• トップ
  • 出会い
  • マッチングアプリで会うまでには2週間がベスト!メッセージを続けるコツは?

マッチングアプリで会うまでには2週間がベスト!メッセージを続けるコツは?

    マッチングアプリで運良く好みの男性とマッチングできたのに、結局会うまでには進展しなかったという経験がある女性も多いのではないでしょうか。

    いくらマッチングがうまくいっても、相手の男性と実際に会うことができなければその先は見込めません。初めのうちは話が盛り上がって何となくいい雰囲気になれるのに、大体メッセージのやり取りが途絶えてしまってうまくいかないという場合は、タイミングを逃しているのかも。

    マッチングアプリで出会った男性とデートの約束をするには、タイミングが重要です。マッチングしてから会うまでのベストな期間や、メッセージを続けるコツをご紹介します。

    どれくらいで会ってるの?マッチングアプリで相手と会うまでの期間

    マッチングアプリでうまくいった方たちが、どれぐらいでマッチングした相手と会っているのか気になりますよね。なのでまずは、相手と会うまでのおすすめの期間と、会うのが早すぎたり遅すぎたりする場合のデメリットについて説明します。

    マッチングしてから2週間がベスト!

    マッチングアプリを始めてみて、いざマッチングしたはいいものの、どれぐらいの期間をおいて会えばいいのかという疑問を持つ方は少なくないでしょう。

    あまりガツガツして引かれたらどうしようと躊躇してしまったり、その結果時間を置き過ぎて会えずじまいになったりという経験がある方もいるのではないでしょうか。

    ずばり言います。マッチングアプリでマッチングした相手とは、2週間で会うことを目標にしましょう。それ以上時間をかけても相手が他の女性と仲を深めてしまう確率が高まりますし、早すぎても相手のことをほとんど知ることができず、会った時に気まずい思いをしてしまいます。

    大手マッチングアプリの中には、マッチングしてから2週間以内しかやりとりできないものも存在します。2週間のうちに連絡のやり取りをして仲を深めた後に、実際に対面することが成功の秘訣なのです。

    会うのが早すぎるとヤリモクの可能性も

    マッチングした相手の男性がすごく乗り気で、すぐにでも会いたいと言い出すことがあるかもしれません。しかしお互いの情報をほとんど知らないのに、いきなり会いたいと言ってくる男性には注意が必要です。

    何故かと言いますと、ある程度仲を深める前に会いたいと言い出す男性は女性の体目当て、つまりヤリモクである可能性が高いから。ヤリモクの男性にとっては女性の見た目と年齢の情報以外は必要ありませんし、特に興味もないので連絡のやり取りなんて面倒くさいもの。

    それに相手の女性の気が変わってしまったらホテルに連れ込む事はできなくなりますから、テンションが高いうちにできるだけ早く会おうとするのです。

    真剣な出会いを求めている人なら、1回きりではなく長い付き合いを意識して相手を探しているので、趣味や価値観、好みが似ているかどうかを知りたがるもの。そういったプロフィールに興味を示さない男性には、注意が必要です。

    時間がかかり過ぎると他に行ってしまうかも

    会うまでの期間が短すぎるのもよくありませんが、逆に時間がかかり過ぎても、相手の男性が他に目移りしてしまう可能性が大きくなります。

    たとえ連絡のやり取りが2週間以上続いていたとしても、相手の中での優先順位を下げられてしまったり、他に本命の女性ができて突然連絡が途切れたりしてしまうことも。マッチングアプリは気軽に出会える分、無理そうな相手に見切りをつけるのも簡単です。

    ですからこの人だ!と思える男性とマッチングできたのなら、2週間以上時間をかけてはいけません。じっくり考えているうちに彼はあなたに見切りをつけ、また他の出会いを探してしまうでしょう。

    会うまでの流れと適切なメッセージ頻度

    いざマッチングしたはいいものの、見ず知らずの相手とのメッセージのやり取りは緊張するもの。どんなメッセージをどのぐらいの頻度で送っていいのかわからないという方は、これからご紹介する方法を試してみてください。

    まずは挨拶から

    マッチングした当日は、まずその日のうちに挨拶のメッセージを送りましょう。相手からメッセージが来るのをただ待つのではなく、自分から積極的に送った方が、連絡のやり取りの主導権を握れます。

    男性からすぐにメッセージが来ればその流れにまかせればいいのですが、自分から送っても特に問題はないということは覚えていてください。

    最初のメッセージは自分を選んでくれたお礼を交えたり、相手のプロフィールに触れたりする内容で、親しみやすい雰囲気の文章を送ります。文章が固すぎると相手に引かれてしまいますが、馴れ馴れしすぎても失礼だと思われてしまうので注意が必要です。

    マッチングアプリでの出会いは特に第一印象が大切なので、丁寧な言葉遣いかつ、絵文字や記号で親しみやすさを演出するといいでしょう。

    プロフィールを参考に質問する

    マッチングしてから3日目ぐらいまでは、会う前にお互いのことを知るための期間です。相手のプロフィールを参考に、趣味や共通点についての話題でやり取りを行いましょう。

    ただし男性にリードされたいからと言って、質問されるのをただ待っているだけでは、他の積極的な女性に持っていかれてしまうかもしれません。相手に興味を持っていることをアピールするために、自分からも質問しましょう。

    話が盛り上げれば、自ずとメッセージのやり取りの回数も増えるはずです。ただ相手からすぐに返信がないからといって、執拗に返信を催促したり、返信がないのに何度もメッセージを送ったりするようなことはしないようにしましょう。

    連絡の頻度は相手の様子を見ながら合わせるのが基本です。

    デートに誘う・誘われる

    お互いの趣味や好きなこと、会うのに適した場所が分かれば、次はデートの段取りを立てます。デートの約束をするのは、マッチングしてから1週間が目安です。

    いきなり明日会おうと言っても、相手は予定が空けられないかもしれません。なので翌週の週末などの予定を聞いてデートの約束をするようにします。相手からのお誘いがなかなか来ないなら、自分から会ってみたいと提案してみましょう。

    相手から食事やデートに誘われて、どんな所に行きたい?と聞かれた時は、「どこでもいいです」と答えてはいけません。「イタリアンか中華が好きです」または「美味しい日本酒が飲みたいです」など、希望を具体的に伝えるようにしましょう。

    相手に譲歩するつもりで女性が言う「どこでもいい」という言葉は、男性にとってはやる気のない返事に聞こえます。実はそんなに会いたくないのかな?と思わせてしまうので、本当は特に希望がなくても、選択肢をこちらから提案してあげる気遣いが大切です。

    会うまでたどり着かない方必見!メッセージを続ける5つのコツ

    マッチングした相手とのメッセージのやり取りが、いつも途中で途絶えてしまうという場合、メッセージの内容に問題があるのかもしれません。なので次は、どのようなメッセージを送れば連絡のやり取りが続けやすくなるのかをご紹介します。

    連絡が来たら早めに返信する

    男性は自分が送ったメッセージにすぐに返信がないと、相手の女性の機嫌を損ねてしまったかもと思ってしまいがちです。さらにこの女性は難しそうだと思われてしまったら、会える確率はとても低くなります。

    なので気に入った男性から来た連絡には、なるべく早く返信することを心掛けましょう。駆け引きとしてわざと返信を遅らせる方もいるかもしれませんが、それは1度でも会ってからでなくては効果は見込めません。

    相手から来たメッセージには、できるなら半日以内に返信を送るのが、メッセージを続けるコツの1つです。もしちゃんとした文章を送る時間がないのであれば、短文でいいので事情を説明してあげましょう。

    1回のメッセージを短めに

    無駄に長々としたメッセージを送ってしまうと、相手は返信が面倒になってしまいます。よほど興味があるなら細部までしっかり読み取って返す内容を考えてくれるかもしれませんが、マッチングしてまだ会ってもいない仲となると、そこまでの労力をかけてくれないことがほとんどです。

    特に男性はオチのない話が苦手です。女性にとっては共感してほしいだけのダラダラとした愚痴なども、どう返していいのかわかりません。

    質問する時は聞きたいことを1つずつ、質問されたら簡潔に答えて逆に質問を返す、というやり取りを続けていけば、メッセージが途切れることは少なくなるはずです。

    質問には具体的に答える

    相手の男性があなたのプロフィールの情報から、質問をしてくることがあると思います。その返事をする時に曖昧な答え方をしてしまうと、相手はそれ以上話題を掘り下げられなくなってしまい、メッセージのやり取りが盛り上がらなくなってしまいます

    そしてたとえメッセージのみのやり取りだとしても男性まかせで会話を盛り上げてもらうのではなく、自分でも盛り上げようという意識を持ちましょう。

    たとえば相手から「いつもどの辺で遊んでいるの?」という質問が来たら、「〇〇辺りです」で終わらせるのではなく、「会社の最寄りの〇〇辺りが多いですね。△△さんは?」といった具合に、相手が返信しやすいメッセージを送れば、やり取りが続きやすくなります。

    絵文字や記号をほどよく使う

    文字と句読点だけのメッセージは、どうしても相手に冷たい印象を与えがちです。カラフルな絵文字が苦手でも、せめて?や!などの記号をところどころで使い、そっけない文面にならないように気を付けてみてください。

    ただし絵文字や記号を多用すればいいというものではありません。文字の数を超えてしまうような多すぎる絵文字は、メッセージの読みにくさに繋がります。

    おすすめの絵文字の使い方は、相手の絵文字の使い方に合わせる方法です。相手が送ってきたメッセージの雰囲気に似たようなメッセージを送るだけで、相手にとって読み取りやすい上に、自然と親近感を感じてもらうことができます。

    男性を警戒し過ぎない

    実際に会ったことのない男性に対して、女性が警戒心を持つのは当然のことです。しかしあまりにガチガチに警戒し過ぎてしまうと、その気持ちが相手に伝わってしまいます。

    「どこら辺に住んでるの?」という質問に対して「住んでいる場所は教えられません」と頑なに拒んだり、「趣味が食べ歩きって書いてあったけど、いつもどの辺のお店に行くの?」という質問に「それは言えません」と答えたりなど、警戒心を露わにしていては相手も困ってしまいます。

    何も自宅の住所や町名まで教える必要はありません。住んでいる所を聞かれたら、「〇〇県の△△市だよ」ぐらいに応えておけば大丈夫。使っている路線が予測できる範囲で伝えておけば、相手もデートの段取りを立てやすくなります

    もちろんマッチングアプリの性質上、1度も会っていない相手に個人情報をすべて明らかにしてしまうのはおすすめできません。自分でこのぐらいまでなら教えても大丈夫というボーダーラインをあらかじめ決めておき、相手の質問に答えるようにしましょう。

    自分から誘ってみるのもOK!例文つきデートの誘い方

    相手の男性がなかなかデートに誘ってくれないなら、勇気を出して自分から誘ってみましょう。男性をデートに誘ったことなんて1度もないという方でも大丈夫。どのように誘えば成功率が高くなるのかを、例文を交えてお伝えします。

    行きたいお店があるという口実で

    マッチングアプリで出会った男性を、女性からデートに誘うのは勇気がいるものです。そして自分からなかなか女性をデートに誘えない草食系な男性だと、「デート」という言葉自体にプレッシャーを感じてしまう場合もあります。

    そこでおすすめな誘い方として、行ってみたい場所やお店があるけれど、1人では行きづらいと理由でデートに誘うという方法があります。

    行ってみたいカフェがあるんだけれど、なんとなく1人では入りづらくてまだ行けてないんです。もしよかったら、一緒にどうですか?」といった具合に、おひとりさま入店ができないアピールをして、相手の男性に同行してもらいたいという体で誘うのです。

    この誘い方であれば、誘われた男性も気軽にOKを出すことができます。お店選びのコツとしては、あまり高級な飲食店を選ぶと男性が警戒してしまうので、カフェやバルなど友人同士でも気軽に入れるカジュアルなお店がおすすめです。

    共通の趣味を理由に

    相手の男性と共通の趣味があるなら、その趣味を口実に誘う方法も自然です。お互いに映画鑑賞が趣味なら、映画を観に行く約束をしたり、音楽が好きならライブに行く約束をしたりと、趣味を楽しめる上にデートにも嫌味なく誘えます。

    また映画やイベントなら開催日や期間が決まっているので、デートの日取りを決めやすいのもおすすめのポイント。具体的な日にちを提示して誘うことができるので、お誘いの成功率も高いです。

    趣味の話題で盛り上がることができたら、「そういえば今度こんなイベントがあるみたいなんですけど」と自分から話を振ってみて、相手が「行きたいと思ってた」と乗り気な様子なら、「よかったら一緒に行きませんか?」と誘うチャンスです。

    もっと話してみたいという気持ちを正直に伝える

    行きたいお店が思いつかないし、共通の趣味も見つからない、けれどデートに誘いたい!という男性とマッチングできたなら、いっそのこと勇気を出して、真正面から誘ってみましょう。

    こちらからガツガツすると引かれてしまうのでは?と心配かもしれませんが、女性から会ってみたいと言われて不愉快に思う男性はごく少数です。ほとんどの男性が女性から誘われれば嬉しいと感じるもの。

    むしろ今は女性からデートに誘うパターンも珍しくはないですから、うかうかしているとお気に入りの男性を横からかすめ取られてしまうかもしれません。

    それでもさすがに「デートしましょう!」とは誘いにくいと思いますので、「〇〇さんともっとお話ししたいのですが、もし都合があえば会ってもらえますか?」というような、控えめな誘い方がいいでしょう。

    あくまでも相手の様子を伺う感じで、控えめに会いたいという気持ちを伝えれば、男性を立てることにもなりますので、デートに誘うきっかけを男性に与えるぐらいの気持ちで連絡してみましょう。

    まとめ

    今回はマッチングアプリで出会った男性と、デートの約束を取り付けるための秘訣をご紹介しました。難しいことは1つもなく、ノウハウさえ知ることができれば誰でも実践できることばかりです。

    恋愛に対して積極的な女性が増えた今、運命の王子様をただ待っているだけでは素敵な恋は掴めません。チャンスを逃さずしっかり掴み取るためにも、マッチングアプリを上手に使って理想の相手との出会いを実現させてくださいね。

    Cloverチャット占い

    悩める恋は、チャット占いで相談。

    時間や場所にとらわれることなく、いつでも専門の先生に相談ができます。

    彼からLINEの返事が来ないんです。

    既読

    21:54

    タロットで見たところ、週明けくらいに来そうな感じですよ。

    21:55

    え〜!待てません!笑

    既読

    21:56

    でも彼、とても忙しそう。

    21:57

    みん電占い

    本当に当たる占い師に、出会える。

    メディアで話題の占い師や、恋愛成就に特化した占い師が多数在籍。