【浮気の修羅場】戦慄!本当にあった修羅場エピソードまとめ!彼氏の浮気・旦那の不倫など

Clover(クローバー) > 恋愛 > 【浮気の修羅場】戦慄!本当にあった修羅場エピソードまとめ!彼氏の浮気・旦那の不倫など

芸能人の不倫話が世間を賑わせる昨今ですが、浮気や不倫が原因の修羅場エピソードは意外と身近にも転がっているものです。

自分には無縁な世界だと思っていても、彼氏や旦那がいれば浮気されてしまう可能性はゼロとは言えません。いつかは自分が修羅場に巻き込まれることだってあるのですから、他人事だと面白がっている場合ではないかもしれませんよ。

恋愛の形が人それぞれなように、修羅場エピソードも十人十色。傍観者でいる分には面白いけれど、自分の身に降りかかったらと思うと下手な怪談よりもゾッとしてしまうようなエピソードをご紹介しましょう。

【浮気の修羅場】彼氏の浮気が発覚!実際にあった修羅場エピソード

浮気した彼氏の父親が彼に制裁

「10代の頃から20代前半まで付き合っていた彼とは交際期間がそれなりに長く、彼のご両親にも気に入られて娘のようにかわいがってもらっていました。

ところがある時、ひょんなことから彼の浮気が発覚。とても許す気持ちにはなれず、彼のご両親には申し訳ない気持ちがありながらも別れを告げました。

別れてからしばらく経って失恋の傷も癒え始めた頃、仕事が休みの日に自宅で過ごしていると、突然インターホンが鳴りました。

誰かと思ってドアを開けると、そこには別れた彼のご両親、そしてその後ろに彼が立っています。そしてなぜか彼の顔は青痣だらけ

一瞬何事かと思いましたが、彼のお父さんが制裁したんだとすぐに気付きました。彼のお父さんは学生時代から格闘技をやっていて、曲がったことが許せない体育会系の正義漢。私との別れの原因が彼の浮気とバレて、彼はボコボコに殴られたようです。

彼のお母さんは泣いて謝ってくるし、こちらとしても申し訳ないやら情けないやらで、本当になんで彼は浮気なんて馬鹿なことをしたんだろうと思いました。」

浮気をした彼が制裁を受けたと思うとスカッとする部分もあるかもしれませんが、もう終わったと思っていたところに家族総出で謝りに来られても困ってしまいますよね。

彼が殴られたのは自業自得ですが、痣だらけの彼とそのご両親に自宅を突然訪問された女性の心境も修羅場だったようです。

彼氏の浮気が原因でグループ崩壊

「いつも一緒に遊んでいる10人ぐらいのグループがあり、彼と私もそのグループの一員でした。そのグループで遊んでいるうちに親しくなって、付き合ったという経緯があります。

付き合って2年ぐらいの頃、なんとなく彼がよそよそしい態度を取るようになってきて、ある日ついに好きな人ができたからという理由で振られてしまいました。そしてその話はすぐグループ内にも知れ渡ることになりました。

そしてみんなでLINEのグループトークで話をしていた時、メンバーの1人が私たちの別れの原因は彼の浮気だと言い出しました。

確かに時期的に私と新しい彼女が被っていた時がありました。けれど私の中ではもう終わった話で、お互い話し合って納得の上で別れたのです。

そして話は私に同情する派と彼を擁護する派の議論に発展。なぜか当事者を置き去りにしてヒートアップし、メンバー同士が大もめする事態に。そしてそれが原因でグループは崩壊し、予定していたイベントの計画などもなかったことに。

なんだか申し訳ない反面、余計なお世話と感じてしまう部分もあり、実際に振られた時よりもその時の方が修羅場でした。」

芸能人の不倫の話題でも度々取り上げられる、当事者たちよりも周りが盛り上がってしまう問題。当事者同士が納得しているのなら放っておけばいいのにとも思いますが、恋愛という身近なテーマになると他人事ではいられない人たちも少なからずいます。

浮気をすると恋人だけでなく、友人や知人からの人望を失ってしまうことも珍しいことではありませんから、気を付けなければいけませんね。

バンドマンの彼を巡る女の争い

「私ではなく友人の話ですが、友人が付き合っていた彼はバンドマンで、ある日友人からライブに誘われ一緒に観に行くことになりました。

ライブハウスの中はそこそこ混んでいて、私たちは会場の後ろの方で立ち見していたのですが、しばらくして知らない女性が近くに来ました。

そしてその女性は友人に対し、『あんたよく来れるね』と一言。後で聞いたところその女性は友人の彼の元カノだったのですが、友人と彼女はその場でにらみ合いに。

そしたらまた1人、違う女性がこちらに寄ってきます。どうやらその女性も友人の彼と何らかの関係がある女性で、ライブなんかそっちのけで3人はにらみ合いから取っ組み合いのケンカに。周りの人が止めてくれてやっと収まりました。

女の争いは怖いと思ったのと、そもそも元凶は女性にだらしない彼なのだから、彼を責めるべきなのでは?とも思いましたが、余計なことを言って巻き込まれたくなかったので黙っていました。」

恋人の浮気が明らかになった時、女性は浮気相手の女性に対して敵意を表すことが多いと言います。女の敵は女とも言いますが、そもそも悪いのは女性といい加減な付き合いをする男性なのではないでしょうか。

そういう男性は相手が誰であっても、同じ過ちを繰り返します。一度痛い目を見なければ、浮気をやめることはないでしょう。

結婚していなくても慰謝料をもらえた

「同棲3年の彼とは口約束ではありますが結婚の話もしていました。しかしある時彼の浮気が発覚し、本当に悔しいし悲しかったけれど、別れることに。

別れた時私は30代半ば。これから新しい人と出会って付き合って結婚なんてできるのかと不安になり、絶望的な気分になりました。自分の中でその思いを留めておけず、友人に話を聞いてもらうと、友人が『慰謝料取りなよ』と言うのです。

結婚どころか結納などの具体的な婚約をしていたわけでもなく、まさか慰謝料が取れるなんて思ってなかった私は目からウロコ。

その話を弁護士さんに相談したところ、内縁の妻とまではいきませんが、同棲を3年以上していて結婚の話も出ていたので、数十万円の慰謝料を請求できました。

私たちが付き合った期間がお金で清算されてしまった気がして虚しさも感じましたが、何も残らないよりはマシだったのかなと今では思います。」

結婚していなければ法的な拘束力は何も発生しないと思いがちですが、場合によっては慰謝料を請求できることも。

慰謝料は微々たるものでも、払わせれば相手に非を認めさせるという効果もあるので、少しでも留飲を下げたいならこの女性のように慰謝料の請求を検討してみてもいいかもしれません。

仕事を早上がりして家に帰ったら

「当時の私は仕事が忙しく、休日出勤することもしばしばありました。

その日も休日出勤だったのですが予定よりも仕事が早く終わったので、会社の近くにある美味しいと評判のケーキ屋さんでお土産を買って、同棲中の彼が待つ家に帰ることに。

ところが玄関を開けると見覚えのない女物の靴が置かれていて、奥の部屋では何やら騒がしい物音が。何事かとベッドルームに向かうと、ベッドの中に隠れている彼と知らない女性を発見。

その姿を見た瞬間に怒りが込み上げてきて、裸のままの2人を床に正座させ、買ってきたケーキを顔面に投げ付け、彼のスマホを真っ二つに割ってやりました

もう二度と浮気をしないとその場で誓わせました。」

こちらのエピソードを語ってくれた女性はその後の話を聞けていないのですが、今でもその彼と付き合っているのでしょうか。そうだとするととても心の広い女性だと思えます。

浮気自体も許せませんが、同棲中の自宅に連れ込むなんて言語道断です。私ならもうその家には住みたくなくなってしまうと思いますが、みなさんはいかがでしょうか。

浮気相手と彼の家で鉢合わせ

「大学2年の時に付き合っていた彼とは半同棲状態で、通っている大学もサークルも同じでした。1日中ずっと一緒にいるような状態で、卒業して就職したらこの人と結婚するのかな、とも考えていました。

彼は朝なかなか起きられない人だったので、ある日私が女友達の家に泊まりに行った翌日、1限の授業に一緒に行くために彼の家に寄ると、なぜかいつもは使ってない2個目のカギがかけてあります。

合鍵は1個しか持っていなかったので、不思議に思いながらチャイムを押すと、半裸の彼氏が挙動不審で出てきました。その時点で明らかにおかしかったので、何やらごにょごにょ言っている彼を押し退けて強行突破。

ベッドルームに行くとそこには部屋着姿の知らない女の子が座っていました。

そこで私は逆に冷静になり、笑顔で『私は彼の同期で、今日授業の前に起こしてって頼まれてたから家に寄ったんですけど、お邪魔でした?』と聞くと、その女の子は悪びれる様子もなく『いえ、私こそこんな格好ですいません』と一言。

これは彼が悪いと判断し、女の子には見えないところで彼に威嚇して、合鍵をゴミ箱にぶん投げてから大学に行きました。」

修羅場といえるような場面で取り乱さず冷静に対処できる女性は、個人的にかっこいいと思います。

恋人がいると知っていてちょっかいを出す女性は質が悪いですが、浮気相手の女性が何も知らずに彼に手を出されていることも多くあります。そもそも誠実な男性なら、たとえ他の女性にアプローチされてもなびかないと信じたいものです。

浮気相手が私の親友でしかも妊娠

「彼氏からいきなり別れ話を切り出され、理由を問いただすと最初は口ごもっていましたが、実は浮気していたこと、そしてその浮気相手が妊娠したこと、その責任を取るために結婚しようと思っていることを告げられました。

急な展開にめまいと怒りを覚えながらも、相手の女性を呼び出すことを命じて、後日3人で話し合いをすることに。

話し合いの日、彼が連れてきた浮気相手はなんと私の親友。私は彼女の親友に手を出す彼と、友人の彼氏と知っていながら寝取った親友に愛想が尽き、結局別れることになりました。

彼と親友はそのまま結婚し、事情を知らない周囲はすっかり祝福ムード。

しかししばらくしてから彼から『嫁が不倫している』と連絡が来て、それをきっかけにまた2人で会うことに。今でも彼とはちょくちょく会っていて、親友は彼の不倫には気付いているようで、神経をすり減らしているみたいです。

ちなみに不倫相手が私とはバレていません。まさか盗った相手から盗り返されたとは親友も考えていないんでしょう。」

こちらは寝取られた彼を逆に寝取り返すという強烈なエピソードです。女の戦いは後腐れが残りまくりで思わず怖いと感じてしまいます。
客観的に見て1番許せないのは2人の女性の間をフラフラしている男性だと思いますが、いざ自分がその状況に置かれたらどうなるかは、なってみないとわかりませんね。

ゴミ箱の中に浮気の証拠が

「合コンで知り合った彼とは様々な面で相性がよく、良好なお付き合いをしていました。

しかしある日、いつものように彼の部屋にいる時にゴミを捨てようとしたら、ゴミ箱の中身に何か違和感。よく見てみるとそこには化粧水を塗った後のような使用済みのコットンが入っていました。

彼が使った物とは考えられず、直感的に他の女の物だと感じた私は彼をその場で問いただしましたが、彼は知らばっくれるばかり。

その時は私も彼のことが好きだったのでそれ以上追及できませんでした。

しかしその後何度も同じようなことがあり、私が証拠を見つけるたびにプチ修羅場。結局真相をはっきりさせられないまま別れてしまいましたが、今思えばあれは浮気相手からの牽制だったのでしょう。」

浮気の証拠を見つけても、彼のことが好きで問い詰められないという女性も意外と少なくないようです。

しかしこんな関係を続けていては、自分の気力が持ちません。誠意のない男性とは思い切って別れてしまった方が賢明ですね。

浮気デート中にまさかの遭遇

「昔付き合っていた彼との修羅場です。

その日彼は休日出勤だから会えないと言っていて、それを信じた私は1人で外出し、地元の駅前の道を歩いていました。すると向こうからなんだか見覚えのある人が歩いてきました。

なんとそれは休日出勤しているはずの彼。そして彼と親しそうに腕を組んでいる見知らぬ女性。

幻でも見たのかと思って固まってしまいました。

2人がこちらに近付いてきて、すれ違う手前で彼は私に気付いたようで、見なかったフリをして足早にその場を去ろうとしました。

我に返った私はすぐに後を追いかけ、彼を捕まえて修羅場開始。

浮気相手は悲劇のヒロインぶって泣き出すし、彼は逆ギレして逃げ出そうとするし、公衆の面前でもめにもめる最悪な修羅場でした。もちろんあんな最低な男とはすぐに別れましたよ。」

こちらは家ではなく、屋外で彼の浮気現場に遭遇してしまったエピソード。人前での修羅場は野次馬も集まってきそうなので、できれば避けたいものですよね。

しかしこの彼は、どうして逃げられると思ったのかが不思議でなりません。目の前の問題からはとりあえず逃げるタイプだったのでしょうか。

SNSで浮気バレ

「大学時代、同じサークルだったことがきっかけとなり、付き合っていた彼がいました。

順調に交際を続けていましたが、ある日同じサークルの友人に『この前できたカフェに行ったって聞いたけど、どうだった?』と聞かれ、私はそこには行った覚えがなく何のことかわかりませんでした。

『行ってないけどどうして?』と聞き返すと、友人は私の彼がSNSにそのカフェに行ったという情報をアップしていたからだと言います。

しかし彼は1人でおしゃれなカフェに行くようなタイプではなく、むしろいつも私が行きたいと無理を言ってついて来てもらっていました。

これは怪しいと思い、彼を問い詰めると最初は誤魔化していましたが浮気していることを白状。

しかも浮気相手が同じサークルのメンバーだったため、その後他の関係ないはずのサークルメンバーをも巻き込んだ修羅場に発展し、散々でした。」

共通の知り合いが多いカップル間の浮気問題は、周りを巻き込んだ騒ぎになることが多いようです。

心変わりは人間なら仕方のないことかもしれませんが、せめて筋は通してほしいものですよね。

【浮気の修羅場】旦那の不倫による修羅場エピソード5つ

友人と夫がW不倫

「子ども同士が同級生で、家族ぐるみで仲良くしていた友人が、私の夫と2人で歩いていたという話をママ友から聞いて、まさかと思いながらもこっそりマークしていました。

そして2人が夜中にこっそりと連絡を取り合い、会っていることが発覚。夫と友人の2人に裏切られていたことに頭が沸騰し、我が家と友人一家が集まった時に『あなたたちはどういう関係なの?』と問い詰めました。

友人の夫は何が起きているのかわからずポカンとしていましたが、夫と友人はただ俯いて黙っているばかり。子どもの前だったのでとりあえずその場での追及をやめ、後日大人だけで話し合うことに。

結果2人が不倫していた事実は本当で、友人夫婦は離婚し、私はまだ幼くパパが大好きな子どもたちのために、夫の謝罪を受け入れ離婚こそしませんでしたが、いつか復讐してやりたいと思っています。」

結婚して子どもがいると感情面よりも生活が優先になるので、浮気されたからといって、はい別れましょうとは言えないのがつらいところです。

特にこの女性の場合、夫ばかりか信頼していた友人にも裏切られていたのですから、そのショックはとても大きいものだったことでしょう。いつか復讐してやりたいという気持ちを持つのは当然かもしれません。

自宅に不倫相手を連れ込んだ夫

「私は2歳の息子を持つシングルマザーです。元夫とは息子が1歳の時に離婚。原因は夫の浮気です。

夫の浮気が発覚したのはまだ息子が6カ月ぐらいの時で、同居の義母(夫の母)に手助けしてもらいながらも、慣れない子育てと在宅ワークの両立で精一杯でした。

夫は子育てには我関せずで、たまにあやしたりはしていましたが、ミルク作りもオムツ替えもしてくれたことはありません。

ある日午後から出かけなければならない用事があり、日中に仕事を終わらせてから、義母に息子を見てもらっている間に準備をしようと2階の夫婦の寝室に行くと、夜勤明けの夫が1人で寝ているはずのベッドに頭が2つあるのです。

