【進め30代!】恋活アプリも卒業目前?告白前の準備ガイド☆

彼氏が欲しい!と思い立って恋活アプリをインストールしたのはもう過去の話。プロフィールを設定し、男性にメッセージを送り、とうとうデートまですることができたあなた!最初の頃と比べたら本当に大きな行動をしたものです♪ですが、ここから決して避けては通れない道があります。

それは……告白。その男性があなたの彼氏となるためには、あなたは最後の勇気を振り絞らなくてはいけません!今回は告白にあたっての注意点や、事前に知っておきたいポイントなどをご紹介します。心構えを知っておくことで勇気が出る♥栄光のゴールに向かって突っ走ろう!

一瞬にして消し去りたい過去に…失敗しやすい告白

度を過ぎた照れ隠し

いやに上から目線になってしまったり、ぶっきらぼうに可愛げが無く言ってしまったり。それでNGを食らってしまっては悔やんでも悔やみきれませんよね!素直に正直に、恥ずかしささえも隠さずに告白をするのがベストなのです。ですがそれが1番難しい……!

 返事を後回しにさせる

勇気を振り絞った告白、当たり前ですが前向きな返事が欲しいですよね。ですが、100%イケる!という自信が無い限りは返事を貰える瞬間までドキドキソワソワ。その怖さに負けてしまって「返事はいつでもいいから」と相手の出方を後回しにしてしまうのも、失敗告白の原因です。

彼に考える時間を与えてしまうと、それだけ冷静にさせてしまいます。もちろん冷静に真剣に考えてもらうのは大事なのですが、それが理由で「やっぱりNOだな」と判断させてしまっては元も子もありません。彼から「考えさせて」と言われない限りは、自分からは下手なアシストはしないこと。

タイミングを間違える

早く彼の気持ちをモノにしたい、早く彼氏が欲しい!その焦る気持ちはよく分かります。イケるのでは?というタイミングですぐに手を打ちたくなる気持ちも分かります。ですが物事にはタイミングがあるのです!彼の心の準備ができていない状態で告白して失敗なんて悲劇すぎます。

あなたにとってはヤキモキする時間が増えるかもしれませんが、より確実にOKを貰える確率が増えてから告白をするべきです。初めてのデートで手応えを感じたからと言って先走ってしまっては仕方ありません……。ベストなタイミングに関しては次項でも解説していきます☆

告白のシチュエーションを間違える

タイミングと同様に告白に重要な要素がシチュエーション。どんな場所で、どんな時間帯に、どんな状況で告白すればいいのか?迷いますよね。正解のポイントは「自分だったらどんなシチュエーションだったらドキドキするか」を想像することなのですが、場面によってはそんな冷静さも失いがち。

ついつい勢いに任せて告白をしてしまったとしても、それが彼にとって唐突なシチュエーションだったとしたら立つ瀬無し。本来告白が成功するタイミングだったのにも関わらず、シチュエーション選びに失敗して結局NGになってしまった、なんてことのないように!

狙いすぎるぐらいがちょうどいい☆告白にベストなタイミングって?

デートの3回目

初めてのデートではなかなか告白というわけにはいきません。まだまだお互いを知らない状態で初めて顔を合わせたのですから、これから関係を深めていくタイミングです。恋活アプリという特殊な出会い方でしたら尚のこと、告白は急ぐべきではないでしょう。

では2回目はどうか?と言われると、これもまた時期尚早かと思われます。1回目のデートで手応えがあったからこそ2回目がありえたわけですが、それでもまだ「脈アリかも?」程度でしかありません。2回目のデートで相手の一面を新しく知ったからこそ、タイミングがズレることだってあるのです。

なので告白にうってつけのタイミングは、まさに3回目!3回目です。お互いのことが分かってきて、何度でも会いたいと思えてきたこのタイミングです。恋活アプリでの出会いは「恋愛をする」という大前提があります。これ以上先延ばしにしてしまうと逆にタイミングが掴めなくなってしまいます!

彼の馴染みのお店や場所に連れて行ってもらった時

男性にとって、自分のパーソナルスペースに入れるかどうかは相手に対する信頼度のバロメーターです。いくらオシャレなお店に女性を連れて行っても、いくら奢ってくれたとしても、そこに男性の心があるかは確定できません。ですが、馴染みの場所であれば話は別です。

男性にとって「馴染みの場所」は、本当に信頼して好意を持っている人にしか明かさないパーソナルスペース。そこに連れて行ってもらえたのなら、大いに脈アリだと考えてよいでしょう。そのポテンシャルを保ったまま告白に結びつけるのは、成功への大きな道しるべになります。

スキンシップが激しかった日

女性も男性も、物理的なスキンシップは無闇やたらに行うものではありません。特に1回目のデートでそのようなスキンシップが無かった状態で、2回目、3回目のデートで段々とスキンシップが出てきたのでしたら、こちらもあなたに対して心を開いている証と言えます。

逆に最初から激しいスキンシップがあるのなら、それは体目当ての下心がある可能性が高まります。段々と心を開いてきたからこそ、段々と接触も増えていくのです。それを明らかにあなたが気付くほど感じてきたのであれば、告白のタイミングとしても最適だと言えるでしょう。

雰囲気作りもココなら簡単♪告白におすすめの場所

ベタだけれど……夜の公園♥

少女漫画やドラマの告白シチュエーションにも使われるほどに、ベタであり定番な夜の公園のシチュエーション。ですがそれだけ認知度が高いということは、それだけ成功率が高いことの裏返しでもあるのです!デートの終盤に差し掛かること、ぜひあなたの方から寄り道の提案を。

もしくは最初から「○○公園に行ってみたい」とフラグを立てておくのももちろんアリです。勘のいい男性でしたら、そこで既にドキッとしてくれるかも……。ただし、公園の場合は気を付けたいのが季節と天気!

やはり雨の中で傘を刺しながらはちょっと微妙、そして真冬の寒すぎる日はトキメキ以前の問題。そんなことより早く帰りたくなります(笑)。安心かと思われる夏も、蚊などの虫や虫刺されに気を付けて。痒さと戦いながらの告白なんでムードも台無し!

非常階段

ロマンチックなシチュエーションを気軽に手に入れられる非常階段。2人っきりの空間は、周りから隠れて秘密の時間を過ごしているようでちょっとドキドキしてしまいます。人の交通が多い非常階段はNGですが、静かな非常階段であればまさに告白にうってつけ。

マンションはもちろん、2人で楽しんだレストランなどの非常階段なども隠れたおすすめスポットです。もしも告白が成功した暁には、そのままキスモードに突入なんてこともありえるかも……?

家の前

彼が家の前まで送ってくれた時にも告白のチャンス!別れ際の寂しい気持ちをそのまま告白のポテンシャルに繋げましょう。この場合も慌しいシチュエーションだともったいないので、ある程度時間に余裕を持って。「少し話してもいい?」と彼に確認するのもよいでしょう。

どこであっても夜!夜です!

これは前項のベストなタイミングとも類似する点ですが、告白をするのなら夜の暗い時間帯を選ぶようにだけは心がけてください。人間は、周囲の明度が下がると視覚も下がることから、緊張感が増すと言われています。それによる脳の作用は、恋愛の緊張感にも類似しているとのことです。

そしてやはりムードも高まりますよね。告白の成功を望むのなら夜だと決めている人も多いとは思いますが……中には先走ってうっかり明るい時間帯に告白してしまいたくなる時もあるでしょう。その焦りに待った!です。しっかりとデートのストーリーを組んで、ムードの最高潮を夜にアシスト!

決戦の時…告白する時の注意点って?

いつもと違う本気モードの見た目で

あれ、なんだかいつもとちょっと違うな。男性にそう思わせることができたらまずは1歩リードです。デートの時のあなたと告白の時のあなたで、少なからずの差異を付けておくべき。あなたの本気モードが伝わるほどに、彼の気持ちも動きやすくなるでしょう。

メイクもいつもより少しピンクなどを多めにいれ、唇を煌かせて。所謂「勝負メイク」を学ぶべき。普段ナチュラルメイク派の女性こそ、そのギャップが1番の武器になります。服装も告白のタイミングでは女性らしいエレガントなスタイルに!自分が1番綺麗に見える服やメイクを学ぶのも、女性の嗜みです♥

しっかり目を見て、誠意を伝えよう

そしてそんな勝負メイクも彼に気付いてもらえなければ仕方ないですよね!告白の時は、頑張って勇気を出して、彼の目をしっかり見て伝えること!目は心の入り口とはよく言ったもので、まっすぐに見つめるほどにあなたの気持ちもまっすぐ伝わります・

 目的を明確に伝えること

告白は、ただ「好きです」と伝えるだけではそれだけの話。あなたは何のために告白をするのですか?彼と付き合いたいから、彼の彼女になりたいからですよね。告白の時もしっかりとその気持ちを伝えることです。「付き合ってください」「彼女にしてください」、これを略してはいけないですよ♪

頭の中が緊張でいっぱいいっぱいになって、ついどこまで何を言ったか分からなくなってしまう、というケースもありえます。告白の準備の中には、「実際に言葉にする内容のリハーサル」もしておくべきでしょう。真っ白になってもなんとか言い切れるように心の準備を!

告白編につづく

【進め30代!】恋活アプリ最終章!勝利をつかむ告白ガイド☆

続きを読む

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -