LINEで復縁してみませんか?元彼の心に火をつけるテクニックを大公開!

Clover(クローバー) > 人気コラム > LINEで復縁してみませんか?元彼の心に火をつけるテクニックを大公開!

付き合っていたときの幸せな思い出というのは、例え喧嘩して別れたとしても思い出してしまうものです。携帯でLINEを開けば昔の写真が出てきたり、仲睦まじい掛け合いが残っていたりと、そのまま元カレに連絡してしまいたくなる人も多いはず!

しかし、いきなり重い内容を送っても引かれるだけ!まずは焦らず連絡を取り続けることが大切です。そこで今回は、大好きな元カレと復縁するためにLINEで連絡を取り続けるコツをお届けします。

LINEトーク占いからあなたの恋が動き出す

さっそく元カレにLINE…その前に!

最初にしておくべきこと

まず元カレにLINEする前に絶対しておくべきこと!アイコンの画像を変えておきましょう!

LINEをしている時に必ず目に入るのがアイコンです。画像で相手を認識している人も意外と多いもの。アイコンを変えるだけでまず相手にあれ?という引っ掛かりを持たせるわけです。大事なのはいい意味で『変わった』ことを意識させること。

爽やかな雰囲気の画像を使えば別れから立ち直っている事をさりげなくアピール出来ますし、ポジティブな印象を与えることができます。別れた後に撮った写真など元カレの知らないあなたの写真を使えば、そういえばあれから顔見てないな……なんて自然に思ってもらえるかもしれません。

成長したあなたをみてもらいましょう

別れたときのままでは復縁しても同じことの繰り返し、でもお互い成長した今なら……と思ってもらえるよう仕向けていくのです。ひょっとすると『アイコン変えたんだね』なんて、元カレの方から話題にしてくれるかもしれません。

同時に表示名もひらがな表記からローマ字表記など、少しだけ変えてみると効果的かもしれません。ただし、元カレに一目で自分だと分かってもらえるもの、自分らしさを損なわないものを選びましょう。

彼とまっすぐ向き合うために

もうひとつ彼に連絡をする前にしておくとよいのが、彼のタイムラインを非表示にすること
少しでも彼の情報を知りたいと思うでしょうが、彼の行動や発言に一喜一憂してしまっては、余裕のある対応が出来ません。

今の彼とまっすぐ向き合い、いらない感情を持たないためにもタイムラインは非表示にしておきましょう。

また、あなた自身もタイムラインの情報は隠して、彼に余計な情報を与えません
楽しかったことなどを見て、俺がいなくても大丈夫と思われ復縁する気がなくなってしまうかもしれませんし、今のあなたがどんな状況かわからないほうが、あなたへの興味がそそられます

元カレに連絡する時の冷却期間って、どれくらい?

元カレに連絡をする前にちょっと待って!あなたと元カレは別れてからどれ位の時間が経ちましたか?1度は付き合った2人とは言えども、お互いの気持ちがすれ違って別れてしまったのは変えられない事実。

正しい距離感で連絡をするためにも、冷却期間を設けることは非常に重要です!元カレに連絡をするための冷却期間は、最低でも1ヶ月程度必要だという意見が多いです。

ですがもちろんこれは2人の別れ方にもよります。勢いで喧嘩別れしてしまったのでしたら「お互い素直になれなかった」という気持ちもあるかと思いますので数週間程度でも事足りつこともありますが、そうではないのなら話は別。

しっかり話し合った上で別れた場合は、どちらかの浮気などで別れた場合……1ヶ月という短い期間では少し足りないかもしれません。また、彼に特定の女性がいるかいないかでも変わってきますよね。

勢いで別れたというわけではないのでしたら、まずは1ヶ月を目処と考えて彼の動向を探ってみるのも手でしょう。SNSで人間関係を見てみたり、彼の周りの友人から最近の様子を聞いてみたり。

暇そうにしている、彼女や好きな人がいるわけでもない、のでしたら1ヶ月を目にGO。その前にも連絡を送ってしまいたい気持ちにはなりますが、冷却期間を置かないことで彼からするとただ振り回されているような印象を受けてしまいます。

冷却期間を置くことで「前とは違う自分をアピールすることができる」のです。ぜひ正しい期間を観察し、ベストなタイミングで彼に接近してみて。

LINEトーク占いからあなたの恋が動き出す

元彼とLINEを始めるきっかけは?

LINEのひとことなどステータスメッセージを活用する

LINEにある機能のうち、復縁のきっかけ作りに使えるのが、“ステータスメッセージ”です。ここに書き込む言葉一つで元カレがあなたのことを意識しだすかもしれません。

直接的ではないけれど、「もしかしたらまだ俺のことを想ってくれているの?」と思わせることができたり、あなたが書き込んだひとことが元カレの心の片隅にでも引っかかれば、十分なきっかけ作りができたりすることになります。

ポイントは、広い意味でとらえることのできる言葉をチョイスすることと、マイナス思考な書き込みはしないこと。「どうせ私なんて」などといったネガティブな書き込みは、元カレをあなたから遠ざける可能性大です。

また、あからさまに元カレへのメッセージになるような言葉も避けるようにしましょう。若干の傷心モードも明るい言葉で茶化すように書き込むといいですね。

過去の偉人の名言や、歌詞、といったものも使いやすいでしょう。また、彼が詳しいことや、あなたと彼の共通の趣味に関するひとことにしてもいいかもしれません。

前向きな内容と元カレの想像力を掻き立てるひとことで、「これってまさか俺に対して言ってる?」と意識させたらこっちのものです!

間違い電話できっかけ作り

LINEとプラスαで、電話も活用する方法があります。まずは、電話帳から元カレの名前を出して、発信……しつつ、呼び出し音が鳴ってすぐくらいで切ってしまいます。その後、元カレにLINEで「さっきはごめんなさい、間違って電話をかけてしまいました。」という旨を送信すればOKです。

LINEから無料通話を発信することもできますが、LINEで電話をかけるには、名前を押して無料通話を押さないといけないので、“間違い”というにはちょっと無理があるんですね。

呼び出し音が長すぎると、元カレが電話に出てしまう可能性もあるので、いちかばちかな方法でもあります。念のため、“元カレが電話に出てしまったとき”や“LINEを送る前に折り返しの電話がきてしまったとき”の対応策を考えておきましょう。

間違いLINEを送ってみる

電話ではなく、他の人宛の内容のLINEを元カレに送信するというもの。内容は、当たり障りないものにしておきましょう。

復縁を望むなら、男性相手に送っているとにおわせるような内容はやめておきましょう。あくまで同性の友人に宛てて送ったものだとわかるような内容にしてくださいね。

「〇〇日の待ち合わせは、〇時に〇〇でいいかな?」といった内容にすると、相手もあなたが本来LINEを送るべきだった相手と待ち合わせの約束がちゃんとできていないことを気にかけて連絡してきてくれるかもしれません。

新年や誕生日などのイベントを祝ってあげる

元カレにLINEを送る理由を見つけてそのタイミングで連絡をとってみるという方法です。元カレの誕生日に「おめでとう」と一言LINEを送ってみるのもいいでしょう。

タイムラインにバースデーカードを送ってあげるのでもいいと思います。あなたからのお祝いの言葉に元カレがどう反応するか、様子をうかがってみましょう。

友達の多いタイプだと、タイムラインはたくさんの書き込みがきている可能性も高いため、できればトークで送信してみるのがいいでしょう。未読なら未読のまま、バッヂもついたままになります。

新年のお祝いでトークへメッセージを送信するのもいいでしょう。何気ない挨拶から、元カレとまた連絡のやり取りができれば、ごく自然な流れですし、連絡もしやすいですよね。

