モラハラ妻に仕返し!反撃してモラハラ妻を黙らせる方法

    妻からモラハラを受けている男性は、仕返しをしたいと考えているかもしれません。モラルハラスメントは精神への暴力であり、心に大きなダメージを与えます。そのため、妻に復讐したいと考えることは当然でしょう。

    また、日々繰り返される、妻のひどい発言に我慢の限界を感じ、黙らせたいと考えている男性もいますよね。妻の性格によっては、夫が反撃しないからひどい言動を続けている場合もあります。つまり、言い返すことは、妻の態度を改善させることにもつながるかもしれません。

    今回は、そんなモラハラ被害者である男性に、妻に仕返し・復讐・反撃する方法を紹介します。法律違反にせず、倫理的にも問題がない正攻法で仕返しをしましょう。

    モラハラ妻に仕返し・復讐する方法

    妻から一方的に嫌味や暴言を吐かれていれば、ストレスが溜まりますよね。ストレスを溜め続けることは心が荒む原因になるので、妻に仕返しや復讐をして、自分の気持ちをスッキリとさせましょう。こちらでは、妻に仕返しをしたい男性に向けて、合法の範囲内で復讐する方法を紹介します。

    周囲に妻の言動をバラす

    妻の友達や家族に、自分が受けている妻のひどい言動をバラすことで、妻への仕返しになります。特に、外面がよく社交的な妻は、周囲からは評価が高いでしょう。そして、夫への言動を知られることは、自分の評価を下げることにつながります。

    それにより、妻の友人や家族があなたの味方について、離婚などを考えた時にも助けになってくれるでしょう。妻からは人が離れて孤独になるので、そこで自分の過ちに気付くかもしれません。妻の暴言などを録音して周りの人に聞かせると、あなたが話すよりも信憑性が増すのでより効果的に復讐できるでしょう。

    妻の言動を録音し聞かせる

    他者に暴言を吐いている姿は醜く、自分では聞くに堪えないでしょう。そのため、言動を録音し、後日本人に聞かせることは仕返しになる可能性があります。

    録音は、スマートフォンで簡単にできますし、モラハラの証拠にもなります。さらに、この方法は、妻に自分の言動を自覚させることにもつながるでしょう。また、言動を指摘されることよりも、録音された自分の発言を聞くことで、モラハラを認めやすい傾向があります。

    そこまでしても理解しない妻なら、自分の間違いを認める気がないので諦めるべきです。

    家を出て行く

    夫が経済面で家庭を支えている場合、突然家を出て行くことで、妻への仕返しになります。モラハラ妻は、夫を支配していると勘違いしている場合が多いでしょう。そのため、夫が自分の予想を超えた行動をすることで、驚くとともに屈辱を感じるはずです。

    その際は、居場所がバレないよう、共通の友人には新居を知らせないなど注意してください。妻にひどい言動を反省させるために、ある程度の期間は連絡をとるのをやめましょう。

    離婚する

    妻に離婚届を突き出すことで、復讐になるかもしれません。特に、夫が言い返さないことで、ひどい発言を続けている妻の場合、相手から別れを言われるとは思っていないでしょう。

    なかには、離婚をすると言われることで、夫に謝ってすがってくる妻もいます。その状況になれば、形勢は逆転したと言えるでしょう。これまでの言動を反省させ、態度を改善させることもできるかもしれません。

    慰謝料を請求する

    妻のモラハラが原因で離婚をする場合、慰謝料を請求できる可能性があります。慰謝料を請求するためには、モラハラの証拠を揃えておくことが大切です。証拠は、ひどい言動をおさめた音声テープ、モラハラを受けたときの日記などが挙げられます。

    慰謝料を払わせることは、妻を反省させるとともに、大きな復讐となるでしょう。自分の状況で慰謝料が請求できるかどうかは、弁護士に相談してみてくださいね。

    モラハラ妻に反撃して黙らせる言葉

    モラハラ妻がひどい言葉を浴びせてきても、優しさから言い返せない男性がいるでしょう。しかし、言動をエスカレートさせないためにも反撃するべきです。こちらでは、妻に反撃して黙らせる言葉や方法を紹介します。

    冷静な態度で聞く

    理不尽な内容で怒っている妻に対して、冷静な態度で不満を聞くことで、妻を黙らせることができるかもしれません。それは、怒っていることに対して、妻の想像と真逆の態度を示すことで、相手をひるませる効果があるからです。

    また、妻の発言を一旦受け入れることで、妻は自分の不満を理解してくれていると感じるでしょう。その行動により、夫への信頼感を取り戻し、モラハラ発言をやめるかもしれません。

    妻の発言を分析する

    モラハラ妻は怒っているとき、感情が高ぶり話の筋が通っていないことが多々あります。また、なかには、自分がなぜ夫にモラハラをしてしまうのか理解していない女性もいるでしょう。そのため、妻の発言を分析し、論理的でないことを指摘することで、黙らせることができるかもしれません。

    指摘をする際は嫌味な口調ではなく、妻を理解したいという態度で接することをおすすめします。例えば、「昨日言っていた不満と内容が異なるけど、どっちが本音なの?」など、妻の本心を探ってあげましょう。そうすることで、妻も自分の本心を見つめ直すことができ、夫婦関係を改善する方法が見つかるかもしれません。

    妻を無視する

    無視することは、人を傷つける方法の1つです。性格によっては、悪口を言われるよりも、無視をされる方が傷つく人もいるでしょう。そのため、妻が嫌味や暴言を吐いてきても全く反応せず、無視することで黙るかもしれません。

    無視の方法は、妻が嫌味を言ったら、何も言わずにその場を立ち去るのではありません。その場にいながら、妻の存在が見えないかのように扱うことで、相手にダメージを与えられるのです。

    そのため、妻が何を言っても反応せず、同じ空間に居続ける必要があります。そして、ひどい発言をやめたら話しかけるなど、相手に無視している理由がモラハラにあると理解させることが大切です。

    妻の盲点を突く

    間違えをしない完璧な人間はいません。妻のミスを探し、妻の盲点を突いた言葉で言い返すことができれば、妻は黙るでしょう。言い返すタイミングは、自分の行動に関して嫌味を言われときです。自分は完璧だと思い込んでいる妻に批判を仕返すことで、効果的な反撃となるでしょう。

    また、自分は優れていると思っている妻は、夫に言い返されると想像していません。そのため、自分より劣っていると思っている夫に、盲点を突かれることで、妻は屈辱を感じます。

    離婚を仄めかす

    「このままモラハラ行為が続くなら離婚する」という意思を妻にみせましょう。夫にひどい行為をしているけれど、離婚はしたくないという妻なら焦り始めます。

    それは、経済面への不安に加え、本当は夫のことが好きという心理が考えられます。どのような心理であっても、そのような女性にとって離婚を仄めかすことで、黙らせることが可能です。また、離婚届を食卓に置いておくなど、直接言わない方法もあります。

    モラハラ妻に仕返しする時の注意点

    ひどい妻に仕返しや復讐をする際、あなたの言動にまで倫理的な問題が発生しないように注意するべきです。被害者であるあなたが、モラハラ妻を原因にひどい人格になる必要はありません。こちらでは、復讐をする際の注意点を紹介します。

    自分がモラハラをしないよう気をつける

    妻の発言に言い返す際、モラハラな発言をしてしまう傾向があります。例えば、妻の育った家庭環境や義両親の悪口など、夫婦同士であっても批判するべきでない点には触れないようにしましょう。

    自分までひどい発言をしてしまうと、妻の言動を責める資格がなくなります。嫌味を言い返したくなる気持ちはわかりますが、そこは堪えて論理的に言い返しましょう。

    暴力に発展しないように注意する

    妻の口が達者な場合、言葉では勝てず、つい手を出してしまいそうになるかもしれません。しかし、暴力を振るってしまうと、妻が被害者となってしまいます。

    原因が妻の言動にあっても、妻に外傷が残れば、家庭内暴力をして訴えられるかもしれません。なかには、刑事事件に発展してしまうケースもあります。そのような状況になり、あなたの立場が悪くならないためにも十分に注意してください。

    妻の言葉が頭にきても、深呼吸をして一度怒りを鎮めましょう。その後、冷静に妻に言い返すことで、反撃としても効果があり、あなたの身を守ることにもつながりますよ。

    妻の性格によっては反撃しない

    妻のなかには、夫に言い返されることで、言動をエスカレートする人もいます。特にヒステリックな妻など、論理的に話ができない場合は注意が必要です。なぜならば、反撃によって妻が暴力を振るなど、事件を引き起こす恐れがあるからです。

    そのような状況になれば事は大きくなり、対処がさらに難しくなります。そのため、妻の性質によっては、第三者の介入を検討しましょう。信頼できる友人や家族、弁護士など、他者の力を借りて正当な方法で仕返しすることをおすすめします。

    まとめ

    モラハラ妻に、仕返し・復讐・反撃する方法を紹介しました。妻から受けた精神的な負担への仕返しをしたいと思う男性は、多く存在するでしょう。しかし、なかには復讐の方法を間違えて事件に発展してしまうなど、自分が加害者となってしまうケースもあります。

    また、事件にならなかったとしても、被害者であった夫までDVやモラハラをしてしまう場合もあるでしょう。どのような状況でも、被害者が悪者になってしまうことは、とても残念な結果です。そのため、仕返しは正攻法でおこないましょう。

    Cloverチャット占い

    悩める恋は、チャット占いで相談。

    時間や場所にとらわれることなく、いつでも専門の先生に相談ができます。

    彼からLINEの返事が来ないんです。

    既読

    21:54

    タロットで見たところ、週明けくらいに来そうな感じですよ。

    21:55

    え〜!待てません!笑

    既読

    21:56

    でも彼、とても忙しそう。

    21:57

    みん電占い

    本当に当たる占い師に、出会える。

    メディアで話題の占い師や、恋愛成就に特化した占い師が多数在籍。