「会いたいな…」と思わせちゃう☆男心を揺さぶるLINE術

今や恋愛ツールとして欠かせないものとなったLINE。相手の男性のLINEのIDは入手できたものの、どうすればこの恋心をアピールできるのか分からない!という女性はいませんか?いますよね!そしてそんな時こそ空回りしてしまいがち。LINEは武器にも自滅ツールにもなりえるのです!

というわけで、今回は「男性がドキッとするLINE」と「女性が失敗して送りがちなLINE」をそれぞれご紹介します。せっかく連絡先を聞けたのに、肝心の内容で株を落としてしまっては意味無し!相手をガッカリさせない「モテLINE」でゴールを掴んじゃいましょう♪

スポンサーリンク

実は効果ナシ!?女子が陥りがちな失敗LINE

スタンプ送りすぎて相手ドン引き

確かにスタンプってとっても便利です。恋愛的な側面でのアプローチにも使えますし、顔が見えないLINEだからこそ自分の気持ちを後押しするのにも使えます。ですがそれらも節度を守ってこそ。女友達とのLINE感覚でスタンプを連投してしまっても、それに慣れない男性からすれば戸惑いしか生まれません。

スタンプの利用に関しては男女でかなり価値観が違うと言えるのでは。有料スタンプを連投する人もいれば、無料どころかスタンプすらもほとんど使わない人も。それらの価値観を無視して「可愛いから送りまくろう、アピールしまくろう!」という勝手なアプローチは、相手にとって負担になるだけかもしれません。

放置しすぎて駆け引き失敗!

恋愛において駆け引きは大事です。むしろこの駆け引きが成功するかしないかで、ゴールまでの距離がグッと変わることは事実です。

そんな恋愛成功における重要なエッセンスである駆け引きですが、悲惨なのはそれが失敗してしまった時のこと……。最悪、元通りよりも悪い事態になってしまいかねません。

駆け引きを狙って、返信をわざと遅くして焦らせる。これはLINEにおけるメジャーな駆け引きの1つのように語られますが、相手との距離感や相手の性格、そしてタイミングなど多くの要素を加味しなくてはならない高等テクニックです。焦らしたつもりが「そっけない」と思われて大失敗、なんて後悔しきれない!

男性の影を匂わせすぎて撃沈

小悪魔系の女性のイメージを狙いたい女性が失敗しがちなのが、男性の影を匂わせすぎること。確かに、魅惑的でミステリアスな女性は男性にとっても魅力的です。ですが、それも一線を越えてしまうとただの「軽そうな女」に一転。

特に彼氏の存在を小出しに匂わせるのはかなり危ない橋ですよ!彼氏がいるならいるで伝えた上で、「でももう別れちゃいそうなんですよね……」「全然上手くいっていなくて……好きじゃないのかも」など、別の正規アプローチ方法を狙うべきです。

最悪!送る相手を間違えた

もう話にならないほどの大失敗!特に家族や親しい友人に送るつもりだった「そっけないLINE(信頼しているからこそ)」は、相手へのラブLINEとの温度差が目立って幻滅の元に。

「違う!間違えた!ごめん!」と弁解しても、彼に染み付いた「二面性のある女」の先入観はなかなか拭えません。

タイムラインが一方通行すぎる

メンヘラっぽい面倒くさそうな男は好きですか?わざわざそんな心が病んでいそうな男性や気性が粗そうな男性を好きになりますか?余程の物好きさんでなければそんな恋愛をわざわざ自分から選ばないと思います。そしてそれは男性が女性に対して抱くイメージと同じです。

それを彷彿とさせる機能はタイムライン。女性の中には一言短めに「むかつく!」「帰りたい」「イライラするー」などを投稿する人がいますが、そんな投稿を見た男性はどう思うでしょうか。心配してくれると思いますか?それは恋心がある前提です。友達関係の男性であれば、マイナスイメージにしかなりませんよ……。

ハートマークが重い

だって、好きな人にアプローチするためにはハートマークでドキッとさせるべし!って恋愛コラムで見たのに……。

確かにハートマークは女子ならではの武器。普段LINEで女性よりはハートを多用しない男性に送るからこそ効果がありますが、ハートマークが武器として活用できるシーンは「一撃必殺」だからこそ。

ここぞという時に送るからこそ効果があるのです。全てのメッセージにハートやキスマークを多用しても、相手にとっては重いだけ。特にまだ片思い状態でしかないのに一方的なラブコールばっかり送っていては、相手もゲンナリしてしまいます。軽い女性だと思われてしまう可能性も大!

サバサバしすぎて大失敗

恋愛に依存している女性って、男性から見ると面倒くさそう。束縛や愛の押し付けが重そうだし、サバサバしている付き合いやすい女性がいい。確かにそれも一理あります。ですが、「恋愛なんて無くても自立して生活できている自分」を演出しすぎてもそれは逆効果になりかねません。

相手の男性にとっては「自分がいなくてもこの人は生きていける」と思わせるだけかも。男性は面倒な女を嫌うのとは裏腹に、自分がいないと生きていけないようなか弱い女性を「守ってあげたい」とも思うものなのです。「彼氏とか別にいらないんだよね~」なんて発言は超地雷!

スポンサーリンク

「決まりきった挨拶」ではなく「会話」だと思わせるLINE術

返信に対して緩急を付ける

駆け引きは失敗要素の高い諸刃の剣ですが、正しい駆け引きのタイム感を覚えれば、これ以上頼もしい武器もありません。誰にでもできる駆け引きとして、会話の返信に対して緩急を付ける、というものがあります。ですがこの緩急も放置しすぎでは上記のような失敗要因になってしまいます。

あくまで「リアルな会話のように軽快なキャッチボールができている状態」で、突然数分~10分程度返事が止まる、くらいだからこそ効果的です。タイミングは会話の盛り上がりのピークがちょっと冷め気味、程度の瞬間。そのまま冷めていくよりは、クールダウンタイムを設けてもうひと盛り上がりさせましょう!

文章の中に相手の名前を何度も入れる

LINEは顔が見えない分文章をよく考えて送信することができますが、その分だけどうしても「リアル感」が薄まります。直接話している時のような、良い意味での臨場感が欲しい!それに、与えたいですよね。そのためのテクニックとして「相手の名前を文章に多用する」というものがあります。

相手から送信されてくる文章の中に、自分の名前である「○○ちゃん」「○○さん」が多かったら、ちょっと嬉しくなりませんか?あぁ、今この人はしっかり自分と話してくれているんだな、と自覚できませんか?その気持ちは男性も同じ。会話のリアルさを感じさせるのは、名前の持つアイデンティティの強さです。

文章らしい文章と感嘆のメリハリを付ける

ただの挨拶文章ではなく「会話らしさ」を出したいのであれば、「わー!すごい!」「へぇ~そうなんだ」のような「感嘆」を表す文章と、内容がしっかりしている情報量の多い文章とのメリハリを付けることがポイントです。実際の会話のような口調って、現実でもそんな感じですよね。

感嘆系の文章だけだと相手が反応に困って会話が続けづらい可能性もありますし、しっかりとした内容の文章のみですと少し堅苦しく感じてしまうこともあるでしょう。何事もバランス、メリハリが大事なのです

相手が返事をしやすそうな会話の流れを作る

代表的なものですと、疑問符。会話の流れを終わらせないために、最後を質問形式にして送信することで、相手が返信するための動機を作って会話が続きやすくします。LINEでアプローチをするためには、まずそもそも会話が続いてくれないことには仕方ないですからね!

また質問系以外でも、「○○さんって本当にそういうところ素敵ですね!」「すごい!私にはできないから尊敬しちゃいます……!」のような相手の優越感を心地よく刺激する内容も有効。得意げになってくれることで、さらなる会話を引き出します。

会話だけではなく、日常の出来事なども送っちゃう

相手の男性から見た、あなたの「もっとあなたと話したい、もっと距離を縮めたい」というアプローチは恋心を揺さぶります!必要のある会話だけではなく、日常の感激したことを写真などと一緒に送りましょう。それにより、「普通の友達以上に感情や思い出を共有したい人物である」ことを遠まわしに伝えられます。

絵文字や顔文字で感情表現をフォローする

普段絵文字をあまり使わない女性であっても、狙っている男性に対しては華やかにいきましょう!直接の会話では、声色のニュアンスや表情でも気持ちを伝えていますよね。画面越しのLINEでは、それらの代わりをするツールが絵文字や顔文字になるのです。

会うことに対する動機付けを作る

いくらLINEで魅力的な文章を送ったとしても、その目的は「実際に会いたいと思わせるため」の手段でしかありません。LINEの中だけで完結してしまっては、ただのLINE友達でしかありませんよね!そこから1歩上に行くためには、あなたに会いたいと思える理由をLINEから作ることです。

例えば会話が盛り上がった時に「続きは会った時に話しましょう!」と〆るのも有効なテクニックの1つ。「LINEで話しているだけでもこんなに盛り上がるのに、実際にあったらもっと盛り上がるに決まってる!」と意識に呼びかけましょう♪

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?男性の恋心をくすぐる「お手本LINE」や、男性を幻滅させてしまう「地雷LINE」。それぞれの特徴を中心にご紹介しました!恋は盲目とはよく言ったもので、相手への気持ちが盛り上がりすぎてしまってつい「ドン引きボーダーライン」が分からなくなってしまいがちなんですよね。

スタンプ、タイムライン、既読機能、プロフィール。LINEならではのシステムを使いこなし、相手の心を振り向かせるような達人LINEを会得していきましょう!顔を合わせていない間にも恋心を加速できるのは、メールには無い機能てんこもりのLINEならではなのですから♡

続きを読む

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -