流行りに乗らない女性の特徴とは?ダサいと思われる?オシャレな洋服の着こなし術

Clover(クローバー) > ライフスタイル > 流行りに乗らない女性の特徴とは?ダサいと思われる?オシャレな洋服の着こなし術

女性にとってファッションというのは、重要ですよね。女性によって好みが異なっていて、様々なファッションを楽しんでいます。オシャレな人も多いのですが、その反面、少しダサいファッションをしている人もいますよね。

そんな女性には特徴があると言われているそうなのですが、そんなダサい女性の6つの特徴をご紹介します。また、ファッションが与える様々な心理的な効果についても見ていきたいを思います!

流行りに乗れてないダサい女性の6つの残念な特徴

流行遅れの服を着ている

ダサい女性には、特徴があると言われているのですが、その中でもよく言われる5つの特徴とは、どのようなものなのでしょうか。

ファッションというのはいつも流行があり、その流行に沿って着る服を選ぶことがほとんどですよね。

服のデザインはもちろん、カラーなどもその時々によって変化するのですが、ダサい女性というのは、そうした流行りのファッションをせずに、流行遅れの服装をしていることが見られます。

流行というのは常に移り変わるので、常にチェックをしていかなければならないのですが、そうしたことを行わないと、いつの間にか流行とはズレた服装をしてしまいますよね。

わずか数年前に流行った洋服であっても今着ると古いデザインになることもあるので、こうしたことには気を付けるようにしたいですね。

似合わない洋服を着ている

ファッションというのは、基本的に自分の好きなように着る服を選んでいくことができます。なので、個性や好みに合わせて好きなように洋服を選んでいくことができるのですが、そうした中でついつい似合わない洋服を着てしまうこともありますよね。

本人は似合っているつもりで着ているとしても、他人から見るとあまり似合っていないように感じてしまうファッションをしている人もいて、そうした人は見ているだけで痛々しい感じがしてダサく見えてしまいます。

どのようなファッションをしても悪いことはないのですが、どうしてもその人のイメージやキャラクター、体型などに似合わない服装をしているとダサい女性に見えてしまいます。

よれよれの洋服を着ている

洋服を長く着ていると、首元が伸びてしまったり、毛玉ができてしまったりすることがありますよね。そうした洋服は部屋着にするのには最適なのですが、外で人に合う場合などにそうした洋服を着ていくと、かなりマズイと言えます。

年齢を問わず、そうした洋服を外に着ていくのはマナー違反と言えるのですが、中にはそうしたことにあまり気を使わない人もいます。

なので、そうした女性はダサイ女性と思われてしまうことが多いのですが、何年も着続けているような洋服というのは、本人が良くても他人に不快な印象を与えることがあるので気を付けたいですね。

また、細かい事とも言えるのですが、どんなに仕事ができてメイクやヘアスタイルが決まっていても、どこかよれよれとしていたり、シワの多い洋服を着ていたりすると悪い印象を与えてしまうので注意したいですね。

全身ブランドの服を着ている

世界中には様々なブランドがあって、オシャレな洋服が多くあります。なので、そうしたブランドの服を着る人も多いのですが、全身ブランドを着ている女性も多くいますよね。

本人としては全身ブランドを着ているということで、かなりオシャレをしているつもりあのですが、傍から見るとどこかダサく見えてしまうことが多く見られます。

ブランドそのものは一つ一つのアイテムの品質が高くてオシャレなものなのですが、すべて同じブランドを身に着けたり、大きなブランドのロゴが入った洋服などを着ていたりすると、ダサい女性と見られてしまいます。

色使いがおかしい

ファッションには色使いも重要になります。落ち着いた色合いの洋服から派手な色合いの洋服などもあるのですが、そうした色使いをどのようにするのかというのもファッションの醍醐味と言えます。

しかし、人によってはその色使いが少しおかしい人がいて、そうした人はダサい女性と思われてしまうことが多く見られます。

落ち着いた色合いだけを使ってコーディネートをしても地味になりすぎてしまいますし、派手な色合いだけを使ってコーディネートをしても逆におかしくなってしまうので、ファッションにおける色使いというのは重要になります。

基本的には、あまり奇をてらわずにベーシックな色合いでバランスを考えた色使いをしていくようにしないとダサいファッションとなってしまうことが多いようです。

喪女になりがち

喪女とはネットスラングで「モテない女」を指す言葉です。つまりファッションがダサいとモテ度さえも低くなってしまいがちなのです。

人の価値は外見だけではわからないとは言いますが、イメージは第一印象である程度決まってしまいます。その後から中身を知ってもらってイメージを変えていくということも不可能ではないにしろ、第一印象で好感を持てないとその人のことを深く知りたいとも思わないものです。

もし男性から第一印象でダサいと思われてしまうと、恋愛対象として見てもらえない可能性もありますし、いくら中身が良くても「この女性の隣に並んで歩きたくないな」と思われてしまいます。

異性に対してある程度の外見のよさを求めるのは性格が悪いわけではなく、いわゆる本能ですから男性を責めるのはお門違い。今大切にしている恋や、ある日突然出会うかもしれない恋のためにも、日頃からファッションセンスを磨いておくに越したことはありません。

顔立ちもスタイルも性格も悪くないのに男性からモテない女性は、周りにダサい女性と思われていることが原因ということもあるのです。

ファッションが与える心理的な効果について

ファッションはその人の心理を表す

ファッションというのは、様々な影響を与えてるということがわかっていますよね。新しい洋服を着る時には心がウキウキしますし、シックな洋服を着ると心もどこか落ち着きます。

洋服を着る本人はもちろん、周りの人にも様々な影響を与えるのですが、ファッションが与える心理的な効果とは、どのようなものなのでしょうか。

ファッションは、元を正せばただの服装の組み合わせなのですが、それを通してその人の心理状態が現わされていると言われています。身に着けるアイテムがどのようなものかということや色使い、コーディネートなどが様々な心理を現わしているそうです。

ファッションから見るその人の心理

ファッションには様々なスタイルがありますが、どのようなスタイルを選ぶのかということでもその人の心理を知ることができます。例えば、派手なファッションをしている人は、目立ちたがり屋であると同時に寂しがり屋ということが言われています。

目立ちたいので派手なファッションをするというのは、よくわかるのですが、同時に心の中にある寂しさなどを派手な服装をすることで紛らわそうとするということが言えそうです。

また、反対に落ち着いたファッションやシックなファッションをしている人は、マイペースで自分のスタイルを持っている人が多いと言われています。

世の中がどのように変化しても、自分を貫くということがそうしたファッションに現れているとも言われていて、意外と頑固者ということも言われているそうです。

ただ、年齢を重ねると多くの人が落ち着いたファッションを好むことが多いので、これは年齢的なことも影響しているようです。

様々なファッションから見る心理

こだわりあるファッションに隠された心理

様々なスタイルのファッションがありますが、それぞれのファッションスタイルにもその人の心理が見えると言われています。具体的なファッションとその心理について見てみたいと思います。

ファッションは人によって大きくスタイルが異なっています。

全体的にはシンプルなファッションをしているものの小物を重視したり、ブランドものにこだわったり、個性的なファッションをしたりする人などもいるのですが、それぞれのスタイルにもすべて心理が見られると言われています。

例えば、小物にこだわる人は、自己主張が強く、ブランドにこだわる人はプライドが高い心理があると言われています。また、個性的なファッションをしている人は、意外に真面目な性格をしていると言われています。

さらに、定期的にファッションが変わるという人もいるのですが、そうした人は、他人からの影響を受けやすく流されやすい心理を持っていると言われています。

他にも、いつも最先端の流行を取り入れるファッションをしているという人もいるのですが、そうした人の心理として人から嫌われたくないということや馬鹿にされたくないという心理を持っている人が多いと言われています。

常に流行を取り入れていることで、人にバカにされないようにしているとも言えるのですが、意外とそうした人は周りの人の目を気にして、批判などに弱いとも言われています。

ファッションの色使いからみる心理的な影響

ファッションは様々な色使いが欠かせないのですが、その色使いについてもその人に心理が表れていると言われています。まず、黒色は、強い意志を表すことが多く、同時に落ち着いたクールさを表すとも言われています。

さらにグレーは、相手を立てたり、相手を受け入れたりするということが言われていて、順応性があることを表しています。そして、白は前向きで素直さを表していると言われています。

こうした色合いというのは、日常にファッションの中でよく見られる色合いなのですが、他にも赤はエネルギーの発散、緑は癒しや調和、青は秩序や落ち着きを表していると言われています。

このように色使いを見るだけでも、その人のファッションがどのような心理をしているのかということを知ることができます。

ジーンズ、スカートを履くことの心理的影響について

女性は男性に比べてファッションの選択肢が多いですよね。ジーンズはもちろん、スカート、ワンピースなどを着てバラエティ豊かな服装をすることができます。

なので、そうしたファッションからその女性がどのような心理をしているのかを知ることができるのですが、特に男性と会う時にどのようなファッションをしているのかということでその心理が表れていると言われています。

男性と会う時にジーンズをよく履く女性は警戒心が強いということが言われていて、反対にスカートやワンピースを履く女性は相手に好意を持っているということが言われています。

また、女性は男性と会う時はもちろん、普段から体のラインがはっきりと出たファッションをすることがありますが、こうしたファッションをする女性はナルシスト的な心理傾向があると言われています。なので、男性からの視線を集めて思わせぶりな行動をとることもあるそうです。

露出の多いファッションをする女性の心理について

ただ、同じように女性のファッションとして露出の多いファッションをする人もいるのですが、そうしたファッションをする女性は、男性を誘惑する心理が働いている場合と、純粋にファッションを楽しんでいる場合があるという事が言われています。

また、ミニスカートを履いている女性は、男性を誘惑するというよりは、ファッションとしてミニスカートを履いていることも多いと言われていて、心理的に意味を持つ場合と、特別な意味があまりない場合もあるそうです。

ファッションが他人に与える心理的影響

ファッションはその人の気分や心理などを表しているのですが、同時に他人にも影響を与えます。本人はそれほど深い意味はなくても胸元の空いた服装などは男性にとってはかなり刺激的ですよね。

他にもミニスカートなども刺激的なファッションと言えるのですが、女性の場合は特に周りに与える心理的な影響は大きいようです。

また、清潔感のある服装やしっかりとした服装は相手に信頼感を与えて、信用されやすくなるとも言われています。さらに、半袖やTシャツなどは、比較的、親しみやすい影響を人に与えるということが言われていて、これは男性、女性問わずに見られる心理的効果になります。

ファッションを良くすることで得られる心理的効果について

ファッションはダサイ恰好をするよりもなるべくオシャレな恰好をしたいですよね。実は、ファッションセンスを磨いてオシャレをすることで、様々なプラスの心理的な効果が得られると言われています。

まず、ファッションがオシャレになることで異性からモテる確率が高まります。また、オシャレになることで自分に自信が持てるようになります。身なりを整えて、しっかりとした服装をすると自分に自信が持てて小さなコンプレックスなどを感じなくなりますよね。

また、ファッションがオシャレだと、他人から頭が良さそうに見られたり、性格が良さそうに見られたりするとも言われています。なので、ファッションを少し変えてオシャレになるだけで、こうした心理的効果が得られるようです。

流行りに乗れないダサい姿から卒業する3つの方法

ファッション雑誌を読む

ダサ子を卒業したい!ファッションセンスを磨きたい!と思っても、オシャレ初心者だとどこから手をつけていいかわからないといったことがよくあります。そもそもオシャレな服を買いに行くための服がない!というのはよく聞く意見です。

ファッションセンスを磨くために必要なのは、ファッションに関する情報です。センスは理屈ではなく直感的なもの。その直感を磨くためにはより多くの視覚的な情報が必要なのです。

ですからまずは服を買いに行く前に、ファッション雑誌を読んで情報をたくさん取り入れましょう。

ポイントはどんな系統でも構わないので、とにかく最新号のファッション雑誌を読むこと。流行は常に移り変わるものですから、最新号のファッション雑誌ならその時の1番人気のあるファッションの写真がたくさん見れます。

古い雑誌の情報はもう既に過去の流行です。いつでも新鮮な情報を手に入れられるようにしましょう。そして初めは雑誌で見つけた気に入った服を上から下まですべて真似してみてください。

買いに行く服がないなら、通販を使うという手もあります。通販で服を買う場合はサイズ感をよくチェックしましょう。できれば試着返品できる通販サイトがおすすめです。

色使いを気にする

自分でコーディネートするとどうにもダサい雰囲気になってしまう人にありがちなのが、色のぶつかり合いです。いくらデザインがすてきな服を組み合わせても、色使いがごちゃごちゃだとオシャレなファッションにはなりえません。

ファッション初心者が心掛けるべき色使いは、2色以上3色以下です。また色の種類そのものよりも色合いを見ることが大切です。

くすんだ色にはくすんだ色を、はっきりとした色にははっきりとした色を、というように、色の彩度や明度を合わせることを意識すると印象がバラつかずにまとまります。

自分のパーソナルカラーがわかれば色選びがさらに選びやすくなりますが、わからない場合は2~3色のうち1色をモノトーンにすると、他の色も比較的スムーズに選べるようになります。

自分に似合うファッションを見つける

オシャレな人というのは、自分に似合うファッションを把握しているものです。いつ見てもどんな服でも着こなしているように見える人は、自分に似合うものしか持っていないのでそう見えるのです。

自分に似合うファッションを見つけるにはセンスが必要だと思うかもしれませんが、センスがなくても実は様々な診断から導き出すことができるのです。

どのような形の服が似合うかどうかは骨格診断という方法で、自分にはどんな色が似合うかどうかはパーソナルカラー診断という方法を用いて知ることができます。

両方とも簡易的なものなら無料で自己診断できるサイトがインターネット上にありますので、一度試してみて損はないですよ。

流行りに乗らない女性が一番オシャレかも

なんでも流行を追えばいいというものではない!

ここまでいかに流行を押さえることが大切かについて書いてきましたが、一概に流行ばかりを押さえていればいい、というものではありません。

というのも、流行は芸能人やデザイナー、インフルエンサーといった人々が作りだすものであり、そのファッションがあなた自身に似合うかはまた別の問題だからです。

例えばモデルさんの体形であれば似合う洋服でも、普通の女性が着るにはちょっと……といったデザインのものもあります。

そんな時に「今年はこれが流行っているから!」という気持ちだけで着てしまっては、せっかくのあなたの魅力を消してしまうかもしれませんよ。

流行はすぐに終わってしまう

また流行アイテムを追いすぎない方がいい理由として、「着られる時期が短い」というものがあります。ファッションの流行はめまぐるしく、早い時は三か月、遅くとも一年もすれば新しいものに変わっていきます。

その度に新しい洋服や靴を買いそろえていては、とてもお金が足りません。だからといって、価格の安いファストファッションアイテムばかりで揃えると、どうしても安っぽい印象を抱かれがちです。

流行のアイテムを取り入れるのも大切ですが、時々は流行りに左右されないアウターや鞄など、少しよい価格でも長く使えるものを買う方が、将来的にお得になるということも多いようです。

流行に踊らされすぎず、適度に取り入れよう

このように、あまり流行りものばかりに手を出していると、いざという時のファッションに困ってしまいます。

流行を取り入れるのも大切ですが、自分に似合わない奇抜すぎる格好をするよりも、自身の体格や肌の色にあったオシャレやメイクを勉強するほうが、より自分の魅力を高めることにも繋がります。

また流行も単に洋服ばかりではありません。例えば流行色など「最近なんだかよくこの色を見るなー」というものを取り入れるだけでも、時代に合わせたファッションをしていると言えます。

アクセサリーやネイルといった、比較的付け外しがしやすいものなとで、流行を押さえるのもおすすめです。

今の流行があなたに合っているかいないのかをしっかりと見極め、新しいもの古いものをうまく取り入れたあなただけのファッションスタイルを作り上げていきたいですね。

まとめ

ファッションというのは様々なスタイルがあり、オシャレな人もいればダサい人もいますよね。

ダサいと言われてしまうファッションとして、派手なファッションやブランドものばかりを着ている、似合わないものやヨレヨレのものを着ているなどが言われているのですが、本人は良いと思っていても周りはそうは思わない事も多く見られるので注意したいですね。

また、ファッションにはその人の心理もはっきりと表しているということで、ファッションスタイルや色使いなど、その女性がどのようなファッションをしているのかというところから、その人の心理を見ていくこともできるようです。

さらに、ファッションをオシャレにすることで、内的、外的なプラスの効果が得られるということで、普段からオシャレなファッションをしていくようにしたいですね。

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking

Category