【アラサー女子必見】恋愛下手の克服方法とは…?

恋愛ってどうすればうまくいくんだろう……?考えれば考えるほど答えが見つからないこともありますよね。まわりの友達がみんな楽しそうに恋愛しているのを見ると、余計自信もなくなってしまいます。

でも恋愛のかたちに「これが正解」なんて無いんです。自分に合った恋愛のかたちさえ見つけることができれば、恋愛下手は卒業して毎日幸せな気分になれる素敵な恋愛をすることもできますよ♪

恋愛下手女子ってどんな人…?

いつも遠慮する

いつも遠慮して彼氏の言う事ややる事に合わせてばかりいると、恋愛ってあまり上手くいかないんです。でも恋愛下手な人って恋愛に臆病になってしまうから、余計に遠慮が出てしまうこともあります。

彼氏ができると「今度こそ上手くやらなくちゃ」っていうプレッシャーが強くなってしまって、嫌われないように相手に合わせることを、何より優先してしまうこともあります。

でも自分の友達に置き換えて考えてみると、遠慮されるとすごくよそよそしさを感じてしまいませんか?特に親しい友達がいつも自分に遠慮していたら、「遠慮しないで自分の意見を言ってよ!」「私たちってその程度の関係なの?」って気を許してくれない友達に逆にイライラしてしまいますよね。

交際している彼氏だったらなおさら距離感を感じてしまいます。彼氏も自分にだけは気を許してもらいたいって望んでいるんです。そんな彼氏にとって遠慮する彼女は、嫌うことはなくてもいつまでも距離が縮まらない淋しさを感じてしまいます。

男性に対しての免疫がない

恋愛下手な女性は、「男性」ってことを意識しすぎてしまって上手く恋愛できないこともあります。家族も父親以外は女性だったり、小さいころから女子高だったりするとなおさら男性に対しての免疫がないから、どう接していいのか戸惑ってしまうんですね。

男性も女性も同じ「人」だし男性だからといって何も変わることはないんですけど、男性に免疫がない女性は「男性」っていうくくりで、女性とは全く違う人種で見てしまっているのかもしれませんね。

また恋愛経験が少なかったり、今まで付き合った経験がないと不慣れな分上手く恋愛できないこともあります。でも普段の生活で初めは不慣れで上手くいかなくても、慣れてしまえば上手くこなせるようになることってたくさんありませんか。

恋愛も同じで「下手」なんじゃなくて、まだちょっと「不慣れ」なだけかもしれませんね。自分は恋愛下手だと決めつけてしまえば苦手意識も強くなってしまうので「まだ慣れていないだけ♡」って気楽な気持ちで恋愛に向き合うことも大切ですね。

素直になれない

感情を素直に伝えることが苦手な人も、恋愛下手になってしまいます。恥ずかしいって気持ちが強すぎたり、プライドが邪魔をしてしまったりと素直に自分の気持ちを出せない理由はそれぞれだけど、思っていることが相手に伝わらなければ恋愛って上手くいきませんよね。

例えば好きな人ができても、恥ずかしくて会話もできない、プライドが高すぎて好きなことを隠してしまう、これだといつまでたっても好きな人に思いを伝えることはできません。

自分の思いを相手に伝えるのは、とても勇気がいることです。気持ちを伝えても相手に受け入れてもらえなかったら、辛い思いをしなければいけません。

でも自分から告白して彼氏をゲットした人は、受け入れられないことも覚悟して、それでも自分の思いを知ってほしいって勇気を振り絞って告白しているんです。

素直になれない人は、思いを伝えることより自分が傷つかないことを優先してしまいます。傷つくことを恐れてばかりでは、恋愛が進展することもありませんよね。

恋愛下手の女性が狙うべき男性の特徴

恋愛経験の少ない男性

イケメンで性格も良くてすごくモテる男性はもちろん魅力的だけど、それだけ恋愛経験も豊富です。恋愛下手の女性って、恋愛に対して自信を持てなくなっているから、恋愛経験豊富な男性だと「元カノはこんなときどうしていたのかな……」って気になってしまうかもしれません。

でも恋愛経験が少ない男性だったら、一から自分たちの恋愛スタイルを築いていくことができます。元カノと比べられる心配もないから、自然体で付き合っていくこともできます。

男性を前にすると緊張してしまう恋愛下手の女性も、相手が自分以上に緊張していることがわかると余裕が持てると思いませんか。相手も同じなんだって思うことができれば、あなたがしてほしいと思うことを相手にしてあげることもできますね。

同じ趣味を持つ男性

同じ趣味を持つ男性も、恋愛下手の女性にはおすすめです。「恋愛」ってことを意識しないで趣味が共通ってところから入ることができるから、口下手な女性でも、共通の会話を見つけやすいですよね

