ツインソウルとの出会いはどこにある?出会いの時期と前兆3つ!

Clover(クローバー) > 恋愛 > ツインソウルとの出会いはどこにある?出会いの時期と前兆3つ!

この記事では、ツインソウルについての詳しい意味や、ツインソウルに出会う前兆として起こることなどを紹介しています。占いやスピリチュアルな話が大好きな人であれば、「ツインソウル」という言葉に聞き覚えがあるのではないでしょうか?

「運命のパートナー」だとか、「同じ魂を持つ片割れ」といったニュアンスで使われることが多いです。身近な人がツインソウルであるか知りたい人も、ぜひ参考にしてくださいね。

ツインソウルとは?

「ソウルメイト」とは区別するもの

まず知っておくべきなのは、「ソウルメイト」と「ツインソウル」は違うということです。簡単に説明すると、ソウルメイトとは同じ魂を持つグループのこと。

そしてツインソウルとは、同じ魂を持つ自分の片割れであるということです。少し混乱しそうですね。ソウルメイトは今世で大勢の人として出会うことがあります。

一方、ツインソウルは双子の魂のように、非常に希少価値なもの。諸説ありますが、ツインソウルは全部で12人居るそうです。

出会うことが前世から約束されている相手

人は輪廻転生の法則によって、生まれ変わりを繰り返しているとも言われています。また、生まれてから死ぬまでのシナリオが、すでにできているという占い師もいます。

前世でパートナーだった相手と、「次に生まれ変わってもまた会おう」と約束した場合、今世でツインソウルとして再会することがあります。

「運命の人」「出会うべくしてであった」という言葉をよく聞きますよね。人生というシナリオに欠かせないキャラとしてその人が登場したのであれば、きっとツインソウルなのでしょう。

魂の成長のために必要な相手

ツインソウルとは、共に魂を磨き合える関係であると言えます。すなわち、魂を成長させるために必要な相手ということです。

魂の成長というのは、すごい人になることでもなければ、お金持ちになることでもありません。生きているだけで価値のあるあなたが、本来の姿に戻ることなのです。

あなたをありのままに生きられるよう、その姿を以って教えてくれる人こそが、あなたのツインソウル。自分の声に正直に生きることで、より思い描く理想を現実に導くことさえできるのです。

ツインソウルとの出会いの前兆3個

家電製品が次々に壊れる

新しいステージへ進む時や運命的な出会いを控えている時は、家の物が次々と壊れるという厄介な現象が起きます。特に家電製品は、脳や魂と連動しているという説もあります。

ドライヤーやパソコンなどが壊れるということは、魂の成長の時。加えて、周りの人間模様も一新される前ぶれでもあります。ツインソウルに出会うにあたって、身の周りの物を自分にふさわしいものに変えようという流れが始まるわけです。

一見、マイナスと思われることが立て続けに起こる

例えば、車の運転中にスピード違反で捕まったり、慣れ親しんだ職場から廃業解雇を言い渡されたり……。こうともなると、「どうして悪いことばかりが私には起こるの?」と泣きたくなりますよね。

しかし、ツインソウルに出会うためには、必ず何かしらの試練があることを覚えておきましょう。神様は、その人がギリギリ乗り越えられる試練を、絶妙なタイミングで与えます。

言い換えれば、試練を乗り越えた先に、ツインソウルとの出会いが待ち受けている可能性が非常に高いということですね。

眠くて仕方がない

仕事中も家に居る時も、とにかく眠くてたまらない。そのような現象が起きた時は、許される限りで良いので、素直に横になって眠りましょう。

イメージとしては、この強烈な眠気は、魂のバージョンアップのために体の電源を落としているようなもの。眠い時期が過ぎると、新しい世界やツインソウルとの出会いが待っているのです。

「最近、やけに眠いな」と感じたら、ドラゴンクエストというRPGで言うところの、「力をためている」状態なんだと考えて下さい。蝶がさなぎの中でじっくり眠り、美しい蝶になって青空を舞うことと似ていますね。

ツインソウルの特徴と確認する方法

出会いから深い関係になるまでが早い

出会って間もないのに、なぜか急激に親しくなったり恋愛関係に発展したり。しかも、その関係がびっくりするほど上手くいくのも特徴です。

初対面の人が相手だと、普段は緊張して上手く話せないという人も、相手がツインソウルであれば、出会った瞬間に意気投合するなんてことも起こり得ます。

初対面なのに懐かしい

初めて出会った人なのに、どこか懐かしい。まるで、ずいぶん前からの知り合いのように……。そのような感覚を覚えるような相手は、まさにツインソウルと言って間違いないでしょう。

まるで自分の一部であるかのように、一緒にいると安心するし、ホッとします。そして、その人と一緒に歩む未来図を容易に描けたりもします。

それもそのはず!前世で共に協力し合って、使命を果たそうとしていた関係だったからです。しかし当時は、時代がそれを許さず、望みが叶わなかったのでしょう。

「生まれ変わったら再びめぐり会い、共に誓った思いを果たそう」。その時が、ついに来たのかも知れませんね。

どんなに離れても再びめぐり会う

「この人こそツインソウルだ!」そう確信してご縁を感じていた人と、突然の別れがくることもあります。仕事場なら、他の支所への異動や転勤。

なんらかの事情で連絡先を無くしてしまい、音信不通状態に陥ってしまうこともあります。そんな時、「やっぱり、ご縁が無かったのかな?」と、落ち込んでしまうのも無理はありません。

しかし、ツインソウルであれば不思議なことに、どんなに離れていても不思議と再会できるのです。コンビニでばったり会ったり、SNSでお互いを見つけて再びやりとりが始まったり離れていても……。

一時的な別れは、お互いの修行のためなのです。共に別々の場所で魂を成長させ、互いにレベルアップした頃に、神様は再び、ツインソウル同士をめぐり合わせてくれます。

いつか再び出会う日が必ず来ることを信じて、自分にできることを精一杯頑張るのみなのです。

感性が似ている

感性が似ていて話が弾み、「この人とは永遠に喋っていられそう!」と思える相手って、そうそう居ないのではないでしょうか?ツインソウルは、同じ魂を持つ自分自身の鏡。お互いの感情に影響を受けやすく、嬉しい時も悲しい時も、2人で思いを共鳴させます。

理想像や目指すところも2人は同じ。ビジネスパートナーとして、時には良きライバルとして、お互いに無くてはならない存在だということに徐々に気が付いていくはずです。

なんとなく特別なものを相手に感じられる

昔、松田聖子さんが再婚相手に「ビビビときた」と記者会見でおっしゃっていたことは、今でも印象的です。この他にも、「出会った瞬間、稲妻が走った」という感覚を覚える人も居ます。

「この人って、なんとなく特別な存在だな」という直感が鍵になります。お互いに魂の奥深くでつながっているので、直感で感じ取れる特別感は説明のつけようがないわけです。

例えばパーソナルスペースの広い人が、「電車や映画館で、自分の隣に他人が座るのがすごく嫌」と感じているとします。

しかし相手がツインソウルであれば、自分のテリトリーに入り込まれようが何時間も一緒に居ようが、「なんか、この人だけは大丈夫なんだよね」という感覚です。自分の心の声や直感に、深く耳を傾ける時間を持つことが大切ですね。

ツインソウルとの出会いの場所と時期とは

セミナーやパーティで偶然となりの席に

特に占い系、心理学系、スピリチュアル系のセミナーでツインソウルに出会う人は多いです。会場でたまたま隣の席に居合わせた人、セミナーのワークでたまたまペアになった人。

これらは単なる偶然ではなく、意味のあるご縁です。セミナーなどに参加する人は、だいたい同じような目的で来ています。

「知識を身につけて誰かの役に立ちたい」「興味がある分野なので、お金を払ってでも学んで自分を高めたい」そのような学習意欲のある人はもちろんのこと。

「イケメン講師に直接何かを教われる機会だから」という、軽いノリの人もきっと居ることでしょう。そのようなセミナーで謳い文句のように言われているのは、「人は同じ波動同士で惹かれあう」ということです。

宇宙の法則に従った考え方だと、人と人も磁石のプラス極とマイナス極のようなもの。同じ波動を放っているもの同士はグループでいても居心地よく感じます。

逆に、波動の違う者同士が一緒に居ると、居心地も悪く、自分の中の電磁波が狂ってしまうのだとか……。宇宙まで視野を広げて考えると、なんとも興味深い話ですね。

まずは「私のツインソウルはどこにいるの?」と、宇宙に向かって問いかけること。そして、自分が直感で「このセミナー、いいな」「この講習会、なんとなく気になるし興味はあるな」と感じた場所へ出かけてみることをおすすめします。

会場で出会う人、偶然隣の席に居合わせた人の中に、あなたのツインソウルが居るかも知れません。

たまたま目にしたイベント先で

セミナーや講座など、出会いは学びの場に限ったことではありません。コンサート会場や野外イベントなども、もちろん同じ感性の人間が多く集まる場所です。

だからと言って、「この中で、なんとしてでもツインソウルを見つけ出さねば!」と躍起になるのはNG!ツインソウルというのは、長い人生において、出会えるかで会えないかというほどの存在。

そんな中で奇跡のように出会うためには、あなたの状態があくまでも自然体に、そしてありのままに保たれていることが重要なポイントになってきます。

川の流れに逆らってオールをひたすら漕ぐよりも、流れに身を任せている方が、自らの望む目的地に早く辿り着くことができます。会場では、あくまであなたらしく振舞い、心の状態もフラットに。その方が、魂の片割れから見つけられやすいというわけです。

異動先、転職先で

会社で突然、異動や転勤の辞令を言い渡されると、慣れ親しんだ場所であればショックな思いもあるのではないでしょうか?

ましてや、転勤先がうんと離れた場所だったり初めての場所だったりすると、ネガティブな思いも倍増してしまいますよね。しかし、それは悪いことではありません。

ホメオスタシス(恒常性)のある生き物は人間に限らず、変化を嫌うからです。しかし、「人生を変えたい」「新しい出会いが欲しい」という思いがあるならば、まず環境を変えること。

特に異動先や転勤先、転職先には、ツインソウルと出会えるチャンスがあるとも言えます。ぜひ、変化の時期を前向きに捉えて、人生の次の章を楽しみましょう。

まとめ

ツインソウルとは、同じ魂を持つ自分の片割れです。一説によると、前世からすでに出会う事が決まっているとも言われています。

出会う前兆として、悪いことが立て続けに起こったり者が壊れたりといったマイナスな現象が起きますが、それらは全て、魂を一新させるためのデトックス現象。

「このことはきっと、ツインソウルとの出会いに繋がってるんだ」と前向きに捉え、あなたらしく生きることを意識しながら過ごしてみましょう。

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking

Category