喧嘩別れした彼と復縁できる可能性は?破局後の男性心理と仲直りする方法

Clover(クローバー) > 恋愛 > 喧嘩別れした彼と復縁できる可能性は?破局後の男性心理と仲直りする方法

感情と勢いに任せて、思いがけず喧嘩別れしてしまったあの日。時間が過ぎた今、何気ない日常の狭間にふいに思い出す、楽しかった日々。

「なんであんなことになってしまったんだろう?」と後悔したり、イライラしながらも、どこか切なくモヤモヤしてしまったりしていませんか?

復縁の可能性はあるのか。喧嘩別れの後、彼はどう思っているのか。その男性心理も気になりますよね。それらの要因をしっかりと理解し、再び恋人として歩き出せる方法を紹介します。

喧嘩から破局したカップルの理由とは

相手の家族の悪口を言った

喧嘩がエスカレートして、感情的になってどちらかが折れない限り収集がつかなくなってしまった経験ってありますよね。誰か第三者がいれば仲裁もしてもらえますが、彼とあなたしかいなかった場合、どこまでいっても収束しないこともあるでしょう。

例えば自分のことを言われても我慢できても、自分の大切な人の悪口を言われると耐えられないという人も多いと思います。

彼の家族や親族について、生活習慣や経済力、礼儀作法など、自分の価値観に違うからと攻撃してしまったせいで、いつもなら我慢している彼が大激怒、そのまま修復できずに破局してしまうというケースも少なくありません。

「別れよう」が口癖

喧嘩するとすぐに「別れよう」と言い放つ人がいますが、本人は実は本当に別れたいと思っているわけではなく、そう言えば彼が謝ってくれるだろうという安易な考えで口に出していることがほとんどです。

ですが喧嘩の度に言い続けていると、彼ももう限界値に達したとき、「わかった、別れよう」となりますので注意しなければいけません。彼がいつまでもそれで謝ったりあなたを引き留めようとしたりすると思ったら大間違いです。

現実に別れることになった場合、別れようと言い続けてきたあなたには、彼を引き止める術がなくなってしまいます。

彼のプライドを著しく傷つけた

喧嘩のきっかけはおそらく単純なことだったかもしれませんが、感情に身を任せると元の原因はどこへやら、どんどん喧嘩の内容が脱線していくことはよくありますよね。

そのうち問題はどうでも良くなって、謝ってくれない彼への攻撃に変わると、ただ悪口を言って傷つけ合うだけの不毛な争いと化していきます。

特に、彼自身ではどうにもできない個性を傷つける暴言になり、彼のプライドをズタズタにして修復困難となり、破局を迎えるケースです。

自分の意見を一方的に押し通した

お互いの意見のぶつかり合いは、どちらか一方が間違っていることもあれば、両方間違っている、あるいは両方間違っていないというグレーゾーンも存在します。

他人同士、意見が異なるのは当たり前なのですが、それを認めようとせずに相手の話も聞かず、一方的に意見を押し通そうとすると彼との関係に歪みが生じます。

平行線になった場合は歩み寄りが大切なのに、それを理解できていないと喧嘩別れしてしまうことに。

過去の過ちを何度もネチネチと蒸し返す

女性に特に多いのが、過去のことを蒸し返しては「あのときもそうだった」「昔こんなこともしていた」とネチネチ文句を言うタイプです。

そんなあなたに彼は「何回言えば気が済むんだ」とウンザリして疲弊しきっている可能性があります。

喧嘩を繰り返しても修復しながらやってきた2人が、ちょっとしたきっかけで昔のことを再熱させて蒸し返しても、2人にとって何1つメリットは得られないでしょう。

破局しやすい喧嘩の内容

金銭問題

彼のお金遣いが荒い、貯金をしようとしない、持つとすぐに使ってしまうなど、金銭問題にまつわる喧嘩は破局を招きやすい傾向にあります。あるいは逆に、彼が倹約家すぎてついていけないと喧嘩になることも。

お金に関する価値観の違いは結婚感にも通じることになります。また付き合っているときの支払いルールは決めていないというカップルも多いので、なにかのきっかけで爆発してしまうのかもしれません。

ギャンブル

パチンコ、競馬、競輪、オートレース、カジノ、麻雀……いろいろなギャンブルが存在しています。娯楽の範囲内であれば問題はありませんが、のめり込むとトラブルになりやすいというリスクがあります。

たった1度の失敗で、人生が破滅したり周りの人にも迷惑をかけたりする可能性があるギャンブルは、中毒性があるため喧嘩別れの原因になりやすいものの1つです。

浮気

浮気が原因で喧嘩別れするカップルは非常に多いです。男性女性問わず、特定のパートナーがいるにもかかわらず、あちこちで浮気を繰り返す人はいます。

男女で浮気の価値観が違うこともあり、また浮気がバレたからと逆ギレする人もいて、喧嘩の原因になって収束がつかなくなり、破局を迎えることも珍しい話ではないでしょう。

パートナーが1度でも浮気をした時点で別れるという人もいますので、ただ喧嘩をするだけではなく、相手の浮気についての価値観について、一度話し合いを持つことも必要だと思います。

嘘の発覚

心から信じていたパートナーの嘘が発覚した場合、一体何を信じればいいのかと信頼関係がゆらぎ、喧嘩別れするというパターンです。女性問題、金銭問題、あらゆることについて、相手を信頼できなくなったら修復は困難でしょう。

例え善意からくる嘘だったとしても、中途半端にバレるような嘘は相手を傷つけます。ついた嘘は墓場まで持っていくか、隠せないような嘘はつかないか、どちらかにすべきだと思います。

遠距離恋愛

遠距離恋愛のカップルほど、喧嘩をしてしまうとそのまま破局を迎えやすくなります。一緒にいない時間は相手への不信感を増長させ、誤解やすれ違い、勘違いが絡み合うことで修復できないことが多いためです。

相手を信用し続けるには精神力が必要となりますので、相手を不安にさせないようなルール作りが不可欠と言えるでしょう。

喧嘩別れした後の男性心理3つ!

つかの間の安心感と開放感は、すぐに切なさに変わる

仕事にも、遊びや趣味にも全力投球な男性は、別れた直後はつかの間の安心感と開放感をどこかで感じています。忙しい男性にとって、彼女との喧嘩はただただ煩わしくストレスの元。

喧嘩の最中は彼女がいくら真剣になっていても、ネガティブにしかとらえることができません。「いちいちうるさいなぁ」と、彼女との話し合いすら面倒になってしまったり、「彼女は俺の神経を逆なでしてくるだけだ」と、被害者的な受け止め方しかできなくなってしまったり……。

それらから解放されてようやく心に余裕ができ、争いが終息したことでホッと胸をなでおろします。しかし、それらはあくまでつかの間です。

心の奥に追いやっていた寂しさは、ふとした瞬間にじわじわと彼の胸にこみあげてくるのです。例えば仕事の昼休みに、いつも欠かさなかった彼女とのLINEのやりとりがもう無くなったこと。

車を運転している時、隣に彼女が居ないこと。コンビニでジュースを手にした時、「元カノはこれ好きだったんだよなぁ」と思い出してしまうこと。男性も女性と同じように、別れた後はやはり寂しいわけです。

「男に二言はない!」プライドと意地がある

喧嘩別れの後は、男性だって切なく寂しい思いはあります。その反面、相手を追うことや未練を抱くことに対しては、プライドと意地があるため抵抗を感じている場合もあります。

「男たるもの、別れたからには二言はない!」「相手を追ったら負けのような気がする」と、素直になれない一面もあるわけです。特に、俺様タイプの肉食系男子はこの傾向が強いですね。

「喧嘩して別れたものの、正直後悔しているし未練もある」「でも、自分から謝って復縁を迫るのはしゃくに障る」「素直になりたいけど、男としてカッコ悪い気がする」

つまり、ヨリを戻したい気持ちと男としてのプライドと意地が心の中で混沌としており、彼も葛藤しているのです。中には、それらを振り払うかのように仕事や趣味に没頭し始める男性も居ます。さまざまな感情が湧いてきて頭を悩ませるのは、男性も同じというわけですね。

元カノが前向きに歩き始めると複雑な気持ちに

男性心理としては、「愛する女性を幸せにしたい」「彼女を守りたい」という思いを自然に抱くもの。家族で言うと、父親は昔から「一家の大黒柱」と表現されますね。

そのことからも言えるように、守るべき人や支えたい存在があるからこそ、男性は本領を発揮して頑張ることができるのです。

でも、今まで守っていた彼女と離れ、元カノが前向きに歩き始めるとどうなるでしょう?実は、失恋への精神的ダメージに対して、女性の方が強いのです。

別れをバネにして強く健気に歩き始める元カノの姿を見ると、男性は複雑な気持ちになるのです。「あいつは俺が守らなくても生きていけるんだな」「俺が居なくても大丈夫なんじゃないか?」と、寂しくなったり落ち込んだりする男性も少なくありません。

喧嘩別れから復縁の可能性は?

復縁を望むなら、彼が冷静になるまでは我慢。

恋人同士の喧嘩別れは、まわりの友人たちからすれば「そんな理由で別れちゃったの?」と呆れられるようなものであることも少なくありません。

「素直になって、仲直りしなよ」と、他人からは復縁を促されることもあるかもしれません。しかしこの時、周囲の意見に流されて復縁を焦るのはNG!

確かに、第三者の意見を参考程度に聞くのは悪いことではありません。しかし、喧嘩別れというものは後味の悪いものであり、お互いが自分の非を認めるのが難しい時期です。

お互いの頭が冷え切っていない時期での復縁は、反省や冷静な判断が出来ていないぶん、ヨリを戻してからも同じ失敗を繰り返してしまいがち。

彼が復縁に対して拒否反応を示す可能性もありうるため、最低2週間~1か月程は連絡を我慢し、冷却期間を設けましょう。彼が別れ際の喧嘩の時に抱いた怒りが治まるまでは、少し時間が必要です。

追いかける&すがりつくような行為は復縁を遠ざける

彼から別れを告げられると、ついパニックに陥ってしまう女性は少なくありません。そうなると思わず、「お願い!考え直して!」「悪いところは直すから!」と、泣きついてしまう気持ちはよく分かります。

ですが、喧嘩の後に彼を追いかけたり、すがりついたりするような行為は、かえって復縁を遠ざけてしまいます。なぜなら男性は、追われると逃げる傾向があるからです。

ただでさえ、喧嘩別れのあとは彼女に対して嫌悪感や苛立ちを感じている時。「別れたくない!」「離れないで!」という女性目線で追いかけると、男性にとっては重いだけなのです。

言わば、それらは女性からの要求や依存でしかないわけですね。独りよがりな思いを押し付けることが、彼を消耗させてしまいます。

ちなみに男性は、どちらかと言えば追いたい生き物。それはDNAに狩猟本能が組み込まれているからだという説もあります。追いかけたい気持ちをこらえて自分磨きを頑張り、彼に追われるぐらいの素敵な女性になってしまいましょう。

どのような状態であっても復縁の可能性はゼロではない

最近では復縁成就カウンセラーも多く存在し、どのような状態であっても、復縁の可能性はゼロではないといえるでしょう。

世の中のすべてにおいて言えることですが、「絶対」と言い切れるようなことは存在せず、奇跡や偶然、例外などは予期せぬ形で起こりうるというわけです。

そう考えるだけで、何だか希望が湧いてきませんか?未練に押しつぶされ、心がざわつき、日常生活や仕事に支障をきたすなら要注意。

恋愛専門のカウンセラーに相談し、少しずつ自分の気持ちを整理しながら客観的な視点からのアドバイスをもらうというのも一つの手です。

腕の良い復縁カウンセラーは、「彼に新しい彼女ができても復縁は可能です」と、LINEの添削やノウハウを伝授してくれたりもします。「もう復縁は絶対無理だ」と絶望してしまう前に、出来ることはすべてやろうというぐらい前向きに考える方が良いですね。

喧嘩別れ後に送るLINE・メールは?男性が連絡を無視するのはなぜ?

「家にある荷物、どうする?」

喧嘩別れした後のLINEやメールの内容は、どのように書いたら彼の心に届くのでしょうか、難しい問題ですね。

あなたはきっと辛く悲しい想いを綴りたい、戻ってきてと訴えたくて気持ちが溢れているかもしれませんが、復縁したいと本気で望むなら、感情的にならずに彼の気持ちを第一に考えることが大切です。

喧嘩別れした直後の彼は、あなたとの復縁を考える余裕もないでしょうから、あなたもそのことを匂わすようなLINEやメールは送るべきではありません。

まず別れを引きずっていることを感じさせないこと、そして彼に気を使っている素振りも見せないこと、これを基準に内容を考えましょう。例文としてはタイトルにもあるように、荷物をどうするかを尋ねるメッセージです。

「○○の荷物がわたしの部屋に置いたままになってるよ!」

これならサラッとしていますし、特に落ち込んでいる印象も与えないで済みますよね。LINEをした理由も明白ですし、彼も納得してくれるでしょう。

「最近忙しそうだね!お疲れ様」

しばらく連絡が途絶えていた状態から、相手の状態もわからない状態でも、彼を労る内容のLINEが届いたとしたら、ふと仲が良かったときのあなたの優しさを思い出し、いい子だったよな、というイメージを復活させることに繋がることでしょう。

喧嘩別れをしてしまっても、「あなたのことをいつも心配しているよ」ということが伝えられればGOOD!

「なんかあった?」

ずっとLINEにもメールにも反応してくれない元彼からの返事をもらうには、さすがに返信しないと面倒になりそうだなと思わせる内容で送ってみましょう。

喧嘩別れしてからほぼノーリアクションの場合、元カノが「なんか病気にでもなったのかも」と心配することも十分に考えられることです。とりあえず心配してくれてるようだし、元気でいることは伝えておこうかな、という気になってくれたらこっちのもの。

彼から「なにもないよ、元気だよ」と連絡が届いたら、「すごい心配したよ」と返事を返しましょう。いい流れで関係を修復できるかもしれません。

男性が連絡を無視する心理とは?

喧嘩別れした後、連絡を無視するのはまず第一に、あなたへの怒りが収まっていないからと考えられます。

または返事の内容を考えるのが面倒臭いという可能性もありますし、逆にあなたへの未練があるからこそどう返事したらいいか決めかねているということもあるかもしれません。

男性から無視されたときの対処法

彼からどうしても返信が来ない場合には、冷却期間と割り切って我慢しましょう。

冷却期間をおくことで、復縁できる可能性も高まってきますので、今辛く悲しい時期かもしれませんが、グッとこらえて彼の気持ちが落ち着くのを待ちましょう。

また、この待ち時間の間に、喧嘩別れとなった原因を見つめ直し、自分に非はなかったか、反省できる部分は反省し、次に迎えるかもしれない復縁のときに過ちを繰り返さないよう努力が必要です。

元カレと仲直りする方法とは?

自分から歩み寄る姿勢を見せる

冷却期間を経て落ち着くと、喧嘩当時の怒りやイライラも自然と治まってきます。それは、相手も同じこと。そして後悔や反省の思いが浮かぶようになってきたら、少しずつあなたの方から歩み寄る姿勢を見せましょう。

「和解したい」という気持ちを冷静かつ丁寧に伝えること。男性にはプライドがある上、仕事で忙しい場合も多いです。初めは冷たい態度を取られたり、LINEの返信もそっけなかったりするかも知れません。

その場合、くれぐれもしつこくなりすぎないこと。LINEをブロックされて音信不通にされてしまっては、復縁は絶望的になってしまいます。

連絡の頻度を減らして様子を見るなど、調整が必要になります。復縁や仲直りは、タイミングが鍵を握るからです。

熱が冷め、お互いに相手の居ない日常になり、時間をかけて少しずつ、楽しかった日々を自然と思い出せるようになった頃。

「あの時はごめんね」と自分の非を先に認め、復縁より先に和解したいと申し出ましょう。「相手に先に謝って欲しい」と思う気持ちは分かりますが、「相手にして欲しいなら、まずは自分から相手に与えましょう」とセラピストたちは言いますが、まさにその通りです。

誠意が伝われば、彼も「いやいや、俺こそカッとなって言い過ぎたからさ」といった言葉をくれるようになり、その時こそが復縁のタイミングと言えます。

別れてしまった原因をしっかりと見つめ直す

復縁ばかりにこだわらず、「なぜ別れてしまったのか?」と、一度冷静になってよく考えること。ケンカに発展した流れや、お互いの言葉のやり取りをよく思い出してみてください。

喧嘩別れの原因を解明し、どうすれば改善できるかを分析しましょう。悪い癖や言葉遣いなど、意識すれば今すぐ治せる所は改善する努力をすると良いですね。

原因を突き止めてみると、実に些細なものだったり毎度同じパターンを繰り返していたりと、カップルによって事情はさまざま。

たとえ復縁したとて、同じ理由で再び喧嘩別れしてしまっては何の意味もありません。彼と連絡が普通に取れるようであれば、2人でよく話し合いましょう。

失敗を生かして改良された商品のように、アップデートされた恋人として生まれ変われた時、2人は再び、新しいスタートラインに立てるでしょう。

SNSで楽しそうな姿を適度にアップする

たとえ彼氏にフラれる形での喧嘩別れであっても、元カノのSNSをこっそり気にしている男性って意外と多いんです。復縁を加速させる方法の1つに、SNSを使うという手があります。

フッた彼女が楽しそうにキラキラしている様子を見ると、男性は初めて、「逃がした魚は大きかった」と気づくものです。

女友達とのランチや旅行、自分の趣味などがおすすめネタ。可能であれば、あなたがとびっきりの笑顔で写っている写真もアップしましょう。

充実した毎日を生きる女性は、とてもキラキラしていて魅力的です。おまけに、「そろそろ恋をするのもアリかな?」などというつぶやきをすると、男性は居ても立ってもいられません。

別れたことを心から後悔すると同時に、誰かに取られるんじゃないかとそわそわし始めます。復縁のコツは、別れた時からの自分磨きにかかっています。

あれから一段と素敵なあなたに成長して、もう一度彼に惚れさせるぐらいの自信を付けましょう!ただ、やり過ぎるとただの「リア充アピールの痛い女」になってしまうので気を付けてくださいね。

喧嘩別れした後の冷却期間

冷却期間をどう過ごすかで復縁の成功率が大きく変わる

喧嘩別れの後は、どうしてこのような結果になったのかを振り返ることが大切です。なにがあなたに欠けていたのか、どうすれば別れずに澄んだのか、彼に求めているものは何か、客観的に分析してみましょう。

ただ毎日悲しみに暮れて過ごすよりも、この冷却期間を有効に使うにはどうしたらいいかを考えることで、将来的な彼との復縁の成功率が大きく左右されます。

自分磨きをする

喧嘩別れの後の冷却期間は、どのように別れたのか、カップルの性格などにより必要な時間は異なります。目安は1~3ヶ月となりますので、そんなにもまとまった時間を、自分だけに使えることになります。

この時間を有効利用して、今のうちに外見を磨いてしまいましょう。

彼に構わないでおく

この冷却期間中、ふと元彼に連絡したくなることもあるはずです。ですが、冷却期間をおかずに連絡してしまうと、関係が修復されるどころかどんどん彼の気持ちが遠くに離れてしまう可能性があります。

彼の気持ちが落ち着くまで、ここはグッとこらえましょう。

彼から連絡が来たらやりとりを再開しよう

喧嘩別れした元彼の心理は、まず怒りに始まり、のちに1ヶ月もすれば落ち着いて寂しさを感じるようになり、だいたい3ヶ月が経過するころに元カノに連絡をとるようになるそうです。

男性はプライドが高いため、過去の男にされてしまったのではと焦るためと考えられます。彼から連絡が来たら長かった冷却期間も終わりを迎えることになりますね。

仲直りしたいことを伝える

彼とのLINEやメールが復活したら、まず最初に自分に非があったことをきちんと詫びて、仲直りしたいことを伝えてみましょう。もちろん即復縁を迫るのではなく、元彼の警戒心を解くことがポイントです。

いずれ彼の思い出が美化される頃、また少しずつ関係を修復していきましょう。

喧嘩別れを回避する方法

感情的にならないようにする

喧嘩になると我を忘れる人が多いですが、冷静さを失わないように、理性的に問題を解決できるようにするには、感情をコントロールしなくてはいけません。感情的になると、解決できる問題も余計ややこしくします。

どこかで折り合いを決めておく

他人同士が一緒にいるのですから、喧嘩を避けることはできません。ただし、喧嘩別れまで発展させることを回避するには、ルールを作っておくことで回避可能です。

例えば喧嘩した場合は次の日まで持ち越さないとか、この話題に触れるようになったらストップするとか、お互いに自制できる範囲で取り決めておくとよいでしょう。

話し合いの場を設ける

喧嘩中は理性が吹っ飛んで解決策を話し合うどころではないでしょう。今までは自然に仲直りしていたというカップルも、原因や解決策を話し合わないかぎり、また勃発する可能性があります。

また納得できていない事例を、また後になってネチネチと蒸し返すことにもなってしまうため、1つずつ解決していくには話し合いの場を設けることを提案します。

物理的に距離を置いてみる

同じ空間にいることで頭に血が上り、ぶつかり合うのであれば、一度物理的に離れてみるという方法もアリだと思います。お互いに冷静になって考えることができれば、意外に簡単に解決できる問題もあります。

同棲しているカップルなど、一緒の空気を吸うのもイヤ!という時には家を出て一人旅にでも出かけてみることをおすすめします。

相手を否定するのではなく、認める努力をする

人それぞれ意見がありますから、食い違いがあってもそれは当然のことです。ただし、自分が必ず正しいとは限らず、年齢、時代、性別など、立つ位置によってそれは正しくないこともあるわけです。

相手の意見を尊重しつつ、どこかに落とし所はないか、妥協点を探すことを考えてみませんか。

まとめ

喧嘩別れをしてしまっても、復縁の可能性はもちろんあります。距離を置いてよくよく考えてみると、実に単純な理由だったというパターンも少なくありません。

まずは、男性心理を理解することが大切です。喧嘩別れ直後の彼は、開放感を感じる一方、プライドが邪魔をしてなかなか素直になれない部分があります。

しかしどのような状況であっても、復縁の可能性はゼロではありません。まずは冷却期間を取り、ベストなタイミングを見て、あなたから歩み寄る姿勢を見せましょう。

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking

Category