共通の趣味を通じて少しずつ仲良くなっていけば、相手のことを良く知ってから交際をはじめることもできます。恋愛下手の女性は相手がどう思うかを意識しすぎて、言いたいことも言えなくなってしまうことも多くありますよね。

でも、同じ趣味で意気投合してから交際した彼氏だったら、相手のこともよく理解しているから素直な気持ちも言いやすいですよね。交際してからも同じ趣味を楽しめることができるから、交際を長続きさせることもできます。

まわりに同じ趣味を持つ男性がいたら、積極的に話しかけてみましょう。また趣味のサークルなどに参加すれば、新しい出会いが待っているかもしれませんね。

ストレートに言葉にする男性

恋愛下手の女性は、恋愛に対して苦手意識をもっているから相手に対して遠慮も多くなってしまいます。そんな時同じ遠慮する男性だったら、いつまでも相手の本心をお互い知ることができません。

逆にストレートに自分の気持ちを言葉にできる男性だったら、あなたの遠慮に対する不満もストレートにぶつけてきます。「遠慮しないで本心を言ってもらわないと、分からないよ!」って怒られてしまうこともあるかもしれません。

最初は戸惑ってしまうかもしれないけど、相手がストレートに気持ちをぶつけてくれば、あなたも本心を言いやすくなります。もちろんあなたの本心を何より知りたいって思う彼氏だから、たとえ本音をいっても嫌われることはありませんよ。

恋愛下手から脱却☆克服方法とは…?

男性に対して免疫をつける

「男性」に苦手意識をもっていて上手く恋愛ができないときは、まず男性に慣れることから始めましょう。合コン、趣味のサークル、交流パーティーなどに積極的に参加して、男性と会話をする機会を多く持つことも大切ですよ。

恋愛下手の女性は恋愛経験が少なかったり、まだ交際をしたことがない場合もありますよね。いろいろなタイプの男性と知り合って男性慣れすること、男性や恋愛に対しての苦手意識を克服する事もできます。

また今まで恋愛がうまくいかなかったのは、たまたまあなたに合うタイプの男性ではなかっただけかもしれません。いろいろなタイプの男性と知り合う事ができれば、「この人合うかも♡」って思える男性も現れると思いますよ。

過去の恋愛を振り返る

過去の失敗を無駄にしないで、なんで今までうまく恋愛ができなかったか原因を探るこことも大切ですね。好きって正直に伝えることができなかった、いつも自分優先で恋愛していた、相手を信じることができなかったなど、今思えばあの時もっとああしておけばというものも、見つかると思いますよ。

過去の恋愛にも、たくさんの恋愛下手を克服するヒントは隠れています。もし過去の恋愛の中に「自分が彼氏だったら嫌だな……」と思う行動や言動を見つけることができれば、もう次の恋愛で同じ失敗を繰り返すこともありません。

でも過去の恋愛で自分のマイナス部分ばかり探ってしまうと、気持ちも落ち込んでしまって余計自信を失ってしまうこともあります。ちゃんと過去の恋愛で自分のプラス部分も振り返ってみましょうね。マイナス部分とプラス部分をちゃんと振り返って自分をよく理解することも大切です。

上手くいかなかった恋愛ほど、学べることも多くて自分を成長させてくれるヒントがたくさん詰まっています。

傷つくことを恐れない

恋愛下手の女性は、とても傷つきやすい一面も持っています。でも「傷つきたくない」っていう気持ちは恋愛を進展させるのを邪魔してしまうことも多くあります。最終的には恋愛が終わってしまって、傷つく結果につながってしまうこうこともありますね。

傷つきたくないから好きな気持ちを悟られたくない、傷つきたくないから相手を信じることができないなど自分が傷つかないようにセーブしてしまったら、相手との距離を縮めることはできません。

たとえ傷つく結果につながっても、自分の気持ちを正直に相手にぶつかることができれば、後悔することはありません。逆に傷つく事ばかり恐れて何も行動に移さなければ、後悔ばかり残って前を向くことができなくなってしまいます。

好きな人がいれば勇気を出して思いを伝える、遠慮して本音が言えない彼氏には、自分を知ってもらうために勇気を出して本音を伝えてみましょう。勇気を出すことができれば、それがあなたの自信にもつながります。

まとめ

いかがでしたか?恋愛って自分一人でできるものではないので、思い通りに行かないこともいっぱいありますよね。でも恋愛はこれが正解ってものは決してない、もしかしたら今までの恋愛はあなたに合う相手ではなかっただけかもしれません。

過去うまく恋愛ができなかったとしても、決して恋愛下手とは言えませんよ。恋愛に苦手意識を持たないで積極的に出会いの場に足を運ぶことも大切ですね。次に出会える相手こそあなたにピッタリの男性かもしれません。

続きを読む

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -