結婚してもうまくいくカップルの10つの特徴

恋人同士であった時代と、夫婦である今。まったくカップルの雰囲気が違う!そんな風に思ったことはありませんか?

恋人時代は別に目をつぶれていたことでも結婚したら気になって仕方がなくなってぎくしゃくするようになってしまったなど、突然目の前に大きく表れたギャップに苦しむ方もいるでしょう。

確かに世間には恋人時代はラブラブだったのに、結婚して夫婦になってから仲が冷えたように見える夫婦もいます。ですが、反対に結婚してもとてもうまくいっている人達もいます。その人達はカップルの時から結婚後もうまくいく特徴があります。ではどんな特徴でしょうか?

結婚してもうまくいくカップルの特徴【前編】

1.一緒に楽しめる趣味があること

2人で一緒に楽しめる趣味があると結婚した後でも2人で一緒に楽しめるので、うまくいくことが多いと言われています。同じ趣味があることで、その趣味を通じて一種の友情のようなものが築けるからです。

その結果、2人の関係性が強化されるという特徴があるため、結婚してもうまくいくのです。趣味はアウトドアでもインドアでもなんでもよいのです。ジョギング、旅行、スポーツ観戦など、2人で一緒に過ごして、楽しい思い出や感情などを共有することが、うまくいく秘訣になります。

2.自分1人の時間を大切に出来ること

結婚してもうまくいくためには、四六時中一緒にいる、という状態はあまりオススメ出来ません。もちろん、一緒にいることが大好きだ、というのならいいのですが、たまには1人の時間を持ちたい、そう思うのは自然なことだと思います。

片方がたまには1人で行動したいな、そう思うタイプであったならば、そういう時間を作って相手の気持ちを尊重させてあげる必要があります。

お互いに依存しすぎる傾向にあるカップルは結婚してもうまくいきにくいので、趣味や自分だけの時間などを大切に出来るカップルが長続きします。

3.顔が似ているカップル

長い時間一緒にいると顔が似てくると言われ、実際に夫婦で似た顔をしている人達も多く見られますよね。しかも付き合い始めに、自分と似ている人を選ぶ傾向にもあると言われています。

これは、とある実験でも出ているのですが、被験者にどの顔が信頼出来る人と思うかと聞いたところ、CGで合成された顔の中に混ぜられた被験者によく似た顔を選ぶ傾向にあるとの結果が出ています。

結婚してもうまく行くためには、相手に親近感を持てて、かつ信頼できることが大切ですから、顔が似ているカップルは結婚してもうまくいくのでしょう。

4.衛生観念や食の好みがよく似ている

恋人時代のように1週間に例えば週末の2日間だけ一緒に過ごすのと違って、結婚して夫婦になれば昼間は仕事に行っているとしても、一緒に過ごす時間は恋人時代と比較出来ないくらい長くなります。

それなのに、衛生観念と食の好みが合わないと、長続きしにくくなります。例えばどちらかが極度の綺麗好き、もしくは汚してしまうような場合、極度すぎることで相手のしている事を受け入れられず、日々喧嘩をしてしまうことが増えてしまうことがあります。

そんなギスギスした関係ではお互いストレスが溜まってしまいますよね。また食の好みはもっと大切です。好きな料理が同じということも大切ですが、手料理の味付けが口に合うということは、毎日を楽しく過ごす上でも絶対に必要です。

食材の好き嫌いはともかくも、味付けの好みが合わない、これは長続きしませんよね。衛生観念と食の好みがよく似ているカップルは、結婚してもうまくいきます。

5.笑いのセンスが同じ

一見何気ないことにも思えますが、お互いが面白いと思うベクトルが一緒のカップルの方が長続きしやすいと言えます。

会話をしているときや、テレビを一緒に見ているときなど、おもしろいなーと感じる部分が同じであれば、感性が似ているということですからうまく行きやすいと言えます。

結婚してもうまくいくカップルの特徴【後編】

6.思いやりの気持を忘れないカップル

恋人の場合はもちろんですが、結婚して夫婦になったとしても基本的には他人同士です。他人同士なのですから、自分が思うように相手は動いてはくれませんし、逆もまたしかりです。

ではそこで思い通りにいかないからといって、相手にその自分の考えを押し付けたりし続けると、上手くいくものも行きません。

相手は自分とは違う人間なのですから、違って当たり前ですし、何かしてくれた時にはお礼を欠かさないようにする、など相手に対する思いやりの気持ちを忘れないように気を付けているカップルはうまくいきますよね。

7.2人の間の問題を同じ方法で対処できる

例えば意見が食い違うことがあった場合の対処をカップルでしっかりと確立させていると結婚してもうまくいきます。この対処の方法はカップルによっても違います。

例えば忌憚ない意見をぶつけ合うことで解決法を見出すカップルもいれば、スルーすることによって解決するカップルもいるでしょう。大切なのは解決に向かう方法が同じであることです。

8.お互いの仕事を尊重している

結婚生活では、お互いのことだけを考えていられればいいのですが、そういうわけにはいきませんよね。特に、仕事は、家庭内で何かあっても、割り切って働かなければならないこともあります。

忙し時期が続き、なかなか家族で過ごす時間が取れなかったり、家事がおろそかになってしまったりすることもあるでしょう。そんな時に、お互いに仕事に対する理解がないと、喧嘩になってしまいます。

もちろん、結婚生活は大切ですが、仕事も責任をもって行わなければならないものです。お互いに自分の仕事が大切なように、相手の仕事も大切なものだと考え、尊重してあげましょう。

9.セックスの相性も重要

セックスの相性と言われると、ちょっぴり恥ずかしい人もいると思いますが、とっても大切なことです。相手が独りよがりなセックスばかりしていて、満足させてもらえなければ、セックスするのが楽しくなくなってしまいますよね。

楽しめない状態では、セックスレスになってしまい、浮気の心配も出てきてしまいます。また、一方が淡白で、あまり頻繁にしたくないと思っているのに、もう一方が毎日求めるようでは、苦痛に感じてしまいかねません。

セックスをしたいと思うタイミングや、楽しめているかどうかの相性は、一緒に暮らすうえで大切なことなので、結婚を考える前に、チェックしておく必要があります。

10.同じような生活パターンである

一緒に暮らすうえで重要なのが、起きる時間や寝る時間などの生活パターンが似ているということです。起きる時間や寝る時間がばらばらでは、結婚していても2人で過ごせる時間がほとんどない!なんてことにもなりかねません。

おたがいに今日の出来事を、報告したり、悩みを相談したりと、ゆっくり話ができる環境を整えることはとっても大切。また、自分が寝ている時に、うるさくされたり食事の支度をしたのに食べてもらえなかったりといったすれ違いは、イライラにもつながります。

同じような生活パターンの人となら、ストレスを感じることなく、結婚生活を続けることができます。

家族が増えた後でも結婚生活がうまくいく秘訣とは?

家族でも気づかいを忘れない

家族になってしまうと、同じ家の中に住んでいるんだから、何でもやって当たり前、という気持ちがわいてくる人もいるのではないでしょうか。また、家族だから何でも分かっているだろうと、自分の気持ちを伝えなくなる人もいます。

しかしながら、家族になったからといっても、甘え過ぎは良くありません。何かしてもらったり、忘れていたことがあれば、お礼を言ったり謝ったりと、ちょっとした気遣いをすることで、お互いに気持ちよく過ごすことができます。

子ども中心になりすぎない

子どもが生まれると、何もかもが子ども中心になってしまいがちですが、そうなってしまうと夫婦の関係ががらりと変わってしまい、不満を感じることもあります。

子どもが小さいうちは、ある程度は子ども中心の生活は仕方ありませんが、時には夫婦2人の時間を過ごすことも大切です。また、子ども中心になってしまう時には、どちらか片方にばかり負担がかかっていることが多いので、おたがい話し合って協力し合うと良いですよ。

大切なことは家族みんなで考える

結婚すると、子ども以外にも、親との同居で家族が増える場合もあります。今まで別々に暮らしていた人と、一緒に暮らすのは大変なこともありますが、夫婦の問題、子どもの問題と垣根を作らずに、何かあれば家族みんなで問題を共有しましょう。

1つの問題に対して、みんなで取り組むことで一体感が増し、家族の絆が深まります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。結婚してもうまくいくカップルの7つの特徴をご紹介しました。結婚したからといってそこでゴールなのではなく、むしろ結婚してからの方が長い時間を一緒に過ごすスタートに立ったわけです。

ですから長続きするには、長続きするだけの理由があるといえるでしょう。結婚を考えているカップルは是非参考にしてみてくださいね。

続きを読む

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking

Category