なんと夫は私と義母と息子がいる時間に、自宅に女を連れ込んでいたのです。それまでの夫の言動で薄々怪しいとは思っていましたが、まさか自宅に連れ込むとは思いもしませんでした。

その場で2人を問い詰めましたが、言っていることがまるで理解不能。宇宙人とでも話しているような気分になり、なぜこんな人と結婚してしまったのかと頭を抱える事態に。

その後紆余曲折を経て離婚しましたが、今になって冷静に考えてみてもやはり夫はどこかおかしかったんじゃないかと思っています。義母さんは良い人でしたから、なんであんな風に育ってしまったのかが不思議でなりません。」

この体験談は私が聞いた中でもかなりのインパクトのある話で、世の中にはこんな意味不明な言動をする男性がいるものかと驚愕しました。

妻の妊娠中に不倫に走る夫は多いと言いますが、家族がいる自宅に知らない女性を連れ込むなんて、到底許せる話ではありませんよね。

職場不倫する夫の会社に突撃

「夫が同じ職場の年下女性と不倫しているという情報を偶然入手した私は、まず探偵事務所に依頼して確実な証拠を集めてもらいました。

十分な証拠が集まった1ヶ月後、証拠となる書類や写真のコピーとともに慰謝料の請求書と手土産を持参して、夫の職場に突撃。

受付で『〇〇さん(夫の不倫相手)にお世話になっている者ですが、ご挨拶に伺ったのでお取次ぎ願えますか?』と伝えると、すぐに対応してもらえて相手の女性が出てきました。

当然私と彼女は初対面ですから、ポカンとする彼女。私が『△△(夫)の家内です。主人がいつもお世話になっております。』と、持ってきた持参品を渡すと、彼女は顔面蒼白になっていました。

正直胸のすく思いでしたよ。」

夫の不倫が発覚した時に冷静でいられる女性ほど、相手には大きいダメージを与えられるものかもしれません。

また夫の不倫を知ってもすぐに別れるとはならないところが、夫婦と恋人の違いとも言えるようです。

友人からの密告

「夫から残業で遅くなるという連絡があり、1人でDVDを見ながらゆっくりしていた夜のこと。友人から電話がかかってきて、『今あんたの旦那が女とホテルに入っていった』と興奮気味に伝えてきました。

しかし夫は残業しているはずなので、友人の冗談かと思い最初は笑い飛ばしました。しかし友人が『今すぐ来て』と必死に言うので、半信半疑で友人の言う場所に向かいました。

1時間ぐらい友人と一緒に車の中で待機していたら、紛れもない夫本人が知らない女性とホテルから出てきたのです。頭が真っ白になった私の手を友人が掴んで夫の前に行くと、夫も予想外だったらしく固まっていました。

連れていた女性は若い女の子。あまりのショックでパニックになり、『離婚する!帰る!』と叫んで友人を引きずって帰宅しました。

その後すぐに夫が帰ってきて土下座していましたが、はい許しますとは言えず1ヶ月ほど実家に帰りました。

相手は同じ会社の女の子で、3ヶ月ほど関係を持っていたらしいです。実際に自分がそういう場に出くわすと、咄嗟に動けないものなのだと知りました。できれば思いきり殴ってやりたかったんですけどね。」

一生懸命働いているのだから帰りが遅くなるのも仕方ないと思っていたら、残業を言い訳に浮気をしていたなんてとんでもない旦那さんですね。

友人が偶然見つけなければ涼しい顔して浮気を続けていたのでしょうか。

怪しい夫をタクシーで尾行

「これは友人夫婦の話なのですが、友人は夫の帰りが突然遅くなったことを怪しんでいて、私は一緒に夫の尾行を手伝ってほしいと頼まれました。

それである日友人夫が出勤すると言って出かけた時に、友人とタクシーに同乗して友人夫の車を尾行すると、車は友人夫の勤務先近くの小さなアパートの前に泊まり、車を降りた友人夫はその一室に入っていきました。

