【週末婚】夫婦のありかたはどうあるべき?

結婚したら女性は専業主婦として家庭を支えるのが一般的だった一昔前に比べて、最近では結婚しても働き続けて社会で活躍する女性がどんどん増えています。

社会の形が変われば、夫婦のあり方も多種多様になってきますよね。結婚してもバリバリ仕事をしたい、仕事に集中したいと考える女性が増えたことで、平日は仕事に集中し、週末は夫婦としての時間を大切にする「週末婚」というスタイルがあります。

そこで今回は、結婚スタイルの1つである「週末婚」について、良い点と悪い点を紹介したうえで夫婦のあり方について一緒に考えていきたいと思います♡

そもそも週末婚って何?

週末のみ一緒に生活する夫婦のスタイル

週末婚とは、その名の通り「週末のみ」夫婦が一緒に生活するスタイルのことを言います。

仕事の都合や子供の都合、など週末婚を選ぶ夫婦には様々な理由があります。昔は、子連れ再婚の時に、最初のうちは週末だけ生活を一緒にして徐々に子供と新しい夫婦の生活を慣らしていくことを目的として週末婚を選ぶ夫婦もいました。

最近では、社会で活躍する女性が増えてきたこと・生活スタイルや考え方が多様化してきたことから、様々な理由で週末婚を選ぶ夫婦がいます。

単身赴任で「週末婚」

夫婦の勤務地が遠いため、平日一緒に暮らすには通勤が辛い……という理由から単身赴任を選んで週末のみ一緒に生活する夫婦も週末婚です。

例えば、大学時代から付き合っていたけれど勤務地が離れてしまい、遠距離を続けてそのまま結婚したカップルなどは、夫婦ともに仕事を続けたい場合、週末婚を選ぶことで仕事と結婚を両立することができますよね♡

また子供がいる場合、ご主人や奥さんの転勤で家族全員が引っ越すと子供は転校しなければならず、生活環境がガラリと変わってしまい子供への心理的な負担が懸念されます。そこで単身赴任を選んで、週末を家族団らんの時間とする家族のスタイルもあります。

それぞれの生活を大切にしたいから「週末婚」

夫婦といえども、毎日生活を共にしていると少なからずストレスはありますしお互いに気を遣いますよね。

平日は仕事以外のことは気にせずに、仕事に集中したい!と考える人や、プライベートな趣味や遊びの時間を大切にしたい・夫婦と言えどもその時間を邪魔されたくない、と考える人もいます。

そういった考えの夫婦は、夫婦の職場がそこまで離れていなくてもあえて週末婚を選ぶ場合があります。夫婦の時間と、仕事・自分の時間をきっちり分けたいという考えを持っている人に合った結婚のスタイルと言えますね。

週末婚はこんなところが良い!

仕事に集中できる!

仕事を一生懸命頑張りたい人にとって、仕事と結婚生活の両立はなかなか難しいものです。

仕事をしながら、ご飯の準備や掃除など家事をして、お互いに気を遣って生活をして……となると、結婚前と同様に仕事に精を出せなくなってしまう人もいます。

また、結婚相手が転勤が多い人だと、転勤に毎回ついていってそのたびに新しく仕事を探すのはなかなかハードルが高いですよね。

今の仕事を頑張りたい!続けたい!と思っている人には、週末婚は魅力的な結婚スタイルです♡

自分の時間を大事にできる!

自分の趣味や、結婚相手以外との友達付き合いなど、どうしても結婚してしまうと自分だけの時間を今まで通り確保するのは難しくなってしまいます。

毎日一緒に暮らしていると、結婚相手があまり頻繁に友達と食事に行ったり飲み会に行くのは良い気がしないという人もいますよね。逆に、結婚相手に気を遣ってなかなか友達の誘いを受けられない……と感じる人もいるかと思います。

週末婚は、平日はお互いバラバラの生活をしているので気を遣わずに自分の好きなことができるのが大きなメリットです♪

恋人同士のような関係が長く続く♡

毎日一緒に生活していると、だらしないところや見られたくない・見たくない一面も自然に見えてしまいます。それが続くと、恋人同士のようなドキドキ感や、会いたい!という気持ち・一緒にいられることの幸せを忘れてしまいがちです。

週末婚であれば、平日はバラバラに過ごしているので週末一緒に暮らしていて多少嫌なことがあっても我慢できて喧嘩になりにくいですし、週末しか会えない!と思うことでドキドキ感や一緒にいられることの幸せを噛みしめることができます♡

ずっと恋人同士のような夫婦でいたい!と考える人にとって、これは大きなメリットですね♡

週末婚はここが悪い!

お金が掛かる

夫婦で一緒に生活していれば、家賃や光熱費などを抑えることができますが、バラバラにくらしていると生活費が二重に掛かってしまいます。料理もそれぞれが1人分を作るより、2人分一気に作った方が食費を抑えられますよね。

また、週末婚をしていると平日は自炊が面倒なので外食しがちになり、食費が掛かったり健康に良くない、などというデメリットがあります。

貯金がしたい!と考えている夫婦は、週末婚を選んだ場合の支出と収入をあらかじめ予測しておいた方が良さそうです。

将来設計が立てにくい

将来的に子供が欲しい、と考えている夫婦にとっては将来設計はとても大切ですよね。マイホームはどうするか、子供を産むのはいつ頃にするか、産休・育休はいつ取るのか……など、計画的に物事を進める必要があります。

子供ができたら週末婚を辞めるのか、マイホームを建てるとしたらどの地域にするのか、など週末婚を始める際にあらかじめ話し合っておかないと、いざ週末婚を始めてしまった場合に将来設計が全然立てられない!といったトラブルが起きやすくなってしまいます。

すれ違いが起きやすい

毎日一緒に生活していれば、今日あったことや思ったことなどをお互いに話す時間が十分あります。

でも週末だけしか会わないと、色々なことをまとめて話すことになるので抜け漏れがあったり、初めから細かく説明するのが面倒になってしまったり、コミュニケーションが不足してしまう可能性があります。

こういったコミュニケーション不足が原因で、お互いに不信感を抱いたり、他の人に目移りしてしまったりする可能性もあります。自由な時間も多いのでお互いに秘密が増えてしまって夫婦として破綻してしまう可能性も出てきます。

週末婚を選ぶ際には、お互いが信頼し合えるかどうかがカギとなります。

週末婚って…夫婦はどうあることがベストなの?

コミュニケーションを大事にする

週末しか会わない=週末しかコミュニケーションを取らない、ということではありません。お互いに一緒に生きていきたいと考えたから、結婚したはずですよね。

SNSや電話、メールなどコミュニケーションを取る方法はいくらでもあるので、そういったものを十分活用してお互いに毎日少しでも良いからコミュニケーションを取ることが夫婦として上手くやっていくコツです☆

コミュニケーションが不足すると、相手のことが理解できなくなってしまったり不信感を募らせる原因になってしまいます。

週末婚で多くの人が心配するのが、お互いの浮気や心変わりです。結婚相手よりも近い同僚や友人の方が、仕事の愚痴や弱音を聞いてくれる・自分のことを理解してくれる、という錯覚に陥って心変わりしてしまう可能性もあります……。

これを防ぐためにも、日ごろからきちんとコミュニケーションを取って相手への信頼感を維持できるよう努力することが大切です☆

約束を決めて守る!

週末は必ず会う、朝はおはようの電話をする、異性と2人きりで食事したりしない、など、週末婚を始める際には結婚生活を上手く行かせるために何か約束事を決めておくと良いです。

ただでさえ平日会えないのに、週末も他の友達と遊ぶ予定や趣味の予定などを入れてしまって、夫婦としての時間を全く取れないというのは考えもの。週末婚を始める前に「せめて週末は夫婦の時間にする」ときちんと約束しておきましょう。

また、毎日のコミュニケーションやお互いの健康チェックのためにモーニングコールをするという約束もオススメです。ただでさえ自由な時間が多く不安要素が生まれがちな週末婚なので、異性と2人きりで食事に行くのはやめてほしい、などと伝えておくのも良いでしょう。

ここで大切なのは、守れない約束はしないこと・約束したことは守ることです。約束を破られてしまうと不信感に繋がってしまいます。

定期的に「共通の楽しみ」を設定する

月に一回、少し良いレストランで一緒に食事をする・年に1回海外旅行に行く、など2人で楽しめる「共通の楽しみ」を設定するのもオススメです。共通の楽しみがあれば、2人で一緒に同じゴールに向かって日々の生活を頑張ることができますし、良い切り替えにもなります。

また、週末婚だと共通の話題が不足しがちですが、共通の楽しみがあればそれを話題にすることもできますよね。「2人で一緒に何かに取り組む」ということが、毎日一緒に生活する同居婚では容易に実現できますが、週末婚では自分たちで設定しないとなかなか実現できません。

旅行や外食が難しい、と考える人は共通の趣味を作ったり、一緒に同じ映画やマンガを見たり、何か2人でコミュニケーションを取ることができるものを始めてみると良いですよ♡

まとめ

生活スタイルや考え方が多様化していく中で、色々な理由で週末婚を選ぶ夫婦がいます。

夫婦のあるべき姿としてとして、同居婚が正解なのか・週末婚が正解なのか、答えはありません。夫婦によって仕事やプライベートを大切にするのか・夫婦の生活を重視するのか、考え方は様々なので自分たちにあった結婚スタイルを選ぶことが大切です♡

週末婚を選ぶ際には、お互いの信頼感を失わないよう努力し続けることが大切です☆

続きを読む

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -