自然消滅が近いカップルの特徴とは?音信不通でも復縁することはできる?

Clover(クローバー) > 恋愛 > 自然消滅が近いカップルの特徴とは?音信不通でも復縁することはできる?

彼氏から突然連絡が来なくなった。自分からメールをしても、電話をしても出てくれない。

最近自然消滅カップルが増えていると言われています。大好きな彼氏だったら、連絡が取れなくて心配ですよね。

どうしてきちんと別れることができない男性が増えてしまったのでしょうか?それは、誰もがすぐに繋がれる便利な時代になったからです。今後の恋愛に活かせるように、自然消滅をしてしまったらどうすればいいかを考えていきましょう。

自然消滅の定義とは?期間としてはどれくらい?

音信不通になることが自然消滅?

自然消滅とは、「別れましょう」という言葉がないまま、片方から、もしくはどちらからともなく連絡を取らなくなり、そのままフェードアウトしていくことをいいます。

本来であれば、別れる・別れないの話をして、話し合いをして関係を解消することになるのですが、それをしないで時には勝手に関係を終わらせることになるのが自然消滅です。

別れることについての話し合いもないため、場合によってはどちらかが一方的に別れた気になって、もう片方はまだ付き合っていると思っているというすれ違いが発生してしまうことがあります。

尻すぼみになる関係は自然消滅

恋人関係を解消する際だけが自然消滅というわけではありません。その他にも、自然消滅に当てはまるケースがあります。

例えば、告白されて「OK」と返事はしたものの、そこから先の進展が何もなくなってしまうといったケース。この場合、付き合っているのか付き合っていないのか分からないので、困ってしまいますよね。

告白して返事を待っている期間があまりにも長く、結果的に返事をする方も「今さらかな」という気持ちになって、返事をすることをやめてしまうといったケースも自然消滅に当てはまるといっても良いでしょう。

自然消滅までの期間は正式には決められていない

では、どの程度までの期間が空けば自然消滅になると考えられているのでしょうか?実は、何ヶ月空くと自然消滅と判断されるのかという正式な定義は決められていないというのが本当のところであり、自然消滅したと判断するのは各々の感覚次第なのです。

どちらかが別れたと勝手に思っていても、もう片方はまだ関係が継続していると思っている場合、正式な自然消滅が成立したことにはなりません。

双方が連絡をとらなくなったことに納得し、「この恋は終わった」と認識できて初めて、自然消滅が成立したことになるのです。

自然消滅してしまうカップルの兆候

連絡の頻度が減ってきた

一昔前であれば、確かに連絡をとることはなかなか難しい時期もありました。ポケベルがあればまだいい方で、自宅にいないと連絡がとれないことが当たり前だった時代もあるのです。

そのときならともかく、現代では携帯電話という文明の利器があります。いつどこにいても連絡がとりたい人に電話なり、メールなりをすることができるのです。

そういった状況にも関わらず、連絡の頻度が極端に減り続けているカップルは、自然消滅の危機にあるといって良いでしょう。

気軽に連絡がとれるLINEの中でも、最初のうちは絵文字を使ったり、数行の文章を送信しあったりしていたのに、それがだんだんと文字だけになったりスタンプだけの返信になったりと、頻度が低くなったり内容が薄くなったりしているようであれば、危険サインだと見て良いでしょう。

会話が減っている

LINEだけでなく、一緒にいる時間や電話で話したときなどに会話の内容が短くなったり、あまり話す話題がないなと感じ、会話が盛り上がらなくなってきたりしているカップルも、危険サインが出ているといえます。

毎日のように会えているのであればまだしも、久しぶりに会ったというのに大した近況報告もなく、話も盛り上がらないというのでは、どちらかか、もしくは双方の気持ちが冷めてきている可能性があります。

相手に対して興味を失い始めているのかもしれません。

触れ合いがない

いわゆる、セックスレスの状態です。とはいえ、これに関しては必ずしも自然消滅の兆候と判断できるものではありません。もしかすると、セックスに関してマンネリ化してきてしまっているというケースも考えられるからです。

ここで判断できるのは、セックスに対して積極的になれるかなれないかではなく、セックス以外の触れ合いがあるかどうかです。

もし、キスやハグ、手をつなぐことさえ拒まれるようであれば、これは危険な兆候だと考えられます。拒否している側の気持ちが冷めてきている証拠だと考えられます。

好きな人とであれば、少しでも長い時間、触れていたいと思うものですよね?それができないというのは、そのまま自然消滅に突入していくサインなのかもしれません。

デートのドタキャンが増えてきた

約束していた2人のデートの予定をキャンセルされる回数が増えてくると、自然消滅の兆候だと考えられます。気になる人は、数えてみると良いでしょう。付き合いたての頃はどのくらいの頻度でデートをしていたか、そして今ではどのくらいの頻度になっているのか。

さらに、キャンセルされた回数や理由などを思い返してみてください。頻繁に体調不良や友達との予定を優先してキャンセルが入っているようであれば、避けられている可能性があります。

デートの約束を持ちかけるのはいつも一方的

出かける約束を持ちかけているのが、どちらか片方からに限られていませんか?よほど複雑な関係でない限り、常にどちらかからしかデートの予定を計画しないというカップルはいないのではないでしょうか。

それにも関わらず、片方からしかデートの誘いをしないというのは、誘いをしない側が会いたくない、もしくは別れたいと思っている可能性があります。

デートの日程を決めるのはどちらか片方だったとしても、行きたい場所を決めたり、やってみたいことを持ちかけたりということは、普通のカップルであればしますよね?

それすらもないとなると危険な兆候だと考えて良いでしょう。デートに対する希望すら伝えないというのは、気持ちが冷めてきている証拠です。

自然消滅をすることのメリットとデメリット

自然消滅することのメリット

自然消滅をすることにメリットなんてあるの?とびっくりしてしまうかもしれませんが、そこは“ものは考えよう”です。

ただ、自然消滅で得られるメリットというのは、基本的に別れたいと思っている側にとってのものが多く、自然消滅を仕掛けられた側からすれば、ほとんどメリットといえるものはありません。

罪の意識が薄れる

相手が悲しむ顔や泣く姿を見ることがないまま離れていくわけですから、「悲しい思いをさせた」「泣かせてしまった」「相手をフッてしまった」という罪の意識に苛まれることがなくなります。

実際には、相手がどうしたらいいか分からなくなる別れ方をしているので、罪がないわけではないのですが、相手を傷つけずに済んだと勘違いしてしまうのでしょう。

自らが悪者になることなく、別れることができると考えてしまうのです。

喧嘩になることがない

別れるために話し合いをして、その都度話がこじれ、喧嘩になり、相手のヒステリックな一面や、口汚くののしってくる姿を見なくて済むというのが、自然消滅という道を選ぶことで生まれるメリットでもあります。

特に男性は、別れ話のときに女性がヒステリーを起こす姿を見るのが大の苦手だという人が多く、それを避けるために自然消滅を選ぶ場合もあります。

話し合いのたびに喧嘩になり、収拾が付かず、その日は話をまとめることもできず、また後日話し合うために会わなければならない。その繰り返しをする手間が省ける、揉めずにそのまま別れることができるというのがメリットに感じられるようです。

相手を傷つけずに済む

別れ話そのものをしないまま別れるのですから、相手を傷つける言葉をぶつける必要がありません。「あなたのここが嫌いだった」「君のこういうところについていけないんだ」などといった言葉の中には、相手を傷つける可能性があります。

顔を合わせたときについ態度が悪くなってしまうといった行動で相手を傷つける可能性もありますね。自然消滅であれば、そういった相手を傷つけてしまう態度を見せる必要もありません。

嘘をつかなくて済む

何とか円満に別れよう、相手のことを傷つけないように別れようとした場合、別れの理由に嘘を織り込むことがあります。

本当は、その人の性格に自分と合わないものを感じて別れたいと思っているんだけれど、自分の性格に問題があるということにして別れ話を持ちかけるとか、本当は他に好きな人ができたから別れたいのだけれど、それをひた隠しにして嘘を突き通すといったように、本音を隠したまま、別れ話をしなければいけない場合もあるでしょう。

自然消滅であれば、思ってもいないことを言う必要もありませんし、相手のご機嫌とりをしながら円満に別れようとする必要もありません。手間も苦労もいらない別れ方だからこそ、メリットが大きいと感じる人がいるようですね。

自然消滅のデメリット

メリットは、別れたい側のみに発生しますが、デメリットは別れたい側と自然消滅をさせられた側双方に発生します。ときに「こんなことになるはずではなかったのに」というくらい、思わぬ方向へ展開してしまう場合もあるのです。

トラブルに発展しやすい

話し合いをして別れたわけではありませんから、お互いに同じタイミングでこの恋愛関係が終わりを迎えたと認識できるわけではありません。それが原因で思わぬトラブルに発展することがあります。

例えば、自然消滅が成り立ったとして新しい相手と付き合い始めたものの、別れたはずの相手はまだ付き合っていると思い込んでいて、それが元で二股をかけられていると問題になったり、別れたことに納得できず、現実を受け入れられない相手がストーカー化してしまったりというケースです。

次の恋愛に踏み切れない

別れたのか、別れていないのか自然消滅を仕掛けられた側からすれば、相手に「私達、別れたんだよね?」と確認する以外、恋愛関係が終わったのかどうか確認する術がありません。

連絡が取れるなら良いのですが、音信不通になっているわけですから、連絡をとる手段がないという場合もあることでしょう。

別れたのか、別れていないのか、そこのところがハッキリしない間は、次の恋愛に進むことができませんよね?

諦めて新しい一歩を踏み出しても良いのか、このまましばらく待っていたほうがいいのか、どちらにすべきか迷い、しばらくの間はその場でずっと足踏みしている状態になってしまいます。

人に言いづらい

自然消滅というのは、少なくともいい響きではありませんし、プラスな印象を与えるものでもありません。人それぞれ事情がありますから、そこまで深く説明をすれば理解してもらえることも十分あると思います。

例えば、自然消滅を仕掛けて相手と離れ、新しい恋人ができたとします。

その新しい恋人に「前の人とは何で別れたの?」と聞かれたときにただ「自然消滅で別れた」と答えた場合、その返答を聞いた新しい恋人は、相手に対して「肝心なときに逃げるタイプなのかもしれない」という印象を持つ可能性があります。

「もしかしたら、自分もそうやって捨てられるのかもしれない」と思われたら、それは決してプラスの印象にはなりませんよね。

別れの原因や自分の悪いところが分からない

きちんと話し合いをして別れた場合、自分のどこが悪かったのか、この恋がなぜ終わりを迎えることになってしまったのかを相手の口から聞き出すことができます。

しかし、自然消滅であった場合には、相手ときちんと別れ話をしていないわけですから、なぜダメだったのか、どうしてこんな結果を迎えることになってしまったのかについて、詳しい理由が分からないままになってしまうのです。

言いたいことも言えないまま別れてしまうことになるので、心に大きなモヤモヤが残ってしまうという点も忘れてはいけないでしょう。

次の恋愛に行かせる教訓を得られないまま、終わってしまう恋愛……なんだかもったいない気がしますよね。

自然消滅をしやすい人の性格・特徴

自分の意見を述べるのが苦手

相手の何が嫌なのか、相手のどこが嫌いになって別れたいと思ったのか、自分の意見を上手に言葉にまとめることができない人は、自然消滅で相手と別れる道を選びがちです。

恋愛だけでなく、学校でも職場でも自分の意見をまとめて話すことが苦手で、頭で思っていることをうまく言葉にすることができないのです。

相手の意見に丸め込まれて自分の意見を伝えられないまま、また元の関係に戻ってしまうことが自分で分かっているので、あえて話し合いの場を持つことなく、自然消滅という道を選ぶのです。

臆病

自然消滅は、誰だってできることならされたくないと考えるのではないでしょうか。別れることになったなら、ちゃんと「別れましょう」という話をして、お互い納得して別れたいですよね。

けれど、自然消滅をされてしまった場合、人によっては、しつこく相手を追いかけ、きちんと2人の関係を終わりにすることを求めることもあるでしょう。それができない人は、臆病な性格の人が多いようです。

心のどこかでは自然消滅で別れてしまったということが分かっているのだけれど、相手に本心を聞くのが怖くて2人の関係がどうなったか、事実確認をすることができないのです。

こういうタイプの人は、何度となく自然消滅を仕掛けられてしまう可能性があります。

繊細

繊細な性格の人は、最終的に自然消滅という道を選択する可能性があります。人に対しても自分に対しても繊細な人は、人を大事にしながら自分のことも大事にします。

ようは、自分も傷つきたくないが、人を傷つけるのも嫌だという、心の痛みに敏感な人なのです。面と向かって別れを切り出すことと、黙って消えることのどちらが、目に見えて相手を傷つけないのかということを考えたときに、自然消滅という道を選びます。

実際には、きちんと別れ話をしたほうが、相手を変な形で傷つけることなく別れられるのですが、このタイプの人は結局のところ自分が悪者になりたくないという考えが強く働いているので、自分を守ることができる方法を優先させてしまうのです。

優柔不断

人の意見に流されやすかったり、物事に対して瞬発的に判断ができない優柔不断な性格だったりする人も、自然消滅を選びやすいと言われています。

決断力に欠けるため、ここ一番で自分が“どうするべきなのか”だけでなく、“どうしたいのか”すら分からなくなってしまうこともあるようです。

そのため、別れるという一歩を踏み出すこともできず、けれど何か変化させなければいけないと、決断しなければいけないという考えを持ちながら、ずっとその場で二の足を踏んでいる状態になってしまうのです。

このタイプの人が自然消滅を選ぶ際には、優柔不断な性格から「この別れ方をしておけば、もし戻りたいといえば相手も受け入れてくれるかもしれない」という都合のいい考えを持っている可能性もあります。

自然消滅をする男性心理とは…?

相手と喧嘩をしたくない

相手と別れたいと思っている。しかし、喧嘩はしたくない。このような感情が、自然消滅を引き起こします。別れるときは、彼女に泣かれたり、罵倒されたり、辛くても、話し合いをしなければなりません。

しかし、現代は、メールや電話をすれば、相手に気持ちを伝えることができます。このツールを利用して、別れ話をする人が増えているのです

実際に会って別れるのと、メールや電話を介して別れるのと、どちらが傷が浅いでしょうか?喧嘩をして別れると、お互いボロボロになってしまいます。もう好きではないので、簡単に相手を切ろうとしてしまいます。なんだか悲しい時代になってしまいました。

他に好きな女性が現れた

他に気になる女性が現れてしまった。その女性と付き合うために、今の彼女と別れなくてはならない。気が強い彼女は、なかなか別れてくれないかもしれない。面倒臭いと、男性は自然消滅を狙おうとします。男性は好きな女性に対しては、とことん気持ちを注ぎます。

しかし、好きでなくなった途端、急に興味がなくなってしまいます。新しい女性を手に入れたいので、早く昔の彼女との関係を清算しなければなりません。しかし「好きな女性ができたから」とスムーズに別れられるでしょうか?

なるべくダメージを与えずに別れたいと、自然消滅を選んでしまいます。彼女がまだ好きだったら、大変なことに。自然消滅は、相手にはっきりと意思が伝わりません。なので、お互いの温度差が違い、浮気になってしまうことも。

自然消滅ではなく、自分のために相手のために、しっかりと別れを伝えることが大事です。もしかしたら、新しい彼女も大きく傷つけてしまうかもしれません。

悪者になりたくない

恋愛をすると、毎日が楽しくなります。しかし、その恋愛が終わるとき、辛い時期が待っています。毎日のように喧嘩したり、罵り合ったり。仕事をしながら、別れ話をするのには体力が必要です。

気持ちが冷めてしまったり、好きな人ができたりしたら、恋人に別れを告げなければなりません。別れたいと思った方が、悪者にならなければなりません。話し合いのたびに泣かれたり、汚い言葉で罵られたり。相手との話し合いが終わるまで、苦しみに耐えなかればなりません。

自然消滅は、ここの苦しみをパスできます。相手は苦しみますが、自分はノーダメージのまま、毎日を過ごすことができます。しかし、自然消滅に慣れてしまうと、恋愛そのものが軽くなってしまうことも。悪用厳禁なので、きちんと人と向き合うことが大事です。

実は遊びだった

自然消滅には、大きく分けて2パターンの場合があります。相手を傷つけたくないという気持ちと、もともと興味がなかった場合です。彼女は付き合ってるつもりでも、彼氏は遊びだった。イケメンで器用な男性だと、稀にどういうトラブルが起こります。

可愛い女性と一晩を過ごすために、手段を選びません。あまり遊びなれていない女性は、本気で恋をしてしまうかもしれません。自分は本気だったのに、相手が遊びだったら。早く気持ちを整理して、次の恋愛をしましょう。

秘密が多すぎたり、あまり会ってくれなかったりしたら、もしかしたらただの遊びなのかも?きちんと男性を見極める力が必要です。

ヒステリーを起こすので関わりたくない

別れ話をするときに、感情的になってしまう女性がいます。このタイプの女性は、付き合っている時から、怒りっぽい傾向があります。恋愛に依存してしまうので、彼氏が逃げ出してしまうかも。

別れ話をするのが怖いので、自然消滅を狙おうとします。男性は、ヒステリーを起こすタイプの女性がもっとも苦手です。最悪、泣かれたり罵倒されたりするだけでは済まないかもしれません。どうにか地雷女から逃げようと、接触をしないように努力します。

音信不通なだけ?自然消滅か見極めるポイントとは…

時間を決めて、毎日メールを送ってみる

音信不通になってしまったら、時間を決めて毎日メールを送ってみてください。なんども催促のメールをしたり、電話をしすぎたりしないようにしましょう。

ただ忙しいだけだったら、相手は必ず返信をくれるはずです。心配をしているという内容を、優しく文章にしてみましょう。毎日メールを送っているのに、既読さえもつかなくなったら意図的に連絡を避けているのかもしれません

もし大好きな相手からの連絡を無視したら、相手に嫌われてしまいます。気持ちが残っていたら、怖くてスルーなんてできませんよね。

ポイントは時間を決めて、毎日送ることです。ランダムに送るのではなく、ルーティンを作ることをオススメします。スマートフォンを確認しやすい時間を狙って、メールをしてみましょう。相手が忙しいのか、避けているのかが見えてくるはずです。

一度忘れて、仕事や趣味に打ち込む

音信不通になってしまったら、メールにのめり込みすぎないでください。一度忘れて、自分の時間を充実させましょう。仕事や趣味に打ち込んでいると、早く時間が過ぎていきます。

しかし、スマートフォンを睨みながら連絡を待っていると、時間がゆっくりと流れます。モヤモヤした気持ちが爆発して、催促のメールを送ってしまうかも。ただ忙しいだけなのに、大げんかに発展してしまうかもしれません

仕事や趣味に打ち込んでいたら、彼氏からメールがきた。毎日忙しくしていれば、モヤモヤを解消することができます。彼氏を待つのではなく、待たせる女性になりましょう。

親しい友人に相談してみる

一人でモヤモヤ考えていると、どんどん気持ちが落ち込んでいきます。親しい友人に吐き出すことで、気持ちが楽になるかもしれません。自分一人で考えていると、どんどん深みにハマってしまいます。親しい友人とおしゃべりをして、気を紛らわせましょう。

音信不通は、多くの女性が経験をしていると言われています。なので、友人から湯力なアドバイスがもらえるかも。一人でスマートフォンと向き合っているのではなく、友達に相談をしましょう。案外、簡単に問題が解決するかもしれません

相手を待つ期間を決める

音信不通になると、辛い毎日が待っています。大好きな相手を待つのは、心配で悲しくて、心がボロボロになります。もし音信不通になってしまったら、自分からアクションを起こしましょう。それでも返事が帰ってこなかったら、「この日まで待つ」と期間を決めてください。

人は終わりが見えないと不安が大きくなるそうです。期間を決めると、気持ちがすっと軽くなります。大好きな相手だからと、いつまでも待たないでください。もしかしたら、遊び人の浮気男かも?

絶対に追い詰めない

音信不通になったり、連絡がこなかったり。もしかしたら、この原因は、あなたが作り出しているのかもしれません。忙しく仕事をしているのに、彼女が理解してくれなかったら、疲れてしまいます。男性は、互いを尊重し、応援してくれる女性が大好きです。

連絡が来なくても、追い詰めるようなメールを送らないでください。返信をしようと思っていた彼でも、後回しにしてしまいます。

自然消滅のショックから立ち直る方法5つ

新しい恋愛をする

もし自然消滅をされたら、しばらく悲しい気持ちになってしまうかも。お肌はボロボロで、仕事もミスばかりになってしまうこともあるようです。

しかし、待つ時間が終わったら、さっぱりと忘れて、新しい恋愛をしましょう。次は自然消滅をするような相手ではなく、しっかりした男性を選びましょう。あなたは待っている間、趣味や仕事に没頭してみるとよいでしょう。その時間が、次の恋を呼び込んでくれます。

新しい恋愛をすると、自然消滅のショックなんてすぐに忘れてしまいます。次はいい恋愛をするんだと、出会いの場に出かけるのもいいかも。

仕事に打ち込む

自然消滅をされると、モヤモヤした気持ちが生まれます。バッサリと振られるストレスよりも、より心が悲鳴をあげるのがわかるはずです。そのモヤモヤを解消するために、以前よりももっと仕事に打ち込んでください。プライベートではなく、仕事でいいことがあるかも。

仕事に打ち込んでいたり、何か目標があったりする女性は、キラキラと輝きます。駄目男が近寄って来ない女性に、成長できるはずです。

自分磨きをする

自然消滅のショックが大きかったら、自分磨きをしましょう。ハードなジムに通ったり、新しい資格をとったり

何かに打ち込んでいる女性は、どんどん美しくなっていきます。自然消滅彼氏よりも、もっとハイスペックな男性と付き合えるかも?

音信不通を人にしない

自然消滅をされてしまうと、心に大きな傷が残ります。自分は辛かったはずなのに、これを繰り返してしまう人がいます。自分が辛かったことを、相手には絶対にしないでください。これでは、ダメ男と同じレベルまで、自分を落としてしまうことになります

自然消滅や音信不通の辛さをわかっているのなら、きちんと相手に伝えられるようにしましょう。これができるようになって、初めて自然消滅彼氏から、解放されるはずです。

経験を生かして、ダメ男をジャッジ

自然消滅彼氏には、ある特徴があると言われています。それをしっかりと学び、次は失敗をしないようにしましょう。世の中には、きちんと人と向き合えない人がいます。

女性を騙して、体だけの関係を持とうとする人もいます。ダメ男の傾向と対策を知り、2度と悲しい思いをしないようにしましょう。

自然消滅から復縁することはできる?

自然消滅から復元する可能性はある!

徐々に音信不通になり、終わりを迎える自然消滅でも、そこから復縁する可能性は十分にあります。ただし、そのための条件として第一に挙げられるのが、「相手に本当に嫌われたわけではない」ということ。

もちろん、自分が相手に本当に嫌われてしまったのか、それともまだチャンスがあるのかという点においては、自分では確認するのが難しいポイントでもあります。

しかし、もう二度と会えないような距離にいるわけでなく、相手に本気で嫌われてしまったのでなければ、復縁を狙うことができます。

もしかしたら相手が望んでいる可能性も?

実は、自然消滅で別れを仕掛けた人の中には、「この別れ方であれば、相手は本当に別れたとは思っていないので、自分が戻りたい時に何食わぬ顔で連絡すれば、相手をしてくれるんじゃないか」と思っている人もいるのです。

あまりにも都合が良すぎる話ではありますが、この場合、その人は一時的に恋人のことを好きではなくなった、気持ちが冷めたと感じただけであり、根本的に嫌いになったというわけではないですよね。自分にそれなりの時期がきたら復縁を考えているといってもいいくらいです。

こういうケースであれば、今後、復縁できる可能性は十分にあるわけです。ただし、自然消滅してすぐに相手に彼女ができたという噂を耳にするくらい、相手のふんぎりが良かった場合は、しばらく諦めて放置しておくのが良いでしょう。

冷却期間は必ずおくこと

自然消滅は、一瞬で終わるわけではありません、ある程度のフェードアウトしていく期間というのがあります。

「その期間が冷却期間になっているんじゃないの?」と思うかもしれませんが、自然消滅を仕掛けた相手からしても、一日で「はい、別れた!」という気持ちにはならないものです。

煮え切らない気持ちのまま、日々を過ごしている可能性もありますし、こうなった今でも、これで良かったのかどうか自問自答している可能性もあります。少なくとも、約3ヶ月くらいはフェードアウトして完全に自然消滅が成り立ったと思われるまでにかかるでしょう。

けれど、この後もしばらくの間は、自然消滅を仕掛けた側も「相手が本当に終わったと思っているのか」と不安を抱く日々が続きます。フェードアウト期間も含め、最低でも半年程度は期間を空けて復縁に向けて動き出すようにしましょう。

自然消滅になったことを責めない

「どうして何も言わずにいなくなったの?」「言ってくれたら良かったのに!」「ずるい!」……そんな言葉で相手を責めるのはやめておきましょう。よほど自然消滅に慣れていない限り、相手も自然消滅させてしまったことに対して少なからず罪悪感は抱いているはずです。

また、時に自然消滅にしたことが元恋人への優しさだと思っている人もいるので、責めたときに「そんなこと言われるなんて心外だ」と思われてしまう可能性もあるのです。

言いたいことは山ほどあるのは分かります。しかし本当に復縁したいのであればここはそういった気持ちはぐっと飲み込んで、相手へ近づいていくべきです。できるだけわだかまりなく接していくことが重要になります。

復縁できたら自然消滅はしないルールを作ればいい

復縁できるまでは自然消滅のネタには一切触れないようにし、無事復縁できたときに、相手と自分の間でルールを作れば良いでしょう。

別れたいと思ったとき、嫌なことが見つかったときにはきちんと話し合いをする。とか、勝手にいなくならない。なんていう可愛らしい文言でも良いでしょう。そこで初めて、「自然消滅は精神的にきつかった」と正直に自分の気持ちを伝えれば、相手も理解してくれるはずです。

彼氏と別れたい!自然消滅するテクニック

あからさまな態度の変化は見せないように

相手に対して気持ちがなくなってくると、態度に出やすくなります。曖昧な返事、冷たい態度、身体の触れあいを拒むなど、明らかに自分に気持ちがない、冷めているということに気づかせてしまいます。

けれど、上手に自然消滅させたいと思っているのであれば、できる限り自然に振る舞わなくてはなりません。付き合いたての頃のように……とまでは言いませんが、ある程度相手のことを好きなフリをするのも必要です。

不自然にならない程度に連絡の頻度を減らしていく

連絡の頻度が急激に減っていくのもあからさまなので気をつけるようにしましょう。相手がここで違和感を覚えると、話がこじれる可能性が大きくなります。

LINEの内容や返信の際の絵文字やスタンプなど、できるだけ使うようにして、気持ちが冷めていることを相手に悟らせないようにしなければなりません。相手に悟られないようなスピードで少しずつ、少しずつ2人の距離を空けていけばいいのです。

「ここだ!」と思うタイミングですべての連絡手段を断ち切る

少しずつ彼から離れていくことに成功したら、「今だ!ここだ!」と思えるタイミングで一気に区切りをつけましょう。計画を実行し始めてから、2ヶ月から3ヶ月ほどあれば、上手にフェードアウトさせることができますし、相手を驚かせることもありません。

この頃には、彼のほうも「やっぱりな」とある程度諦めがつくことでしょう。急激に態度を変えられると怒りを覚えてしまう男性も、ちょっとずつであればそれと同時に自分の気持ちも冷ましていくことができますから、喧嘩などのトラブルになる可能性も比例して低くなっていきます。

タイミングを見て、最後にすべての連絡手段を断ち切れば、自然消滅の完了です。言葉で伝えて別れるより期間は長くなりますが、その分面倒な話し合いや彼を怒らせるリスクを回避できます。

まとめ

大好きな彼氏から自然消滅をされてしまうと、女性はボロボロになってしまいます。毎日スマートフォンを見つめ、泣きながら目が覚めます。

自然消滅を狙うような男性は、女の敵と言われています。しかし、自然消滅で別れてしまうカップルが急増中です。ダメ男に引っかからないように、男性を見る目を養いましょう。毎日仕事や趣味を充実させていれば、いい男性と新しい恋ができるはずです。

スマートフォンは便利なツールですが、依存しすぎないようにしましょう。

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking

Category