遠距離恋愛って一体どこから?男性と女性で見る距離や定義

Clover(クローバー) > 恋愛 > 遠距離恋愛って一体どこから?男性と女性で見る距離や定義

付き合っている相手と、遠く離れてしまう遠距離恋愛、なかなか会えないのはさみしいですよね。でも、遠距離恋愛って、どこからなんでしょう?男性と女性では、感じ方に差がある部分もあります。

今回は、遠距離恋愛だと感じる距離について紹介します。遠く離れているというだけではなく、会いに行くためにかかる時間や、会えるタイミングでも、遠距離かどうかが違ってきます。

遠距離恋愛ってどこから?男性の意見

遠距離恋愛 男性の定義:毎日会えない

付き合い始めのカップルでは、男性としては、毎日会えないなら遠距離と感じてしまう場合もあります。これは、単純に会いたいというだけではなく、エッチをしたいという気持ちも込められていて、エッチしたいときにできない距離は遠距離と考えてしまう人もいるのです。

遠距離恋愛 男性の定義:200kmが目安

何km離れたら、遠距離恋愛になるかの判断は、交通手段にもよります。車の運転をする男性は200kmが目安になっています。200kmなら、車で片道3時間以上かかるので、日帰りは大変な距離になってしまいます。

遠距離恋愛 男性の定義:交通が不便な場所

距離が近くても、電車が1日2~3本の山の中だったり、離島だったりと交通の便が悪い場所は、距離が近くても遠距離恋愛だと感じてしまいます。遠距離恋愛の定義として「なかなか会えない」という気持ちがあるんですよね。

遠距離恋愛 男性の定義:金銭的な負担が大きい場所

交通の便がいい場所でも、交通費が高い場合には、会い行くのが大変なことから、遠距離だと考える場合があります。飛行機で1時間程度でも料金が1万円なら、そんなに頻繁に会いに行くわけにもいきませんよね。

遠距離恋愛 男性の定義:海外

フットワークが軽い人の中には、日本国内は遠距離じゃないという頼もしい男性もいます。海外に行ってしまったら、遠距離という考え方です。時差がある地域なら、電話もなかなかできないので、大変な遠距離恋愛になりそうですね。

遠距離恋愛ってどこから?女性の意見

遠距離恋愛 女性の定義:イベントのときに会えない

近くに住んでいると、クリスマスやバレンタインなどのイベントのときに仕事でも、仕事終わりに合うことができますよね。遠距離恋愛では、仕事が休みのときしか会えないことも多く、イベントを一緒に過ごせないことで遠距離だと感じてしまいます。

遠距離恋愛 女性の定義:環境が違う場所は遠く感じる

距離が離れていなくても、海沿いに住んでいる人が海が全くない場所に引っ越した場合には、遠くに行ってしまったような感覚になります。都会から田舎に引っ越したり、逆に田舎から都会に出て行ったりした場合もですね。環境の違いが、距離として感じられるのです。

遠距離恋愛 女性の定義:日帰りできない場所

行くのに何時間もかかり、日帰りできないような場所は、女性も遠距離だと感じます。直線距離では近くても、電車が迂回したり、乗り換えに時間がかかったりする場所も遠距離になりますね。

遠距離恋愛 女性の定義:知らない場所

自分が行ったことのない場所は、隣の県でも、遠くに感じてしまいます。行くまでの交通手段を調べたり、乗ったことのない電車やバスに乗ったりするのは緊張しちゃいますよね。精神的に、行くのが大変と感じることが、場所を遠くに感じさせているのです。

遠距離恋愛 女性の定義:相手が忙しくてなかなか会えないとき

会いに行くのには1時間以内の場所でも、相手が忙しくてなかなか会えないときには、遠距離恋愛だと感じる女性もいます。気軽に会えないという気持ちが、相手の気持ちが遠くに行ってしまったと感じ、遠距離恋愛という考えになってしまうんですね。

遠距離恋愛はどこから?遠距離恋愛になったきっかけ

就職や進学

学生時代から付き合っていたというカップルでは、進学や就職のタイミングで遠距離になってしまうことも多いですよね。特に地方では、地元に大学がなかったり、希望の就職先がなかったりする場合も多く、遠距離恋愛になってしまうカップルも多くいます。

転勤

転勤がある職業では、自分の意図しないタイミングで遠距離恋愛になってしまうことがあります。就職や進学では、前もって覚悟ができている場合もありますが、転勤は、急に決まる場合もありますよね。転勤をきっかけに、結婚か遠距離恋愛かで悩むカップルもいます。

旅行先での出会い

旅行先で出会い、意気投合して付き合い始めたというカップルもいます。近くに旅行した場合でも、お互いが旅行者で、実際に住んでいる場所は遠かったということも……。

付き合っている途中から遠距離恋愛になった場合と違い、最初から遠距離恋愛なので、近くにいたときとのギャップにさみしさを感じることはありませんが、お互いを深く知る前の遠距離恋愛なので、相性が重要になってきます。

遠くに住んでいる友人の紹介

遠くに住んでいる友人のところに遊びに行った時に紹介されたり、友人が紹介したい相手を連れてきてくれて付き合うようになったりするなど、遠くに住んでいる人を紹介された場合にも、遠距離恋愛になりますね。

友人の紹介なら、全く知らない人ではないので、友人を通しても情報を得ることができ、離れていても不安は少ないかもしれませんね。

友達だったのが付き合うようになった

学生時代などはただの友達だったのが、就職などで離れてからも連絡を取っているうちに、付き合うようになったというケースもあります。一緒にいたときには、ただの友人だったのが、離れたことで、自分の恋心に気付いたというパターンですね。

遠距離恋愛がどこからかは関係してる?上手くいくケースと別れてしまうケース

上手くいくケース1:会えない時間を楽しむ

会えない時間に、次に会ったときのデートプランを考えたり、相手を喜ばせるサプライズを考えたりと、前向きな時間の過ごし方ができれば、遠距離恋愛もうまくいきます。

なかなか会えないので、時間はたっぷりあるわけです!毎日一緒にいたら彼に内緒で何かを計画するのは大変ですよね。離れているからこそ、じっくり計画を練ることができ、いつも新鮮な気持ちで付き合うことができます。

上手くいくケース2:旅行気分で彼を案内

会いに来てもらえるときには、あえて観光客が行くようなスポットでデート!ただ会うだけではなく、旅行気分が味わえます。2人で遠くに旅行すると、現地までの旅費や宿泊費がかかりますが、お互いの家に会いに行くなら、旅費もどちらか1人分ですし、宿泊場所もありますよね。

会いに行くことを旅行にしてしまうことで、旅費が浮いたような気分にもなり、金銭的な負担だと感じにくくなります。

上手くいくケース3:連絡のタイミングを相談

連絡する頻度は、人それぞれ好みがあります。連絡のタイミングを、毎日寝る前や週末のみなど、お互いにストレスを感じない頻度に決めることで、わずらわしさを感じずに済みます。

また、連絡がなくても、相手を責めないことも大切。あまり頻繁にするよりちょっと足りないくらいに決めた方が、連絡が待ち遠しくなり、愛情を感じることができますよ。

別れてしまうケース1:仕事が忙しくて疲れてしまった

仕事が忙しい場合には、会いたくてもなかなか会えないということもありますよね。忙しい中で、無理やり時間を作って会いに行っても、疲れていてデートも上の空だったり、退屈そうにしてしまったり……。

そんな態度を恋人から責められて、ケンカになり、結局破局してしまうということもあります。

別れてしまうケース2:金銭的な負担が大きかった

お互いが平等に会いに行くのではなく、一方だけが合いに行く関係では、交通費の負担が大変になってしまいますよね。特に、飛行機や新幹線を利用しなければならない距離だと、1回の金額も大きくなります。

出費が大変で、会いに行く回数がだんだん減ってしまい、自然消滅というケースもあります。

別れてしまうケース3:急に会いに行ってケンカになってしまった

喜ばせようと思って、急に会いに行ったら、相手は飲み会でなかなか帰ってこなかった……など、タイミングが合わないことで、喜ばせるどころか不満を感じる結果になることもあります。

遠距離恋愛では、相手の予定を把握するのが難しいですし、会いに行って不在だと「せっかく会いに来たのに!」と怒りを感じる原因にもなってしまいます。遠距離恋愛では、ケンカをしてしまうと、仲直りのタイミングがつかめないので、別れにつながりやすくなります。

遠距離恋愛はどこからでも大丈夫!?遠距離恋愛を成功させる秘訣とは

遠距離恋愛成功の秘訣1 ひとりの時間を有効に使う

遠距離恋愛のマイナスな面ばかりを考えてしまうと、気持ちも沈みがちですよね。遠距離を不幸だと思わず、離れているときこそチャンスだと考えましょう。

合えない時間を、ダイエットにチャレンジしたり、念入りに肌のケアをして美肌を目指したり、料理などの趣味の才能を伸ばしたり、自分磨きの時間に使ってみましょう。

頻繁に会っていると、変化にも気付きにくいものですが、遠距離恋愛でなかなか会えないと、会ったときには相手もあなたの変化に気付いてくれるはずです。魅力手になったあなたに、彼も惚れ直しちゃいますよ!

遠距離恋愛成功の秘訣2 ヒロインになりきってみる

遠距離恋愛につらさを感じたら、遠距離恋愛を題材にした漫画やドラマをみて、ヒロインの気分にどっぷり浸ってみるのはいかがでしょう。ストーリーに感情移入することで、遠距離恋愛をしているのは自分だけじゃないと勇気をもらうことができます。

切ないストーリーでは、ヒロインと一緒に、思いっきり泣くことで、ストレスの解消にもなりますよ。ポイントはハッピーエンドの物語を選ぶこと。

悲しい結末では落ち込んでしまうので、途中に苦労するエピソードがあっても、最後はヒロインが笑顔になるものを選んでくださいね。

遠距離恋愛成功の秘訣3 不公平感のないようにする

相手に会いに行くとき、どちらか一方だけが会いに行くというような片寄った関係では、不満を感じてしまうことがあります。男性側が会いに行ったら次は女性が合いに行くなど、お互いに同じくらいの頻度で会いに行くようにしましょう。

どちらかが忙しくて、なかなか会いに行く時間が取れないという場合には、会いに行く人が片寄ってしまうかもしれませんが、そのときには会いに来てもらった方も交通費を負担するなど、どちらか一方に負担が片寄らないようにしましょう。

遠距離恋愛成功の秘訣4 頻繁に会いすぎない

大好きな相手なら、頻繁に会いたいと思ってしまいますよね。でも、遠距離恋愛では会いに行くためには時間もお金もかかってしまいます。頻繁に会いに行くと交通費も負担になりますし、仕事が忙しい時期には、会いに行くこと自体が大変だと感じてしまうことも……。

なかなか会えないからといって、愛情が薄れるわけではありません。お互いにつらさや、負担を感じない頻度で会うようにしましょう。会えない時間も愛情を育む大切な時間ですよ。

遠距離恋愛成功の秘訣5 相手のことを信じる

離れていると、相手が何をしているか気になってしまう人もいるでしょう。でも、離れているときこそ相手を信じることが大切です。会えない時間に何をしているかを、根掘り葉掘り聞いてしまうと、相手もストレスになってしまいます。

また、なかなか会えないからといって毎日何回も連絡を入れるのもNGです。相手は束縛されているような息苦しさを感じてしまいますよ。

まとめ

遠距離恋愛は、つらい部分ばかりではありません。今後、遠距離が解消されることもあるでしょうから、思い切って遠距離恋愛を楽しむという気持ちで過ごしましょう。

遠距離でも、近くに住んでいても、大切なのは相手を信じる心です。疑われるのは、良い気持ちではありませんし、しつこく疑うのは、逆に自分が浮気をしているからでは?と勘繰られる元にもなりかねません。

自分も相手も嫌な思いをしないようにするのが、遠距離恋愛のコツです。離れているときには自分の時間を楽しみ、会えるときには2人の時間を思いっきり楽しんで、メリハリをつけた恋愛をしましょう。

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking

Category