトークメッセージは書けないという真面目な女性ならば、そこは上手く彼に理解してもらいましょう。

長続きするカップルはLINEで下ネタを長時間楽しむようなことはしないのが普通です。

例えば、「LINEの会話は楽しむためだけに使用したいな!私はエッチな言葉は恥ずかしくてトークメッセージに打てないから、2人で今度実際に会ったときに優しくリードしてね!」と返信したりすれば、彼もあなたの性格を理解してくれる可能性が高いです。

 彼女の反応を見ている

彼女がどんな反応をするのか楽しみで下ネタを言いたくなる心理が働き、下ネタLINEを送っている男性もいます。彼氏が下ネタを言ったときにどんな反応をするのか、ドキドキしながらあなたの返信を待っています。

そんなときは、少し恥ずかしそうな恥じらったLINEを返信しましょう。あまりにも下ネタにノリノリな返事を返すと、彼氏が引いてしまう可能性があります。

会話を楽しんでいる

あなたの返信が面白い内容だったり、気の利いた内容の返信をすることに感心して会話を楽しんでいたりする場合もあります。LINEのやり取りを単純に楽しんでおり、ユーモアたっぷりのあなたからの返信を、純粋に楽しんでいるのでしょう。

あまりにも会話が楽しいせいで、彼氏も自分では気が付かないうちに下ネタのトークが長くなっているのかもしれませんね。

単純に下ネタが好き

あなたの彼氏は下ネタを話すのが好きで、ただ単純に下ネタをLINEしてくる可能性もあります。特に何も意識はしておらず、話題の一つとして楽しんでいるだけですので、真剣にLINEの返事をしなくても、LINEに付き合ってあげる程度の気持ちで下ネタLINEに返信をすると良いですね。

エッチな気分になっている

下ネタLINEをしてくるときに丁度エッチな気分になっているから、彼女であるあなたに下ネタLINEをしてくるという心理もあります。

本当は隣にいてイチャイチャしたいと思っていても、実際に会うことができずにLINEで欲求不満を解消しようとしているのかもしれません。

彼のそんな気持ちを少し理解してあげて「今度のデートではたくさんイチャイチャしようね!」と少し意味ありげな内容の返信をしてあげましょう。

 彼氏の下ネタLINEに対する対処法!モテる返し方例文5つ

スマートフォンを操作する女性の手

妄想できるような返信

下ネタLINEに対して、彼氏が妄想できるような返信をすると彼氏がドキドキしてくれます。

例えば「SなプレイとMなプレイならどっちが好き?」と聞かれたとします。そんなときは「どうかな?その時の気分によって違うかも……今度試してみる?」と返信すると、彼氏の妄想スイッチを入れることができます。

妄想はその人への興味を誘うテクニック。素直に答えるのではなく、ちょっと妄想させることで彼氏がもっと好きになってくれるでしょう。

次に期待させる

彼氏が下ネタLINEをしてくるときは、エッチな気分になっていることもあります。彼女も自分と同じ気持ちになってほしいと思っている可能性があるため、次に会ったときへの期待を高めるような返信をすることもおすすめ。

「今度のデートの時はいっぱいキスしてね」など、次への期待を高めるような返信をしましょう。そうすることで、彼氏の期待度を高めて次のデートを盛り上げる効果もあります。

優しく叱る

彼氏の下ネタLINEがエスカレートしてきたら、LINEで優しく叱ってあげるのも効果的。激しい下ネタはちょっと困るという女性もいるでしょうから、下ネタに困ったときは彼氏を優しく叱ることで対処をしましょう。

「こらこら。そんなに下ネタ言われたら困っちゃう。」というように、優しく叱って恥じらいを見せるようなLINEを返しましょう。

スタンプで交わす

LINEの特徴として、トークにスタンプを送信できる機能があります。このスタンプをうまく活用して、彼氏に返信してみましょう。

下ネタの内容によっては、言葉で返信することをためらってしまうようなものもあります。そんなときは、「恥ずかしい」や「ドキドキ」「顔を赤くする」といったLINEスタンプを活用しましょう。

ギャグ系のスタンプではなく、かわいらしい・女の子っぽいスタンプを選んでくださいね。

軽く同調する

例えば彼氏から「今すごくエッチしたい気分」とストレートなLINEが来たら、それにに対して拒絶反応を見せるのではなく「私も……」「イチャイチャしたい」というように、彼氏のLINEに同調して返信します。

こんな返信がきたら、彼氏はきっと電話の向こうで悶絶です。彼氏のハートをがっちり掴み、二人の愛が深まるようになりますよ。

ですが、ポイントは軽めに同調すること。女性が激しすぎる返信をすると、場合によっては彼氏に引かれてしまう可能性もあります。

長続きするカップルには配慮がある

勤務中のLINE。会話の頻度や時間はどう考える?

会社での勤務中に恋人と私的な長時間のLINE会話を楽しむことは、上司にばれるとそれは大変なことになります。ですから業務用にLINEを使用することが勤務先で認められていても、なるべく恋人には今はまだ仕事中だからとあらかじめ説明してあげましょう。

要するに長続きするカップルは勤務中の恋人を困らせません。LINE会話の頻度について、彼と自分の両方が休日の場合には普段よりも多くして大丈夫ですが、どちらかが出勤日の場合には、上記の事情から少なめにしたほうが無難です。

急用でもなければ彼の勤務終了後にLINE会話を楽しみましょう。平日のLINE会話は合計でも1時間以内に収めるほうが良いと思います。

彼とのLINE会話の回数頻度については平日で3回程度まで、休日では5回程度までが相手に迷惑をかけない限度の目安になると思います。

もしも自宅で食事中だったら?

自宅で食事中に彼からLINEでメッセージがきたら、緊急連絡以外は「今は食事中だから、食事が終わったら連絡するね!」と素直に返事をしましょう。彼とのLINE会話のために食事を中断すると貴方の食事時間はまた遅くなり、健康にもよくありません。

本当に好きな人のためならば、30分や1時間の時間差は我慢出来るものです。彼を真剣に愛する事と、いつでも対応出来る都合のよい女を演じることは、全く違うことなのです。長続きするカップルは、相手の健康にも配慮しているもんです。

例え既読無視が続いたり、既読スルーされたりしても相手の返信を待つ!

LINEの最大の便利機能である『既読』機能。相手が見えなくても既読したかどうかが分かる点では、やり取りの中で非常に便利な機能ですよね。でもこれが逆に不信感を与えてしまうこともあります。

既読したにも関わらずLINEを返さない。これこそが二人の仲を悪くしてしまうきっかけになりかねないのです。

しかし、相手の立場になって考えることが出来たらこの問題はそこまで大きくはならないハズです。誰だって忙しい時や連絡を返せない場にいたら、LINEを返すのはおそくなってしまうもの。

「きっと今は忙しいんだ」と相手の返信を待ちましょう。その心遣いが相手に伝わり、よりよい関係を築く事に繋がります。

また、LINEでケンカしている最中に既読スルーをされてしまった場合、しつこく返信を求めがちですが、ここはあえてグッと我慢。

ケンカ途中のしつこいLINEは相手にとって最悪なイメージしか与えません。お互いに冷静になるためにも、既読スルーをスルーするぐらいな気持ちにしましょう。

LINEで満足せず、実際に会ってコミュニケーションを取っている!

LINEはあくまでも一つのコミュニケーションです。やはり心を通わせるコミュニケーションは直接会って会話をしたり、お互いの存在を近くに感じたりすることが最大のコミュニケーションの場だと思います。

LINEでは伝えきれない想いなどを直接顔を見て自分の声で伝えることで、相手の感じたかも随分と変わってきます。LINEで「大好き」と伝えるより直接会って手を握りながら「大好き」と伝えた方が、気持ちがより伝わるということです。

自分勝手なLINEを送らない

自分の気持ちをただただ文にしただけのLINEは、相手にとっても非常に不快です。特に二人の間でトラブルが起きた時やケンカの時などは特に注意が必要。顔が見えないからこそ、一方的な感情や相手が悪いと決めつけた内容はNG。

相手の気持ちを理解しようとするような、相手の立場になった内容にするように心がけましょう。相手がいて初めてLINEが成立するということを常に考え、会話をするような感覚で相手への配慮を大切にしましょう。

つい自己中心的になってしまうという人は、自分を見つめ直す時間が必要かもしれませんね。客観的に自分を見つめるために、電話占いを利用してはいかがでしょう。自分では気付かない、真実の姿が見えてくるかもしれませんよ。

>>電話占いのお得なサービスについてもっと知る!

なぜLINEで長文を避けたほうがよいのか

LINEのトークメッセージは会話のテンポが重要!

LINEの特徴のひとつとして、その気軽さ故の「テンポの良さ」が挙げられます。このテンポによって、あたかも目の前の相手と会話しているかのような感覚が得られるのです。どうしても長文を送らなければならないこともあるかとは思いますが、出来るだけその頻度は抑えましょう。

熟練し上手に使用すると、一分間に一回ではなく、会話相手も含めて短い文章で7回くらいのやりとりが出来る人もいるようです。それを長文を使用してしまうと、そのテンポが悪くなることが考えられます。

それにより、あなたとのLINEがめんどくさいなどと思われてしまったらもったいないですよね?ぜひ、対話とテンポを意識してLINEを利用してみましょう!7回は無理でも、一分間に2回から3回でもやりとりが出来たら、きっと幸せな気分を味わうことができると思います。

それから、LINE会話ではユーモアのある雰囲気も再現することも可能になのです。今までユーモアのある気持ちを電話などでは上手に表現出来なかった人でも、LINE会話のやりとりで、自分の心の中に隠れていたユーモアのセンスが引き出されることが考えられます。

「LINEは対話している感覚を味わえる」と先程説明しましたが、あくまで本当に顔を突き合わせているわけではありません。ですから、普段よりは少々大胆な発言をすることも後押ししてくれるのではないのでしょうか?

貴方自身と付き合っている彼のどちらかにユーモアのセンスがあったら、LINE会話をしているうちにカップルでユーモアのセンスを共有出来るようになるかもしれません。

本当にLINE会話を上手に使用しているカップルの場合だと、まるで漫才師のような華麗なテンポで恋人とのLINE会話を楽しんでいる人までいるようです。協力して、二人だけの世界観をLINE上で作りあげましょう。

LINE会話は癒しをもたらす

携帯電話やスマホでの通話は個人同士でのやりとりにも使用されますが、同時に会社に対する連絡などにも使用されるので、通話相手を理解していても心の切り替えが下手な人では、前の通話相手からうけた心情(しんじょう)を次の相手にも持ち込んでしまうことがあります。

例えば上司に電話で怒られた後に恋人と話をすると、悲しい声のまま話をする人がいるのは、前の会話のダメージから心が回復していないからです。LINE会話だと漫才のようなトークメッセージをやりとりしているうちに元気が早く回復するので、リラックスしやすい傾向があります。

「あいよ!」とか、「そうだよ!」なんて軽い感じの言葉を電話中に連続で続けると、この人は本当に私の話を理解しているのかなと少し悩むと思いますが、LINE会話のトークメッセージだと不思議に理解されている印象が強くなってきます。

それが、一分間の中でお互いのメッセージのやりとりを何度も出来るLINEの魅力の1つなのです。携帯電話や固定電話だと、自分と話し相手との間で話す役割と聞く役割が、30秒や20秒で変化していくということは滅多にありません。

ですから、LINE会話の利点である短い文章やコメントの連続で漫才のように会話を盛り上げていくほうが、早くリラックスできるものなのです。このように長続きするカップルのLINE会話にはユーモアのセンスがあります。

公私で使い分けよう

もちろんLINE会話も万能ではありません。今の日本では保守的な風土の企業だと、会社の上司とLINE会話を業務でうまく、かつ誤解なく使用出来るほど成熟しているとはいえません。

下手に土壌ができていない会社でLINEの有効活用を提案しても、ちんぷんかんぷんな返事しか聞けないこともあります。そうなるとLINE会話の魅力も半減してしまいます。

あなたの会社と取引関係にある企業の多くがLINEを業務でも有効活用しているのならば、上司の理解も得やすいはずです。企業がLINEを業務で有効活用できるようになれば、きっとあなたの仕事の効率も上がるでしょう。

要所以外では4行以下に

LINE会話では1行から4行のトークメッセージでテンポをよくしていったほうが、相手とのやりとりを楽しめます。

カップルだから長文の連続でもいいだろうと油断していると、LINE会話で発揮できる可能性があったユーモアのセンスがいつの間にか発揮出来ず、下手をしたら暗い雰囲気のLINE会話になってしまうかもしれません。

LINE会話の長文については何行からが長文と感じるのかについて多少の個人差があると思いますが、5行から長文と感じる人が一定数存在していることが判明しているので、5行以上は長文である、と意識したほうが良いと思います。

5行以上の長文メッセージのやりとりをLINE会話で繰り返していると、カップルの片方が疲れてくる現象が、仮にその日ではなくても近いうちに発生することでしょう。そうなるまえに、LINE会話では長文を避けるようにしてみてください。

LINEの会話からも、相手の気持ちの変化が読み取れることがありますが、相手の変化に不安を感じたときには、関係が悪化する前に、対策を考えましょう。電話占いなら、あなたの悩みにピッタリな占い師が、解決に導いてくれますよ。

>>電話占いのお得なサービスについてもっと知る!

長続きするカップルはどんなLINEをやりとりしてる?

「おはよう」「おやすみ」などの挨拶

普段はLINEをする習慣があまりない人でも、気軽に遅れるのがあいさつです。文字で送っても良いですし、スタンプを活用すれば、さらに手間なく送れます。

スタンプばかりだと、手抜きに感じてしまう人もいるかもしれませんが、男性はまめにLINEしない人も多いので、負担に感じずLINEを続けられるなら、スタンプでも良しとしましょう。

次のデートの話題

LINEを活用したい場面として、デートの約束があります。LINEなら、お互いのやり取りが見やすい形で残りますし、時間や待ち合わせ場所などを、うっかりメモし忘れたということにもなりません。

雑談は苦手という人も、デートの約束なら、話す内容がはっきりしているので、何を話していいのかわからないということにもなりませんよね。

お互いの趣味や興味のあること

今日の出来事を伝えたり、「今何してる?」などの質問をされたりするのは、面倒だと感じてしまうこともあります。その点、夢中になっている趣味や興味がある出来事なら、相手に伝えたいという気持ちが強いので、会話が続きやすいですね。

スケジュールの確認

デートの約束と同様に、仕事で遅くなるからLINEは送れない。残業続きでしばらくデートできないなどのスケジュールも、LINEで伝えると文章として残るので、後から「聞いていない」などのすれ違いを防ぐことができます。

送る時間にも気遣いを忘れずに

相手にLINEを送るときには、時間についても気遣いが必要です。LINEの通知を止めることもできますが、仕事でも使っていて、通知が来ないと困る場合や、毎回通知を止めるのが面倒という人もいます。

寝ているときに何度もメッセージが入ったり、会議が終わってチェックしたら何件もメッセージがたまっていたりとなると、わずらわしさを感じてしまいます。深夜や早朝、仕事中などは避けた方が無難ですね。

彼氏とLINEする頻度はどれくらいがいい?

会話を楽しむなら週1~2回

LINEに夢中になってしまうと、ついつい時間を忘れてトークしてしまうこともありますよね。相手からLINEが来ると、返信しないといけないような気持になる人もいます。

毎日、時間を作ってLINEをするのは意外と大変なものです。また、ついつい夢中になって夜更かししてしまうと、次の日にも影響を与えてしまいます。

LINEで会話を楽しみたいタイプの人は、休みの日や、休みの前日の夜など、ゆっくり時間が取れるときにLINEするというように、時間や曜日を決めてしまいましょう。時間や曜日を決めることで、それに合わせてスケジュールを組むことができ、ゆっくりと会話を楽しむことができます。

返信を期待しない関係なら毎日でも

遠距離恋愛や、仕事が忙しくてなかなか頻繁に会えないカップルなら、せめてLINEを送ってつながりを感じたいという気持ちもあるのではないでしょうか。2人の関係によっては、毎日LINEをした方が、関係が長続きします。

ただし、そのときには「既読にならなくてもしつこくメッセージを送らない」「返信が無くても相手を責めない」など、負担にならないルールも必要です。

なかなか会えないということは、相手の状況がわからないということです。仕事で忙しくてLINEをチェックできないこともあるし、見ることはできても返信する余裕はないという場合もあります。

相手の求めすぎずに、自分が送りたいから送る!と割り切れば、お互いにストレスなく、LINEを続けることができます。

ストレスを感じない頻度が一番!

ちょうどいいと感じるLINEの頻度は、人によってばらつきがありますが、大事なのは、お互いに負担にならないようにするということ。

2人の生活リズムが違うのに、どちらかの生活パターンに合わせてばかりLINEを送ってしまったり、もともとLINEをする習慣がない人に「毎日LINEを送って」といったりするのも、プレッシャーになってしまいます。

片方だけの意見を押し付けるのではなく、おたがいに話し合って、ベストな頻度を探してみましょう。

まとめ

回は長続きするカップルのLINE会話の特徴やLINEの使用方法についての工夫や、心理的な配慮の方法についても記事にしてみました。LINEの特筆すべき点はテンポの良さと人物像を作りあげることができるという点にあると思います。

この特性を理解することで使い方は変わってくるのではないでしょうか。是非、LINEを有効に活用して恋人との愛を大きく育ててください。最後まで読んでいただきありがとうございました。

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking

Category