私は友人夫と面識がなかったので、タクシーから降りてその部屋の前まで行き、インターホンを押すと部屋着姿の若い女性が出てきました。奥には友人夫がくつろいでいました。

私の背後に隠れていた友人はそれを見て怒り心頭。ありとあらゆる罵声をその女性に浴びせ、玄関にあった靴などを友人夫や女性に投げ付け、挙句の果てに隣の家のドアにまで投げ付ける始末。

不倫相手の女性が『通報しますよ!』と言い返してきたので、私は興奮している友人を引きずって待たせていたタクシーに乗り込み一時帰宅しました。

友人が暴れている間、友人夫は部屋の隅で無言で青ざめているだけでした。」

友人のキレ方もなかなかのものですが、不倫現場が見つかったからといって何もできない夫というのも情けない話ですね。

【浮気の修羅場】自分が浮気して発展した修羅場も…

浮気がバレて命の危機

「何年か前に付き合っていた彼の家に遊びに行った日のこと。いつものようにベッドの上でいちゃいちゃしていた時、彼が突然私の首に手をかけてきました。

そんな性癖を持っている人ではないし、何をしているんだろうと思ったら、その手にだんだん力を込めてきたんです。

私が怖くなって『苦しい』というと、彼は怒るでもなく悲しむでもなく淡々と言いました。『浮気してるよね?』と。

彼の言う通り、実は私はその時、他の男性とも関係を持っていました。バレていないと思っていたんですが、彼は知っていたようで、その時は本気で殺されると思いました……。

とっさにベッド脇の置時計を掴み彼の頭に振り下ろし、彼が昏倒して手を放した隙に、取るものも取らず部屋から逃げ出しました。

自業自得と言われてしまうのは仕方ありませんが、まさかあんな怖い思いをするとは考えもしませんでした。」

浮気をしてしまった女性のゾッとするような修羅場体験ですが、怒りの感情が表に出ない人ほど何をするかわかりませんから、気を付けなければいけません。

スマホのロックをかけ忘れて

「子どもが生まれてから夫とはずっとセックスレスで、家族として大切には思うし仲は良かったけれど、男女の関係という感じではなくなってしまいました。

私がそれとなく誘っても、なんだかんだ言い訳してさっさと寝てしまう夫に不満が募っていたのです。

それで欲求不満になっている時に知り合った既婚男性と肉体関係を持つようになり、夫には満たしてもらえないものを求めてデートを重ねていたのです。恋人というよりはセフレの関係でした。

もう夫婦間には恋愛感情がないと思っていた私は、バレても別にどうってことないだろうと思っていました。その考えが油断を生んでしまったようで、スマホにロックをかけ忘れたところを運悪く夫に見られてしまいました

相手とのやり取りを見た夫は怒り狂って『今すぐこの男を呼び出せ』といい、問い詰められました。

そもそも夫が私を満たしてくれないから捌け口を外に求めただけ。そんなに怒るなら最初から相手をしてくれればよかったのに……。」

女性は寂しいから、満たされないからという理由で浮気をすることが多いといいます。その場合悪いことをしているという自覚もないので、話し合いをしても平行線になってしまうことが多くあるようです。

不倫相手との待ち合わせ場所になぜか夫が

「不倫相手の彼は特別イケメンだったわけでもないし、恋愛感情というものもなく割り切った関係で付き合っていました。愛してはいませんでしたが、一緒にいて居心地がよかったのです。

肉体関係は2年ほど続いていて、その間夫に怪しまれることもなかったので、すっかり油断していました。

いつもと同じように待ち合わせ場所のホテルに向かったら、なぜかそこには不倫相手ではなく夫が待っていました

そこからホテルのロビーで2時間以上修羅場です。ひたすら夫に問い詰められ責められました。

不倫相手の彼とはそれっきり会うこともなく、連絡もなく。別にいつ終わってもよかったので未練はありませんが、少し寂しかったかな。」

女性側が浮気をしている場合、修羅場になってもどこか肝が据わっている方が多いような印象を受けます。女性の浮気の方が質が悪いといわれるのは、こういった理由があるからでしょうか。

