【体重はBMIが目安】身長166cmの女性の理想体重は?おすすめコーデもご紹介!

皆さんはBMI数値についてご存知でしょうか。BMIは身長と体重さえ分かれば簡単に導き出すことができます。BMI数値は現在の自分の肥満度の目安を知る方法のひとつです。自分の体型も分かり、ファッションにも応用できます。

そしてBMI数値によって、自分の身長に合った標準体重・美容体重・モデル体重を知ることができて、ダイエットの目標にもなります。

しかしそのようなBMIにも少し欠点があります。またダイエットで陥りやすい点にも触れ、より良いダイエット方法についても説明します。

標準体重がわかる?BMIの計算方法をご紹介!

BMIの定義

BMI(Body Mass Index)とは人の肥満度を表す体格指数で、身長と体重から計算で導くことができます。ボディマス指数やボディーマスインデックスとも言われています。

BMIは左の公式に当てはめて計算します。BMI=(体重kg)/(身長mの2乗)。電卓があれば簡単にBMI数値を導き出すことができます。身長のところはcmではなくmで代入することが大事なポイントです。

BMI数値によって、現在の自分の肥満度が分かると言われています。日本では一般にBMI数値が25以上で肥満、BMI数値が18.5未満で低体重(瘦せ型)であるとされています。

BMI数値が22の場合、その身長に対するその体重は標準体重と呼ばれます。標準体重に近い人は、その他の人に比べて病気にかかりにくいというデータがあります。健康に気をつかうには、まずは標準体重を目標にすることが必要であると言えます。

実際に166センチの人のBMIを計算

それでは、実際に166センチの人に対して公式を当てはめてみましょう。BMI=(体重kg)/(1.66mの2乗)。1.66の2乗はおよそ2.76です。体重50kgの場合BMI数値は18.1、体重60kgの場合BMI数値は21.7、体重70kgの場合BMI数値は25.4となります。

体重による肥満度の違い

身長166cmの人の場合、体重50kgでは低体重(瘦せ型)、体重60kgではほぼ標準体重、体重70kgでは肥満であるという結果がBMI数値によって明らかになりました。1番健康でいられる体重はどうやら60kgの辺りのようです。

正確に言うと、体重51.1kg未満では低体重(瘦せ型)、体重60.7kgが標準体重、体重69.0kg以上では肥満であると判定されます。あなたの体重はどの肥満度に当てはまるでしょうか?

肥満にはさらに判定基準があります。日本肥満学会ではBMI数値が25以上30未満の場合を肥満(1度)、30以上35未満の場合を肥満(2度)、35以上40未満の場合を肥満(3度)、40以上の場合を肥満(4度)と呼びます。

体脂肪量の計算方法

体脂肪量は見た目にはわかりにくいものです。やせていたり、普通体形に見える人でも体脂肪量が多い人はたくさんいます。「隠れ肥満」なんて言葉を聴いたこともあるのではないでしょうか?

体脂肪率の計算方法は下記のとおり

体脂肪率(%) キャリパー式

体表面積(cm2)=72.46×身長0.725×体重0.425
・身体密度 D=1.0923-0.000514×A
A=皮脂厚合計(mm)×体表面積(cm2)/10000÷体重(kg)×100
・体脂肪率(%)=(4.570/D-4.142)×100

とても難しいですよね。ダイエット中であれば毎日毎日確認しておきたい体脂肪率ですが、こんなにも計算をしていてはこれが原因でダイエットが億劫になってしまっても仕方ありません。そのため、近年の体重計はほぼ体脂肪率をはかる機能が備わっています。

大変な計算は体重計に任せてダイエットに集中しましょう!

ちなみに、体脂肪率の平均は成人男性で17%程度、成人女性は23%程度です。年齢があがるにつれて体脂肪率の平均は上がっていきますが、女性であれば35%以上になってしまうと肥満にはいるので注意しましょう。

体脂肪は、代謝が悪くなったり、筋肉量が減ることによって増えてしまいます。だから同じ体重でも体脂肪率が違えば見た目の筋肉量が歴然なのです。適度な運動をして、代謝を落とさないようにキープしましょう。

身長166cmについて

日本人女性の平均身長はおよそ158cmです。世界平均の161cmにおよそ3cm足りない程度です。日本人女性の身長は165cmで上位10.7%の位置にあります。身長165cmでもう高身長に分類されると言うことです。

身長166cmの人は日本人女性の中で上位7.7%の位置にあります。166cmももちろん高身長です。身長に関しては、自分は高身長だと胸を張って言うことができます。ちなみに日本人男性では179~180cmの人が同様の位置にあります。

166cmの人の体型もしっかりカバー◎それぞれの体型に合うファッションとは?

細めの体型の人

BMI数値が18.5未満の人は細めの体型であると判定されます。身長166cmはもちろん高身長なので、まさにモデル向きの体型であると言えます。きっと周囲からも一目置かれている存在でしょう。

スキニーパンツのような細身のファッションで縦長に見せるのがおすすめです。タイトスカートのような体のラインが現れる服も効果的です。レザージャケットやクラシックコートなども背の高い人なら簡単に着こなしができます。

太めの体型の人

BMI数値が25以上の人は太めの体型であると判定されます。身長が166cmと高身長なので、周りから頼りにされている存在ではないでしょうか。

細く見せたい場合、縦縞の柄の入った服をおすすめします。横のボーダーは太さをより強調してしまいます。チェック柄も太めの体型を隠すのに有効です。そして黒色は収縮色として体を細く見せる効果があります。陰影が見えないのも体型隠しのひとつのポイントです。

どちらでもない普通の体型の人

BMI数値が18.5~25の範囲の人は細めでも太めでもない普通の体型です。BMI数値22だと最も健康的です。モデルほど瘦せていなくても、身長166cmの高身長を生かしたファッションを楽しむことができます。

ワンサイズ大きめの服がそろっている海外ブランド品がおすすめです。Abercrombie&Fitch(アバクロ)やBanana Republic(バナナリパブリック)などが挙げられます。FOREVER21(フォーエバー21)は低価格で学生の人にも好評です。

166cmの女性芸能人は?気になるBMI値もご紹介☆

川口春奈

ドラマやCMでひっぱりだこの川口春奈さんはかわいらしいイメージですが、意外にも身長は166㎝で、体重は46㎏といわれています。そうするとBMI値は16.7で、「低体重・痩せ」の範囲になります。

テレビで見ている限りでは、ガリガリ程ではなく、健康的な理想体型といってもいいでしょう。あまり体のラインがでるような服装をせず、スカートのイメージが強いですが綺麗な体形を維持している良い例ですね。

本田翼

ショートパンツからのびる細い足が印象的な本田翼さんも、身長は166㎝です。体重は43㎏とのことですので、BMI値は15.6となります。16以下は痩せすぎなので「低体重・痩せすぎ」の範囲だということです。

あまりスポーツのイメージもなく、体脂肪率が少なくて細いというよりは体質的に細い、食が細い人の痩せ方ではないでしょうか。本田翼さんほどやせてしまうと、周りの人から心配の声もかけられるかもしれませんね。もう少し太ってもまだまだ魅力的だと思われます。

大島美幸

身体を張った芸で笑わせてくれる大島美幸さんは、お子さんの妊娠・出産を経て体重は変動しっぱなしでしたが、2018年3月に夫が「過去最高の90キロ台に入った」ことを明かし、ニュースにもなりましたね。細かい数字はわかりませんが、仮に90㎏だとすると、BMI値は32.7です。

「肥満度2」に入ってしまったわけです。しかし意外にも、世界基準だと肥満度はまだ1。世界には日本人では到底かなわない肥満な人がたくさんいるということに驚きを隠せませんね。

理想体重がすべてではない!BMI数値との向き合い方

BMIを過信してはいけない

BMI数値は自分の肥満度を知る上でとても参考になる数値です。自分の標準体重を知ることができ、健康のために標準体重に近づけるための努力もすることができます。

標準体重とは別に美容体重・モデル体重という基準もあります。美容体重とは女性が最も美しく見えるとされる体重のことで、BMI数値20の場合の体重のことです。モデル体重とはモデルのようにスタイルが良いとされる体重のことで、BMI数値19の場合の体重のことです。

BMI数値は肥満度を測るのに有効であるとして世界各国が採用している数値です。実際に体脂肪率と良く相関しています。しかし、BMI数値は直接的に肥満度を測っているわけではないので注意が必要です。

BMI数値は身長と体重しか考慮しない測定方法で、体脂肪率や筋肉量を直接測定していません。一般に脂肪よりも筋肉の方が重いとされています。筋肉量が多い人は当然体重も重くなりますが、肥満でもないのにBMI数値だと肥満だと判定されるケースもあります。

骨格や水分量の違いもBMI数値に影響を与えます。骨格が丈夫な人・体の水分が多い人は、体重が重くなる傾向にあります。その結果、BMI数値が肥満でもないのに大きくなることがあります。

また、BMI数値は身長の高い人ほど大きくなる傾向にあります。身長の2乗で割っているところに少し問題があって、本当は身長の3乗で割らなければいけないという意見もあります。

このように、BMI数値も完全には肥満度を測る数値にはなっていないということで、BMI数値を過信してはいけないという結果が得られます。肥満度を測るうえで、あくまでもひとつの目安だということです。

BMIを下げ過ぎると健康を害する危険がある

また、体重を減らしすぎると健康に悪い効果が現れることも問題です。美容体重やモデル体重などにこだわりすぎて無理な目標を立ててしまうと、体に良くないことは言うまでもありません。

BMI数値を下げ過ぎると健康を害する危険があるということで、特にモデル体重などを理想体重としてしまうと実際にそれ以下の体重になってしまった場合、様々な病気を引き起こす可能性が増えることになります。

モデル体重は低体重(瘦せ型)にならないぎりぎりの数値であり、これ以下の体重はおすすめできません。瘦せすぎは見た目にも悪く、魅力も半減にさせてしまいます。

体脂肪を落とすことがダイエットの目的

BMI数値を知っておくことで現在の自分の肥満度がだいたい分かります。標準体重を目指してダイエットを考えることは決して悪いことではありません。それでは、どういった方法でダイエットを実践すればいいのでしょうか。

ただ体重を落とすだけを考えて絶食をしていては体に悪いことは既に書いた通りです。体重を落とすのではなく体脂肪を落とすことがダイエットの目的であるということを知っておく必要があります。

運動に関しては、ジョギングや水泳などの有酸素運動がおすすめです。1日20分で充分です。

まとめ

BMI数値は公式に身長と体重を当てはめるだけで簡単に肥満度が測定できる便利な指標です。自分の体型も分かり、ファッションにも活用できます。

しかしBMI数値は完全に肥満度を測定できるわけではなく、あくまでもひとつの目安です。BMI数値でダイエットの目標を定めるのはいいことですが、ただ体重を落とせばいいのではありません。

体脂肪の燃焼を目標に様々な角度からダイエットを実践することで理想の体重が実現できます。日々の努力で夢を叶えましょう。

続きを読む

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking

Category