【元カレからの連絡】隠された心理と上手な対処法とは…?

別れて随分とたつ彼氏から突然の連絡。嬉しい!と思う人もいれば、何で今更連絡を?と思う女性もいるはず。別れた時の理由や状況はそれぞれなので、元彼からの連絡に悩むのはそれぞれ違った理由がありますよね。

そんな急に連絡してくる元カレの心理や、連絡が来た場合どういった対処をすればいいのかをまとめてみました。あなたが嫌な思いをすることのないよう、毅然とした対応がポイントです。セフレやただの話し相手要員にならないよう、きちんと対処していきましよう。

連絡してくる元カレの心理って…?

元彼はまだあなたを自分の女と思っているのかも!

そもそもどうして元カレは急に連絡してくるのでしょうか。別れた理由にもよりますが、男性は基本的に一度手に入れた女性はいつまでも自分のことが好きだと思い込みがちです。

一方女性の方は、一方的に振られたという理由でもない限り、彼氏と別れる時点で相手のことが嫌いになっていることが多く、既に過去の人としてとらえている人が多いです。

そのため元カレからすれば、まだ自分を好きな相手に連絡してあげる、くらいの気持ちですが、彼女だった側からすれば「なんで急に親し気に話しかけてくるんだろう」くらいにしか感じないことも。

この別れた後の男女の感覚差が、元カレが連絡してくる一因なのは間違いないでしょう。

都合のいい女候補かも

誰かに話を聞いてほしいけど、適当に連絡できる相手がいない……そんな時に、昔の気軽さを求めて連絡をとってくる元カレもいます。

まだ元カレのことが好きな女性であれば、「復縁できるかも!」と喜んで返事を返したりしがちですが、実際のところ男性からすれば「また付き合う気はないけれど、自分の話を聞いてくれる都合のいい相手」くらいにしか感じていないことが多いです。

男性はより多くの女性からちやほやされることを好むもの。付き合うというけじめをつけずに、ただおしゃべりしたり飲み会に付き合ってくれたりといった、「好意があるけど付き合うことはしない」という都合のいい状態の女性を何人か作っておきたいという男性もいるようです。

また中には完全に体目的の元カレも。肉体関係だけ戻っても心が戻ることはありません。いやな思いをする関係に持ち込まれるようなことは避けたいところ。

本当に復縁希望のことも

あまり多くはないようですが、なかには本当に復縁希望でこちらの様子を伺ってくるパターンもあるようです。別れた理由が転勤や勉強、何かトラブルでやむを得ない場合だったというカップルに多く、そのトラブルが落ち着いた時に連絡してくるというケースです。

その場合こちらに彼氏がいないかを確認したり、「最近どうしてる?」といった近況確認をしてきたりする人が多いです。

ですが中には単に「彼氏がいないかだけ知りたい」などと言った自分の所有物扱いで聞いてくる元カレや、何か他の理由で情報を聞き出そうとしている元カレもいます。

お互いの関係が良好であれば素直に回答してもいいとおもいますが、あまり詮索されたくない場合は、あっさりと連絡を切ってしまうのもいいでしょう。

貴女がどうしたいかで決まる上手な対処法

復縁したい場合は相手の見極めを慎重に

それでは元カレからの連絡が来た場合、どう対処すればよいのでしょうか。そのためにはまずあなた自身が元カレとどうなりたいのかが大切になります。

もしも復縁したいというのであれば、元カレの気持ちをしっかりと確かめるようにしましょう。わかりやすく復縁を言い出してくるのはわかりやすいですが、一度付き合って別れた二人。そこには何か理由があったはずです。

性格、価値観、生活態度……その別れた理由をはっきりさせて改善しないと、復縁してもまたすぐダメになってしまいます。またどれだけ親し気に話しかけてきても、元カレ側からすれば単に自分のファンを維持したいだけの気持ちで、復縁する意思は全くないということも。

復縁したい時こそ相手の言動や気持ちの見極めは慎重に。なかには見極めが出来ず、ずるずるとセフレの関係になってしまって別れられずに苦労するという人も。

関係を持ちたくない場合はきっぱりと断る

一切復縁する気がないという場合は、あいさつ程度の返事はするものの、あとはあっさりと終わるくらいでいいと思います。あまり積極的に話題に乗ってあげると、元カレも「こいつまだ俺のことが好きなんだな」と勘違いすることがあるようです。

いきなりブロック、とまでは言いませんが、社交辞令程度を返して「お互い頑張ろうね~」とくらいで締めて、自分からは連絡しない。もしくは既に彼氏がいる場合は、「付き合っている人がいて、その人にも悪いので連絡しないでほしい」と言えば男性はそれ以上連絡できなくなります。

今の彼氏からしてみても、彼女が元カレと頻繁に連絡をとっているというのはあまり嬉しい状況ではありませんよね。時々やたらと連絡がしつこかったり、しきりに復縁を言ってくる元カレがいたりします。

あんまりしつこい場合は事件にしないためにもきちんと「迷惑であること」を伝えて、こちらから連絡を取らないこと。元彼のなかには、まだ自分に対する好意があると勘違いしている人もいるのです。

悩んでいる場合は友だちという選択肢も

いい別れ方をしたから、もしかしたら復縁するかもしれない。または恋人としては合わなかったけど話していて価値観などはすごく合う、といった元カレの場合、復縁する・しないといった二択ではなく「友だちとして付き合う」という道も。

人によっては元カレと友だちになるなんてありえない!という人もいますが、別れた理由も付き合った理由もひとそれぞれ。相手に人として尊敬できる部分があるのであれば、例え男女であろうとも「友だち」という関係が築けるものだと思います。

ただし彼氏の方はそういった趣味や人生のお友達ではなく、体目当てのお友達として戻りたいと思っている場合もあるので、十分に気をつけましょう。一度は好きになった人。もし人としてのお付き合いを続けていきたいのであれば、すぐに復縁するだけではなく、一旦友だちとして始めるのも◎。

友だち関係に慣れすぎて、いざ相手に彼女が出来てから後悔した!なんてことがないように、自分の気持ちとだけはきちんと確認しておきましょう。またあなたに彼氏が出来た場合も同様に。彼氏に悪いからとその元カレとは連絡をやめるといった、なんらかの対処をする必要があります。

お互い彼氏彼女がいない間は友人関係も大丈夫ですが、どちらかに相手が出来ると気を使わなくてはならないのは、いくつになっても大切なことです。

返信をする時に気をつける事

あからさまに好意を見せるのは×

とはいえ、実際に元カレから連絡がくるとどう返したらいいのか迷いますよね。大好きだった元カレであれば、ついつい自分からも好意のある返事を返してしまいたくなりますが、相手は単に話し相手が欲しいだけや、セフレにする目的で連絡しているのかもしれません。

あまりあからさまに好意を見せることは避け、相手の連絡にできるだけシンプルに普段の感じで答えるようにしましょう。

復縁を希望している場合でも、最初はさりげなく相手の様子を探ってみて。「彼女いるの?」といった核心をつくような質問をした時に、はっきりと答えない男は要注意。浮気相手として手軽な相手を探しているだけかもしれません。

復縁したい場合でも焦らないこと

大好きだった元カレから連絡が来た!すぐにでも復縁したいと思う人であれば、返信を急ぐこともあると思います。でもちょっと待って。一度は付き合っていた二人が別れたのにはなんらかの理由があるはずです。

彼氏が浮気性だった、暴力をふるってくる、いつも喧嘩になってしまうなど、お互いの心が離れたポイントを改善しなければ、たとえもう一度付き合うことが出来たとしてもまた同じことになってしまいます

相手がどう変わったか、自分はどう変われているか。それに自身を持てるようになるまでは簡単に復縁を匂わせるような返信はやめましょう。相手の男性にも改善している様子が見られなければ、また同じことの繰り返しですよ。

きっぱり無視するのは相手によって使い分けて

元カレにまったく未練がない場合は、無視してしまうのも一つの手段です。悲しいことに別れてしまえば既に過去の男となってしまうのが女性のさが。連絡が来ないからと言って「それもそうか」と納得する男性も多いでしょう。

逆に連絡が来ないことで激怒してくるような男性は要注意です。別れてもなお貴方のことを自分の所有物と思っているのかも。ずるずると曖昧な関係を期待させるよりも、「貴方とはもう関係ないです」ときっぱり無視してしまいましょう。

あまりばっさり断るのは怖い、という場合は「既に付き合っている人がいて、その人にも悪いから連絡をしてこないでほしい」と伝えるのが◎。仮にいなかったとしても相手の神経を逆立てないように伝えるのは効果的なフレーズです。

基本的には毅然とした態度で接してよいと思いますが、相手の男性の性格によってはなんらかの事件に繋がってしまうこともありますので、相手によっては充分に対処法に注意してください。

男友達などの協力を仰いで彼氏のふりをしてメールしてもらう、なども方法の一つかもしれませんね。

まとめ

元カレからの急な連絡に戸惑う女性は多いです。連絡してくる理由も復縁希望だったり、単に近況を知りたかったりと様々ですが、たいていの場合は過去に自分が所有していたという優越感が忘れられずに、自分の話を聞いてもらうため、自信を取り戻したいなど勝手な理由のことも多いです。

あまりメールやラインの言葉に振り回されることなく、あなた自身がどうしたいのか。復縁したいのか、新しい恋を探したいのか、を考えてあまり深入りすることなく対処することをおすすめします。何も変わらないままよりを戻しても、お互いまた傷つくだけになってしまいますよ。

続きを読む

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -