男性がボディタッチする心理とは?恋愛対象?好意のサイン?

Clover(クローバー) > 恋愛 > 男性がボディタッチする心理とは?恋愛対象?好意のサイン?

ボディタッチの文化がない日本人女子にとって、男性からボディタッチされると変に意識してしまいますよね。もしかしたら好意がある?イヤイヤ、下心かも……と相手の気持ちが分からず内心ドキドキが止まらない女性もいるかもしれません。

そんなウブな女性のために、ボディタッチにどのような意味があるのか、あるいは意味などないのか、男性心理についてまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

男性がボディタッチをする心理とは?好意のサイン?それとも下心?

好意のサイン

まず大前提として、対象となる女性に好意があることは間違いありません。

男性は、興味がない女性に対してボディタッチをすることはほとんどありませんので、なんらかの形であなたにボディタッチをするのであれば、それはあなたに対して少なからず好意があるという現れと考えてよいでしょう。

あなたに対して好意を抱いていることを、口では言い出せないために行うアプローチの1つと言えます。

下心のサイン

社会問題にもなっている職場でのセクハラが代表例となりますが、職場だけではなく、日常的にいろいろな場においても、女性を触りたいという欲望を持つ男性が大勢いるのが現状です。

男性の本能という説もありますが、実際に実行される側としてはたまったものではありませんよね。ただし、このことを理解していないで、下心を好意と勘違いしてしまうと、後で涙することになる可能性がありますので注意しましょう。

ただのコミュニーケーション

純粋に、コミュニーケーションとしてボディタッチをしてくるケースもあります。例えば、大きなプロジェクトを成功させて肩を抱き合うシーンや、学生やサークル仲間と友情の証に肩を組んだりするシーンがあります。

しかしあれは男女関係なく、友情や信頼関係によるコミュニーケーションとなりますので、好意を期待した人は残念ながら、恋愛感情は一切含まれていないと考えた方がよいでしょう。

ボディタッチをする男性心理:部位別

頭を軽くポンポンとしたり、「よくできました」とばかりに撫でるボディタッチをする男性がいますが、実はこの頭を触る行為に、それほど好意を示す意味はないと言われています。

頭をポンポンすると女子ウケが良いという大誤解が男性側に広まっている可能性がありますので、ただのテクニックとして使っているだけの可能性が高くなります。誰からされても良いというワケではないことを理解しない勘違い男性に、女性は十分に気をつけなければいけません。

顔を触る行為は、男性があなたに好意を持っていると考えてよいでしょう。一般的に顔を触るということは、かなり高いハードルになります。そこをあえてチャレンジしているということは、あなたが気になっている、もっとお近づきになりたいと思っている証です。

基本的に肩を触る行為は、恋愛感情などは含まれず、スキンシップの1つとして捉えられています。励ましや応援、任せた!という意味合いなどによるものです。

肩をガシッと組まれてドキドキしてしまう気持ちもわかりますが、実際には「お友だち」止まりという可能性が非常に高いと考えてよいでしょう。

腕は体の部位の中でも比較的ボディタッチがしやすい場所ですよね。今の関係をより親密に、もっとあなたに近づきたいという、脈ありサインと捉えて問題ないと思いますが、いきなりのステップアップを望んでいない可能性もあります。

あなたも彼に好意を持っているなら、少し彼にその気持ちを伝えてあげると発展しやすくなるかもしれません。

手や指先に触れてくる場合には、ほぼ好意の現れと思って間違いないでしょう。軽く手を握ってきたり、手を合わせたり、指先が触れたり、ドキドキしてしまった経験が誰にでもあると思います。

手は比較的タッチしやすい部位ですので、男性はあなたの反応を見るために触っていると考えられます。あるいは、お互い好意があると確信したいために手を握るなど、直接聞く勇気がない男性にありがちなアプローチ法となります。

背中

背中の場合、好意からではなく、スキンシップやコミュニーケーションの一環である可能性があると考えられます。腰に手をもっていくのもセクハラまがいになるし、肩までいくのもなんだし、背中ならいっかという無難な部位としてのチョイスになります。

パックリと背中が開いたドレスを着ているならまだしも、普通の状態なら、下心も好意も特にないと考えてよいでしょう。

女性にとって腰はデリケートな部位であり、おいそれとは男性に触ってほしい場所ではありませんよね。

パーティーシーンなら腰を抱くシーンはよくあるかもしれませんが、日本において腰にボディタッチをするという行為は一般的な行為ではありませんので、まず下心である確率が高いと考えられます。

運が良ければそのまま次のステップにいけるかも、という妄想を抱いてのチャレンジとなりますので、イヤな相手にはハッキリ意思表示をする必要があります。

お尻

お尻をボディタッチというと聞こえはいいかもしれませんが、要約すると「痴漢行為」です。女性同士ならまだしも、男性からお尻を触られるのはどこからどうみても下心となりますので、つけこまれないためにもしっかりセクハラであることを注意してください。

女性にボディタッチをする男性の特徴

ボディタッチで好きだと伝えたい心理

やはり好意があることが大前提です。好意があるけれど、それを伝えることができない、そんな男性が告白の手段とはいかないまでも、好きな女性にできるめいっぱいのアプローチで示しているのです。

女性にとっては、好きな男性からならウェルカムですが、好きでもない男性からされればただ気持ち悪いだけですし、ともすればセクハラ行為です。

下心が丸見え!素直な男性心理

間違いなくボディタッチにつきものなのが「下心」です。セクハラと言われない限界まで触りたいという欲求、あわよくばその後のディープな展開も夢見る男性心理と言えるでしょう。

女性の扱いに慣れた男性に多いこのタイプは、いとも簡単に人のパーソナルスペースに入ってきますので、ボディタッチの意味をはきちがえてしまうと、ただのセフレ扱いをされてしまう可能性もありますので、受け入れるときには慎重に考えましょう。

何も考えていない

ボディタッチが何だかんだと、何も考えていない可能性も考えられます。ドキドキしてしまった側からすれば、若干迷惑な行為ではありますが、ときにスキンシップが円滑なコミュニーケーションツールと考えて取り入れている男性もいます。

ボディタッチは好意?それとも下心?見分ける方法

ボディタッチの心理を見分ける方法1

初対面である、出会って間もないという関係の男性の場合、たとえ好意があったとしても、セクハラと言われるのを恐れてボディタッチをしようなどと思うことはないでしょう。

特に日本人同士であれば、どんなにお互い惹かれ合ったとしても、知り合ったばかりで体に触ってくるなど、マナー違反もよいところです。マナー違反をしてまでも行うということは、相当な自信家か、女性扱いに慣れた遊び人ということになります。

ボディタッチの心理を見分ける方法2

職場でのボディタッチは、イヤだとはっきり言いたいけれども、立場上その手を振り払えない状況になる女性も少なくないはず。

これからも仕事をしていく仲間として、上司や同僚からのボディタッチはやんわりと拒否をいたいものですが、好意なのか、下心なのかの判断としては、肩をポンッとたたいて「お疲れ様」というだけのスキンシップが、両肩をじわりと掴みだしたら警戒する必要があります。

ボディタッチの心理を見分ける方法3

最もわかりやすい方法として、上述した部位別ボディタッチの男性心理からもわかるように、頭であれば、恋愛感情はほとんど関係ない行為となりますのであまり意味がなく、ずっと下へ行って太ももの場合は明らかに下心であると考えられます。

おおまかではありますが、部位によって好意か下心かを見分けてみてください。

まとめ

あなたが気になる男性の行為はどれに当てはまりましたか?好意のサインなのか、下心からなのか、ただのスキンシップなのかを見極めるのは難しいときもあります。

彼との関係性や表情、仕草、もろもろトータルで考えて、判断するようにしましょう。彼との関係をより親密にしたいのであれば、彼からのアプローチをしっかりと受け止めて、上手にリードしてあげると恋愛に展開しやすくなります。

ただし、下心のケースも多々ありますので、慎重に判断しましょう。

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking

Category