元彼から友達に戻りたいと言われた…復縁はできる?彼の心理と本当の気持ち

Clover(クローバー) > 恋愛 > 元彼から友達に戻りたいと言われた…復縁はできる?彼の心理と本当の気持ち

元彼と別れた後でも友だちでいるという人も時々います。まだ未練を残しているけど、これ以上は近づけないと遠慮して我慢している人が多いのではないでしょうか。

さてそんなように相手への気持ちが残っている時に、元彼から「遊びに行こう」と誘われたら断れない人も多いと思います。

元彼と友人であることは、どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。連絡してくる元彼の心理や、友人から復縁した実例を交えてご紹介していきたいと思います。元彼との関係に悩んでいるあなたのお役に立てれば幸いです。

元彼から「友達に戻りたい」と言われた!

別れ話をしながら「友達に戻りたい」

彼から告げられた別れ話。その言葉の中に「恋人としてはもう無理だから、友だちとしてやり直さないか」という言葉を聞いた事がある人もいるでしょう。

この「友だちとしてやり直す」「友だちに戻りたい」という男性心理はどんなものなのかと言うと、ハッキリ言って「(うまく別れられそうにないから)その場しのぎの言い逃れ」でしかありません。

別れ話を言い出す時には、すでに彼の気持ちは醒めているでしょう。彼女の方がまだ好きだったら絶対にごねられてしまう事がわかっています。そんな時に言う言葉がこの「友達に戻りたい」という言葉です。

別れるけれど友達として付き合えるんだからという妥協点を彼女に与えているのですが、実際に友達に戻ったからと言って以前のように頻繁に遊びに誘われる事はありません。むしろ、もう二度と連絡が来ないと思った方が無難でしょう。

別れてしばらくしてから「友達に戻りたい」

それが、別れてしばらくしてから「友達に戻りたい」と言ってきた場合は、まったく意味が違ってきます。こちらは一度別れているのですから、もし未練があるとしたら彼の方でしょう。

でも、ここでも気をつけたいのは「友達に戻りたい」というのが本心とは限らないということです。例えば、”別に気になる女の子が出来たから”という理由で別れた場合、その女の子にフラれた可能性が高いです。あちらがダメだったから戻るなどというフラフラした気持ちの付き合いはこちらが傷つけられるばかりです。

そんな相手は彼氏としても友達としても、振り回されるのが目に見えているのでうっかり「友達ならいいよ」などと返事をしてしまうと、友達のはずなのにだんだんと元サヤに戻った気になって、しまいには彼氏ヅラされるのは火を見るよりも明らかです。

別れをあなたから切り出した場合は、彼の気持ちが「やっぱり別れられない」と思うのが妥当でしょう。あなたが元サヤに戻りたくないのであれば、ここで縁を切ってあげる方が彼に対して優しいのではないでしょうか。

もし、彼が嫌いで別れたのではないならば、逆に彼の事を考えて友達関係もお断りした方が良いと思います。別れ話の時でも、別れてしばらくしてでも元彼からの「友達に戻りたい」という言葉はそのままの意味で受け取らない方が良いといえますね。

元彼が連絡してくる心理

「未練」か「セカンド女子」か

友達に戻りたいとハッキリと意思表示はしないながらも、元彼があなたに連絡してくるには何かしらの意味があります。嫌いではないのは確実でしょうが、本命の彼女に戻れるのかと言うとそれもちょっと違う気がしませんか?

中には本気で別れた事に後悔して、こちらのご機嫌伺いをしつつ復縁のチャンスを探っているパターンもありますが、元彼の性格を良くしっているあなたなら彼の本意がわかるのではないでしょうか。

もし、それでも彼の本心を測りきれないという場合は、しばらくこちらからは連絡をせず彼の出方を見てみましょう。彼からのアプローチを観察していくうちに彼のあなたに対する本心が「未練」なのか「暇つぶしのセカンド女子」なのかわかってくるでしょう。

人間性は好きだけれど女として見られない

彼はあなたの事を異性として見ていない……という事はないでしょうか。彼女として付き合っていてとっても楽しかったけれどいつの間にか、ずっと連れ添った夫婦のような関係、男女の仲というよりも家族のような気持ちに変わって来る事もあるのです。

そのまま結婚する人もいますが、ほとんどの場合は他に好きな女の子が出来て別れを告げられてしまいます。これが、この「いい子なんだけど女として見られない」パターンです。

あなたも彼のことを異性ではなく一人の人間としてお付き合いするのには良い人だと思っているのであれば、彼と同じように良い友人関係を築いていけるでしょう。

そんな二人なら、特になにを気にする事もなく自然に友人関係が復活するでしょう。気にせず心のままに彼に接していけば良いですね。

体目的の「キープ」の場合もある

元彼に彼女が出来てからあなたに連絡して来た時は、浮気相手を探している場合が考えられますね。まだ新しい彼女がいない時でも、体目的という考えは捨てきれない人も多いのではないでしょうか。

元カノであれば一度は肉体関係があったという人が多いでしょう。それなら他の人を探すよりは簡単に落とせるのではないかと甘く見られているのです。ハッキリ言って、こんな考えで連絡してきたのなら頭に来ますよね!

元彼と友達になるデメリット5選

1.今彼のことを詮索されて気まずい

恋人が出来たときには、周囲の友達にお披露目したいし、認めてもらいたいものですよね。ですが、たとえ友達でも、それが元彼だったらどうでしょう。それはやっぱり話が別だと思ってしまいます。それでも、友達付き合いをしていれば、どこからか知られてしまいますよね。

元恋人に新しい恋人ができたことを、今は友達とはいえ心から喜んでくれるか不安ですし、仮に喜んでくれたとしても、気まずさを感じてしまうのはどうしようもありません。

元の恋人には、新しい恋人のことはできれば知ってほしくないし、アレコレ訊かれるのはもっとノーサンキューだという人は、元彼と友達になることは考え直した方が無難です。

2.元彼の今の彼女に嫉妬してしまう

元彼に恋人ができた場合も、微妙な状況に陥ってしまう可能性があります。今は大切な友達だから、新しい恋人と心から幸せになってほしい。そう本心から言えれば良いですが、そこまで割り切ることができないのが、女心の複雑なところです。

自分が幸せの絶頂にいるならば、嫉妬したり、置いていかれたような気持ちになったりするようなこともないのでしょうが、たいていは、多かれ少なかれ面白くない気持ちになってしまうようです。

中には、彼が彼女と楽しそうにしているのを見て自分がないがしろにされたと感じてしまい、辛くなって結局離れてしまうケースもあるようです。没交渉ならば知らずにいられた事ですから、耐える自信のない人は初めから別の道を歩みましょう。

3.虚しい身体だけの関係を持ってしまうかも

元彼と別れた後もコンスタントに会い続けた結果、いつの間にかそういう関係に陥ってしまうことは珍しくありません。お互いに相手のいない寂しさや、知らぬ仲ではないということも手伝って、二人きりで会えば雰囲気に流されズルズルと……というのは、そう不思議でもないですね。

後から後悔する人もいれば、そのまま関係を続けてしまうひともいます。どちらにしても、1度そういう関係を挟んでしまえば友人として正常な状態とは言えませんよね。

流されやすい人や彼に未練があって強く出られない人は、元彼と友達として関係を築くのには向いていないのかも知れません。別れたあとはきっぱりと接触を絶つのが懸命でしょう。

4.またきっとつらい別れがくる

良い友達関係に戻ろうとどんなに努力しても、結局どこかでうまくいかなくなるということもあるでしょう。その危険性は、あちらこちらに転がっています。

残っていた恋愛感情を隠しきれなかったり、どちらかの恋愛や結婚でバランスが崩れてしまったり、やっぱりお互いの嫌な部分が受け入れられなかったり。

その場合、結局また辛い別れを選ばなくてはならないかも知れません。どんな関係であっても、関係を解消するのにはとてもパワーを使いますし、2度目の別離も1度目と同じように辛いものになるはずです。

元恋人同士の友人関係は、初めから友達だった場合よりも脆いものだということを肝に命じておかなくてはなりません。

5.次の恋人に説明がつかない

あなたか彼のどちらかに新しい恋人ができた場合のことを想像してみてください。元恋人のことを今は良い友人だと説明したとして、快く受け入れてくれる確率はいかほどでしょうか。少なからず波風が立ってしまうのではありませんか?

どう考えても、相手の新パートナーがよほど寛大な人物でない限り、簡単に元恋人を紹介するわけにはいきませんよね。

もし、どちらかに新しい恋人ができた場合、自分から身を引くことも考えに入れておかなくてはなりません。

いくらなにもやましさはなくても、相手のパートナーへの説明に苦心しなくてはならない以上、それが当然の配慮です。元彼と友達になるということは、そういうシーンを想像しておく必要があるということなのです。

元彼と友達になるメリット5選

1.一番の理解者・相談相手になってくれる

あなたと彼が円満に別れを迎えた間柄なら、元彼は、何でも打ち明けることのできる気の置けない男友達になれるでしょう。

別れたとはいえ多くの時間を共有した相手ですから、友人関係や仕事関係、生活のパターンや内面まであなたのことをよく理解した一番の相談役になってくれる筈です。

特に恋愛系の相談においては、あなたの悪いところもズバリと指摘してくれて、男心の指南もしてくれる、とてもありがたい存在になってくれます。

女性同士の相談は、共感や励ましに終始してしまうことが多いものですよね。その点男性は建設的に話を進める能力に長けている場合が多いですから、味方につければとても心強いこと間違いなしです。

2.的確なアドバイスをもらえる

あなたのことについて、男性側からの本音の意見ってなかなか聞ける機会がないですよね。その点元彼ならば、あなたのことを熟知している上に気安い仲ですから、忌憚のない的確な意見を伝えてくれます。

あなたの印象から、言動、ファッション、長所や欠点に至るまで、辛口な意見をズバズバ言ってくれるのは元彼です。

もしも女友達に言われたならムッとしてしまうようなことでも、元彼に言われたら許せてしまうから不思議です。一度付き合っていた相手だからこそ、自分のことをしたり顔で分析されて意見を言われても納得できるのですね。

もらった意見をもとに自省をしたり自分磨きに生かしたりできれば、新しい恋もすぐに舞い込みそうです。

3.自分のダメな姿もさらけ出せる

1度は深い付き合いをしていた元彼には、付き合いの中であなたの良いところも悪いところもさらけ出してきていますよね。1度恋愛関係を解消した相手ですから、もう、異性として格好を付ける必要もないわけです。

ダメな姿や弱い部分をさらけ出しても許される相手というのは、大人になってしまうとなかなか出会えないものです。何も取り繕う必要のないラフな関係は、とてもリラックスできて心地良いですよね。

ちょっと狡いかもしれませんが、前もって「もう男性として見ることはない」と釘を刺しておけば彼の方も割りきることができますし、お互いにより気負わず、居心地の良いお付き合いができるかもしれませんね。

4.相手を受け入れることで自分の成長に繋がる

自分の傍に長いこといた元彼には、別れた後に成長した自分の姿を見せたいと思いますよね。

同じ会社や学校にいたり、遊び仲間のグループが同じだったり、元彼との接点が多ければ、落ち込んでいる姿は見せたくないし、別れたら魅力がなくなってしまったなんて言わせたくもないに決まっています。自然と、色々なことに気合いが入りますよね。

別れてからもいい友達として付き合いがあれば、彼が仕事で成功したり素敵なパートナーと結婚をしたりと、いろいろな元彼の状況を知ることができます。

それを受けて自分を奮起させる原動力にできれば、人間的に成長でき、切磋琢磨しあって、一皮も二皮も向けることができそうですね。

5.復縁しやすくなる

もしもあなたが元彼との復縁を考えているなら、あえて友達に戻ることで良い結果を引き寄せられるかもしれません。別れても友達として関係を続けられるということは、連絡を一切絶っている状況に比べたら非常に復縁しやすい状況だといえます。

別れた理由や別れ方にもよりますが、気軽に連絡が取れますし、会いたければ、2人でも大勢でも会うことができます。自分磨きをして変わっていく姿を見せつければ、別れた時点ではマイナスのだったあなたの評価も挽回することができてしまうのです。

わだかまりを持たずに割りきった友達関係を築く自信があるならば、彼との繋がりは切らずにおくほうが、復縁への道はぐっと近くなるのです。

彼氏から「友達に戻りたい」と言われたときの対処法

嫌じゃなければ友達になる

あなた自身が嫌じゃなければ、友人としての付き合いを続けていくのはありでしょう。未練があり、よりを戻したいという気持ちがあなたにあるならなおさらです。

「友達に戻りたい」と彼が言うのであれば、あなたに対して連絡を絶ちたくなるような嫌悪感は抱いていないはずです。恋人関係から一線を引き、いざ友達になってみると、意外と心地よい付き合いができるかもしれません。

また、あなたが復縁を望むのであれば、もう一度友達からやり直すことで、復縁できる可能性が高くなることも考えられます。

復縁と友人関係を行き来するなら見切りをつける

優柔不断な元彼が、「友達に戻ろう」と「よりを戻さないか?」と、コロコロ意見を変えてあなたを翻弄することがあります。

そのような場合は、あなたの心がぐらついてしまうとかえってつらいだけです。よりを戻してもまた別れたり、新しい恋愛の足枷になったり。

復縁しては別れて……という関係を繰り返す状態なら、しっかり距離を置くなり友人関係を崩さないなり、自分の中で見切りを付けることが必要です。

別れた理由や今後の付き合いを見直してみる

友人に戻ったあとに良好な関係を築くためには、別れた原因をもう一度見つめ直すこと。

例えば、「振り返ってみればただのくだらない喧嘩別れだった」と言える場合は、もう少し素直になるよう心がけてみる、相手の浮気が原因だったとしたら、少し距離を置いて、体だけの関係にならないように気を付けるなど。

友人として付き合うか、よりを戻すためのワンステップにするか。それとも自分自身のために、彼と会うのをやめるのか。決めるのはあなたです。

友達へと戻ったときにやってはいけないNG行動

都合の良い女になる

友達としての関係でありながら、彼に利用されたり良いように使われたりすることには絶対になってはいけません。

例えば、彼の都合で呼び出された時に散々時間と気力を使っておきながら、あなたが彼を必要とするときは一切時間を割いてもらえない。

また、単なる彼の性欲の処理や、好きな人ができるまでのキープとして扱われるなど。都合の良い女にならず、しっかりとプライドを持ちましょう。

彼のまわりの女性に対する嫉妬を露わする

彼はあくまで友達。新しい彼女ができようが、彼に言い寄ってくる女性がいようが、女友達と遊ぼうが、嫉妬や邪魔などをする権利があるわけではありません。

なぜなら、あなたは彼の恋人ではないからです。彼のまわりの女性たちに敵意を持ったり嫉妬したりするのは、絶対にやめましょう。

曖昧な関係になってしまう

友達である以上は、恋人同士ですることとの線引きはきちんとするようにしましょう。例えば、2人きりでは会わない。デートスポットには行かない。もしくは、手を繋いだりキス以上のことをしたりもできるだけしない方が良いでしょう。

友達なのか恋人なのか、はたまたセフレなのか分からない関係は、お互いを縛るだけです。

過剰な期待や束縛をする

彼に対して交際時のようなことを期待し、まるで付き合っているかのように彼を束縛をするのもNG。欲しい言葉や覚えていてほしいこと(誕生日や交際時の記念日)などを、恋人ではない「男友達」に求めても、かえってめんどくさがられる可能性の方が高いです。

自分よりも他の女性との予定を優先されても、今は何も言える時ではないことを、しっかりと理解してくださいね。

復縁をしつこく迫る

友達関係から復縁を望む場合にも、「早く復縁したい」と彼に迫り過ぎるのは考えもの。かえって復縁を遠ざけてしまいかねません。

友達に戻った時に、いかにして自身が成長し、自立するか。それが、復縁の可能性を大きく左右することになります。いわば、友達期間が自分磨きのための勝負となるため、努力するならチャンスというわけです。

元彼と友達になって復縁した実例とコツ

男性が女性を振った後友達に

体験者Aの実例

彼とは、あちらの希望でお別れしました。私は寝耳に水でどうして良いのかわからないまま、お別れする事になりましたが、もちろんまだ彼のことは好きでした。彼とはそのあと友達に戻ったのですが、出来れば復縁したいと思っていました。

彼に気をつけわせないようにと、出来るだけサラッとした友達関係でいるようにしました。その中にも親しみやすさを出すのには苦労しましたね。その後なんとなく、元サヤに収まった感じでお付き合いは復活しました。

別れた後でも彼と復縁したいなら彼の気持ちになって考えるのって大切ですね。もし、あなたが友達のラインを越えて近寄って来ようとしたら彼はどんどん引いていってしまいます。

彼と一緒にいる機会があれば、復縁のチャンスもありますが、彼があなたに対して壁を作ってしまったらもうそれ以上関係が修復することは難しくなってしまいます。

彼にフラれた形で友人関係になったら、出来るだけこちらの気持ちを気取られないようお付き合いをするのが良いでしょう。

身も蓋もなく相談しすぎることは避ける

体験者Bの実例

私は元彼だということで自分の全てをさらけ出して相談ごとをしまくりました。やっぱり、元彼だと自分のことをよく知っていてくれるので相談はしやすいのですが、身も蓋もない相談をしてしまいがちですよね。

その結果どうなったかと言うと……彼から呆れられて最後には「もう俺お前とは無理。そんな奴だと思わなかったわ」と完全な別れを告げられてしまいました。

よく自分のことを知っていてくれると思っていても、彼の中で美化されていた自分もいたのですね。相談はあまりコアな所まで突っ込まずにオブラートに包んですることをオススメします。

女らしさを改めてアピールする

体験者Cの実例

彼にフラれた後も友達関係は続いていました。はじめは見返してやろう、彼に後悔させてやろうという気持ちだったのですが、自分磨きをとってもがんばりました。その結果、彼は私の新しい魅力に気づいたようで、彼から復縁の申し出が!

この体験者の実例から、身も蓋もない相談のように、よく知っていると思っていた元彼、元カノでもまだ知らない部分はあるものです。彼があなたの新しい面を見つけて見直すということもありますよね。

友達だからと言って女らしさをアピールしない手はありません。みんなで食事をする時に、サラダを取り分ける、注文をまとめる、酔った人の介抱をするなど女性らしい面を見せる。

これって彼女の時は、彼にやきもちを妬かせないために他の人とはなるべく疎遠にしていてしていない人も多いのです。

友達となった今でから見せられるあなたの女性らしさの一例です。この他、美しさに磨きをかける、彼に対して心のこもった対応をするなど、女らしさをどんどんアピールしていきましょう。

まとめ

元彼と友達になるにはお互いの性格やそこに至るまでのプロセスによって一概に「良い友達には戻れない」という部分もありました。でも、ただの友人でいることは男女ですから難しくなってきます。

復縁するとなればまた話は別で、一度別れて元サヤに戻って仲良くしている人はたくさんいます。男女の友情は難しいですが、復縁の希望も捨てがたいということではないでしょうか。

もし、あなたが元彼との友人関係に悩んでいたら、今後も友達のままで続けたいのか復縁したいのか、自分の気持ちを見つめ直してみてはいかがでしょうか?二人の良い関係づくりが出来るようお祈りしています。

オススメPR

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking

Category