グループラインを活用する

グループラインを活用して、再び元カレと連絡を取り合えるようになることもあります。

一対一では何となく腰が引けてしまうという方でも、グループラインであればみんなの話の輪の中に参加していけばいいわけですし、万が一、元カレにLINEをブロックされていたとしても、グループトークではやり取りが可能なのです。

「みんな最近どうしてるの?」なんてあなたからの問いかけに、友達が答えるのと一緒に元カレが近況報告してくれれば、彼が今現在どんな状況なのかも知ることができますね。

「みんなで久しぶりに集まろうよ!」とか、「こんなことがあったよ!」と、グループの中で率先して声掛け役を買って出るのもいいですし、反対にみんながグループ内で盛り上がっているのに、あえてあなただけあまり会話に入っていかないようにすると、元カレはあなたのことを心配するかもしれません。

この場合、何となく意識してしまった元カレのほうから連絡を取ってくることもあるようですよ。

プロフィールの音楽を思い出の曲に

LINEのプロフィール上で、音楽を設定できます。LINE MUSICアプリをインストールして、LINEアカウントでログインすることが必要になりますが、これで好きな音楽をプロフィール上で流すことができるのです。

この機能を利用して、2人の思い出の曲を設定してみるのはどうでしょうか?音楽は、香りと同じで自分をその曲を聴いていた時代へと引き戻してくれます。あなたと付き合っていた頃を思い出し、懐かしくなって連絡をくれるかもしれません。

反対に、元カレが音楽を設定していて、その曲に対してあなたからメッセージを送ってみるというのもいいでしょう。

LINEトーク占いからあなたの恋が動き出す

まずは会話をすることを意識する!

重くなりすぎないように

さあ、いよいよ復縁への第一歩です。どんな内容を送っていいのか迷いますよね?

あれこれ考えているうちに、気がつけば久しぶりだね?元気?最近はなにしてる?彼女できた?……なんて質問攻めの文章が出来上がっていたり。しかし、LINEは会話のようなテンポでやりとりすることで親近感を覚えるもの!

想いを詰め込むあまり長文になってしまわないように、まずは短文の事務的なやりとりから始めましょう。

例えば、「前に行ったあの店の名前なんだっけ?」「○○ちゃんの誕生日いつだっけ?」「友達に聞かれたんだけど、男物のプレゼントなにがいいと思う?」という2人の共通の話題など、元カレが答えやすいものにしましょう。

感謝の気持ちを伝えましょう

そして、最初のやりとりでは用件が終わったら敢えてそこで話題を切ること。男性は別れた後も相手に好かれていたいと思う人が多いので、連絡が来て少し「おっ!」と身構えていた元カレも「え、本当にそれだけ?」と肩を透かされて逆に気になってしまうはずです。

そんなモヤモヤした彼には後日、「おかげで友達とあの店行けたよ」「誕生日お祝いしたよ」「ありがとう」と結果報告と感謝の気持ちを伝えましょう。

この質問、結果報告という短い2ステップを繰り返すことで、彼に対する連絡が単発ではなく継続的なものに発展する確率がぐんと上がります。

その後の会話はどのように繋げる?

結果報告や感謝をスムーズに伝えることができても、その後に繋がるような会話がなければやはり連絡を続けることは難しいでしょう。ポイントは「いかに自然に繋げるか」です。

恋人らしい会話、「女」をアピールする会話は相手に警戒心を抱かせてしまいます。また「今回連絡したのはそのためだったのか?」と疑念を感じさせてしまっては元も子もありません。

「今回はありがとうね!最近○○は元気にやってるの?」「久しぶりに連絡取れてめっちゃ新鮮だった~!最近どう?」など、一先ず自然に彼の近況を聞けるような会話の流れを作っていきましょう。

ここで注意したいのが「会おうよ」と誘わないこと。最終的にはもちろん顔を合わせて話せる関係になりたいですが、まだこの時点では早いです。ここで断られてしまっては次のメールも送りづらくなります。

まずは「自然にメールやLINEができる関係」まで修復していくステップが大事!デートのお誘いはその後です。どれだけ彼に警戒心を抱かせないかを念頭に置いておきましょう。

会話をしていく上で注意したいこと

彼女面しない

彼とある程度会話が続いたり、楽しく会話が出来たりすると、ついつい付き合っていたころの感覚になってしまいがち。ましてや、彼と復縁したい!という気持ちを持っているので、なおさらですね。

もしかすると彼のほうも、当時のようなノリやテンションで返してくれることもあるかもしれません。しかし、調子に乗って彼女面してしまうのはNG!

