男が結婚を決めるときはいつ?男性の本音と決意させるための極意

Clover(クローバー) > 恋愛 > 男が結婚を決めるときはいつ?男性の本音と決意させるための極意

一定の年齢になってくると、男性も女性も結婚を意識し始めることでしょう。ですが、実は結婚したいタイミングは男女で少し異なるのです。

というのも、女性は「幸せのカタチ」を求めて結婚したい人が多いのに比べ、男性は幸せのカタチというよりは、「人生の決断」だと考えている方が多いのです。では男性はどのように人生を決断するのか?男性が決断する瞬間を探って見ましょう。

プロポーズを決意するきっかけとタイミング

自分の年齢が30歳を超えたから

男性は、30歳という年齢の節目に「結婚」を意識する人が多いようです。20代という時代が終わりを迎えたときに、自分ももうそろそろ落ち着かないといけないと思うのです。人生の中のひとつの分岐点で、改めて自分の今後の人生を考える人が多いのではないでしょうか。

彼女の年齢が結婚適齢期だったから

彼女の年齢が20代後半頃にさしかかるときに結婚を決意する男性が多いようです。この考えの男性は、まず自分よりも彼女のことを大切にしているとても優しいタイプの男性だと言えます。愛している彼女のこれからの人生をも考えるからこそ、彼女の結婚適齢期に結婚を決意するのです。

彼女から結婚をせがまれたから

このパターンは、男性よりも先に女性のほうから「結婚したい」という意思表示があったというケースです。女性には出産、育児という大役があるのですから、やはりある程度の年齢にさしかかったら「結婚したい」と強く思うようになるのです。

もしも、今付き合っている彼女との結婚に少しでも不安要素がある場合には「電話占い」がおすすめです。2人の結婚後の相性などを占い師に相談してみてはいかがでしょうか。

仕事が落ち着いたから

男性は、仕事でいっぱいいっぱいになっているときに、他のことまで考える余裕はありません。仕事が生活の中心と考える男性も少なくありませんから、女性のように仕事とプライベートを全く別でこなすということは難しいのが本音です。

男が結婚を決めた10のホンネ

1.一人でいるのが寂しいから

ある程度の年齢になると、男性も女性も結婚ラッシュ。周りがどんどんと結婚してゆきます。一人は寂しいと感じるのは男性も女性も同じようです。

自分の理解者であり、人生について来てくれる理想の女性が現れたなら、すぐにでも結婚を決断するでしょう。実はそこが女性と少し違っているところなのです。

「自分の人生ばかりを追い続けている女性」がなかなか結婚ができないのはその男性の根本的な理由にたどり着けないからと言っても過言ではありません。お互いが自立している関係だとしても、「自分が自分らしくいられないような女性」とは結婚は望まない人が多いのが事実です。

結婚相談所に勤めるKさんによると、「生活力があり一緒にいて心地よく、自分を認めてくれる女性」「自分の両親や周りも愛してくれる女性」という条件で結婚相手を探している男性が多いようです。

2.老後一人でいることが不安になったから

女性は結婚を考える時、「老後も安定した生活ができる」というところに重きを置いています。老後一人でいるのは寂しいからというよりは、人生を長い目で見たとき、生活に追われていたくないと、そこはシビアに考えている女性が多いようです。

しかし、男性の視点は、「一人で年老いてゆく自分」というところにあります。両親や周りを見ていて「年老いてきた時に一人になりたくない」と感じ、結婚を決意する男性が実は結構多いようです。結婚相談所には、このような相談に来られる方が一日に数名訪れます。

もちろん「安定した生活が送れること」は男女共に結婚を決断する重要な理由ではありますが、そこは女性よりも男性のほうがピュアな「安定」を求めているのかもしれませんね。

3.独身はキャリアアップにつながりにくいから

既婚男性と独身男性では「社会で信頼される度合いが違う」と考えている男性もいるようです。「家族を養える男性」というステータスが自分のキャリアアップに繋がると考え、結婚という決断に繋がる男性が、実は世の中にはたくさん存在します。

このような、自分の仕事を理解してくれるような女性が理想なのですが、表向きは「キャリアアップのために結婚しよう」などとは口が裂けても言えないでしょう。

女性にとっては大変ショッキングなお話かもしれませんが、そういうところも男性と女性の違いです。彼の結婚したい理由が何であれ「彼と結婚する決断」ができるのであれば、まずは彼の仕事と彼の立場について客観視してみることも必要です。

4.親や友人に急かされたから

両親や友人から結婚を急がされて焦りだす男性も多いようです。年を重ねてきていく上で、どんどんと年老いてゆく両親に「早くいい人見つけて安心させて」などと言われれば、多少なりと「結婚」という二文字が頭をよぎるでしょう。

「結婚しない」と決めている男性も多少なりともこのような周りからの一言で揺れ動くようです。「そろそろ結婚したいな」と考えている女性はまず、周りからこのように言わせるように持っていくのも手段として良いでしょう。

何かのキッカケがないと、結婚にはなかなか踏み込めない、決断できないのが男性です。責任も相手の人生も背負わなければいけないのですから、そこは慎重になりたいのがホンネだということも理解してあげてください。

5.年齢に焦りを感じたから

自分ももう若くないと考えるとき「独身」という響きに引っかかりを覚える男性も多いようです。年老いてゆく自分、年老いてゆく両親、「自分はこの先どうなって行くのだろうか」という不安から「結婚」という二文字が頭に浮かぶのは男女共に同じでしょう。

「もう自分も年だし、そろそろ落ち着きたい」、「早く両親を安心させてやりたい」というため息と共に結婚相談所に駆け込んでくる男性は、女性の人生を何とかしてやりたいというよりも、自分の老後ばかりを心配している傾向にあります。

自分を本当に大切にしてくれる男性に出会いたいのなら、よくよく見極めたほうが良さそうです。

6.苦しいときに助けてもらったから

ここは結婚が決断できなかった男性の一番のホンネでしょう。年収やキャリアのある自分ではなく、自分が苦しい時に本当に傍にいてくれる女性の本質的部分が見えたなら、そんな良い女性を手放したいわけがありません。夫婦は分かち合うことが大切です。

しかしそんな大切なことさえ、見失ってしまうこともあります。お互いが心地よく生活できる空間、安心して帰れる場所があることは外で働く男性にとっては、もっとも重要なことなのです。

結婚というと、生活を継続させていくことの不安があって当然ですよね?責任がたくさん降りかかってくるような場所にあえて足を運びたくないのが男性の本音です。そこが男性の「結婚」を決断できない最大の理由だといっても過言ではないでしょう。

しかし苦しい時も助けてくれる女性だとわかった瞬間、鎧が取れたように「結婚」を決断する男性が実は結構いらっしゃいます。男性の弱い部分まで受け入れられる覚悟はあるでしょうか?そこが一番男性が欲しいところなのかもしれませんよ。

7.安定した生活を送りたいから

男性の思う安定と女性の思う安定は差があります。女性の求める安定は「金銭面」や「男性の職業での安定」ですが、男性は仕事をする上での安定を求めます。

例えば、男性は自分が仕事をして帰ってきたときにホッとできる場所を求めています。自分が帰ってきたときに温かいご飯と「おかえり」という言葉で出迎えてくれる安定した生活、それこそが男性が最も結婚に求めることだと言っても過言ではないでしょう。

しかし女性の本音は「家政婦にはなりたくない」と思っている人が多いようです。そこは結婚する前に、お互いよくよく話し合った方が良いでしょう。

理想と現実のギャップがあって離婚となってしまったり家庭内別居となってしまったりする夫婦が多いようなので、「結婚とは?」という根本からまずは話し合ってみることです。

8.子供がほしいから

ある程度の年齢まできてしまったら、女性も男性も「子供」という二文字で結婚を考えるようです。しかしここでも男性と女性では少し差があります。

女性は自分が子供を安全に産めるかどうかのリミットを考えて結婚を願いますが、男性は違います。男性は子供が大きくなったとき自分は何歳になっているだろうという計算が結婚に結びつくのです。

男性は何歳になっても子供を作ろうと思えば作れますが、女性はそうはいきません。年齢を重ねるごとにリスクをともなってゆくのを女性はよく知っています。

「子供と妻を守っていかなければいけないけれども自分は何歳まで働けるのだろうか?」という不安から結婚を決断する方が多いようです。

9.一緒にいて居心地がいいから

ここは男女共に共通して言えることでしょう。傍にいてくれる女性にはやはり居心地を求めるのが男性です。常に自分の理解者であり、気を使わずに生活ができ、自分の人生を半分預けても良いような女性がいたら、すぐにでも結婚を決断するでしょう。

女性もそこは同じではないでしょうか?いくら稼ぎが良くても居心地のよくない場所は誰も生活はしたくないものです。

もし、夫婦になったとしたなら、お互いを認め合い、助け合うことが肝心です。例えば、男性が収入が減ってしまっても、それを攻めない寛大な心は必要です。いざというときは自分が稼ぐぐらいの構えがないと、生活に苦しくなったら夫婦関係は冷めてしまいます。

「結婚」という二文字には、いろいろなことがのしかかってきます。お互いに、その先の相手の人生や家族のことまで考えられるかが大切です。

10.直感的に「この人だ」と思ったから

「ここぞという時は自分の直感を信じる!」と結婚や大切な商談を決めてしまう勝負師のような考え方の男性もいるようです。本当に「この人と結婚するかも」という直感から結婚に至ることもあります。逆に女性が直感で感じてその人と結ばれたケースもあるようです。

もしかすると心のどこかで常に「結婚」の2文字がチラついていて、そのように自分で暗示をかけていただけなのかもしれませんが、このような直感で本当に結婚したのなら、これはもう運命でしかないでしょう。

直感的に人を見て、逆にうまく行かなかったケースもありますが、そこはケースバイケース。このような直感から結婚したという人もいるということは心の片隅にでも置いておいてください。

男性が結婚を決意する年齢は?

結婚に焦ることがない男性

男性と女性を比較すると、男性のほうが結婚に消極的な印象を抱く女性は多いのではないでしょうか?どちらかといえば、“結婚に焦る女性と今ひとつ前に踏み出せないでいる男性”というカップル像が想像しやすいことと思います。

女性の場合、出産や子育てと年齢について考えたときに、できるだけ早く結婚して出産をしないと……という意識が働きますが、男性は自分が子供を産むわけではないため、そこまで結婚に焦ることがないようです。

それが関係して、男性が結婚について考えたり、決断したりするタイミングは女性と比べると少し遅めになるのです。また、男性の結婚を決断する年齢が遅いのは、他にも理由があるのです。

男性が結婚を決めるのは自分の生活に自信を持てるようになったとき

男性は“結婚したい”という願望以上に、自分の生活に自信を持てるようになることに必死です。最近では夫婦共働きが珍しくない世の中になりましたが、それでも男性は“自分が一家の収入源となり、家族を養っていく”という意識が強く働いています。

確かに男性が結婚を決意する年齢には偏りがありますが、女性と比較するとその偏りはかなり狭い範囲になっています。男性が自分の収入が安定し、一家の大黒柱となる準備ができるまでは結婚しようという決意を固めることはないからでしょう。

20代半ばから30代半ばに結婚を決断する男性が多い

実際に社会に出て働き始め、収入や生活が安定するまでには数年かかることでしょう。ある程度落ち着いたら、次はキャリアアップを狙っていくようになりますが、そこまでいけば必要以上に仕事にのめり込む必要もなくなります。

そうなったときに初めて、男性は付き合っている女性との結婚を意識したり、奥さんとなる人が欲しいと思うようになったりするのです。

そのため、男性が結婚を決断するのは若くても20代半ば以降である場合が多いようです。

それ以降となると、子供がいることの喜び、自分を支えてくれる存在が家の中にいることの素晴らしさを結婚した友人から聞く機会が増える30代前半から半ばになると結婚しようかな?という気持ちが湧いて出てくることが多くなります。

結婚を決意するまでの交際期間は?

スピード婚は意外と少ない?

男性が結婚を決意するまでの期間は、実は意外と長め。中には、交際数ヶ月でゴールインというスピード婚もありますが、その多くは女性から結婚を持ちかけ、男性がそれに納得して結婚……という流れが多いようです。

そのため、結婚するタイミングを男性任せにしておくと、平気で数年はかかることもあります。

男性が結婚を決意するまでの交際期間として一番多いのは、2年です。その次に1年から1年半、そして3年以上と続きます。長い交際期間を経て、男性はどのようにして結婚を決意しているのでしょうか?

長めな交際期間で男性が見ていること

実は男性は交際している女性とできるだけ長く恋人関係を続けることで、「この女性と結婚しても、結婚生活がうまくいくだろうか?」とうポイントに重きを置いてチェックしているのです。

家庭的な女性かどうか?自分を支えてくれる存在であるかどうか?など、彼女が奥さんとして自分に適した相手かどうかを見ています。

これは女性も同じなのですが、女性の場合、同棲することで新婚気分スイッチが入ってしまうので、男性ほどシビアに相手を観察することがなく、結婚してからガッカリしてしまうことも多いようですね。

踏み出せなくて交際期間が長くなっている可能性も?

「交際期間がかなり長くなっているんだけど、それは彼が私を結婚相手にふさわしいかふさわしくないから?」と不安になってしまう女性もいるかもしれませんね。

けれど、必ずしもそうとは限りません。ふさわしくなければ、もう別れを告げられているでしょう。実は、もう十分、あなたが結婚相手にふさわしいとは思っているのですが、プロポーズのタイミングを逃してしまっている可能性もあるのです。

最初のうちは、結婚相手としてどうだろう?と見定めていたのかもしれませんが、気づけばそのままズルズルと交際期間だけ長くなってしまい、結婚するタイミングをつかめずにいるのです。決意はできているのですが、第一歩が踏み出せなくなってしまっているのですね。

この場合、女性側が結婚したいという気持ちをまったく匂わせないまま、交際を続けている可能性があります。もし、「この彼ならいいな」と思っているなら、少し「結婚」という言葉を会話の中に織り交ぜてアピールしても酔いかもしれませんね。

男性に結婚を決意させるには

一緒に生活しているところを想像させる

男性に結婚を意識してもらうには、具体的なイメージを男性に描かせることが大切です。「結婚したらこんな風に生活したいね」だとか「2人で一緒に暮らすのって楽しそうだよね」というように、明るいイメージを植え付けることで、男性も結婚に対し前向きに想像できるでしょう。

いつまでに結婚したいと伝えてみる

男性は、なにかきっかけがないとなかなか結婚に踏み切れないもの。今の居心地の良さにズルズルしてしまうことも珍しくはありません。

お互い結婚を考えたお付き合いをしているのでしたら、「30歳までには……」なんてアバウトな「いつ」ではなく、「1年後までには入籍したい!」と、明確な日付を提示する必要があります。

2人の子供を想像させる

男性もある程度の年齢にくると、ほとんどの場合「子供がほしい」と思うようになります。ですから、「いつか子供が生まれたらこんな名前にしようね」というように、2人の子供を意識させることがおすすめです。

お互いの両親と良い関係を築く

結婚にはお互いの両親や家族と良い関係でいることがとっても大切。結婚はどうしても家と家との繋がりなのです。普段から彼の両親に対し丁寧に対応していると、「この子となら結婚しても上手くやっていけそうだ」と、結婚を意識させるきっかけになるでしょう。

家事と料理をきちんとこなす

男性に、「結婚=幸せや温かさ」を連想させることが重要です。男性は家庭に癒しを求める人がほとんどですから、普段から掃除や洗濯、料理などをきちんとこなして、良い奥さんになりそうだということをアピールしましょう。

もしも彼がなかなか結婚を意識してくれない場合には「電話占い」で占い師に、彼の結婚に対する本音を聞いてみるのもおすすめです。

まとめ

あなたが本当に結婚したいなら、女性と男性では考え方が違うことは認めることです。全く同じ思想の持ち主なんて同性であっても存在しませんから、そこは認めましょう。男性の考えていることを率直に聞いてみることです。

時期と縁があれば結婚できますし、結婚していなくても幸せにお互いの人生を歩んでいる男女だって存在します。焦るのではなく、相手を理解することとよく話し合うことが大切です。

結婚は長い迷路のようなものです。入り口ではなく出口も大切。しかしまっすぐに進めはしません。そのような迷い道に遭遇した時、リュックの中には何が詰められているのでしょうか?詰め込むリュックの中身をよくよくお互い確認してから、結婚という迷路を見つめてみてください。

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking

Category