信頼された証拠!年上男性が心を開く瞬間とは?

年上男性にもっと心を開いてもらいたい、どうしたら心を開いてくれるんだろう?

この記事では年上男性に心を開いてもらうためにやるべき行動や、年上男性が心を開いたときに見せる行動などを紹介していきます♪

逆に心を閉ざしてしまいかねないNG行動も合わせて紹介していくので、ちょっと自分の行動と照らし合わせてみてください。もしかしたらあなたの何気ない行動が、年上男性から心を開いてもらえない原因になっているのかも?

年上男性が心を開いた瞬間3つ

自然体で話しかけてくる

年上男性の中には、年下の女性の扱い方がよくわからないといった苦手意識を持っていて心を開けない人もたくさんいます。同じ年下でも同性の男性には気楽に声をかけることはできても、年下女性にはどう接したらいいかわからなくて、声がかけづらいと思っている年上男性も多くいます。

もしあなたに話しかけてくるときに、妙によそよそしい敬語になってしまっていたり、気を遣って言葉を選んでいるようでしたら、まだ年上男性も心は開けていないのでしょう。そんな年上男性が年下の男性に話しかけるのと同じように、あなたに話しかけてくるようになれば心を開いてくれた証です。

例えば職場であなたに仕事を頼むとき、「分からないことがあったら、聞いてください」といったちょっとよそよそしい言葉をかけている場合は、まだ心は開けていません。

逆に「分からないところは勝手に進めないで、ちゃんと聞きにこいよ」みたいな感じで、年下の男性に仕事を頼む時と同じような自然体の口調であなたに仕事を頼むようになれば、もう心を開いてくれているということですね。

弱い部分を見せるようになる

年上男性も心を開くまでは、年上であることを意識して「大人」としての振舞いをしようとがんばります。そのため年下の女性に弱音を吐いたり、弱みを見せたりすることはありません。

でも年上男性だって愚痴をこぼしたいときもあれば、弱音を吐きたいときもありますよね。もし年上男性がそんな弱い部分をあなたに見せるようになった、あなたに心を開いている証です。

尊敬できる人間、手本になれる人間で常にいなければいけないという間柄から、気を許せる相手になったからこそ弱い部分も見せるようになれたんです。もちろん信用できない人に、弱い部分は見せられません。それだけあなたに対しての信頼も高まっているということです。

ここで年上男性が弱い部分を見せたから力になりたいと助言をしたり、アドバイスをしてしまうことはNGです。年上男性は年下の女性に助言やアドバイスを期待しているわけではありません。逆に生意気だなとまた心を閉ざしてしまうこともあります。

あくまでも「大変ですね」といったスタンスで、聞き手側に徹しましょう。話しやすくて、愚痴をこぼせる相手としてあなたに心を開いてくれているので、「尊敬している」ことを前提に聞き役に徹することでさらに年上男性も心を開いてくれるでしょう。

しっかり注意もしてくれるようになる

年上男性は、とても年下の女性に遠慮をしてしまう事も多くあります。そのため「その考え方じゃダメだな」「このやり方じゃダメだな」など同性の年下男性にはいえても、年下の女性には注意したい部分があっても声に出すことをためらってしまいます。

例えばあなたがしてしまった仕事のミスを年上男性に報告した場合、「分かりました。後はフォローしておきます」みたいに、ミスに対しての注意がなかった場合は、まだ遠慮もあって心を開くことができないのかもしれません

逆にしっかりミスに対して注意をしてくれたり、指導をしてくれたり、時にはしっかり叱ってくれる場合はあなたに対しての遠慮はなく、心を開いてくれているからこそ、本当に伝えなければいけないことを言えているという事ですね。

年上男性に心を開いてもらうには?

明るく話しかける

年上男性が心を開いてくれないのは、照れが原因の場合も多くあります。本当は心を開いて接したいけど、照れてしまってなかなかうまく心を開いて接することができないだけかもしれません。

そんなときは、気さくに明るくあなたから話しかけてみると案外簡単に心を開いてくれることもあります。「自分からなれなれしく話しかけたら迷惑かな」「めんどくさいって思われるかな」って思ってしまうかもしれませんが、年上男性もあなたから先に心を開いてくれるのを待っているかもしれません。

年上男性の趣味の話を訪ねてみたり、仕事のアドバイスを求めてみたりと年上男性が話しやすい話にもっていくと、会話も案外盛り上がりますよ。年上男性が話し始めてくれたら、大きくうなずいて相槌をうったり、ちょっと前傾姿勢になって聞くなどとても興味があるって感じで真剣に聞くことが大切です。

自立している部分を見せる

年の離れた年上男性の場合、どうしても年の離れた年下女性は子供に見えてしまって心を開いてくれないこともあります。しっかりと一人の女性として向き合ってもらうためにも、自立している部分を見せることも大切ですね。

あなたがしっかりした部分を見せることで、外見から抱いていたイメージより随分大人だなって印象を持ってくれて、年上男性も心を開いてくれることもあります。

また仕事でもプライベートでも、責任を持った行動も大切ですね。いくらしっかりとした考えをもっていても、行動が伴わなければ信頼されることも認められることも、心を開いてくれることもありません。

悩みを相談する

年上男性に限らず心を開いてもらいたいときは、まず自分が心を開くことも大切ですよね。自分が今抱えている悩みを、年上男性に相談してみてはどうですか?

年上男性も悩みを打ち明けられて相談を持ち掛けられたら、嫌な気分はしません。自分のことを信頼してくれているんだな、頼ってくれているんだなと感じて、どうにかいいアドバイスをしてあげようと頑張ってくれます。

心を開いてくれている相手には、自分も心を開いて話をしたくなりませんか?逆に心を開いてくれない相手に、自分から心を開こうとはなかなか思いませんよね。もちろん年上男性も同じです。まずはあなたが心を開くことも大切ですよ。

やっちゃダメ!年上男性が心を開いてくれないNG行動

派手なメイクや服装

年上男性に心を開いてもらうには、見た目も大事。「遊んでそうな娘だな」「まだ学生気分が抜けないのかな」といった印象を持たれてしまえば、年上男性も心を開く事はありません。

特に職場での年上男性の場合は、職場にそぐわない派手な服装や髪形、メイクやネイルだと「いったい何しに会社に来ているんだろう」とあなたの仕事に対する姿勢も疑われてしまいます。

逆に派手すぎず清潔感のある服装、控えめなアクセサリーといった感じで清楚なイメージのメイクや服装でしたら、ちゃんとTPOをわきまえた服装選びができる女性と好印象を持たれます。

年上男性に限らず、心を開いてもらうにはまず相手から好印象を持ってもらうことも大切です。もちろん服装と合わせてしっかりとした言葉遣いで接する事から始めましょう。

心を開いてくれた後は、少し親近感がある話し方もOKですが心を開いてもらえないうちから、あまりフレンドリーな感じで話しかけたり接してしまえば、立場が分かっていない、言葉も知らないと悪い印象を持たれてしまうこともあります。

自己主張

あまり自己主張ばかり強くなってしまうと、年上男性からは敬遠されてしまうこともあります。もちろん自己主張が悪いわけではありませんが、年上男性から見ると少し生意気に見えてしまったり、面倒くさいタイプといった印象を持たれてしまうこともあります。

また自分の考えは曲げない、自分の信念は曲げないといった感じの自己主張になってしまえば、年上男性もそれ以上助言もアドバイスもできなくなってしまいます。

心を開いてもらいたいという気持ちが強すぎて過度の自己アピールをする人もいますが、年上男性は少なくてもあなたと同じ立ち位置になりたいわけではなく、年上と年下という立ち位置からあなたを見ます。

そんな年上男性に過度の自己主張や自己アピールは、「口だけは立派だな」とあまりいい印象を持たれなくなってしまいます。

ルールを守らない

社会のルールを守れない、会社の規律が守れない、約束を守れないなど、社会人としてのマナーが身についていなければ、年上男性に限らず誰からも心を開いてもらうことはできません。

会社は遅刻する、仕事中もおしゃべりが絶えない、頼んだ仕事は期日を守れないでは、信頼されることはありません。心を開いてもらうには、まず年上男性の信頼を得ること当然必要ですよね。

もしちょっとルーズになっているなって感じるものがあれば、すぐに姿勢を正すことも大切ですよ。年上男性は見ていないようでも、案外しっかりとチェックが入っています。

常にルールを守れるしっかりとした女性だったら、年上男性の信頼を得ることもできて心を開いてくれるようになります。

まとめ

年上男性にもっと心を開いてもらいたいと思ったときは、まずはあなたから心を開くことです。心を開いてもらえていない相手に、心を開いてくれる人はなかなかいません。

心を開くにはまず年上男性のことを信頼することから始めましょう。信頼することで本音で話しかけることもできるようになるし、相談を持ち掛けることもできます。

あなたの心を開いて接する様子を見れば、きっと年上男性も心を開いてくれます。また自分からなかなか行動に移すことが難しいときは、年上男性の話をしっかり聞く姿勢を見せてもいいですね。

自分の話を一生懸命聞いてくれる、楽しそうに聞いてくれる相手には、年上男性も心を開きやすくなりますよ。

続きを読む

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking

Category