付き合っていたころのように、「何してる?」「どこにいるの?」などと頻繁にLINEしてしまったり、ヤキモチを妬いてしまったりしてはいけません。

このように彼女面をしてしまったことで、復縁に失敗してしまうケースは少なくありません。いくら彼と昔のように会話ができたとしても、今あなたは彼女ではないとしっかり自分自身に言い聞かせましょう。せっかくのチャンスを逃さないためにも、気を付けたいですね。

LINEの頻度に気を付ける

彼とラインが出来るようになって嬉しい気持ちや早く復縁したいという気持ちから、連絡の頻度は増えてしまいそうになりますよね。

しかしLINEでやり取りできるようになったからといって、頻繁にLINEしてしまうと、彼に復縁したいという気持ちを感付かれてしまうかもしれません。

この時、既に彼も復縁したいと思ってくれている彼なら良いですが、そうでない場合は引いてしまったり、警戒してしまったりすることが多いです。彼の返信ペースに合わせて返信することも大切です。

最初は焦りは禁物です。あなたの「復縁したい!」という気持ちは隠し、余裕のある態度でLINEしましょう。

過去の話はしない

彼と話していると、昔のことを思い出してしまいますよね。楽しかったことや悲しかったこと……。共有できるのは彼だけですし、話したくなってしまう気持ちもわかります。

ですが、過去の話は避けましょう。
楽しかった話だとしても、彼に余計な感情を思い出させるきっかけになってしまうかもしれないからです。

大切なのは過去ではなく、未来です。返信をしにくいと思われてしまうこともありますので、過去の話はしないほうがベターです。

メッセージを送ったけど返信が来ない…理由と心理は?対処法はあるの?

ブロックされている

彼にLINEで連絡をしても既読すらつかない場合は、ブロックされている可能性も無いとは言えません。彼はあなたとの別れで辛い思いをしたためにもう関わりたくないと思って、LINEをブロックしているのかも。

ブロックされてしまうと解除されない限りはこちらからいくらLINEを送っても意味がありません。積極的に連絡を送ることはやめておきましょう。どうしても彼と連絡を取りたいのなら、電話やメールなど他の連絡方法を使わなければなりません。

どうしても諦めきれなければ友人を通してさりげなく彼の様子を伺うなど、彼の気持ちを逆撫でしない方法で関わるようにしましょう。

まだ元カレの中で気持ちの整理がついていない

別れてまだ日が浅いうちは、彼の中で気持ちの整理がついていないために連絡を返せないという場合もあります。別れた後に大体気持ちに変化が表れるのが1ヵ月前後と言われていますが、人によってはそれより長く別れた時の負の感情を引きずることもあります。

あなたとやり直したいという気持ちはあっても、それと同じくらいまた同じ道をたどってしまうのではないかという恐れがあるのかもしれません。もう少し日を置いてから、また連絡してみましょう。

どう返信して良いかわからない

あなたが送ったメッセージの内容が重たくて、どう返信すればいいかわからないというパターンもあります。

彼から復縁を切り出されていないうちに、付き合っていた頃の話をしたり彼にすがりつくような内容を送ってしまったりするのはNGです。あなたが彼に振られた立場ならなおさらで、収まりつつあったあなたに別れを切り出した時の感情を呼び起こしてしまうことになります。

復縁を意識してLINEを送るなら、過去のことには触れずに前向きな内容を送りましょう。彼があなたの変化や成長を感じることができれば、あなたに対する感情にも変化が表れるようになります。

時間を置いてから再度メッセージを送ってみよう

彼にメッセージを送った時、あなたは感情的になっている状態ではなかったですか?失恋後に突然襲ってくる寂しさや悲しさにまかせてメッセージを送ってしまうと、タイミングを誤ってしまうことがあります。

彼にとってはまだあなたのことを冷静に考えられる時期ではないのかもしれません。彼から何の返事もないようなら、また数週間から1ヵ月ぐらい時間を置いてメッセージを送ってみましょう。

メッセージはできるだけ短く丁寧に

復縁したいがために、あなたの気持ちを長々と書いたメッセージを送っても、彼の気持ちを余計に冷めさせるだけです。男性はそもそも長文のメッセージが苦手です。メッセージを送るならできるだけ短く、そして丁寧な言葉使いを意識しましょう。

恋人と別れた直後の男性は自由を満喫しています。そこに彼を重苦しい気持ちにさせるような長文メッセージを送れば、彼は返信する気を失くしてしまいます。

復縁前のメッセージは少しよそよそしいぐらいがベターです。あなたがもう恋人ではないのだということを彼に実感させ、寂しさを感じてもらえるように促しましょう。

おやすみスタンプ以外は単体で使わない!

元カレの気持ちを想像してみる

何回かなんでもないやり取りを繰り返していると段々と昔の感覚に戻ってしまいがちです。

ここで注意したいのが、相手に対する返事をスタンプ1個でしてしまうこと。

女性同士ではよくやるスタンプでの会話ですが、男性はなぜかスタンプに対する理解力が乏しい傾向にあります。スタンプに対する返答を思い付かなかった場合、会話がそこ途切れてしまう危険性があるのです。

これが彼女であれば頑張って返すでしょうが、元カノである状態ではそこまでしてくれない可能性が高いです。スタンプを使ったあとに解説的な一言を添えるなり、少しでも危険性を減らす努力をしましょう。

しかし、あなた自信で彼のことを想像してもそれはあなたの『こうであって欲しい』という思いが少なからず含まれてしまっています。そんな偏った感情では相手の気持ちを推しはかることなんてできません。

相手の本当の気持ちを知るためには第三者の意見が少なからず必要なのです。占い師に相談すれば特別な力を用いて彼の気持ちを知ることができます。

巷にいる占い師の鑑定よりもお得でよく当たる占いを受けてみたいという方は是非電話占いを試してみてください。

「おやすみ」スタンプで元カレの気持ちを確かめてみる

ただし、会話を切る時に限ってはスタンプ1個でOK。

「おやすみ」などの分かりやすいスタンプで会話を切ることで男性に適度な寂しさと余韻を残すことが出来ます。ここで彼からわざわざ『おやすみ』と返事が来るようなら彼も少しあなたに対する寂しさを覚えている証拠です。

彼の感情を測るバロメーターとしてもおやすみスタンプはお勧めです。

ポップアップ機能で既読スルーを回避!

既読機能について

最後に、LINEにおける最大の問題点とも言える既読スルーの回避方法について。

本来は便利なはずの既読機能ですが、もはや社会問題と言っても過言ではないのが既読になるのに返事が来ないという所謂「既読スルー」ですよね?スルーまでいかなかったとしても、既読と返信のタイムラグがあればあるほど、相手は自分の優先度が低いと感じてしまいます。

メールだと気にならない返事の遅れが、LINEでは上記の理由で大きなマイナスになること恐れがあるのです。

元カレを傷つけないように

ここでうまく活用したいのがポップアップ機能です。

LINEでメッセージが届くと待ち受け画面に文の冒頭が表示されるこの機能、読めるのはせいぜい2行程度ですが意外と大体の内容が分かるもの。仕事や飲み会で返信が難しい時はポップアップで内容を確認して、後からゆっくり返信すれば既読スルーをうまく回避することができます

また、ポップアップで内容を確認し、文章を考えてからLINEを開く事で既読と返信のタイムラグもコントロールすることが出来ます。敢えて感覚を開けて相手を焦らすのも、テンポの良い返信で会話を盛り上げるのも思いのままです。

彼の気持ちがわからなくて悩んでいるあなたには、「電話占い」がおすすめです。電話占い師が、元カレの気持ちをずばり教えてこれから恋の復縁を望むあなたにアドバイスをくれます。詳細は以下に記載されていますので、ぜご覧ください。

本気で復縁を目指すなら電話占いがおすすめ!

