• トップ
  • 占い
  • パワーストーンブレスレットをつけている人への偏見…ダサい?引く?理由も解説

パワーストーンブレスレットをつけている人への偏見…ダサい?引く?理由も解説

    パワーストーンブレスレットを身につけたいけれど、周囲からどう思われているのか気になる人もいますよね。また、自分が気に入ったパワーストーンブレスレットを付けているのに、ダサいと言われたり、友達に引かれたりして傷ついている人もいるでしょう。

    確かに、パワーストーンに悪い印象を持っている人もいます。「胡散臭い」「ダサい」と感じている人もなかにはいますが、これらは一部の人が抱く偏った意見です。本当なら、このような偏見は気にせず、自分の好きなものを身に付けたいですよね。

    そこで今回は、パワーストーンブレスレットをつけている人への偏見について解説します。パワーストーンを好む人は、偏見の内容や偏見が生まれる理由を見ていきましょう。逆に、パワーストーンがあまり好きではない人は、身につけている人の気持ちも知ってくださいね。

    パワーストーンブレスレットをつけている人に対する偏見

    パワーストーンブレスレットをつけている人に対し、勝手な偏見を抱いている人がいます。こちらでは、偏見をもつ人がどのように思っているのかを解説しますよ。

    1.胡散臭い

    パワーストーンの効果は、目に見えるものではありません。そして、科学的にもはっきりとした根拠があるわけではありません。そのため、願いが叶ったとしても、スピリチュアルな現象を信じていない人からは、石のパワーや効果をなかなか理解してもらえないでしょう。

    目に見えるものや根拠が明確なものしか信じないという人は、パワーストーンの力を胡散臭いと思うでしょう。その結果、パワーストーンブレスレットを身につけている人に対しても、胡散臭いと思ってしまいます。

    2.スピリチュアルに傾倒していそう

    パワーストーンの持つ力は、スピリチュアルな世界で信じられているものです。そのため、「パワーストーンブレスレットを付けている人は全員スピリチュアルに傾倒しているのだ」と思い込んでいる人がいます。

    もちろん、スピリチュアルな世界や不思議な現象は、絶対にあるともないとも言い切れません。目に見えない存在を尊重しつつ、適度に生活に取り入れている人が多いでしょう。

    しかし、スピリチュアルに傾倒しすぎて、霊的な存在を信じない人を攻撃する人がいます。また、論理的な話が通じない人もいるでしょう。このように、視野が狭くて極端な考えの人がいることで、「パワーストーンブレスレットを付けている人はみんなそういう人だ」と一緒くたにされてしまうことがあります。

    3.宗教団体の事情?

    仏教徒の儀式で数珠が使われるように、宗教団体のなかには天然石を崇めている団体があります。そのため、パワーストーンと宗教を結びつける人がいるのでしょう。

    無宗教の方からすると、宗教は「得体が知れない」という印象を抱かれる傾向があります。特に、日本では信心深い人が少ないため、ネガティブな感情を抱かれがちです。また、「自分が信じていない宗教でも強引に勧誘されるのでは……」と恐れている人もいますよね。

    パワーストーンブレスレットを付けている理由は人それぞれです。信仰とは関係なくブレスレットを愛用している人もいます。

    4.願望成就が他人任せ

    パワーストーンブレスレットをつけている多くの人は、願いを叶えるための手助けとして石を愛用しているでしょう。そうした姿勢が、パワーストーンに興味の無い人からすると「石頼みで願いを叶えようとしている」と映ってしまうのかもしれません。

    また、「必ず願いが叶う」など、パワーストーンを魔法の石のように宣伝しているお店があります。そうした過剰な宣伝がパワーストーンをよく知らない人に「願望成就が他人任せ」という印象を与えているのかもしれません。

    5.恥ずかしい

    パワーストーンブレスレットをつけている人を、恥ずかしいと思う心理があります。このように思う理由は、パワーストーンをダサいと思っているからでしょう。

    ダサいかおしゃれかの判断は、流行のファッションかどうかに大きく影響されます。そのため、流行のものでない天然石に対し、「流行に乗っていない恥ずかしい人」と判断しているのかもしれません。

    また、熱心な仏教徒でないのに数珠ブレスレットをつけている人に対し、「表面だけ取り繕っている」という印象を抱く人もいます。

    パワーストーンブレスレットをつけている人に偏見がある理由

    パワーストーンブレスレットをつけている人に対して、なぜ上で紹介したような偏見が生まれるのでしょうか。こちらでは、偏見がある理由について説明します。

    不確かなものだから

    「胡散臭い」「現実を見ていない」という偏見が生まれるのは、パワーストーンの効果が不確かなものだからです。これは、多くの人が「論理的に証明できることを信用しろ」と教育されているからかもしれません。

    「この石のおかげで願いが叶いました」という人がいても、本当にその石のおかげなのかは明らかではありません。なぜなら、パワーストーンの効果は、科学的に証明できないからです。願いが叶ったのは、その人の努力や気持ちが大きく影響している可能性もあるでしょう。

    その結果、パワーストーンのような霊的な存在に不信感を抱く人がおり、偏見が生まれていると考えられます。

    勧誘されそう

    パワーストーンブレスレットに宗教との関係性を感じる人がいます。そして、宗教団体に対し、「勧誘されそう」「危ない」というマイナスイメージをもつ人もいますよ。

    それは、すべてではありませんが、しつこい勧誘をしてくる宗教団体も実際にあるからでしょう。また、宗教団体による事件も存在するため、警戒心を抱く人がいるのも自然なことです。

    そうした事実があるため、宗教と関係がなくても、パワーストーンをつけている人に偏見が向けられる場合があるのでしょう。

    きれいごとを言うイメージがある

    スピリチュアルな世界を理解するためには、周りの人への感謝の気持ちを忘れず、清い心でいることが大切ですよね。そして、パワーストーンブレスレットの効果を引き出すためにも、まずは純粋に目に見えない力を信じることが重要です。

    そうした純粋な心を持つ人は、本人は当たり前のことだと思っていても、周りからすると「きれいごとだ」と思われる発言をしている場合があります。年齢を重ねるほど、「世の中きれいごとだけでは生きていけない」という考えになるのも自然なことです。

    そのため、酸いも甘いも知っている人ほど、パワーストーンブレスレットを付けている人に対して「きれいごとばかり言うな」という印象があるのかもしれません。

    パワーストーンブレスレットをつけている人の気持ち

    これまで、パワーストーンブレスレットをつけている人に対する偏見について解説してきました。しかし、それらの偏見は、あくまでパワーストーンをつけたことがない人の意見でしょう。こちらでは、そんな偏見を持っている人に対し、パワーストーンブレスレットをつけている人の気持ちを説明します。

    色・デザインが好き

    人の好みは様々で、パワーストーンを宝石のような感覚で好んでいる人もいます。一般的に宝飾品として扱われている宝石はだいたい似た色味ですが、パワーストーンなら様々な色味があり、自分好みの石も見つけやすいのです。

    また、ブランドによっては、スピリチュアルな雰囲気がないモダンなブレスレットのデザインもあります。そのため、単純にデザインや色が気にって購入しており、願いを叶えることに固執していない人もいるでしょう。

    パワーストーンブレスレットに馴染んでいない人からすると、ダサいと思うこともあるかもしれません。しかし、その人の雰囲気に合う色味やデザインなら、流行りに関係なく似合うものですよ。

    意味のあるアクセサリーを付けたい

    ファッションとしてだけでなく、意味のある物を身に付けたいと思い、パワーストーンブレスレットを選んでいる人がいます。見た目が綺麗なアクセサリーは着飾るためだけのものですが、天然石は美しいだけでなく、様々なパワーがあるとも言われています。

    そのため、おしゃれで効果を感じられるパワーストーンブレスレットなら、一石二鳥であると言えるでしょう。実際に効果があると立証できないにしても、本人が満足感を得られれば、少なからずポジティブな気分になることは間違いありませんよね。

    効果を実感したことがある

    パワーストーンの効果を実感したことがある人は、その力を信じて長く身につけ続けています。そして、効果があると実感した人は、周りの人におすすめしたり、お店を開いたりもするでしょう。

    結局、目に見えない存在や力などは、自分が信じるかどうかという面が大きいものです。そのため、信じる人は小さな変化を察知し、効果を感じ取れると考えられます。逆に、そういった世界をまったく信じていない人は変化に鈍感なので、ずっと効果を感じられないでしょう。

    そのため、一度効果を実感すると、その後も効果を感じ続け、パワーストーンブレスレットを愛用する人が多いでしょう。

    お守りとして付けている

    交通安全や学業成就など、初詣などでお守りを毎年必ず購入する人も多いですよね。それは、スピリチュアルな世界を信じているかどうかに関係なく、習慣的なものであると言えます。

    パワーストーンブレスレットもそれと同じで、つけている人にとってはお守りのようなものです。目的は様々ですが、みんなお守りに何かしらの願いを込めているのではないでしょうか。

    そのため、パワーストーンブレスレットだけが特別なものと思わず、お守りの一環として考えると受け入れやすいでしょう。

    傾倒しているわけではない

    パワーストーンブレスレットを毎日身につけ、浄化をきちんとしている人でも、石のパワーに心酔しているとは限りません。どちらかと言えば、「パワーストーンの力は絶対だ!」と思い込んでいる人の方が少なく、多くの人が良い距離感で付き合っているでしょう。

    神社やお寺でお願い事をしても、それが絶対に叶うとは思いませんよね。パワーストーンもそれと同じことで、願いを込めて身に付けてはいるものの、それだけですべてが上手くいくと考えている人はそうそういません。

    パワーストーンブレスレットをつけている人の多くは、現状を変える一つの手段として考えています。つまり、ブレスレットをつけているからと言って、スピリチュアルに傾倒していたり、願いを他人任せにしていたりする人ばかりではないのです。

    まとめ

    パワーストーンブレスレットへの偏見について解説してきました。世の中には様々な考え方の人がいて、偏見もたくさんあります。それは仕方ないことですが、パワーストーンブレスレットをつけているだけで「怪しい」「胡散臭い」と思われるのは悲しいですよね。

    人と人との関わり合いのなかでは、お互いにしっかりと話し、相手のことをよく知ることが大切です。そのため、アクセサリーなどの一点だけを見て偏見を持つのはやめましょう。パワーストーンブレスレットが好きな人も、そうでない人も、お互いにわかり合える部分があるはずですよ。

    Cloverチャット占い

    悩める恋は、チャット占いで相談。

    時間や場所にとらわれることなく、いつでも専門の先生に相談ができます。

    彼からLINEの返事が来ないんです。

    既読

    21:54

    タロットで見たところ、週明けくらいに来そうな感じですよ。

    21:55

    え〜!待てません!笑

    既読

    21:56

    でも彼、とても忙しそう。

    21:57

    みん電占い

    本当に当たる占い師に、出会える。

    メディアで話題の占い師や、恋愛成就に特化した占い師が多数在籍。