• トップ
  • 出会い
  • モラハラ女の心理と対策!モラハラされやすい女性の特徴も紹介

モラハラ女の心理と対策!モラハラされやすい女性の特徴も紹介

    職場や友達にモラハラをする女性がいて、困っている人は多いですよね。男性であれば、出会った女性や恋人がモラハラ気質かどうか知りたいでしょう。モラハラ女に出会ってしまった人は、対処法を知っておきたいですよね。

    モラハラ女の特徴や心理を理解することで、そういう女性に出会ったときも対処しやすくなります。相手の性格を直すのは難しくとも、早めに気付けば距離を置けるので、被害を最小限にとどめられます。

    今回は、モラハラ女に悩んでいる人に向けて、ひどい女性の特徴・心理、対策を紹介します。そして最後に、モラハラされやすい女性の特徴についても説明しますよ。

    モラハラ女の特徴と心理

    こちらでは、モラハラ女の特徴と心理を紹介します。女性特有のモラハラについて紹介するので、周りの人に当てはまるところがあるかチェックしてみましょう。

    遠回しな嫌味

    表面的には世間話をしている様子を装い、遠回しに嫌味を言う女性がいます。状況によっては、ひどい言葉をダイレクトに言われるよりも、遠回しに言われる方が傷つくでしょう。

    遠回しな嫌味の例として、「最近太っちゃったから痩せないと」など、自分より明らかに太っている相手を前に言うことが挙げられます。特に、相手が自分の体型を気にしている場合、デリカシーのない発言だと言えるでしょう。

    遠回しに嫌味を言う心理は3通り考えられます。1つは、相手を傷つけようという悪意をもっている場合です。2つ目は、本人は嫌味のつもりがなく、無意識に言っている場合です。そして3つ目は、「そんなことないよ」と周りから否定してもらい、自分が安心したい場合でしょう。

    ネチネチ言い続ける

    誰かに嫌なことをされても、きちんと謝罪をしてもらって許した場合、そのことを掘り返して文句を言い続ける人は性格が悪いと言えます。しかし、モラハラ女は、一度許したことに関しても、その後も文句を言ってきます。たった1回の失敗でも何度も蒸し返し、ネチネチと攻め続けるでしょう。

    この心理として考えられるのは、その女性が現在の状況に満足していないことです。それは、被害者に責任がある場合だけでなく、その他のストレスが以前の過ちを思い出させているケースもあるでしょう。また、記憶力がよく、嫌なことを忘れられない性質も関わっていると考えられます。

    このタイプの女性と付き合ったり結婚したりすると、事あるごとに延々と昔のことで文句を言われ続けるでしょう。今のパートナーにこういった性質が見られる場合、付き合いを考えるべきかもしれません。

    ヒステリックに怒る

    些細なことをきっかけに泣きわめく、暴言を吐くなど、ヒステリックに怒るモラハラ女がいます。このような怒り方をする女性の心理として、ストレスが溜まって爆発してしまったことが考えられるでしょう。

    また、女性は男性と比べて力が弱い場合が多いので、大声を出したり、物を使って暴れたりすることで、本能的に自分を守ろうとしているのかもしれません。

    このタイプの女性は、部下や恋人、自分の子供などに怒鳴り散らす傾向があります。自分より立場が下だと判断すると、大きな態度に出るでしょう。

    陰口を言う

    直接ひどい言動はしないものの、陰で悪口を言うモラハラ女がいます。なかには、その人の評判を下げるために、嘘の話をして孤立するように仕向けるケースもあるでしょう。また、相手の前では良い顔をしているにもかかわらず、裏ではひどい悪口を言いふらしている怖いケースもあります。

    この言動の心理として、被害者への嫉妬が考えられます。また、自分の評判を上げるために、他人の悪口を言う女性もいるでしょう。このようなタイプは、女性の後輩に対して厳しいことが多いと言えます。男性や先輩女性には媚を売って、後輩女性を貶めようとしています。

    おせっかいな言動

    おせっかいな言動は、他者の世話をしたくなる母親タイプの女性によく見られます。もちろん、本当に相手のためを思って言っている場合も多く、悪気がない女性が大半です。しかし、行き過ぎた干渉はモラハラと捉えられても仕方がありません。

    例えば、「その服はダサいからやめた方がいい」など、その人の価値観で物事を判断し、きつい言い方をする場合があります。この言葉には、相手への思いやりが感じられません。

    おせっかいな言動で疎ましがられている人は、自分が正しいという自信が強い傾向があります。また、このようなタイプの人は、何かにつけてマウントをとってくる傾向もあるでしょう。そして、本人に悪気がないからこそ、言動が改められる可能性も低いと言えます。

    職場や友達でモラハラ女に出会った時の対策

    職場や友達にモラハラ女がいる場合、できる限りの対策をして被害を受けないようにしましょう。こちらでは、モラハラをする女性に出会った際の対策・対処法を紹介します。女性同士だけでなく、モラハラ女に困っている男性も参考にしてくださいね。

    距離を保つ

    モラハラ女に目を付けられないためには、距離を保って必要以上に関わらないことが重要です。ある程度の距離を保っていれば、たまに嫌なことを言われたとしても、大きなストレスになるほどの被害は受けないでしょう。

    距離の保つと言っても、明らかに避けるのは逆効果です。あなたが嫌がっていることに勘付くと、モラハラ女は攻撃を仕掛けてくるかもしれません。そのため、業務連絡はきちんとおこない、仕事中だけは世間話に付き合う程度の関係を保つのが理想でしょう。

    気にしない

    ひどい言動をされても真面目に聞かずに受け流すことで、ストレスを溜めずに済むでしょう。性格によっては、自分の機嫌が悪いときに他者に当たってしまう人がいます。感情的に怒る人は、勢いで心にもないことを言って、本人はそのことをすぐに忘れているケースが多々あります。

    つまり、気にするだけあなたが損をすると言えるでしょう。悪意のある言葉に振り回されることなく、信頼できる人の言葉だけ受け入れるようにすることで、気持ちが楽になりますよ。

    また、モラハラをしている意識がない女性の場合、言動を無視することが問題解決につながるかもしれません。相手に無視されることで、「なにか気に障ることを言ったかな?」と考え、モラハラをやめる可能性があるからです。

    言い返す

    モラハラ女のなかには、相手が言い返せないと思って上から目線の態度をとっている人がいます。また、反抗されないため、自分が相手を傷つけていると気がついていない女性もいるでしょう。そのため、あなたが言い返して、相手にモラハラを自覚をしてもらいましょう。

    しかし、言い返す際に嫌味を含めれば、状況が悪化するかもしれません。同じ加害者にならないためにも、相手の問題を冷静に指摘しましょう。

    他の友達に相談する

    モラハラ女の被害者が、あなた以外にもいるかもしれません。職場や友達の様子を観察し、仲間を見つけましょう。あなたと同じように悩んでいる人が見つかれば、モラハラ女に一緒に対抗できます。そうすれば、一人で問題を抱え込むよりも、モラハラ女を撃退できる可能性が高まるでしょう。

    被害者が他にいなかったとしても、誰かに相談することをおすすめします。他者に悩みを話すことで、ストレス発散につながり、自分のメンタルを保ちやすくなるでしょう。また、人に話を聞いてもらうことで、状況の解決方法が見つかる場合もあるでしょう。

    モラハラされやすい女の特徴

    最後に、モラハラの被害者になりやすい女性の特徴・性格を紹介します。なぜか自分の周りにモラハラ男・女が集まりやすい、嫌味を言われやすいという人は、この特徴に当てはまっているかもしれません。自分の性格を変えるのは難しいことですが、モラハラをしてくる相手への態度を変えることで、状況が改善する可能性がありますよ。