電話占いの特徴とは

占いというと、ほとんどの人が占い師と直接話して占ってもらう対面式占いを思い浮かべると思います。

けれど対面式占いを受けるためには時間をかけて占いの館に行かなければなりませんし、到着してからも行列に並びますし、占い師の迫力に緊張してしまって自分の気持ちを伝えきれないということもあります。

そんな風に二の足を踏んでしまう人にこそ、電話占いはおすすめできるサービスです。電話占いは自宅にいながらでも、スマホさえあれば本格的な占いを受けることができます。家の中で過ごすリラックスタイムに占ってもらうこともできるので、時間を余分に使う必要がありません。

さらに電話占いに在籍する占い師は倍率3%の狭き門をくぐり抜けた一流の占い師です。確かな実力を持った先生ばかりなので、占いの的中率が抜群なのです。

どんなメリットがあるの?

電話占いと対面式占いに大きな違いはありません。実際に手相や顔を見る必要がある占い方なら対面式の方が向いていますが、恋愛や感情という目には見えないものを占うのであれば、電話占いの占い師が得意としている霊視鑑定が向いています。

また自宅で占いを受けられるのはもちろん、料金は分単位なので、時間単位のように残り時間が余って余計にお金がかかるという心配もありません。

しかも今なら初回無料特典があるので、通常よりもお得に一流の占いを受けることができます。

復縁に効果的って本当?

電話占いの占い師はあらゆる悩みに対応してくれます。仕事や金運関係はもちろんですが、特に相談件数が多いのが恋愛関係の悩みです。

片思い、浮気、不倫など恋愛の悩みにも様々なものがありますが、中でも復縁相談はダントツに多く、また解決した件数も復縁相談が群を抜いて多くなっています。

電話越しに占いなんて初めてで、どう話せばいいかわからないと最初は戸惑う方もいるかもしれません。しかし相手は場数を踏んでいる占い師ですから話を上手に引き出してくれますし、あなたはあなたの気持ちを素直に話せばいいだけです。

いい加減な気持ちではなく本当に心から彼と復縁したいと考えているのなら、電話占いを頼ってみてください。きっとあなたが望む幸せを手に入れられるでしょう。

>>電話占いのお得なサービスについてもっと知る!

電話占いで復縁が成功した女性の体験談エピソード

復縁したいけど、どんなLINEを送ればいいのか…

「大好きだった彼とすれ違いが原因で別れることになってしまって、1年ほど連絡も取らずその間に他の男性と付き合ったりもしたのですが、どうしても彼のことが忘れられず長続きしなくて……。

離れてもまだ彼のことが忘れられないのだからもう復縁を目標にするしかないと思ったのですが、しばらく連絡を取っていないので彼の状況も分からず、もし彼に引かれたらと思うと自分から会いに行くこともできませんでした。

付き合っていた時は主にLINEで連絡を取り合っていたので、やっぱり復縁のきっかけ作りも電話やメールよりもLINEがいいかなと考えましたが、彼とのトーク画面を開けば懐かしいやり取りが目に入り、付き合っていた時のことを思い出してため息ばかり。

どんなメッセージを送ればいいのかも分からず、復縁を願いながらもただ時間だけが過ぎていく毎日でした。」

みん電との出会い

「復縁したいのにきっかけさえも作れず頭に思い浮かぶのは連絡を取れない言い訳ばかり。そんな自分の不甲斐なさに落ち込み、友人に愚痴をこぼしていた時に、その友人からみん電占いを教えてもらいました。

でもでもだってと言い訳を繰り返すネガティブな私に対して、友人もこれ以上自分が諭しても無駄だと感じたのかもしれません。

その友人には婚約中の彼氏がいることは知っていたのですが、実はみん電の占い師のアドバイスがきっかけになり婚約することができたという事実も教えてくれました。

とは言っても最初は占いなんかで解決できるものなの?と半信半疑でした。しかしその時の私は本当に藁にもすがりたい心境で、少しでも勇気が出せるきっかけになればと思いながら、友人から送ってもらったURLをクリックしたのです。」

占い師からのアドバイス

「私はみん電占いで鑑定を受けるまで本格的な占いを受けた経験はなく、朝のテレビ番組で流れる生まれ月占いや雑誌の星座占いに目を通したことがあるぐらいでした。

手相占いなどに興味を持ったこともありますが、実際に占い師の先生と対面で話すことに抵抗があったのです。なんだか怖いし胡散臭い、という感情を持っていました。

しかしみん電占いの先生と電話が繋がり声が聞こえた瞬間、言い知れない安心感を感じたことを今でも覚えています。

肝心の復縁に関してのアドバイスは、予想外の内容でした。

私は自分から彼にLINEを送らなければいけないと思い込んでいたのですが、先生から教えられたのはまず始めにLINEのアイコンを変えること。それもとびきり笑顔の幸せそうな自分の写真にしなさいというものだったのです。」

鑑定後に起こったこと

「アイコンの写真を変えることにどんな効果があるのだろうとは思いましたが、みん電占いの先生に色々話を聞いてもらって安心感があったので、言われた通りにアイコンを変えてみました。

せっかくだからと彼と別れてから手を抜きがちだったメイクとヘアセットもしっかりとして、何枚も写真を撮って1番良く撮れた笑顔の写真をアイコンにしました。

そうしたらアイコンを変えて数日後、なんと彼から1年以上ぶりのLINEが届いたのです!初めに届いたのは“元気してる?”という短い一言。それでも私にとっては奇跡にすら思えるものでした。

彼からのLINEをきっかけに、今でも忘れられないこと、もし嫌じゃなければもう1度会って話したいと思っていることなどを不思議なくらい素直に伝えることができました。

するとどうやら彼も私と同じで連絡を取ろうとしてくれていたことがわかり、その後無事に復縁することができたのです!」

みん電占いはすごかった…!

「みん電占いと出会わなければ、私は今でも1人でうじうじと悩むだけで彼と連絡を取れていなかったと思います。

復縁後にどうしてあの時LINEをくれたのかと彼に聞いたら、連絡をしようとしつつ勇気が出ずにたまに眺めていた私のアイコンが変わって、その写真の笑顔が彼が最初に私を好きになってくれたきっかけの笑顔と同じで、どうしても恋しくなったことを教えてくれました。

思い返してみれば彼と別れる少し前から、お互い多忙で私は彼の前で笑顔になれず、なかなか会えない寂しさからいつもきつい態度で接してしまっていました。

あの時は彼も同じ寂しさを抱いていることに気付けず、自分の気持ちにしか目が向いてなかったのです。

1度すれ違いを経験して反省点が見えたからこそ、復縁してからは大きなケンカもなく、来月にはお互いの両親に挨拶に行く約束も決まりました。

みん電占いとみん電占いを教えてくれた友人には、心から感謝しています。」

まとめ

いろいろ書いてきましたが、大切なのは自然体で連絡を取ること!LINEで継続的に連絡を取れるようになったら、最後はやはり直接会って想いを伝えるのがベストです。気負わず、気負わせずに食事に誘えるようになったら募る想いを打ち開けてみましょう。

LINEでのやりとりを通して彼もあなたのことを改めて考えるきっかけが生まれているはずです。また幸せな日常が2人のタイムラインに綴られていくことを願っています。

LINEトーク占いからあなたの恋が動き出す

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking

Category