旦那の胃袋を掴む!残り物を時短でおいしくアレンジ【にんじん編】

涼しい場所なら常温保存も可能なにんじん。日持ちするので、安い時にまとめて買っておけて便利ですよね。

しかしながら、買ってはみたものの調理方法がマンネリになってしまう……という悩みを抱えている人もいるのではないでしょうか。

今回は、残り物のにんじんを使って手軽に作れる料理をご紹介します。固くて火が通るまでに時間がかかるイメージもありますが、ちょっとの工夫で時短調理も可能になりますよ。

スポンサーリンク

料理が簡単に!マル秘時短テクニック☆

電子レンジで加熱

火が通りにくいにんじんは、乱切りなどの大きめいサイズになると、柔らかくなるまでに10分以上煮込まないとならないこともあります。素早く料理を作りたいときには、時間がもったいないですよね。

にんじんに早く火を通すためには、電子レンジで下ごしらえをするという方法があります。にんじんを使う大きさに切り、耐熱皿にいれて、大さじ1杯の水をふりかけます。耐熱皿にふんわりとラップをかけ、電子レンジで加熱します。

加熱時間は、ワット数によっても違いますが500Wで1分半~2分程度が目安です。小さく切る場合には少なめに、大きい場合には多めに設定しましょう。また、量が多い場合には、途中で一度取り出し、軽く混ぜてから再加熱すると、加熱ムラを防ぐことができます。

細かく切る時のコツ

千切りやみじん切りなど、細かく切るのは手間がかかりますよね。そんな時でも、切り方を工夫するだけで時短になります。

千切りの手順ですが、まずは、にんじんを千切りしたい長さに輪切りにします。次に、千切りしたい幅で縦に切り込みを入れていきます。このとき、完全に下まで切ってしまうのではなく、まな板に接している部分を、1mmくらい切らないでおくのがポイント。

切り込みを入れたにんじんの方向を変え、切込みが横向きになるようにします。切り込みのある面から薄く切っていくと、細切りが完成します。丸いままだと転がって切りにくいので、まな板に接する部分をあらかじめ平らにしておくと、安定感が出て切りやすくなります。

みじん切りにする場合には、適当な長さの輪切りにしたにんじんを立て、格子状に切り込みを入れます。この時も、まな板と設置している部分は1mmほど切らずに残しておきます。

切り込みを入れたら、横に倒し、千切りの時と同じように薄く切っていきます。切らずに1mm残した部分は、そこだけ個別に切る手間が残りますが、普通に千切りやみじん切りをするよりは、楽に早く切ることができますよ。

冷凍する時は使い方を考えて

常温保存だけではなく、にんじんは冷凍保存も可能です。生のままでも、加熱したものでも冷凍することができますが、生のにんじんを大きなままで冷凍すると、解凍したときに食感が悪くなってしまうため、生のままのにんじんの冷凍には、細切りや薄切りが適しています。

冷凍する時には、使う料理に合わせて切り方を変えたり、調理する分量ごとに小分けしておくのもお忘れなく。均一に凍るように、保存袋にはなるべく重ならないように平らに入れ、空気をしっかり抜いて保存すると、素早く冷凍することができ、解凍時も水分が出にくくなります。

解凍する時には、どうしても水分が出てしまい、シャキシャキ感が失われてしまうのですが、味は染み込みやすくなります。料理に使う時には、煮物には凍ったまま、野菜炒めなど、水分が気になる料理には、電子レンジや冷蔵庫で解凍した後、水気をふき取ってから使いましょう。

スポンサーリンク

残り物をおいしくアレンジ!にんじんを使った時短レシピ7つ

にんじんのきんぴら

にんじんがあれば、パッと作れるレシピです。食卓に明るい色のおかずが欲しい!というときにプラスしてみてはいかがでしょう。

【材料】2人分
にんじん 1本
酒 小さじ1杯
砂糖 小さじ1杯
しょうゆ 大さじ1杯
ゴマ油 小さじ1杯

【作り方】
1.にんじんの皮をむき、千切りにする。
2.ゴマ油以外の調味料を混ぜる。
3.耐熱容器に、にんじんと調味料を入れ、ふんわりラップをして電子レンジで加熱する。(500Wで1分)
4.にんじんを軽く混ぜ、電子レンジでさらに加熱する。(500Wで1分)
5.ゴマ油を入れ、混ぜ合わせる。
6.お皿に盛って完成。

電子レンジで加熱後、にんじんがまだ固いようであれば、混ぜながら10秒ずつ加熱して様子を見てくださいね。ゴマを入れたり、七味をかけたりと、アレンジを楽しむこともできます。

にんじんとツナのサラダ

サラダというと、生のままの状態をイメージする人が多いと思いますが、ちょっとだけ加熱することによって、味が付きやすくなります。

【材料】2人分
にんじん 1本
オリーブ油 大さじ1杯
ツナ缶 小1/2缶
塩 小さじ1杯
こしょう 小さじ1杯
オリーブオイル 大さじ1杯
粒マスタード  小さじ1杯

【作り方】
1.にんじんの皮をむき、千切りにする。
2.ツナ缶の汁を切って、にんじんと一緒に耐熱容器に入れる。
3.ツナとにんじんを混ぜ合わせたものに、ふんわりラップをして電子レンジで加熱する。(500Wで1分30秒)
4.調味料を混ぜ合わせる。
5.ボールにツナとにんじんを入れ、さらに調味料も入れて、混ぜ合わせる。
6.冷蔵庫で冷やし、お皿に盛って完成。

にんじんを加熱しすぎると食感が失われてしまうので、加熱し過ぎないように気を付けてくださいね。普通のサラダを食べるように、マヨネーズやドレッシングと合わせても、おいしく食べることができます。

にんじんのグラッセ

にんじんの甘みが引き立つグラッセは、ハンバーグなどの付け合わせとしても便利。時間がたっても食感が変わりにくいので、お弁当にもぴったりです。

【材料】2人分
にんじん 1/2本
砂糖 大さじ1杯
バター 10g
塩 ひとつまみ

【作り方】
1.にんじんの皮をむき、長さ3~4cmのシャトー切りにする。
2.耐熱容器に、にんじんと調味料を入れ、ふんわりラップをして電子レンジで加熱する。(500Wで1分30秒)
3.にんじんを軽く混ぜ、電子レンジでさらに加熱する。(500Wで1分30秒)
4.お皿に盛って完成。

バターのかわりに、マーガリンでも代用できます。重さをはかるのが面倒な場合には、大さじでくりぬいて使っても大丈夫です。今回は1/2本の分量で紹介していますが、にんじんを半分残しても……という場合には、多めに作って冷凍保存しておくという手もあります。

にんじんといんげんの炒め物

オレンジ色のにんじんと緑色のいんげんで、見た目もきれいな炒め物です。ボリュームがあるので、メインのおかずとして食べることができます。

【材料】2人分
にんじん 1本
豚ロース(薄切り) 150g
いんげん 1袋
しょうゆ 大さじ1杯
酒 大さじ1杯
砂糖 小さじ1杯
サラダ油 大さじ1杯

【作り方】
1.いんげんのへたを取って、3等分の長さに切る。
2.にんじんの皮をむき、いんげんと同じくらいの千切りにする。
3.耐熱容器に、にんじんといんげんを入れ、ふんわりラップをして電子レンジで加熱する。(500Wで2分)
4.サラダ油以外の調味料を混ぜ合わせる。
5.フライパンを熱してサラダ油を入れ、豚肉を炒める。
6.豚肉に火が通ったら、にんじんといんげん、調味料を入れて、汁気がなくなるまで炒める。
7.お皿に盛って完成。

にんじんといんげんを、電子レンジで加熱しておくことで、炒める時間を短くすることができます。にんじんといんげんの量が多いので、レンジで加熱する時は、なるべく平らにして、重なりを少なくするのが加熱ムラを防ぐコツです。

にんじんと鶏肉のカレー煮

カレーの香りと味は、食欲を刺激しますよね。カレー煮にすることで、ご飯に合わせるだけではなく、お酒のおつまみとしても楽しめるおかずになります。

【材料】2人分
鶏もも肉 100g
ニンジン 1本
しょうゆ 大さじ1杯
酒 小さじ1杯
水 大さじ2杯
カレー粉 小さじ1/2杯

【作り方】
1.にんじんの皮をむき、1cmくらいの厚さの半月切りにする。
2.鶏もも肉を一口大に切る。
3.しょうゆと酒を混ぜ合わせ、鶏もも肉を入れて揉みこむ。
4.耐熱容器に、しょうゆと酒ごと鶏もも肉を入れ、にんじん、水も加え混ぜ合わせる。
5.ふんわりラップをして、途中で混ぜながら電子レンジで加熱する。(500Wで5分)
6.鶏肉とにんじんに竹串を指し、火が通っていればお皿に盛って完成。
(生なら30秒ずつ加熱と確認を繰り返してください)

鶏もも肉は、薄めに切っておくと火が通りやすくなります。カロリーが気になる人は、胸肉にかえたり、もも肉の皮の部分を取り除くことで、カロリーダウンできますよ。

にんじんのポトフ

忙しい朝には、朝食の準備をするのも大変ですよね。電子レンジで加熱するだけの簡単スープなら、手間をかけずにしっかりと朝食を取ることができます。

【材料】2人分
にんじん 1/4本
キャベツ   2枚
ウインナー 4本
水  300cc
コンソメスープの素 小さじ1杯
塩 少々
こしょう 少々

【作り方】
1.にんじんは皮をむき薄めの輪切りにする。
2.キャベツをひと口大にきる。ちぎり、芯の部分は薄切りにする。じゃがいもは4mm幅の
3.ソーセージは好みの厚さで斜めに切る。
4.耐熱容器に、にんじんを入れ、ふんわりラップをして電子レンジで加熱する。(500Wで1分30秒)
5.にんじんの入っている耐熱容器に、キャベツとソーセージ、水、コンソメスープの素を入れる。
6.ふんわりラップをかけて、電子レンジで加熱する。(500Wで1分30秒)
7.塩、コショウで味を調える。
8.カップに盛って完成。

2人分の材料で紹介しましたが、半分の量をそれぞれ、電子レンジで加熱できるマグカップに入れて作れば、盛り付けの手間もはぶけます。

にんじん炊き込みご飯

炊飯器のスイッチを押すだけで出来上がる炊き込みごはんですが、材料や調味料が多くなると、面倒になってしまいますよね。今回は、にんじんとめんつゆを使ったシンプルなレシピをご紹介します。

【材料】2人分
米 2合
にんじん 1本
めんつゆ(3倍濃縮) 大さじ2杯

【作り方】
1.にんじんの皮をむき、みじん切りにする。(大き目でもOK)
2.お米をとぎ、にんじんとめんつゆと一緒に炊飯器に入れる。
3.炊飯器の分量通りに水を入れる。
4.炊飯器のスイッチを入れ、ご飯を炊く。
5.炊きあがったら、茶碗に盛って完成。

水の量は、カップで測って入れるのではなく、にんじん、めんつゆを加えた状態で、炊飯器のラインに合うように調整してください。にんじんだけでは食べ応えがないという場合には、ヒジキやジャコなどと一緒に炊いてもおいしいですよ。

スポンサーリンク

まとめ

火が通りにくいにんじんも、薄く切ったり、電子レンジを活用することで、調理の時間を短くすることができます。料理にかかる時間が短ければ、他のことに使う時間が増やせますよね。

にんじんは、和食、洋食、どんな味付けにも馴染む食材です。いろんなアレンジに挑戦して、にんじんを美味しく食べてくださいね。

続きを読む

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -