彼氏と長続きする秘訣!カップル魔の交際3ヶ月を突破するには

Clover(クローバー) > 恋愛 > 彼氏と長続きする秘訣!カップル魔の交際3ヶ月を突破するには

彼氏ともうすぐ「魔の交際3ヶ月目」に入るからちょっと心配……。うまくいっていても「魔の交際3ヶ月目」って印象が強いからうまくいかなくなったらどうしようって心配になりますよね。

「私たちはラブラブだから、心配ない」っていう方も油断は禁物!「魔の交際3ヶ月目」って言われるのにはちゃんと理由もあるんです。なぜ「魔の交際3ヶ月目」って呼ばれるのか、その理由と上手く乗り越える方法も紹介していきますね。

彼氏と長続きするカップルの特徴【行動・会話編】

約束はきちんと守る

そんな当たり前のこと……と思うかもしれませんが、少しずつ慣れが生じてくると、ちょっとくらい約束破ることになってもいっか、と思う人もいます。デートの約束を忘れたり、パートナーがしないでとお願いしたことをついしてしまったり。

好きな相手だからこそ「どうして守ってくれないの?」と約束を破られたときのショックは大きくなります。どんな関係性になろうとも、パートナーとの約束をきちんと守れる人、それが長続きするカップルなんですね。

相手を心から信用している

パートナーが電話に出れないことがあったりすると「浮気?」と疑ってみせたり、仕事で忙しいと言われたら「他の女と会ってるんじゃ……」と心配したり。相手を疑いだしたらキリがありませんよね。

相手がただ忙しくしているだけなのに、相手の言葉すら信用できなくなったらお互いの関係性にもヒビが生じかねません。逆に言えば自分に自信がない証拠とも言えますので、どーんと構えるくらいになれるようにがんばりましょう!

他の人と比べたりしない

「友達の彼ならこんなことしないのに」「○子の彼みたいな人ならよかった」といちいち比べて羨ましがったりしていませんか?隣の芝生は青く見えると言いますが、仲良く見えるカップルにだって問題を抱えている場合も多々あります。

他人と比べて不満を募らせるよりも、内に目を向けて自分たちがどうすればもっと仲良くなれるか考えてみましょう。いいところもたくさんあるはず!

お互いをいたわる気持ちを忘れない

「今日は運転ずっとしてくれてありがとう」「お仕事終わった?お疲れ様!」などと相手をいたわる気持ちを持ち続けていますか?「そこにいるのが当たり前」という存在ではないことを認識し、尊敬の念やいたわりの心をきちんと相手に伝えるようにしましょうね。

ちょっとしたことかと思うかもしれませんが、いたわる気持ちを伝えることを習慣にできるか否かで長く円満カップルでいられるかどうかが決まることもありますよ!意識しなくてもさらりと言えるようになればいいですね。

愛情表現を惜しまない

付き合っているのだから、愛情なんて言わなくてもわかってくれている、そう思う男性陣は多いですよね。女性もそのような関係に慣れて自分も言わなくなることがありますが、そこはあえて相手にしっかり愛情を伝えるようにしましょう。

恥ずかしかったとしても「好き」「愛してる」と言える関係になれれば、お互いに愛されてることを確かめ合うことができて幸福感もアップしますよ。

いつも感謝の気持ちを伝えている

「ありがとう」というたった5文字の簡単な言葉ですが、あなたはパートナーにちゃんと言えていますか?

フレッシュな関係のときには言えた言葉が時間が経つと言わなくなることってありますよね。してもらうことが当たり前になり、パートナーに対して感謝の気持ちを感じなくなってしまうためです。

相手がしてくれることに甘えることなく、いつも「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えることができれば、相手のやる気や愛情をもっと高めることにも繋がります。言わなくてもわかってくれてる、ではなく、毎回伝えることがポイントです。

彼氏と長続きするカップルの特徴【LINE編】

既読スルーでも気にしない

あなたがLINEを送ったとき、相手がどのような状況かを知ることは難しいですよね。

いつもは返信をする時間があっても、その日は大事な取引先と会っているかもしれませんし、大事な会議の真っ最中の可能性もあります。ちょっと仕事をミスして落ち込んでいて、返信ができる心理状態ではないことだって考えられますよね。

そこでいちいち既読スルーだからと不安がって何度もLINEしたりすると、相手に「面倒」と思われてしまう恐れがありますので、気にせず「忙しいのかな」くらいで流しておきましょう。ちゃんと連絡してくれると信じることができるカップル、それが長続きの秘訣です。

連絡が来なくても気長に待てる

いつもはすぐに返信してくれるのに、今日は半日待ってもLINEが来ない……。「嫌いになった?それとも浮気?ああ気になる!」と返信が来ないだけで心が乱れていては精神的にもちませんよね。つまり相手を信じていない証拠とも言えます。

長く一緒にいられるカップルは、連絡がちょっと来ないくらいで動揺したりしません。「疲れて寝てるのかも」「今は忙しいのかな」と相手の状況を察して気長に待てるくらい信頼関係を築いていけるように努力してみませんか。

要件はシンプルに伝える

彼氏にすぐに話したくて、なんでもかんでもLINEで言ってしまう人がいますが、実はこれはあまりスマートなコミュニケーションとは言えません。LINEで用件が済んでしまえば、実際に会ったときの話題や話を聞いたときのリアクションや感動が半減してしまうためです。

長続きするカップルは、用件だけ伝えておいて、ディテールは会ったときまでネタとして置いておく。そして直接会って話して盛り上がる、こういう工夫を心がけているのです。LINEにばかり頼るのではなく、あくまで連絡ツールとして上手に活用しているのですね。

彼氏とすぐ別れてしまう女性の特徴

ネガティブ思考

彼からすぐに返信が来ないからとすぐ落ち込んだり、1日連絡なかっただけで浮気?と疑ってみたり、どこまでも彼を信用できずにネガティブ思考になったりする女性は彼氏と長続きしないタイプです。

「どうせ私なんて」と思い込んだが最後、彼のセリフなど聞く耳持たずに「別れましょ」と言ったり連絡を無視したりする傾向があります。ネガティブになってしまうのは、自信のない表れと言えるでしょう。

1人で勝手に盛り上がってしまう

女性の中には自分の中で気持ちが急激に盛り上がり過ぎてしまい、1人で突っ走ったあげくに彼との温度差が生じてジ・エンドを迎えるタイプも少なくありません。あるいは熱しやすく冷めやすいタイプの人も勝手に盛り上がって勝手に萎えることもあるでしょう。

相手に「今すぐ会いたい」と好き好き攻撃をしては、結局自分自身がオーバーヒートして自滅するパターンです。焦らず1歩ずつお互いの距離を縮めていけるカップルこそ長続きするんですね。

相手に対する思いやりがない

ちょっとした会話であっても、なにげないLINEのやりとりでも、「自己中心」でいるとそのカップルの関係はなかなか発展することはないでしょう。

付き合ってもう3ヶ月近くなるけど少し盛り上がりに欠けるかも?と感じる方は、自分のことばかり話していないか、相手へいたわりの気持ちを伝えているかなど今一度チェックしてみてください。コミュニケーションは双方向であるべき!このことを再認識してみましょう。

相手に依存してしまう

特に女性に多いとされるのが恋人に依存するタイプですよね。寝ても覚めても彼氏のことを考えている。何をするにも一緒じゃなきゃダメ、すべてを共有していたいとどっぷり依存してしまうと、相手は窮屈で息苦しくなってしまいます。

彼氏への依存度が高ければ高いほど別れる確率が高くなりますので、適度な距離感と自分らしさをきちんと持って、対等な関係を築いていけるように努力しましょう。

束縛してしまう

すぐLINEの返事がないと怒ったり、他の女性と連絡をすることも許さないという束縛をしたがったりする女性も中にはいますよね。朝・昼・夜・寝る前には必ずLINEをして、休日は必ず2人でデートをするなど相手を自分のもののように束縛してしまうような関係。

相手はそのうちそんなあなたとの恋愛に疲れてあなたの元を去ってしまうでしょう。相手を束縛することが愛と感じる人もいますが、裏返せば相手を信頼していないということ。

自分の視界に入れておかないと不安で不安でしょうがないのでは?それではあなたの身も心も持たなくなってしまいますよ。

なぜ魔の交際3ヶ月目と呼ばれるの?

ドキドキから安心にかわる時期

付き合って1ヶ月目はまだ初々しくてドキドキと緊張であっという間。2ヶ月目は付き合ってる実感も湧いてきてラブラブ。そして3ヶ月目にやってくるの「魔の交際3ヶ月目」です。この時期になると付き合っていることに慣れてきて、気の緩みが出てくんです

自分の彼女っていう安心感も出てくるから、なおさら気も緩んでしまいます。1~2ヶ月目は彼氏も何よりも彼女と会いたいし、会うことを最優先してくれますよね。でもだんだん慣れてきていつでも会えるって思うと気も緩んで、元の生活リズムに戻るのもこの時期です。

お互いに元の生活リズムに戻そうという気持ちを持てれば、会う回数が多少減っても上手くいきます。でもどちらかが付き合い始めと同じように頻繁に会いたいと思えば「なんか前より雑に扱われてる……」って会えないことを不満に思ってしまいます。

会う回数だけじゃなくて、付き合い始めはいろいろなところにデートに行ったり、食事に連れて行ってくれたりしたけど最近は家デートばっかり……。そんな不満も交際3ヶ月目ごろから始まります。

良く言えば付き合っている安心感、悪く言えば慣れてきた気の緩みが出始めるころなので、どちらかがその気の緩みを我慢できなければ、別れてしまうこともあるんです。

刺激がなくなってくる

付き合って1~2ヶ月頃は一緒にいるだけでうれしくて、まだ新しいことばかりだからドキドキしたりときめいたりできます。でも3ヶ月目に入れば一通り経験しちゃうから、真新しいことも少なくなって刺激もなくなってきますよね。

そんな刺激がなくなり始める3ヶ月目は、「一緒にいてもつまらない」って気持ちが芽生えてしまうこともありです。

もちろん付き合い始めの頃のドキドキ感をずっとキープできる相手なんて滅多にいないけど、ドキドキが急に冷め始めてしまうと「この人といてもつまらない」って相手が「この人」だからつまらないという気持ちになってしまうこともあります。

そうなると相手のいい所だけしか見えなかった1~2ヶ月頃とは違って、相手の嫌な面ばかりが目に付いてきてしまいます。嫌な部分がたくさん見つかってしまうと不満も募ってしまって「もう無理!」って別れてしまうこともあるんです。

自分の意見を通したくなる

だんだん相手に対する緊張も解けてきて慣れてくる3ヶ月目は、自分の「素」を見せることもできるようになります。自分の素を見せることができるようになることは、決して悪いことではなくて恋愛が進展して気を許せる相手になった証拠でもありますよね。

でも今まではどちらも譲り合えていたのに、だんだん自分の考えを通したくなるのもこの時期です。意見が食い違えば、言い争ってしまって喧嘩になることもありますよね。素を見せることは決して悪いことではないけど、我を通してしまえばもめる原因になってしまいます。

恋愛を続けるなかで、喧嘩は距離が縮まるプラス効果を発揮してくれるここともあるけど、それはあくまでも仲直りできればの話です。喧嘩になってお互い譲らないで意地を張ってしまえば、仲直りする機会も失ってしまいます

もちろん意見の違いからぶつかることは交際が長くなると度々おこることだけど、お互いまだ分かり合えていない交際3ヶ月目は、些細な意見のぶつかりあいでも「こんな人だとは思わなかった」って交際期間がまだ短い分別れの決断も早くなります。

倦怠期にとってはいけない行動とは?

会いたいを強要

3ヶ月目に入ると、2ヶ月目までに比べると会う回数が減ってくるカップルも多くなります。これは嫌いになったとかじゃなくて、何よりも会うことを優先していた時期が終わって、自分の生活リズムを取り戻し始めたということですね。

今までは仕事よりも、寝る時間よりも会うことを優先してきたかもしれませんが、ずっとそんな生活は続けられないですよね。普段の生活リズムを取り戻すことは、交際を長く続けるためにも大切なことです。

そんなとき今までと同じように会うことを強要してしまったら、無理をした生活がずっと続いてしまいます。会う回数が少なくなってしまうと淋しい気持ちになってしまうのは当然です。でも会いたいを強要してしまうと相手も疲れてしまって、別れを切り出されてしまうこともあります。

嫉妬心をあおる

付き合って間もない頃に比べると、3ヶ月も過ぎればベタベタすることも少なくなってしまうかもしれません。でもこれも最初のころの緊張・ドキドキの気持ちから、一緒にいることに慣れてきたからで、嫌いになったわけではありません。

そんなとき、相手にヤキモチをやかせて、前みたいなベタベタした関係に持ち込もうとしても逆効果です。初めの頃はちょっと他の男性のことを褒めただけでもヤキモチをやいてくれた彼氏かもしれませんが、この時期に彼氏が求めているものは安心です。

彼氏が相手にしてくれないからって、他の男性と遊びに行くとかももちろんNG。初めの頃から比べると彼の気持ちも落ち着いてきているから、ヤキモチをやくどころか「交際3ヶ月でもう浮気?」ってあっさりフラれてしまうこともありますよ。

不満をぶつける

お互いに慣れてきた3ヶ月目は、相手に対しての気遣いもちょっと足りなくなってしまうかもしれません、友達との約束を優先することも出てくるでしょう。

でもあなたに気を遣わなくなったのは、あなたに気を許し始めたとも取れますよね。また初めの頃は色々なところにデートに連れて行ってくれたのに、最近部屋で過ごすデートが増えたのも、あなたに気を遣わなくなった=気を許している証拠です。

自分優先じゃなくなってしまうと不満もたまってしまうかもしれません。でもたまには彼氏が自分よりも他のことを優先しても、許してあげることも大切ですね。

自分優先じゃなくちゃいやだっていつも不満をぶつけてしまうと、せっかく気を許せる相手になれたのに、また気を遣わなくちゃいけない相手に逆戻りしてしまいます。

仲良しカップルが3ヶ月目までにやっている共通点

自分だけの時間をお互いにもつ

「魔の交際3ヶ月目」を上手く乗り越えているカップルは、付き合った当初からちゃんと自分だけの時間もお互いに大切にしています。ずっとべったりの関係じゃなくて、彼氏との時間、友達との時間、自分一人で過ごす時間をしっかり保っているんです。

そうやって自分の生活スタイルをちゃんと保っていると、いざ会う回数が減ってきた3ヶ月目も、会えない時間を他のことで埋めることができますよね。

逆に1~2ヶ月目を全て彼氏優先にしてしまうと、3ヶ月目に会う回数が少なくなったとき、他にすることを見つけることが出来ません。何もすることがないと、会えなくなった不満も募ってしまいます。

また最初のうちにずっと一緒にいると、それだけ慣れる時期も早くなってしまいます。お互いに生活スタイルは保ったなかで会っている方が、新鮮さもドキドキ感も長く持ち続けることもできますよ

親しい友達に紹介する

「魔の交際3ヶ月目」を上手く乗り越えているカップルは、付き合ったら早い時期にお互いの親しい友達に相手を紹介しています。親しい友達に紹介しておくことで、3ヶ月目に入ってちょっと上手くいかなくなった時には、友達が力を貸してくれます

彼氏と友達が知り合いになっていれば、3ヶ月目に入った時にあなたが抱えている不満や悩みを、うまく彼氏に伝えてくれることもできますね。「会えないって淋しがってたよ」って友達伝いに聞かされる方が、直接彼女が不満を言うより効果的な場合もあります。

また友達カップルと仲良くなっていれば、一緒に出掛ける計画をたてることもできます。出かけることが少なくなった3ヶ月目も新鮮なデートが楽しめるし、友達カップルに刺激されていつもよりラブラブな一日を過ごすこともできますね。

無理をして合わせない

「魔の交際3ヶ月目」を上手く乗り越えているカップルは、付き合った当初から無理をして相手に合わせることはありません。無理をして会う時間をとることもないし、無理をして相手に意見を合わせることもありません。

最初に無理をして合わせてしまえば、慣れてきた3ヶ月目ごろに無理をしていた頃とのギャップで、相手が不満を持ってしまうこともあります。相手に合わせた自分を演じていれば、だんだん素の自分も出てきてしまうでしょう。

でも初めからお互い無理をしないで付き合うことができているカップルに、ギャップは生まれません。またずっと自然体でいられるから、ストレスもたまらないですよね。

初めから自分の意見をはっきり伝えておけば、それだけお互いを理解し合えるのも早くなります。交際を長続きさせるには相手のことを早く理解することも大切ですよね。

彼氏と長続きするための秘訣とは

ほどよい距離感を保つ

長続きカップルは、お互いの距離感のとり方が上手という特徴があります。相手がしたいこと、やりたいことに干渉したり、ズカズカと踏み込んだりするようなことはせず、どっしりと構えて相手がしたいように見守る、これこそが秘訣!

なんでも相手のことを把握していたいと「何してたの」「どこへ行くの」「誰と会ってたの」と質問攻めにする人がいますよね。会話の流れで聞き出すのはOKとしても、プライベートな部分までしつこく聞くようなパートナーでは、聞かれる側も聞く側も疲れてしまいます。

1人の時間くらい1人で好きに過ごせば、くらいの広い気持ちで接することができれば余裕も生まれていい距離感になれるのではないでしょうか。

自分磨きを続けている

彼氏彼女ができると、それまでは必死になってしていたダイエットや相手によく見られようとする努力をしなくなるカップルがいます。もう両思いになったのだからと油断が生まれるのでしょうね。

ですがずっと長く付き合えるカップルというのは、それでゴールとは思っていません。お互いにずっと好きでいつづけるために、自分磨きを怠ることはないのです。

素直に謝ることができる

付き合うようになった後はなぜか意地をはってしまって「ごめんなさい」が言えなくなることがあります。パートナーなのだから許されるだろうと甘えていると、対等な関係が少しずつ揺らいでしまう可能性があります。

自分が悪いと思ったらその場ですぐに「ごめんなさい」と言える関係こそが、長続きするための秘訣なのです。

お互いに違う人間であることを認める

どれだけ好きで付き合っているとしても、あくまで他人は他人。共感できることもあればできないことだってあるはずです。ですがそれを否定しあっていては、いい関係を築いていくことはできませんよね。

どんなカップルにも価値観の違いはありますので、そこは認め合い、柔軟に対応できることが大切です。

自分の弱みを見せることができる

自分の弱い部分を見せたくない、相手から意外と思われたり、失望されたりしたくないと意地をはっているカップルは、お互いの本当の姿を見せていないことになります。

自分の強さも弱さもさらけ出すことができるということは、相手を信頼しているということ。長続きカップルは、素の自分を相手に見せることができるから、マイペースでゆっくり進んでいけるのでしょうね。

言いたいことはちゃんと口に出す

パートナーに自分の気持ちや意見を言えていますか?相手に遠慮して本当に言いたいことを飲み込んでいたりしませんか?長く続くカップルは、相手に伝えるべきことはちゃんと口に出して伝えることができています。

ずっと我慢していると、いつか爆発してしまうかもしれません。また相手が何も言わないからと好きにしていると別れが訪れる可能性もありますので、お互いに何でも言い合える仲を目指すようにしましょう。

お互いに自分というものを持っている

長続きしているカップルは、2人の時間はもちろんのこと、お互いの個性や自分のことも大切にしています。自分のしたいこと、夢中になれることがある人は魅力的ですし、自分磨きにも繋がりますよね。

まとめ

いかがでしたか。「魔の交際3ヶ月目」って思うととても心配になってしまいますが、二人の関係が気を許せる間柄に近づいたって思うと決して悪いことでもありませんよね。

気を許せる間柄になれたからこそ、気の緩みも出てしまいますし、慣れも出てちょっと怠慢になってしまうこともあります。そんな時今までのドキドキ&ラブラブな関係を引きずってしまうと、うまくいかなくなってしまうこともあります。

交際がステップアップしたってポジティブに捉えてしまえば、3ヶ月目もうまく乗り切ることができますよ。

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking

Category