これが男女逆となると、夫は顔面蒼白でだんまり、妻は逆上して手が付けられないという状況になりかねません。

浮気がバレて仕事も辞めさせられ……

「子どもがまだ幼い頃、主人との仲があまりうまくいっていなくて、仕事と家事と育児を1人で担う毎日でした。

主人からは感謝や労いの言葉もなく、やって当たり前という態度。少しでも労わってくれれば、他の人を好きになることなんてなかったと思います。

私は家政婦をやるために結婚したのだろうかと悩んでいた矢先に、彼と出会いました。部署移動によって出会った彼は優しくて爽やかな好青年。彼もまた既婚者でしたが、いつも私に優しく励ましの言葉をかけてくれました。

同僚として自然と親しくなり、連絡先を交換して色々な悩みや話を聞いてもらいました。職場で2人で話すことも増え、その流れでついキスをしてしまったのです。

彼との関係はそれ以上はなく、それでも気分が上がって毎日を楽しく過ごせるようになりました。しかし私のそんな変化に気付いた夫が私のスマホを盗み見し、彼とのやり取りが見つかってしまいました。

肉体関係など持っていなかったのに夫は怒り狂い、彼にもう2度と近づくなと電話をかけ、私は仕事を辞めさせられました。

その後もしばらく監視され、夫は仕事中でも所在確認の電話をかけてきました。子どもの世話や食事の準備などですぐに電話に出られないと、罵声を浴びせられ疑われることが1ヶ月ぐらい続きました

そんな日々を繰り返していたある日、何がきっかけだったのかわかりませんが、夫が私を責めすぎたこと、浮気される自分にも問題があったこと、これからもずっと一緒にいたいことを伝えてくれて、それで仲直りしました。

今では家事や育児にも積極的に参加してくれて、夫婦仲良く過ごしています。」

この女性にとっては夫に浮気を責められるよりも無関心でいられる方が辛かったのでしょう。

結果的には丸く収まったようなので、まさに“雨降って地固まる”を表したエピソードです。

不倫現場を娘に見られてしまった

「不倫相手は私がまだ独身で、入社間もない頃にお世話になった上司でした。

夫と結婚して1度職場を離れたのですが、その上司からは定期的に暑中見舞いや年賀状が届いており、子育てが落ち着いた段階で職場復帰を決め、彼の下で再び働くことになりました。

元々仕事は好きでしたし、彼は私の仕事ぶりを評価してくれていて、私も彼を尊敬していました。それがいつしか恋愛感情に変わってしまったのです。

ある日の仕事終わりに彼から飲みに誘われ、良い感じに酔いが回って帰りたくなくなり、2人でカラオケに行くことになりました。カラオケの個室内で彼といちゃいちゃしていると、ドアを激しく叩く音が。

なんとそこには学校の制服姿の私の娘が立っていました。娘は私たちが歩いている姿を見つけ、後をつけてきたというのです。

娘は泣き叫んで発狂し出すし私たちもどうしていいかわからず、とりあえずその場を後にして帰宅することに。

帰ってからは夫からも責められ、義父母や私の両親も巻き込み、社内にも私たちの不倫関係が知れ渡ってしまいました。結局不倫関係を清算して夫とは離婚しなかったのですが、娘からの信頼を取り戻すために2年の月日がかかりました。」

不倫現場を夫に発見されてしまうのも修羅場ですが、ましてや思春期の我が子に見られてしまうなんてなおさらです。

子どもはお母さんとお父さんに仲良くいてほしいもの。本当に修羅場だったのは実の母の不貞現場を見てしまったお子さんの心境だったのではないでしょうか。

まとめ

聞くだけでもハラハラするような修羅場エピソードをご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

どのエピソードも浮気や不倫をされた側や、巻き込まれた周囲にとってはとても迷惑な話です。人間には感情がありますから、理性だけではどうにもならないこともあるかもしれません。するなと言ってしないなら、誰も苦労はしないでしょう。

けれどパートナーの信頼を裏切る行為をするなら、絶対に秘密を洩らさず墓の中まで持っていく覚悟を持ってほしいものですね。

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking

Category