【大殺界2018】金星人あなたにおすすめの過ごし方!運命星の調べ方も詳しく解説!

大殺界…他の占いでは天冲殺や空亡とも呼ばれている期間で、あまり良い印象を持っていない方も少なくないかもしれません。また、今年からの大殺界の星の一つに金星人の方が挙げられます。
金星人の運命とは基本的にどういったものなのでしょうか。さらに大殺界を乗り切る方法などについても、今回は詳しく見ていきたいと思います。

六星占術で星を割り出してみよう

運命星の出し方

さて、六星占術でのご自分の星回りは何なのかを知りたいとは思いませんか?ここでは、その出し方をご紹介します。簡単にできますので、気軽に読み進めてくださいね。

まずは生まれ年と月を運命数表から割り出します。運命数表は六星占術の各星の本に付属していますので、そちらで見て頂くか、ネットでは運命数の自動計算ができるサイトもありますので、こちらでもぜひお試しください。

これで導きだしたのが「運命数」です。この数から1を引き、さらに生まれ日を足します。合計が60を超えた時は、合計から60を引きます。この計算を経て出た数が運命星です。ちなみに下記のような星回りとなりますので、ぜひご覧ください。

・1~10→土星人

・11~20→金星人

・21~30→火星人

・31~40→天王星人

・41~50→木星人

・51~60→水星人

さらにご自分の干支から、運命星がプラスかマイナスかを割り出します。

・子/寅/辰/午/申/戌→+

・丑/卯/巳/未/酉/亥→−

これで、星回りがわかりました。基本的な出し方はこういった手順です。

霊合星人の時の出し方

六星占術には6つの星の他にも「霊合星人」という星回りがあります。こちらは「占命盤」と呼ばれるものを使うのですが、各星/+−、それぞれに占命盤が出ているサイトでもご覧頂けます。

この占命盤では、12の運気をみていきます。

種子/緑生/立花/健弱/達成/乱気/再会/財政/安定/陰影/停止/減退

生まれ年が「停止」であれば、霊合星人です。各星の霊合星人を以下に示しますので、先ほどの+とーを踏まえ、割り出してみてください。

・土星人→+の戌年生まれ/−の亥年生まれ

・金星人→+の申年生まれ/−の酉年生まれ

・火星人→+の午年生まれ/−の未年生まれ

・天王星人→+の辰年生まれ/−の巳年生まれ

・木星人→+の寅年生まれ/−の卯年生まれ

・水星人→+の子年生まれ/−の丑年生まれ

これに当てはまれば霊合星人となり、他の星と異なる基本性格や運命が示されます。

金星人をもっと知ろう

金星人の運命とは

さてここからは金星人の基本性格に焦点を当てていきます。先ほど+と−の話に触れましたが、同じ星でも多少、パーソナリティが違ってきます。そのあたりも楽しんで読み進めてください。

金星人の基本性格① 華やかさとカリスマ性

これは金星人を象徴する特徴と言えます。アーティスト肌なところがあり、自分自身を全面に押し出せる才覚の持ち主です。その一方で、誰かの下で働く事は好みません。

自己主張のできる仕事に就く事で、その働きは生き生きとし、また楽しさにも満ちています。そのカリスマ性がいつしか、金星人を人気者にしていたという事もあります。

ただし、自分が主役になっていないと面白くなくなる一面があります。したがって金星人のミッションは  「常なる努力と周囲への気配りをする事」にあります。

金星人の基本性格② 人任せができない

つまりは自分で何でもやりたいという基本性格を持ちます。休日も外で動いていたいアクティブなタイプでもあります。また、じっとしているのが苦手な側面もあります。ですから動く事でストレスの軽減を図っています。

そういった落ち着きのなさで仕事での失敗などで悩んでいる金星人の方もいらっしゃる事でしょう。自分なりの息抜きの方法を考えるのもまたミッションです。人任せができない気持ちが過ぎると独りよがりになってしまいますから、無理だと思った事は思い切って誰かにお願いしてみるのも必要です。

金星人(+)の基本性格① 目立ちたがり屋の仕切りたがり屋

さてここからは同じ金星人でもプラスの方の基本性格に迫ってみましょう。先ほども触れましたが、そのカリスマ性が象徴するように、目立つのが好きというのが第一印象。

また仕切るのが非常にうまく、まとめるのが長けているのかはともかく、まとめる事に手を挙げたがります。イメージとしては同窓会や忘年会の幹事。

進行役を任されてもその天性で上手くこなせます。ただし、自分以外の人間にライトが当たると面白くないと思う一面がここでも出る事があります。

金星人(+)の基本性格② 実はファッショナブルである

目立ちたがりというからにはやはり、派手なものやキラキラしたものを好むのがプラスの方。流行の先端を見抜く目にも長けています。

パーティや人との繋がりといった場が日常のどこかに必ずあり、そういった場を好むのもプラスの方の基本性格です。そのわりにマネー面は堅実で、ギャンブルにつぎ込む人はごく稀です。

金星人(+)の基本性格③ …でも信頼されているのかと言えば…?

なかなかそうでもないようです。基本的に外へ外へと気持ちが向いているので、事務職などのルーティンワークを特に苦手とします。逆に営業などの外回りが向いており、それで成果を挙げる人も少なくありません。

また、目立ちたがり屋の側面を活かして、芸能の世界も吉。思いのままの仕事を掴み取るのであれば、まずは真面目に、しっかり、コツコツと。そうしたところも金星人のミッションと言えますよね。

金星人(−)の基本性格① 実はマイペースである

さて、ここからはマイナスの方の基本性格に迫りましょう。プラスの方と相反して、マイナスの方はマイペースです。マイペースかつ思いのままに動いている時が一番キラキラしています。

マイナスの方はそういったところを活かし、自由業(フリーランス/ノマドワーカーなど)で一旗あげるのも吉です。カリスマ性の基本性格で、自分にしかできない事をビジネスにできます。こうしたビジネス展開で、お金に困る事がなくなったというケースも。実はその名の通り、金星人には金運があるのです。

マイペースゆえか、無理もしませんし、現実的なところもあります。そうした視点から自らを客観視し、最大限に自分を活かす道を考えていけます。こうしたセルフプロデュース能力が、ビジネスでの成功に導いていくのです。

金星人(−)の基本性格② 過去の事は気にしない

金星人共通の性格として、気持ちが常に外向きという点を先ほどご紹介しました。それに加えてマイナスの方は、過去の事を気にしない、さっぱりしたところも特徴です。

マイナスの方は外向きでありながら、前向きでもあります。過去を気にしている事で、今度は前にも進めなくなってしまうというわけです。

ただし、同じ失敗を繰り返したり、自分の性格を変革できなかったりと、周囲を困らせる事もあるようですが、前へ前へという一方通行だけではなく、自分と向き合う内省的な時間を作る事も金星人には重要になってきます。

金星人(−)の基本性格③ 自由人!

金星人は自由奔放であると同時に、束縛はとことん嫌がります。これは仕事だけでなく、恋愛でもそういう側面があります。自分の好きなようにできないと耐えられないのが金星人。

こと恋愛においては心の赴くままに進めていくようなところがあり、その奔放さたるや、多角関係や不倫も厭わないほどのものがあります。

少しでも嫌だと感じたら、その仕事自体が嫌だというのも金星人の特徴的な側面と言えます。自分の内側と向き合い、本当に好きな事をビジネスにするといいですね。

結局のところ、人生はいかに楽しむ事ができるのか、そういったところを重視しているのが金星人なのかもしれませんね。

金星人×霊合星人の基本性格

金星プラスの霊合星人は木星人の影響を受けています。木星人は真面目なんだけど根暗。インドア派で、計画性があります。そうしたおとなしさがありながら、金星人特有の外向きの性格が打ち出す明るさを同時に兼ね備えます。

仕事はコツコツこなしながら、終わった後は開放的に遊びに出かけるようなイメージが、金星の霊合星人です。

大殺界を切りぬけよう

大殺界の過ごし方とは

ここからは大殺界の過ごし方について触れていきたいと思います。どの星にも共通している事ですし、実行する事でマイナスの影響を軽減できます。大殺界だからといって気負う事なく、気軽に楽しみながら過ごしていきましょう。

陰影、停止、減退と移り行く3年間の「冬の運気の世界」は、果たしてどう乗り切ればいいのでしょうか。今回筆者が手がけている記事には土星人の大殺界のものがありますので、そちらも併せてお読み頂きながら、ご自分の過ごし方の参考になさってくださいね。

大殺界の過ごし方① 「それまでやらなかった小さなこと」にチャレンジする

金星人の場合は派手めの印象が際立ちますので、敢えて逆を突いてみるのはいかがでしょうか。例えばファッションは落ち着いたカラーでシックに決め、キラキラした派手さをさりげないものに抑えてみるなど、こうする事で新たな自分の発見につながる事があります。

メイクアップもしかりですね。近頃はヌードメイクが大きくクローズアップされ、そういった化粧品もヒットしています。シンプルだけども上級技のヌードメイクで、ナチュラルさを演出してみるのもいいですね。

大殺界の過ごし方② 無理をせず過ごす

大殺界というと、結婚・出産、就職に引越しといった、大きな決断を控えるというイメージが強いですよね。しかしこの大きな決断を先延ばしさせる事ができるのであれば実行し、大殺界の期間中はこの決断についての計画の見直しや、目的の明確化を改めて行うなどの洗い直しに充てるというのはいかがでしょう。

こうする事で、計画がよりクリアなものになり、大殺界明けにはそれをスムーズに進ませる可能性を高めます。

ただし、現実にはそうはいかない事も多くあります。そういう場合は、仕事であれば「手は抜かないけれども、それまで以上に丁寧に取り組む」といった小さな目標を立てるのも有効です。

また結婚を控えているのであれば、大殺界の間はその準備期間として同棲を始めるのはどうでしょう。同棲をする事で、お相手が結婚に相応しいのだろうかという答えを探す期間にもなりますし、お相手の知らない一面も見られるだけでなく、結婚を前提とした結婚前の共同生活で、結婚後の生活を具体的に考える事もできますね。

まとめ

今回は金星人の基本性格と大殺界における過ごし方をご紹介しました。六星占術の星回りの出し方に難しさを感じていた方も、ぜひ一度お試し頂いて、同時にその楽しさにも触れて頂きたいと思いますし、大殺界は決して悪いものではなく、誰しもに訪れるものなのだという事をご理解頂いた上で、まずはゆったり、穏やかに、そしてのんびりと、リラックスしてお過ごし頂く事が、何よりの鍵である事をここでお伝えしたいと思っています。

大殺界でも輝ける日々でありますよう、この記事がお役に立てれば幸いです。

続きを読む

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -