【パンジーの花言葉】青、白、紫…色で変わる花言葉を解説!切ない意味も

みなさん一度は目にしたことがあるパンジー。小さい頃校庭の隅の花壇に、鮮やかに咲いていた覚えがある方も多いのではないでしょうか。紫、黄色、白……好きなパンジーの色はありますか?実はパンジーは花の色ごとに花言葉が違います。

パンジーを見たことがあっても、花言葉を知っている方は少ないのではないでしょうか。パンジーの花言葉は恋に関するもので、ちょっぴり切ない意味もあります。あなたの好きな色はどういう意味でしょうか。

ここでは、パンジーの色ごとに花言葉をご紹介させていただきます。ぜひ覚えてみてください。読み終えた後、愛する人や大切な人に、パンジーを贈ってみたくなりますよ。

パンジーの由来は

パンジーの基本情報と由来

まずパンジーの基本情報をご紹介します。

パンジー(英語名:Pansy)
科:スミレ科
属名:スミレ属
別名:三色菫 サンシキスミレ
草丈: 10~30cm
原産地:ヨーロッパ

パンジーはスミレの一種と言われています。日本には来たのは江戸時代末期頃で、オランダから輸入されたといわれています。

パンジーの花の柄と形が人の顔に似ていることから人面草(じんめんそう)、また蝶が舞う姿にも似ていることから遊蝶花(ゆうちょうか)と一般的に呼ばれていました。

そしてパンジーという名前の由来。花の模様と咲いている様子が、前に傾くくらい深く考え事をしている人間の顔に似ており、そこからフランス語の「パンセ(思想)」と名付けられたと言われています。確かにどことなく考え込んでいる人の顔に見えますね。

花言葉も、その深く考えているように見える様子がもととなっているものが多いです。

パンジーには色の種類も数種類あり、代表的なものは紫・黄色・白・オレンジ・アプリコット・青などです。パンジーに色々な色がある理由は、実はすごくロマンチックなんですが、そのご紹介はのちほど……

また、一つの花に数種類の色が混ざっていたり、同じ青でも黒っぽかったり水色っぽかったり、素人目で判断するのは実はとても難しい花なのです。

色の組み合わせを数えるだけでも数十種類以上あり、いろのグラデージョン具合は自然でできるものなので、家で開花させる際はどんな花が咲くのか楽しみでもありますね。

パンジーの開花期間

パンジーの開花時期は冬から春です。花びらがヒラヒラと柔らかそうなので意外かもしれませんが、寒さに強い花です。冬場に日当たりのいい場所に植えると、鮮やかな花が春にかけてたくさん咲きます。

また月で言うと開花の時期は12~5月といわれていますが、市場に出回る時期は10~6月が主に一般的です。高温多湿に弱いので、夏がくる前には枯れてしまいます。

ですが、夏に開花時期を迎える花は他にたくさんありますよね。パンジーは花の種類が少ない時期に咲いてくれる貴重な花なのです。

盛んな品種改良が行われたことで、今日のパンジーがあります。元々春の花でしたが、秋と冬にも楽しめるようになりました。管理もそれほど難しくなく、ガーデニング初心者でも育てやすい花です。色の種類も豊富なので、庭を華やかに飾ることもできます。

パンジーのロマンチックな話

パンジーがこの世に生まれた物語はロマンチックです。様々な言い伝えがありますが、その中からひとつご紹介します。

ある日、愛の神であるエロスが春の野に降り立ち、一群れの真っ白なスミレの花を見つけました。美しく清らかな姿とほのかな甘い香りに、エロスはいたく感動します。神々が集う華麗な天界であればいざしらず、まさか地上にスミレのような花があるとは思いもしなかったのです。

愛の神エロスは、スミレの花にそっとささやきます。「人々に真の愛の心を伝えておくれ。私たちの面影をお前たちに映してあげるから」。そして、真っ白なスミレの花に三回キスをします。

するとスミレの花がみるみると三色の美しいパンジーになり、神々の面影を映したかのように気高く咲き誇りました。こうしてパンジーは春と愛を知らせる使いとなり、世界中の野に広まったといいます。

それって本当にパンジー?

パンジーは特徴的な花柄と形をしていて、一目見ただけですぐにそれだとわかりますよね。ですが実は、ある一定の大きさにならないと園芸上ではパンジーと呼びません。

「ビオラ」という名前を聞いた事がありますか? 聞いたことはあっても違いはよくわからないという方が多いことでしょう。学術的に明確な違いはありませんが、園芸上では花径5センチ以上をパンジー、花径4センチ以下をビオラと分類しています。

「見た目が大きく豪華であればパンジー。小ぶりでかわいらしければビオラ」というふうにだいたい主観的に区別がされており、ビオラはパンジーの小輪多花性種ともいわれています。また、パンジーとビオラの中間の「パノラ」と呼ばれる花まであります。

ただ、ビオラもパンジーも盛んに品種改良が行われ、品種は数百種類にも及んでいます。そのため境界線は曖昧になり、学者のあいだでも意見が分かれているようです。ちょっと複雑な植物なんですね。

パンジーの花言葉

パンジー全般の花言葉

ここからはパンジーの花言葉をご紹介していきます。

パンジー全般の花言葉

「もの思い」 「私を思って」

他にも「純愛や物思いにふける」「思索」「思想」「楽しい思い」「私を思ってください」「平穏」「心の平和」などもあります。由来は、先ほどご紹介した花の名前の由来と同じように、花の見た目が深く物思いにふける人の顔に似ていることからきています。

色ごとの花言葉

次に各色ごとの花言葉を紹介していきます。あなたの好きな色は、どのような意味を持っているのでしょう。

・紫のパンジー
「思慮深い」「誠実」「忠実」「律儀」

・黄色のパンジー
「つつましい幸せ」 「田園の喜び」

・白のパンジー
「温順」「温和」

・オレンジのパンジー
「イノセント(無実、潔白)」

この「イノセント」という花言葉には、由来とされている言い伝えがあります。

あるとき、キューピッドが偵察を兼ねて地上に降り立っていました。恋愛の神であるキューピッドは弓矢を持っており、その矢に打たれた者は恋に落ちるといわれています。

キューピッドはうっかり、その矢を真っ白なスミレに当ててしまいます。すると傷口から3色の色が流れ出して、パンジーが誕生したのです。

このエピソードも、一種のパンジー誕生の瞬間といわれています。ここから「イノセント」という花言葉がつけられたようです。このときパンジーにはキューピッドの矢が当たっているので、恋に関する花言葉が多いというわけです。

アプリコット(黄とオレンジの中間)のパンジーの花言葉が「天真爛漫」であるのも、どことなくキューピッドの話からきている気がしますよね。

パンジーは恋の花

パンジーの花言葉には、相手を思いやるような内容が多いですよね。パンジーは恋の花といわれています。花言葉と直接関係はありませんが、パンジーに関する恋のエピソードがいくつかあるのでご紹介いたします。

まず、かの有名な作家シェークスピアの「真夏の世の夢」という作品に、「眠っている女性にパンジーの花の汁を垂らして飲ませると、その女性は目を開けて最初に見た男性を好きになる」という話が出てきます。

先ほどのキューピッドの話から来ているといわれ、パンジーには特別な恋の力が宿っているのではないかと思われていました。

もうひとつは、バレンタインにパンジーを恋人に贈るというヨーロッパの習慣の話です。

バレンタインデーの元となる聖バレンタイン。彼が投獄された際に「私を忘れないでください」という恋人宛てのメッセージと共に、牢獄の窓際に咲いていたスミレをハトに託しました。この言い伝えが元となって現在の習慣が生まれました。

こうしてパンジーは、恋愛の重要なシーンに度々登場してきたのです。

ちょっと切ない花言葉

パンジーには、ちょっと切ない花言葉があります。

それは「遠慮」です。

花言葉の由来とされている、ドイツの言い伝えがあります。

むかし、パンジーにはスミレのような甘い香りがあったといわれていました。その香りに誘われて、人々はこぞってパンジーを摘み取ってしまいます。パンジーは自分たちの乱獲と、自分たちのせいで他の草花や野菜までも人々に踏み荒らされてしまうことを嘆きました。

そこでパンジーは祈ります。「私の香りを全て奪ってください」と。この切実な願いを神が聞き入れ、そこからパンジーにはスミレのような甘い香りがなくなりました。

ちょっと切ないですが、パンジーのつつましさが表れているエピソードですね。

誕生花としてのパンジー

誕生花とは、生まれた日にちなんだ花の事です。誕生日一日一日違う花が誕生花といわれていますが、誕生花そのものを誰が決めているか、由来や起源などは国や文化によって違っています。

どの日にどの花というのは同じ日本でも諸説ありあすので、絶対とは言い切れないのが誕生花の面白いところです。あなたの誕生日の花はなんだといわれているでしょうか?知らべてみるのもおもしろいかもしれませんね。どれも有名な花が多いので、想像しやすいかもしれません。

パンジーは色によって違う日の誕生花であると言われています。今回は紹介した紫・黄色・オレンジ・白・アプリコットのパンジーを誕生花とする日を紹介します。あなたの誕生日は何の花が誕生花でしょうか?

紫のパンジー:12月10日

12月10日に生まれた人は謙虚で、相手の事を想うことを常に忘れない人です。信仰心なども強く、とても繊細です。

黄色のパンジー:12月29日

12月29日生まれの人は、つつましく控えめですが、人を惹きつけるので、輪の中心にいることが多いです。

オレンジのパンジー:11月6日

11月6日生まれの人は人を惹きつける性質をもっています。パンジーの力で愛には恵まれています。

白のパンジー:2月12日

2月12日生まれの人は、パンジーの花言葉通り温順で優しい性格です。いつも中立な立場で、問題などは上手くまとめることができ、そのおとなしさ・まじめさで周りを落ち着かせることのできる人です。

アプリコットのパンジー:12月4日

12月4日生まれの人は「天真爛漫」といわれるだけあって、とてもエネルギッシュです。大きな目標を達成する力にたけています。

全般:11月27日

色にこだわりなくパンジーじたいを誕生花としているのは11月27日です。パンジーの花言葉通り、愛に生きている人で、パッションに溢れていることでしょう。

ビオラの花言葉

パンジーとまったく同じわけではない

見た目がほぼ同じパンジーとビオラは、明確に区別する定義がなく大きさで見分ける。とご紹介しましたが、パンジーとビオラは花の名前が違うように花言葉も違います。どちらも恋や相手を思う気持ちがメインになってはいますが、ビオラには前向きな花言葉が多いです。

植物としてはざっくりした区別でも、花言葉はきちんとそれぞれにあてられているのですね。見た目はほとんど変わらなくても、「パンジー」と「ビオラ」という別の名前が与えられている花。その意義を汲んでいる花言葉は、繊細で奥深いものだといえますね。

誰かに花を贈るときは、ぜひ花言葉を意識してみましょう。大切な人にロマンチックな気分を味わってもらえますよ。

ビオラの花言葉

「誠実」「忠実」「信頼」「少女の恋」

これがビオラの花言葉です。パンジーより小さいビオラは、見た目から可憐な少女を想像させる花なのです。一説では、ビオラのつぼみは下向きにつくので、どれも夢見る少女の純粋な恋を応援するような花言葉になっているののだとか。

しかし、ビオラにも切ない花言葉がいくつかあります。

「私の胸はあなたでいっぱい」「私を想ってください」「私を忘れないで」「純愛」

などです。これらはギリシャ神話と関係している部分が多いです。ギリシャ神話の神ゼウスが、イオという美しい少女を溺愛し、イオのためにスミレの花を咲かせたことからきています。神話が絡んでくると、花言葉はぐっと感傷的になりますね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。パンジーの花言葉は色によって様々でしたね。そして大きさが違うビオラにも、また違った意味の花言葉がありました。誰かにパンジーもしくはビオラを贈るときは、ぜひ花言葉を添えてみてください。

パンジーは身近な存在ですが、ロマンチックなエピソードがたくさんある花です。パンジーに限らず、神話や伝説が由来の花言葉は数多くあります。花を物語の登場人物としてみてみると、奥深くて面白いですよね。

今回パンジーに様々な背景があると知ったことで、これから今までとは違うパンジーの楽しみ方ができるのではないでしょうか。

続きを読む

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking

Category