    気が弱い

    気が弱い性格の女性は、モラハラ男やモラハラ女のターゲットにされやすいでしょう。相手が間違っているとわかっていても指摘できない、自分の意見を言えないという人は注意してください。お互いによく知らない関係の場合、容姿や雰囲気で判断される場合もあります。

    モラハラをする人間も、仕返しをしそうな人に対しては強気になれません。気が弱いとわかっている人を狙って、自分の支配下に置こうとします。「この人なら何を言っても怒らない」と、ある種なめられている状態なので、嫌なことは嫌だとはっきり言うことが大切です。

    優しい

    例えば、会社で雑務を積極的にこなし、仕事を押し付けられても文句も言わない優しい性格の女性がいるでしょう。優しい人は周囲から好かれますが、モラハラを受けやすい傾向もあります。それは、何を言っても許されると思われやすいからです。

    また、優しい人は、ひどいことを言われてもモラハラだと受け取らないケースがあります。そのため、モラハラをする側は付け上がり、行動や言動がエスカレートしていく恐れもあります。気が弱いわけでなくとも、あまり怒らない人は「何を言っても大丈夫」と思われがちです。

    友達が少ない

    モラハラ女やモラハラ男は、周囲からの評判を意外と気にしています。そのため、友達が多くて顔が広い女性には、悪い印象を与えないように気をつけるでしょう。その人から悪い噂が広まり、自分の評判を下げることを恐れているからです。

    一方、友達が少ない女性は、嫌な思いをしても相談する人が周りにいないと思われているので、モラハラをする人間も強く出てきます。無理に友達を増やす必要はありませんが、職場などではある程度の人間関係を築いておくと働きやすくなるでしょう。

    要領が悪い

    仕事や日常の行動が遅いなど、要領が悪い女性は、周囲からバカにされる傾向があります。特に、モラハラをする人間は、そういった人を見下した態度をとるでしょう。

    多くの場合、要領が悪い女性は、自分でも同僚や友達に迷惑をかけていることを自覚しています。そのため、他者に嫌味を言われても、言い返せずにいるケースが多いでしょう。

    しかし、いくら本人の仕事が遅いとはいえ、ひどい言動で傷つけてもよい理由にはなりません。相手のことを思っているなら、きちんと向き合って指導してあげるべきでしょう。モラハラ男やモラハラ女は、ただ優越感に浸るために自分より下の人間を探しているだけです。

    自分に自信がない

    自分に自信がなく、ネガティブな思考をする人は、モラハラの標的になりやすいタイプです。それは、本人がマイナス思考であることで、行動や言動にネガティブな雰囲気が出ているからでしょう。自信がない人は、自分で自分を卑下することが多く、それに便乗して相手からバカにしたような発言をされるケースがあります。

    自分で言うのと他人から言われるのでは、同じ言葉でも重さが違います。自信がないうえに他人からもひどいことを言われると、より落ち込んでしまう原因になるでしょう。そのため、他の人の前では、あまり自分を卑下するような発言はしないことをおすすめします。

    まとめ

    モラハラ女の心理と対策について紹介しました。職場や友達の間では、モラハラ女は別の女性をターゲットにすることが多いでしょう。そして、男性には媚を売っているケースが多いと言えます。

    そのため、男性の場合、モラハラ女だと気付かずに深い関係になってしまう場合もあります。恋人や結婚相手の言動・行動に異変を感じたら注意してくださいね。

    モラハラ女の特徴に当てはまる人がいたら、距離を置いて様子を見ましょう。嫌なことをされたら、はっきりと言い返すべきです。

    Cloverチャット占い

    悩める恋は、チャット占いで相談。

    時間や場所にとらわれることなく、いつでも専門の先生に相談ができます。

    彼からLINEの返事が来ないんです。

    既読

    21:54

    タロットで見たところ、週明けくらいに来そうな感じですよ。

    21:55

    え〜!待てません!笑

    既読

    21:56

    でも彼、とても忙しそう。

    21:57

    みん電占い

    本当に当たる占い師に、出会える。

    メディアで話題の占い師や、恋愛成就に特化した占い師が多数在籍。